昨日のヨガ教室のついでに撮ったばらの花

 

冷たい風が吹く、冬の雨上がりの中

寒そうに、それでも元気いっぱいに咲いていました

 

これから咲く前の愛らしいつぼみ

 

 

12月も半ばちかくになり

花の数はだいぶん減りましたけど

 

毎週、つぎつぎに新しい花を開いて

楽しませてくれます

 

 

花の数もずいぶん減ってしまいました

 

だからこそ一輪、一輪が、

凛として美しく輝いて見えるのでしょう

 

 

たくさんのバラが一度に咲いているときにはわからなかったけど

花の数がゆっくりと減ってゆくと、また違うように見えます

 

雨上がりの冬の寒空の中では

空に向かって元気に頭をもたげる一花のかわいらしさ

健気さが、ひとしお伝わってくるような気がしました

 

 

 

バラはバラはバラはバラは〜♪

突然の商品紹介です

 

 

今日は冬のばらとスーさんの器

1930年代の名作パトリシアローズのご紹介

 

今年最後のパトリシアローズになりますね

 

 

春のバラの初々しい可愛らしさに比べ

 

今日の背景に使ったバラは、年を重ねて美しく成熟したバラの花

知的で、品格のある美しい花

 

人間もこうありたいものだなあって思います

 

 

花は品種や個体差によって寿命が大きく変わるようですね

 

この赤いバラの木は、寒空の下にもかかわらず

今は盛りと、たくさんの花をつけていました

 

 

 

きっと、逆境をストレスと思わず

のんびりと生きているお花なんでしょう

 

大器晩成型の

美しい、おおぶりの赤いバラ

 

 

北風の吹く季節、スージークーパーの今年最後のばらを

ご自宅で愛でてみませんか?

 

久しぶりに、ファルコンシェイプも来日しています

 

美しいバラの器と、おいしいお茶と過ごす

冬の日はしあわせな瞬間です^^

 

 

今日も寒い一日になりそうです

どなたさまもお体には気をつけて

 

パトリシアローズのお部屋はこちらから
ピンクのバラの部屋


本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

毎年恒例ですが

 

冬の御堂筋は光の洪水

美しいイルミネーションが通り一帯を輝かせてくれます

 

うっとりするほど美しい

 

 

街角のイルミネーションは

いたるところで行われていますが、

始まったのは電気が発明されてからでしょう

 

100年くらいの歴史?

でもその前からクリスマスのイルミネーションはありました

 

 

100年前の電気のない時代は

ガラスポットの中にろうそくを入れて、ワイヤーでつるしていたのです


ビクトリア時代の宝石のようなキャンドルポット

華やかな舞踏会ワンシーン

特にクリスマスの時期は、ろうそくを入れた様々な色のガラスを入れて飾りました
なので、別名クリスマスライトとも呼ばれています

 

 

 

今でも中にキャンドルを入れて使うときれいですが、コップくらいの
大きさがありますので、小物入れとしてお使いになるかたが多いようです

 

インテリアアクセサリーとして魅力的ですね

 

 

 

厚みのあるガラスが印象的な、アンティークグラス。
デコボコで、気泡が入った不思議な魅力

 

昼の顔と夜の顔が大きく異なるものその魅力のひとつでしょう

 

 


今のガラスでは見られない、とても優しい風合いをしています。
置くだけで絵になる手ごろな大きさのお品です

 

お品のほう、在庫に加え、新しく色を追加しております

 

 

組みあわせて、ろうそくを入れて楽しむと

幻想的な世界が広がりますよ

 

P8150090

 

舞踏会やクリスマスパーテイのとき使われていた

イルミネーションライトで

冬のひとときを輝かせてみませんか?

 

アロマポットなどとして使うのもいいかもしれません

 

 

100年前の輝きをお手元で楽しんでみませんか?

商品の紹介ページはこちらからどうぞ

100年前のイルミネーションライト

 本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

今年も残すところあとわずか

一年ってあっという間ですね

 

年をとるごとに一年が短く思えますけど

それでも年末は、その年の出来事がつぎつぎに思い返されて

なんだか愛おしい

 

街は光できらめきます

 

 

 

クリスマス前の黄昏に

今年もクリスマスケーキの宣伝がまぶしい今日この頃

 

ケーキの上の赤いイチゴを見ると

もうそんな季節かあって、なんだか嬉しくなります

 

今日のご紹介は12月になると市場に顔を出す

かわいいイチゴ柄、ワイルドストロベリーのご紹介

 

 

いちごの旬って、いつなんでしょうね

私がちいさいころ、露地いちごの旬は4月だったと思うのですが

今はもう、年中ありますね

 

それでもクリスマス前のイチゴの輝きは魅惑的

 

サンタさんの冬のプレゼントかもしれません

 

 

スージークーパーのワイルドストロベリー

いちごの種類は日本で見るイチゴと少し違いますが

可愛らしさはそのまま

 

今回、ポットやカップなどたくさん入荷しています

 

このデザインを好きな方、けっこうおられると思うんですよね

ファンのかたに、ぜひおすすめです

 

 

決して派手な柄ではなく

絵皿として飾るようなニュアンスのお品ではないですが

 

メインの食べ物を、とても上品に

かわいらしく包み込んでくれます

 

 

ティーカップのシェイプは

ちょっと大き目のモーニングタイプ

 

ワイルドストロベリーは細長い形状のものが多いですが

こちらは珍しい横長の紅茶用

 

 

 

通常のお品より、1.2倍くらい多く入ります

 

レギュラータイプのお品をお持ちの方にも

ぜひ仲間に加えていただきたい、かわいいシェイプ

 

 

 

美味しいひとときを

スージークーパーのワイルドストロベリーと一緒に

過ごしませんか?

 

 

 

 

きょう12月7日はクリスマスツリーの日だそうです

 

横浜で外国人船員のために、日本初のクリスマスツリーが

飾られたことを記念した日とのこと

 

世の中、いろんな記念日がありますねえ

 

 

毎日がだれかの大切な記念日

 

クリスマスの時も、普段の日も

お気に入りの器で毎日にちいさな幸せを

 

商品ページはこちらからどうぞ

ワイルドストロベリー

 

本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

クリスマスが近づいてまいりました

今月の英国を旅するバッグは、クリスマスキャロルの町へ

 

赤と緑のコントラストが美しい、三角形のかわいいバッグ

もみの木を思わせてくれますね

 

 

素敵なバッグを片手に

クリスマスの光あふれる街へ、おでかけしてみませんか?

 

きっと、すてきなことが待っていますよ

 

 

子どもっぽくなくて、上質な風合いを持つ

大人用のシンプルな形状が魅力的

 

クリスマスパーティはもちろんのこと

年末年始の集まりなどにもぴったりなお品です

 

 

 

いろんな風に見える三角形バッグ

私は、もみの木かな?と思ったのですが、作家さんによると

サンタクロースの帽子をイメージした三角のバッグなのだそうです

 

サンタさんの帽子型バッグ!

 

誰かへのちいさなプレゼントを中に隠していたら

なんだかドキドキワクワクしますね

 

そんなあなたはサンタさん

 

 

クリスマスと言えば、ヒイラギの葉が一般的だけど、
カエデの葉のモチーフも意外とよく使われるので、そのデザインの
赤い布をメインにしたそうです
イタリア製リネン混の、質の高いジャカード織物です。

 

ストライプのアクセントも

なんだかプレゼントのリボンのようでウキウキします

 

 

取り外しできるふわふわボンボンがかわいい
でもこれは、お正月には外したほうがいいのかな?
替りにミカンかしめ縄でもつけておきましょうか^^
季節感いっぱいです

 

 

外側には大きめのポケットがあり、収納に便利です
クリスマスツリー型の切り替えで遊び心をプラス。
柔らかな本革をたっぷり使って、ちょっぴり高級感のある
フォーマルドレスにも似合いそうなバッグ

 

 

持ちやすく、使いやすい大きさ

A4サイズもすっきり収まる、ショルダートートです。
内側には、ファスナーポケット1つと、仕切りポケットが2つ。

 

パッチワーク調の切り返しがかわいい

クリスマスのデザインバッグ

 

一年間がんばった、あなた自身への

プレゼントにもふさわしい

 

秋から冬、春先まで使える上質なバッグです

 

 

 

表と裏のデザインを並べるとこんな感じ

どちらでも、お好みの面を上にしてお使いくださいませね

 

 

サイズは下記のとおりです

タテ:約32m ヨコ:約30cm(上部)〜40cm(底部) マチ:約7cm

持ち手長さ:約60cm

 

 

 

商品ページはこちらからどうぞ
英国を旅するバッグ


特製ハンドメイドカバンに興味を持たれたかたは下記リンクもどうぞ^^
ハンドメイドのマーケットプレイス「Creema」 PLAIN WEAVE販売ページ


本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

今朝は冬の元気!

ビタミンカラーの朝にしてみました

 

なにかと億劫になりがちな季節ですが

気持ちをウキウキさせてくれるようなスージークーパー

 

1953年のお品「レイズドスポット」

 

 

 

レイズドスポットという名前の通り、オーストリッチのような点(spot)が
突起(raised)している、可愛らしい柄です

 

在庫のほう、いろいろな形と色があるのですけど

どれも新鮮で、フレッシュフルーツみたい

 

 

 

 

スタイル名はクエイルシェイプ
ちなみに、クエイルとはうずらのこと

ヤキトリやさんのメニューにあるやつですね

 

ポットがいちばん特徴的で、その名の通り、小鳥のようにコロンとした形をしています

 

お茶好きの国イギリスではティーフォーツーとして使うポットだそうですが
日本人なら、2〜4人用として使えそうです

 

 

そして、レイズドスポットのレイズドには

「突起」という意味だけでなく、「励ます」とか

「勇気づける」という意味も含まれています

 

ケルティック・ウーマンの名曲

"You Raise Me Up"の、Raiseがありますね

 

 

When I am down, and, oh, my soul, so weary
When troubles come, and my heart burdened be
Then, I am still and wait here in the silence
Until you come and sit awhile with me

 

You raise me up, so I can stand on mountains
I am strong, when I am on your shoulders
You raise me up... To more than I can be

 

”わたしがつらいときに、あなたは寄り添って、心を勇気づけてくれる”

”あなたがいるから元気になれる””強くなれる”

 

そんな感じの歌ですけれど、歌にでてくる、この”you"

つらいときに心の支えになったり励ましてくれる”あなた”という存在

 

それはきっと、ひとりだけの人ではなくて、ときには人間でもなくて

動物だったり、いつも使っているお道具類かもしれない

なんだかそう思う古道具屋です

 

 

 

レイズドスポットで

かわいい元気をもらいませんか?

 

お茶の時間が楽しくなる、そんなかわいいお品です

 

商品ページはこちらからどうぞ

スージークーパーのレイズドスポット

レイズドスポット・デミタス

 


本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

 

 

">

昨日に引き続き、関西蚤の市案内

今日のガイドはオパールさんにおまかせしましょう

 

あ、競馬場なので犬は本当は入れないんですよ

オパールさんは、妖精だから、とくべつ

 

 

去年にも増してフードマーケットがパワーアップしてましたね

お店のしつらいや、ディスプレイが可愛い

 

ちいさなキッシュ、フライパンで焼き色をつけたりんごに

カスタードクリームをかけたもの

 

これは、うちでもできそうだ^^

 

 

テーブルがアンティーク風で

お皿がかわいいと、パスタもお洒落に大変身

 

 

全国各地からの出店ですが

東京からのお店が目を惹きましたね

 

小物も、フードも可愛らしい手紙舎さん

食べ物が、こんなに可愛くなるなんて!!!

 

輪切りのフルーツが入ったびんが可愛い

美味しいお道具です

 

 

 

お酒の中にフルーツを漬けるのが流行なのでしょうか

あちこちで、このサングリアスタイルが見られました

 

 

大きい瓶のなかに食品を詰めるとなんだか可愛い

 

日本中からやってきた

魅惑的なお店がいっぱいでした

 

基本はみんなナチュラル

こころに、体に優しいたべものづくりがトレンド

いい時代になりました^^

 

 

若い女の子たちは、雑貨より屋台に夢中で

これを目当てに二日間通う子も多いよう

どこまで食べまくるんでしょう^^

 

このあたり、大学も多い地域なので

ついつい立ち寄りたくなるのかもしれません

 

 

鳥の燻製と巻きソーセージ

オパールさんも舌なめずり^^

 

 

尾鷲の名パン屋さん出展されてました

お昼前のひととき、これはゼヒ食べたい!!!

 

と思ったのですが・・・・

 

 

 

ものすごい長蛇の列であきらめました

 

第二次世界大戦後の食糧難の日本でも

ひときれのパンをもとめて、ここまでパン屋に行列をつくることはあったのでしょうか?

 

恐るべしパン屋航路(←パン屋さんの名前)

 

 

去年に引き続き、晴れやかな阪神競馬場の、のみの市

オープンエアなので、雨が降らなくてほんとに良かったです

 

やさしい光のさす月曜日の朝

年末の忙しさもなんだか朝日に癒されます^^

 

本日も素敵な一日でありますように

 

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

晴天の冬の日

きのうは阪神競馬場で行われる第四回「関西蚤の市」でした

 

去年にも増して大盛況

いつもは、おっちゃんの園である競馬場は

なにか面白いものはないかと物色する女の人でにぎわいます

 

 

大きなマネキネコさんが

おいでおいでしていますが

 

ナチュラル&北欧ベースの

たいへんに、オシャレ度の高い蚤の市

 

古い家具、食器、古本

それからフードマーケットやお花のコーナー充実してました

 

 

そして、ちらほら目につくのがサンタさん

クリスマスはすぐそこです

 

 

あれ、これはサンタさんかな?

北欧の聖人かもしれません

 

 

これは・・・・

 

クリスマス前でも、ちょっと・・・・

コメントに困ってしまいます

 

敬虔な信者の方のもとへお迎えされますように

アーメン

 

 

気をとりなおし!

あったかそうなストーブ出てました

 

まだ使えるもよう、レトロかわいい雰囲気を出すのにいいですね

 

 

あったかそうなダッフルコートを着た

くまのパディントンもご来日中

 

か〜わ〜い〜

 

 

北欧から、大きなクマさんも来てました

食べられちゃうよ〜^^

 

 

北欧だけのコーナーもありましたが

全体的に、ナチュラル感の強い、雑誌に出てくるようなディスプレイ

 

見せ方が、ほんとに上手ですねえ

思わずうなってしまいます

 

 

 

お花売り場が、去年にも増して充実していましたね

 

ドライフラワー、生花ともに美しい花がそろいます

ヨーロッパのお花屋さんが現れたみたい

 

 

そしてやはりクリスマスということで

クリスマスリースの数々

 

その場で作っているのもありました

 

 

昔のリースは人工的な感じのものが多かったですけど

進化するもんですねえ

 

最近のリースは新鮮味があって

ドキドキするくらい美しいです

 

 

クリスマスらしい

可愛らしいモミの木もありました

 

赤い実がかわいい

 

 

オシャレ度の高い本屋さんがたくさんありました

 

牛がのほほんと、看板の裏から顔を覗きます

 

何気ない古本屋さんだけど

なんだかすごく可愛い

 

 

アクリルの動物たちも

ヒマそうな顔をして、ひなたぼっこしています

 

週末の阪神競馬場は、のどかな時間がながれます

昨日の土曜日はのほほんとしたお日和でしたから^^

 

 

いわゆる、ゴミの中からお宝を探し出すような

ドキドキスリル感のない、雑誌から抜け出たような蚤の市だと思っていましたが

今年は以外にも掘り出しものがあって、わたしも衝動買いしてしまいました^^

 

お近くの方は、行かれてみてはいかがでしょうか

 

第4回関西蚤の市

 

本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

もうすぐクリスマスだから

今日はパーティー気分にふさわしいエレガントグラス

ケンブリッジ社のローズポイントご紹介

 

めずらしい三分割グラスプレート

キラキラチョコなんかを彩りよくディスプレイ

 

日本人ではあまり考えつかない合理的な発想のお皿

 

 

ティートリオもございます

こちらのお皿は20センチの大き目デザートプレート

 

フルーツ盛り皿にしても映えてきますよ

 

みずみずしい食材がガラスと美しいハーモニーを奏でます

 

 

美しいバラが咲く最後の季節

 

1930年〜50年代に人気を博した

美しいビンテージグラスのバラを愛おしんでみませんか

 

名称未設定-1.jpg

 

めくるめく光と影との交錯

こころに語りかけるような不思議なきらめき

 

季節ごとのふしぎな魅力が感じられますね

 

 

一杯のお茶が

こんなに美しく感動的に見える器は

 

なかなかないと思います^^

 

 

そして、もう一つ珍しいのが

ハンドルつきプレート

 

こちら、1940年代のシールが付いています

いわゆるデッドストックですね

 

きっと、だれかにプレゼントされたまま

持ち主さんが50〜60年忘れていたんでしょう

 

さすが大国アメリカ

気の長い、なが〜いお話

 

 

中央が少しくぼんでいるのですが

レースペーパーなどを敷けは、ちいさいケーキなどにも

使えるのではないかと思います

 

 

 

今日ご紹介のラインナップは以下の通り

サイズ感をつかんでいただけましたでしょうか?

 

コレクターの方のお迎えお待ちしています

 

 

 

朝に晩に、めくるめく魅惑のアメリカンガラス

ケンブリッジのバラを楽しんでみませんか

 

ケンブリッジのローズポイント

 


本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

先日京都の町へ行ったおり

足をのばして、裏通りにあるちいさなお店を訪れました

 

京都ならではのお店です

なんのお店かな?

 

食べ物屋さんじゃないですよ^^

 

 

 

 

これこれ!

かわいい格子のちいさな商店ですが

めずらしい漆をあつかう専門店

 

明治31年創業の鹿田喜造漆店

う〜ん、しぶい名前

 

ちいさいお店ですが陶器を修復する、金継は、材料に漆が欠かせないので

全国から注文がある有名店のようです

 

 

 

あったかい感じのアットホームな店内でした

昭和の風情がなつかしく残っています

 

ショーケースには高価な動物の毛を使った

手づくりの筆が並びます

 

 

ふだん東急ハンズなどのちいさいコーナーでしか買わないのですが

砥の粉など、ふだん少量で売っているものが大袋で並びます

 

お〜、さすがプロご用達のボリュームサイズ

 

 

さまざまな薬品と

あと、漆はもともとおなどに塗るのがメインなので

お盆、お椀などの木地がならびます

 

へええ〜っと

素人は店内をきょろきょろ探索するのでした

 

挙動不審な行動に怪しみもせず

店内撮影を快く許可してくれたお店のかたありがとう^^

 

 

わざわざ京都の専門店に出向いたのは

(といっても観光帰りによっただけですが^^)

 

この、色漆の「しろ」を買いたかったから

ちいさいくせに、けっこう高かったんです

 

 

もともと漆は濃い茶色なのですが、それに顔料などを入れて

色のついた漆をつくります

 

ずっと漆と、化粧用金属で修理していましたが、すーさんの器に

どうも金の輝きがあわないと思い、最近、色漆で修理です

(修理後の陶器の強度は変わりません)

 

ただ、もともとの漆の色が濃いので

おせじにも白とはいえません。。。

 

 

どうみて、ベージュですねえ^^ー

 

 

それでも、ふたの割れたポットは漆の金継(金つかってませんが)で

新しい命をもらい、実用ポットとして再生します


私がなおすと少しぶさいくですけど^^

 

なお、ティートリオのソーサーにも傷がはいっていたのですが

これはこのままでも使えるので、直さないことにします

そのほうが自然だと思ったので

 

 

きのうご紹介したタンゴ

こちらは黒漆で直しています

 

黒漆は漆に、顔料ではなく酸化鉄を混ぜて発色させます

 

私が学生時代専攻していた染織でも、黒の天然染料は酸化鉄を用いた染料で

いちばん持ちがよかったですね

 

昔のひとはいろいろ考えるものです

後世に残る智慧をありがとう

 

 

今日から12月。冬の始まりです

どなたさまもお体に気をつけて!

 

商品ページはこちらからどうぞ

 

クレヨンライン

スージークーパーのブラックバンズ

 

 

本日も素敵な一日でありますように

 

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

1930年代のイギリスから

スージー・クーパーのアールデコスタイル
タンゴ入荷しています

 

オリエント急行停車駅のカフェテリアでお茶を楽しむように

モダンな時間をくつろいでみませんか

 

 

イギリスらしいベリー系の焼き菓子や

ラム酒たっぷりのチョコレートプディングなどもお似合い

 

シンプルな器だからこそ

ちょっと、こってりしたイギリス独特の

歯が浮きそうに甘いプディング類が映えてくるようです

 

クリスマス前の至福の時間を

アールデコの器で楽しんでみませんか?

 

 

背景を1924年竣工の大阪倶楽部にしてみました

悠久の年を経て、アールデコのコラボレーション

 

階段の赤と、器のオレンジと黒が

なんともいえず魅惑的

 

 

スージークーパーは

女性らしい、やさしい雰囲気のお品が多いのですが

こちらブラックバンズことタンゴだけは別格ですね

 

女性禁止の社交会館、大阪倶楽部のバーコーナー

しっくりと似合います

 

 

この時期、フランク・ロイド・ライトなど

建築家がデザインした幾何柄の食器も多くありますが

このタンゴほど、シンプルに完成度高いお品はなかなか見当たりません

 

さずがムッシュ・ポワロのお気にいりだけありますね^^

 

参照元:Fullness of joy

 

お品のほう、ポワロシリーズ前半で使われていたオレンジに近いですが

わずかに濃いかんじでしょうか?

 

使いやすさから見れば、こちらのほうが良さげだと思います

 

 

残念なことにシュガーボウルは輸送の途中で割れ

黒漆(漆に黒を加え、黒く発色させたもの)で修理しています

 

ふつうに使えますが、あまりにもぶさいくなので

ミルクジャグのおまけ程度にお考えください

 

ティートリオの状態は、とてもいいです

 

 

悠久の時間を超え現れた

1930年代のモダンデザインをお手もとに

 

 

秋の夜長

眺めて楽しいオレンジのアールデコ

 

日本より欧米で人気と価値が認められているお品です

 

 

エンディングはやっぱりこれかな

ドキドキとワクワク感がたまりません

 

 

 

商品ページはこちらからどうぞ

スージークーパーのブラックバンズ

 

11月最後の魅惑の秋の日

本日も素敵な一日でありますように

 

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

Selected Entry

ネットショップへのリンクです

おぱーるの部屋

スージークーパー

2

ビンテージ・グラスウェア

excellentglass.jpg

ホーンジー

hornsea.jpg

オールド・ホール

oldhall.jpg

Archive

Mobile

qrcode

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM