赤いウエディングリングは秋の色

今朝のご紹介はスージークーパー1932年のデザイン「ウエディングリング」

 

「結婚指輪」の名の通り、あたたかなリング状のデザインが醸し出す
やさしい雰囲気は、エレガンスそのものです。

 

 

 

たわわに実るフルーツと食欲の秋

ということで、商品の背景は石榴の木にしてみました

 

結婚式の、宝石のような輝きの赤い実が魅惑的です

 

 

 

このウエディングリングはスージーの赤(まあ、こげ茶なんですが^^)と言われ

イギリスより、北米で好まれてきました

マホガニーとも呼ばれています

 

いつも、このお品を見ると、ロールケーキ思い出すんですよね

お目目がくるくるまわりそう (@_@ )〜

 

 

おいしいおやつと、赤いスージークーパーで

秋の魅惑的な時間を過ごしませんか

 

 

 

スタンダードなカラーのウエディングリングもございます

シンプルで、一年を通して使いやすい

 

カラーバリエーションの多いシリーズですが

こちらが、いちばん元の色なんでしょうね

 

なんともいえない、やさしい色

 

 

がっつり楽しめるランチサイズ^^

 

 

地味な肉まんを載せても素朴で可愛らしいですが

輝くような赤いトマトも似合います

 

 

お品のほうは、主張の激しいものではなく

スージークーパーのデザインの中でも、かなり地味目なのですが

 

お料理を引き立ててくれる名わき役といったところ

 

 

地味ながらに、存在感があって

根強い人気のお品です

 

 

 

 

これからどんどん、寒さも深まるのでしょう

スージークーパーの器と素敵な冬時間を楽しみませんか?

 

商品ページはこちらからどうぞ

スージークーパーのウエディングリング

グリーンのウエディングリング

 

本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

 

芸術の秋

オパール飼い主さんの一眼レフで撮った

芸術的なオパールさんのいちまい

 

ギリシャ彫刻のように優雅なたたずまい

落ちた柿、暴れ食いするようなわるい犬には見えません

 

 

ブタのようにふくらんだお鼻と

ヒズメのような足先がご愛嬌

 

 

さて、今日はきのうに引き続き

日本銀行とオパールさん

 

入口横にたたずむ、番犬風にしてみました

 

 

入口はいまは閉鎖されているのですが

100年くらい前の通行証がありました

 

明治って感じがしますね、お道具好きは吸い寄せられます

 

 

芸術的な建物と内装は魅惑的だったのですが

やたらリアルなものがたくさんありました

 

大量の札束!

 

1億円で10キロくらい

これは持ち上げることができました

 

40億円もありましたが、こちらは眺めるだけ

 

 

 

やっぱり美術的なことだけではなく

お札は三分の2以上残っていると全額交換してもられることとか実用的なこと

日本銀行の役割なども丁寧にお話していただきました

 

これ、なんだかわかります?

 

 

 

これは役目を終えて回収したお札を切断したもの

 

おみやげは、たくさんの日銀パンフレットと

コブクロに入ったお札の破片でした^^

 

 

一万円の記念書割などもあり

みなさん楽しげに記念撮影していました

 

福沢諭吉の顔の部分に、お顔を突っ込むんですね

 

 

天下の日銀様が、こんなしょ〜もない書割を・・と思ったのですが

 

以外にも、中におさまって

記念写真を撮っているかたは多かったです

 

 

 

最後は真ん中の部分からおカオを出した

「貞子」さん風のおぱーるさんで

 

 

 

以外とサービス精神に富んだ日銀

もう二度とくることはないと思いますが、なかなかに興味深い場所

秋はいろいろな催しものがいっぱいです

 

本日も素敵な一日でありますように

 


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

淀屋橋を通るたびに、いつか入りたいと思っていた

あこがれの日本銀行大阪支店

(入社したいと、いうことぢゃあないですよ)

 

竣工は明治36年(1903年)、設計は辰野金吾と仲間たち

ベルギーの銀行を参考にして建てられた、迫力ある建造物です

 

今年は抽選にあたったので、特別見学会行ってまいりました

 

 

恐ろしく警備が厳重で

入口はこちらの正門が開くことはほぼ無く

裏っかわの、ちいさい専用通路から入ります

 

現役の、機密性の高い建物だけあって

途中の写真撮影はできず、いきなり貴賓室の写真となります

 

 

さすが日本のキング・オブ・銀行

100年前でも、大金をかけています

 

精緻な彫刻が美しい

 

アールヌーボーの時代ですが、線のふとい

お役所的な印象

 

 

ビクトリアンゴシック様式の椅子は

銀行が建てられた、100年以上前のもの

 

座るのは無理ですが、さわらせてもらえました

 

 

100年前は、政府のお役人や華族

海外から招かれたVIPたちが歩いたんでしょうね

 

そのフカフカの赤じゅうたんの上を

運動靴でトコトコ歩きます

 

庶民にやさしい時代となりました

 

 

寄木づくりの床材とじゅうたんは、オリジナルではないですが

当時のデザインを再現しているそうです

 

 

 

100年間、握られ続けたドアノブは

よく働いたお道具独特の、やさしい色になっていました

 

 

 

バルコニーがあって、外へ出ることができました

いつも、外から眺めていた外壁に、近寄れてうれしかったです

 

 

バルコニーから見た、中窓

シンプルめのアールヌーボースタイル

 

 

1回へ降りて、階段室となります

扉の前の、踊り場のような感じです

 

 

燦然と輝く美しいシャンデリア

 

 

こちら、たぶん正門のちょうど反対側

開かずの入り口の、裏っかわになるのかと思われます

 

ヨーロッパの銀行に似た重厚な扉でした

 

 

100年以上前の日本銀行

いまは巨大ビル群のなかの、ちいさな建物ですが

当時は絢爛豪華な建造物だったんですね

 

木造の淀屋橋がいい感じです

 

 

もう二度と訪れることはないと思われる日本銀行

なかなか面白い、味わいのある場所です

 

ときどき予約制で見学会をやっているので

関西在住のかたには、おすすめ^^

 

 

本日も素敵な一日でありますように

 

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

 

 

 

 

本日は文化の日、芸術の秋まっさかり

ということで、ふだん使いのお道具にして、その存在がアート

 

オールドホール、ロバートウエルチのステンレスウェアのご紹介

 

2000年に71歳でお亡くなりになりましたが

このかた自体もおとこまえ

その存在がアーティスティック

 

出典:The LaxPad

 

代表作にして人気のお品

カムデンシリーズからカフェオレポット

フルセットで入荷しています

 

ポットがふたつあるのは、左で紅茶、右でミルクを注ぐためのもの

紅茶用なのに、カフェオレポットっていうんですね

またティーオレポットとでもいうのかと思いました

 

 

 

あれ、ミルクジャグは?とお思いでしょうが

ミルク用のポットがあるから、ジャグは不要なんですね

 

ダイエットされているかたは

シュガーポットも不要かもしれません

 

 

別売りですがデッドストック

カムデンシリーズのティーストレイナーとシュガートングもございます

 

これを合わせると完品ですね

なお、お砂糖は角砂糖が正しいみたいです

 

 

秋のひととき

ロバートウエルチのティーウェアで

素敵な時間を過ごしませんか

 

 

本日ご紹介した商品の、作者であるロバート・ウエルチは、

バーミンガムのアートスクールで英国の伝統的な銀職人の勉強をし

その後、ストックホルムにわたってデザインの勉強した人です

 

イギリスの伝統美と、北欧を思わせるモダンなフォルムが重なり合ったところが

彼の、独特の魅力でしょう

 

出典:Justin's Amazing World

 

もうひとつ、こちらも彼の代表作

オリアナのご紹介

 

船会社の特注した豪華クルーズ客船オリアナ号のためのもので

船の揺れでも安定した、しっかりした造りのお品

 

彼の手掛けたシリーズの中でも

いちばん長持ちするのではないでしょうか?

 

 

P&Oクルーズ客船の「オリアナ号」
名前は、エリザベス1世の幼少時の呼び名をもとに、現在のエリザベス女王(二世)がつけました
現在のオリアナ号は二代目で、初代の豪華客船はかなり前に廃船になっています
 

下記は2019年に就航する最新オリアナの姿です

 

 




そのオリアナ号で使っていたポット(1960〜1980)が、こちらのオールドホールのお品
さすが船舶用に設計されただけあり、とても頑丈です

 

 

 

最後は、たぶんロバート・ウエルチではなく

オールドホール創業一族の、レスリー・ウィギン作だと思うのですが

 

チークハンドルが魅力の「バーレイ」

 

 

 

カムデンもそうですが、ステンレスに木が組み合わさっていると

あたたかみがあって、やさしい感じがします

 

モダン空間だけではなく、エレガントやカジュアルにも似合いそう

 

 

もっとも、いつも素直でシンプル

 

使う人の個性になじんでくれるのが

オールドホールのステンレスウェアの魅力のひとつなのですが^^

 

商品ページはこちらからどうぞ
オールドホール
 
本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

ヴィクリア時代のイギリスで愛されたデザイン

中国の悲恋物を題材とした青い食器、ブルーウィロー再入荷しています

 

時をかける青いロマンチック

ブルーアンドホワイトの魅力を楽しんでみませんか?

 

 

おなじみティーカップ&ソーサーと

新(?)アイテムとして、ちょっと大き目ミルクジャグ

 

そしてティープレートのほうも入荷しています

 

バーレイらしい厚みがあり、お皿はお菓子だけでなく

きっと、和のお惣菜をのっけても映えてくるはず

 

 

カップ&ソーサーとプレートは別売りなのですが

合わせるとティートリオとしてお楽しみいただけますよ

 

秋のおだやかなティータイムをお過ごしくださいませ

 

 

今日の背景は英国陶器のふるさと

イングランド中部の風光明媚な土地、ストーク・オン・トレント

ヴィクトリア時代に陶器を運んだ名残の運河がのこります

 

 

スージー・クーパーが生まれ育った町であり、会社のあった場所

現在でもウエッジウッドやロイヤルドルトンなど英国を代表する陶器会社のある町

 

 

バーレイもこの町で1800年代半ばに創業し、今もなお陶器をつくり続けています

この写真は駅前ですね、茶色のレンガ造りの建物は町いちばんのホテル

前にある銅像はジョサイア・ウエッジウッドさん

 

そうそう、このホテルに泊まりましたよ

なぜか一部屋だけバストイレつきの格安(1泊5000円くらい)の部屋があったので

 

 

その部屋が、なぜ格安だったのかは到着してからほどなくわかることとなります

 

設備の整った美しい部屋だったのですが、当然あるべきものが無い

なにが無かったって・・・・

 

窓がなかったんですね

(あんどん部屋というやつです)

 

チェックインしてひと眠りした後、腕時計を見ると9時なので外に出ると誰もいず

もう一度時計を見ると、ひっくり返してみていて、正しくは「夜中の3時」でした

あたまがへんになった思い出です

 

しかし、この話はこのへんで

バーレイの工場の話に飛びましょう

 

 

 

工場のファクトリーショップには

おびただしい量のブルー&ホワイトがありました

 

訪れたのは2013年なので、現在では廃版になっている

ブルーウィローの金縁のないタイプもあったのかもしれません

 

 

遥かなる時間を超えて

ヴィクトリア時代のゆるやかな時間をお手元に

 

永遠の「青」をお手元で楽しみませんか?

 

 

バーレイの器はもともと厚みがあり、ぽってりしています

ですがビンテージバーレイは、いまのものよりさらに厚みがありますね

とくにプレートは重厚感があります

 

まだ暖房が少なかったころの、北国イギリスの名残でしょうか

冬の寒さに備え、保温性のよい厚手食器が求められたのかもしれません

 

商品ページはこちらからどうぞ

バーレイのビンテージ・ブルーウィロー

 

本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

秋のばらの季節に

クルクルのスパイラルが可愛いパトリシアローズ

 

通常の陶器より少し薄手で軽やかな感じ

ふんわりとした生クリームが似合いそうな

愛らしいひと品です

 

 

おすすめはこれ

 

シュガーボウルなんですがティーボウルみたいに

使っていただけると嬉しい

 

 

 

片手の、手のひらにすっぽりと収まる

お湯のみサイズのシュガーボウル

 

 

本日はティーカップのご紹介がないのですが

こちら、お湯のみ茶碗ということで^^

 

お手持ちの器を組みあわせて

かわいい空間のできあがり

 

 

こちらはグースエッグカップ

 

ニワトリの卵より大ぶりな、がちょうの卵をのせるための

スーパーエッグカップ

 

 

マザーグースの、グースですよ^^

ニワトリの卵より、ずいぶん大きい

 

味は、ニワトリさんの卵とほとんど同じだそう

 

出典:久留米市鳥類センター

 

日本で、朝食にガチョウの卵を食べる方はいないでしょうが

スパイラルの、とっても美しい形状です

 

そのまま飾って愛でていただいたり

お花入れにするのがよさそうです

 

 

定番のお皿もございます

ちょっと大き目20センチプレート

 

 

 

バラの季節にはバラの花といっしょに

 

バラの少なくなる冬の季節には

バラのような、ふんわりとしたお菓子といっしょに

楽しんでいただきたいバラのシリーズ

 

 

ちんまりと可愛いバラのアイテムたち

新しい持ち主さまのお迎えを、ゆっくりお待ちしております

 

 

今日から11月、ひとは年末に向かい

秋は紅葉に向かい、バラは満開に向かってひた走ります

 

スージークーパーのバラの花はこちらからどうぞ

パトリシアローズ

 

 

ビンテージは素敵なご縁^^
本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

今日はハロウィーン

フレッドくんも、パレードに参加

 

いろいろなフレッドくんがぞくぞく集まります

 

 

なにがおめでたいのかよくわかりませんが

今年もハッピーハロウィーン!

 

 

さあ、フレッドくん紹介に行きましょう

 

あたたかいお茶が美味しい季節

かわいいフレッドくんをお供に、いい時間をすごしませんか?

 

 

お友達のトムくんも来ています

付属のプラスチックスプーンが無いのでお値段ちょっとお安め

 

 

ふたり揃っていると

やっぱり楽しげですね^^

 

 

それからソルト&ペッパーくん

パイファネルとほとんど同じですが、ストッパーがついています

 

彼等は久しぶりにご来日

 

 

それから、フレッド君のハロウィーンセール行きましょう

もう長いこと、うちにいるのでお値段少し下げております

 

「クラウンデヴォンのフレッドくん」


普通のフレッドくんは、小麦の箱についている券を集めてもらえたのですが

こちらはそれに少しお金をプラスしてゲットできた陶製の小麦入れ
ちょっとスケール感がわかりにくいですが、小型のペンキ缶くらい
小麦が1キロ〜2キロくらい入りそうな大きさ

 

P5250459.jpg

 

クラウンデボン陶器という

イギリスでも老舗の陶器会社がつくるしっかりしたもの
裏面に、しっかりとマークも入っています

 

赤い麺棒を持ったのは、大型フレッドくん
中にキッチングッズを詰めた、ピーターパン社の面白アイテム

 

 

楽しいハロウィーンに

新しいフレッドくんをお迎えしませんか?

 

 

黒白の、非常に地味な格好をしているので

クリスマスにもお似合い^^

 

冠婚葬祭いつでもオッケーという感じでしょうか?

 

 

 

 

ティータイムの恋人

かわいいフレッドくんに恋されたかたは

こちらのページからどうぞ^^


商品ページはこちらからどうぞ
フレッドくんのお部屋

フレッドくんWADE陶器

お買い得クラウンデヴォン陶器のフレッドくん

大きなフレッドくん

本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

 

深まりつつ秋とともに
北のほうでは、紅葉が進んでいるのでしょうね
関西はもうちょっと先ですが^^

 

本日は、少し色づいた葉っぱを背景に

スージークーパーのクレマティス

 

 

クレマティスは、ボーンチャイナのものが多いのですが

こちらは珍しく、戦前風の陶器

 

やわらかくふんわりした質感と

きっちり締めたボーダーのアクセントが特徴です

 

 


クレマティスというと、なじみが薄いのですが
日本でいうところの鉄扇

なお日本では紫が主流ですが、イギリスでは白いよう

 

 

ただ、クレマチスも品種が多く、スージーが描いたクレマティスは
そのものズバリは見つかりませんでした

これがいちばん近いかな

クレマティス白万重

 

春から、秋の今頃まで咲いているお花だそうです

 

参照:HORTE GreenShop

 

秋の庭やお花屋さんは

静かで穏やかな世界

 

クレマティスが華を添えてくれそうです

 

 

お品のほうはティーカップ&ソーサーと

シュガー&ミルクがございます

 

シュガー&ミルクは小物入れとして使ったり

いろいろ楽しめそう

 

 

秋のひとときは

清楚な白い花の魅力を楽しんでみませんか?

 

 

クリスマスの濃厚な華やかさになる前の

静かでやさしい雰囲気のお花屋さん

 

秋もいつの間にか後半戦に入ったようです

 

 

1950年代、スージークーパー50代のころの

ちょっと写実できな作品たち
コレクションに、ぜひいかがでしょうか?

各商品ページへはこちらからどうぞ
クレマティス
 

本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

今週はハロウィーンですね

昨日は近所でも、子供会のパーティがあるのでしょうか

いろんな仮装をした子が歩いていましたよ

 

オパールさんも負けずにハロウィーンコスプレ

 

 

コスプレだけでは面白くないので

色の白いオパールさんは、大きな白お化けになってしまいました

 

お月さまのように大きいおカオだったのだそうです

 

 

かぼちゃのランタンと一緒にオパールさん

夜道はちょっと不安そうな顔をしています

 

だいじょうぶですよ、かぼちゃごとき

あなたがパクンと、一口かじってやりなさい^^

 

 

秋はうみゃいものがいっぱい

好物のかぼちゃも、美味しそうなハロウィーンのお菓子やパイになって

オパールさんの鼻先を通ります

 

 

おんなのこは

 

笑顔が一番

食い気は二番

三時のおやつは控えめに

 

 

今日は、合成過多な、コテコテしたオパールさんが続きました

 

最後はあっさりしたオパールさんで

さようなら

 

 

今週は、よく晴れたお天気の日が続きそう

またおうちを脱走して、近所の柿の木まで「外食」を試みるのでしょうか

秋は油断のならないイヌです^^

 

本日も素敵な一日でありますように

 


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

目の保養に^^?

きのう、市内に出たついでに阪急さんの「ケーキショー」へ

 

魅惑的ですねえ〜、うめはんの食品イベントは「ライブ感があって素敵」

むかしみたいに、甘いものをパクパク食べたいとは思わなくなってきたのですが

上手にできたお菓子って、アートですよね、総合芸術ですよね

 

職人さんの手元とお菓子に、やっぱり惹きつけられてしまいます

季節の栗のケーキ美味しそうでした

 

 

 

大粒のマスカットがのったパンナコッタ

 

洋菓子も、和菓子の域を凌駕する四季の移ろいを

見事に表現してくれます

 

 

これはリンゴとメレンゲのタルトかな?

白砂糖がふりかけてあって、甘くておいしそう

 

 

 

しかし、この美味しそうなケーキ軍団に

逆らうような、新派のグループが出てきていました

 

なんていうんでしょうね

ローカーボとか、グルテンフリー、低GI値などのヘルシー系

 

「罪悪感ゼロのケーキ」

なんて素敵なネーミングセンスなんでしょう

 

 

パッと見ると、ごくごく普通の焼き菓子

時代は進歩しましたねえ^^

 

 

こちらのクッキーに至っては

白砂糖、小麦粉、乳製品、たまご不使用・・・

え・・・なんでできてるんやろ???

と思いましたが

 

 

米粉やラカントなどを原料にしてるんですね

ちょっと、お値段高いですがこういうものも市場にもっと浸透してきたら

こなれた価格になるんでしょうね

 

そのときまでしばし待機^^

 

「太らない?」ふとりにくいおやつがトレンド

キーワードは「ロカボ」

 

 

「ケーキショー」と並行して

「時をかけるあん」という和菓子イベントもやってました

 

こちら、時をかける羊羹うりば

 

 

おなかのあんこが重いけど〜♪

 

泳げたいやきくん

時をかけています

 

 

夕方4時ごろに行ったのですが大盛況で

全国各地の「どらやき」や「あんぱん」は

食品サンプルを残し、ほとんど売り切れていました

 

おそるべしあんこパワー

 

 

うってかわってフロアの端っこでは

テーブルコーディネートショーが秋の美しさを表現してくれます

 

 

ひと足お先のクリスマスディスプレイも

輝いていました

 

今年も残りもう少し

 

 

なんとなくセンチメンタルな秋のひとときは

美味しいお茶とかやつが似合いそうです

 

本日も素敵な一日でありますように

 


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Selected Entry

ネットショップへのリンクです

おぱーるの部屋

スージークーパー

2

ビンテージ・グラスウェア

excellentglass.jpg

ホーンジー

hornsea.jpg

オールド・ホール

oldhall.jpg

Archive

Mobile

qrcode

Comment

  • 奈良とマラソンとオパールさん
    山浦
  • 奈良とマラソンとオパールさん
    山本
  • 加齢なるピーターラビットの世界
    Calico
  • 加齢なるピーターラビットの世界
    bankholiday
  • ハロッズ&メリーソートベア〜スコットランド近衛兵
    Calico
  • ハロッズ&メリーソートベア〜スコットランド近衛兵
    みーたん
  • シェリー窯のセントパトリックデー
    Calico
  • シェリー窯のセントパトリックデー
    bankholiday
  • オパールの「こたつ命」
    おばちゃん
  • オパールの「こたつ命」
    ヴィトン財布 コピー

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM