あたたかいお茶はますます美味しくなる秋

永遠のスタンダード、スージークーパーのグレンミスト
いろいろ入荷しております


比較的最近までウエッジウツドで製造されていたので
状態のよいものが、さまざまな種類、手に入ります

 

 

それでもこちらのお品はオリジナル

いちばん最初につくられたスージークーパー社時代のもの

 

ちょっと感動がありますね

 

 

定番のティートリオ

それからプレート、ミルクジャグ&ボウル

いろいろ入荷しております

 

 

グレンミストは生産期間が長いので

いろいろ少しづつ集めてゆくのも楽しいですね

 

おいしい時間がはじまりそう

 

 

カップ&ソーサーと

大き目のお皿を組みあわせて

 

気軽なスナックタイムも楽しそう

 

 

もうすぐ、梅田阪急の英国展だなあ

今年のスコーンは、ふわふわタイプかな?しっとりタイプかな

いろいろ妄想がひろがります

 

おいしい時間がひろがる秋のひととき

 

 

 

同じくスージークーパー社時代の

コーヒカップ&ソーサー、そしてプレートも在庫でございます
コーヒー好きのかたにはこちらがおすすめ

 

P3150277



スコットランドの霧の谷に咲く青いけしの花を描いた作品
気品があってなかなかよいもの
イギリス王室もサンドリンガム宮殿で使っていたお品です

 

背景はサンドリンガム宮殿のヨークコテージ

 

 

曇り空の秋の空といっしょに

霧の谷のグレンミストを楽しんでみませんか

 

商品ページはこちらからどうぞ

スージークーパーのグレンミスト

 

 

本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

スコットランドの奥深く

霧の谷間に咲くという青いケシの花を描いた

スージークーパー1960年の作品「グレンミスト」入荷しております

 

イギリス王室の、ノーフォーク州にあるサンドリンガム宮殿で
1990年ごろまで使われていたデザインです

 

 

 

ちなみにこれがその宮殿。
現在のエリザベス女王のひいおじいさんであるエドワード7世がお買いになったそうです。

 

一般観光客も受け入れてくれていますが

入場料も11ポンド(約1760円)とゴージャスです

 

 

出典:Wikipedia

 

グレンミストのほう、この宮殿で、もちろんエリザベス女王も

お使いになられていたんでしょうね^^

 

なにを召し上がっていたのでしょうか?

興味しんしんです

 

 

出典:Bazzar

 

 

スージークーパー社は1966年にウェッジウッドに吸収されましたが、

このデザインは人気があり、66年以降も生産されているのでバックスタンプが多様です。

 

 

とても息の長いお品で1960年の発表から、

2002年までの42年の長きにわたり、製造され続けたお品です
ほんとにいろいろなので、バックスタンプもちがいます

 

今回入荷は、いちばん初期のもので、1960〜1966年までつかわれたスタンプ

裏をひっくりかえすと手書きのサインと、C1035という番号が並びます

なおCというのは、ボーンチャイナのこと
陶器も並行して作っていたので、管理のために割り振っていたようです

 

 

女王さまがお使いになっていたのは

スージークーパー社のものか、ウエッジウッド時代のものなのか

はたまた両方使われていたのか、それはさだかではございません

 

ちなみに下記は1960年代ごろとおぼしき女王陛下夫妻

 

女王は今よりかなりお若いですが、だんなさんのフィリップ殿下は

いまより若いのか、年とってるのかよくわからない感じ
 

 

このグレンミストは由緒正しい宮殿で

どのように使われたのでしょうか?

 

庶民はちょっぴり気になります^^

 

 

スコットランド高地の霧の谷に咲く

魅惑的な青いケシの花

 

スージークー1960年のデザイン「グレン・ミスト」

 

 

いまの季節、ほとんどひとの入らない谷の奥で

美しいケシの花は神秘的な輝きを見せていることでしょう

 

むかし、大阪の「咲くやこの花館」に見に行ったことがありますが

残念ながら、ほとんど枯れかけでヘロヘロでした

 

野生の花は野に咲いてこそ美しいのでしょう

 

 

長らく暑さでヘロヘロしていましたが

台風におびえながらも、久しぶりに爽やかな朝の始まりです

 

商品ページはこちらからどうぞ

スージークーパーのグレンミスト

 

 

本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

おぱーるです

 

まんまるなお月様を背に、まんまるなお眼眼でこちらを見ています

今日は、十五夜のお月さま

 

しろいおダンゴが良く似合います

 

 

おぱーるさん洋犬だから

ダンゴより、月見バーガーのほうが似合うかな?

 

なお、飼い主さんはマクドナルドの月見バーガーが好物なのですが

オパールさんにはジャンクなものは一切あたえません^^

(そこに矛盾を感じないでもないのですが・・・・^^)

 

合成ハンバーガーとご一緒に

 

 

オパールさんは

お月さまみたいな丸いお顔で

見てるだけ〜^^

 

 

 

月の光はオパールさんをあやしく変えます

タレ耳で、こぶとりなので、オオカミのようにはなりませんが^^

 

これもまた一興

 

 

しろい犬にミッドナイトブルーが映えて

なんだかミステリアス

 

「スリラー」のころのマイケルジャクソンのように

異次元の違う生き物に変身しそう

 

 

十月の宝石オパールさん

もうすぐ7歳のお誕生日

 

美しさにますます磨きがかかるしろいいぬは

青い月を背に、きょうも機嫌よくシッポを振るのでした

 

 

本日は全国的にくもり空

中秋の名月はちょっと見れないかもしれませんが

かわりに満月のようなオパールさんの笑顔を楽しんでくださいね!

 

おだやかな秋の三連休さいごの日

本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

梅田からちょっと離れた場所にある中崎町

そこに佇む小さいカフェ「うてな喫茶店」

 

古民家をリニューアルした可愛らしいお店です

 

 

さあ、中へはいりましょう

土間では、レトロな扇風機がお出迎え

 

大きな本棚があり、ちょっと古本屋さんみたいな

味わいもあります

 

こんな場所でひなたぼっこしながら

日がな一日、本を読めたらしあわせ

 

 

さんさんと陽ざしのあたる

窓際の席に座りました

 

 

振り向くと、ガラス戸には、いちまいいちまい

違う柄のガラスが嵌めこまれ、かわいかったです

 

魅惑の大正ロマン

 

 

丁寧に淹れたコーヒーと

あまいチョコレートケーキ

 

とろけるように可愛く、おいしかったです

ああ、至福の組合せ

 

器もレトロでかわいい

 

 

チーズケーキには

カットフルーツがのっていてラブリーでした

 

 

古民家のつくりを生かし

さまざまなところに、椅子とテーブルのセットが

こじんまり置かれています

 

 

それぞれに趣があって

とても可愛らしい

 

再びおとずれるごとに

味わえる古くて新しい楽しみ

 

 

お店の中にはジャズが流れていました

 

ビル・エヴァンスのピアノが心地よく

いい時間が流れてゆきます

 

どうでもいいことですが

店主とおもわれるかたは、驚くほどビル・エバンス似でした

 

 

梅田から少し離れたところにある中崎町

古い民家が立ち並ぶレトロでかわいい地域

 

また、ことあるごとに訪れたい

そんなエリアでした

 

うてな喫茶店

 

本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

 

秋の夜長は美味しいお酒と音楽で♪

先日訪れた、京都のレトロビル・アンデパンダンさん

 

グラスの飲み物の輝きが最高に魅惑的でした

(あ、グラスの中身はウーロン茶です。下戸なもので^^)

 

 

こういう空間に、うちで扱っているエクセレントグラス

もってきたら、さぞかし映えるだろうな〜って思いました

(さすがにガラス製のマイ・グラス持ち歩くのは無理ですが^^)

 

 

さて、中秋の名月も明後日となりました

 

ムーンライトのような魅惑的なトパーズの輝き

フォストリアのエクセレントグラス入荷しております

 

 

本物のトパーズは浄化作用があり

除霊とかにも使われたりするんだそうです

 

 

 

 

希少な宝石ではないけれど

それでもエレガントグラスのトパーズの輝きは本物

 

あなただけの

魅惑的な光の祭典を楽しんでみませんか?

 

 

夜の輝きだけでなく

日の光を浴びたトパーズグラスも

 

純粋な輝きで美しい

 

 

 

昼に夜に

魅惑的な輝きをお楽しみくださいね

 

 

 

めくるめく至福の輝き

ムーンライトの輝きのセレナーデ

 

スウィングジャズ、ビッグバンドは1930年代〜40年代前半に流行した音楽

ちょうど、エクセレントグラスのいちばん流行った時期と重なります

 

「ムーンライントセレナーデ」は、グレン・ミラー1941年の作品

秋のひととき、素敵な音楽と素敵なグラスを楽しみませんか

 

 

当時の人も、美しいエクセレントグラスを片手に

ジャズを楽しんでいたのでしょうか

 

 

 

 

お品のほうはオイスターグラスとジュースグラスの

二種類を入荷しています

 

アメリカがまだ遠い国だったころ

憧れと、美しさがいっぱい詰まった国だったころに思いをはせて

美しいムーンライトの輝き、フォストリアのトパーズグラスはいかがでしょうか?

 

 

商品ページはこちらからどうぞ
ジューンのトパーズ


本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

う〜さぎうさぎ

何見て跳ねる

 

おいしいおやつのそばではねているウサギさんは

1970年代初頭のイングランドから来たホーンジーのウサギ

 

 

十五夜お月様見て跳ねる

マグカップはなんだか和の薫りがいたします

 

月に住んでいるうさぎが

お空からピョンピョンは跳ねてきてくれみたい

 

 

2018年、ことしの十五夜は9月24日です

このところ雨が続きますが、晴れるといいですね

 

出っ歯のかわいいウサギちゃんたちが

お月さまでお餅つきをしているのが見えるかもしれませんよ

 

 

だけども、この子たち・・・よくみると

 

お月様というより田園風景の中や、イングリッシュガーデンを

跳ねているうさぎさんですね^^

 

 

ウサギの種類は、ヨーロッパ原産のアナウサギか

 

 

それとも、ピーターラビットで有名な

ベルギーウサギかもしれません

 

ちょっとこの写真、こわいっですけど^^

 

出典:Escape

 

やさしい秋の風にさそわれて

野原をぴょんぴょん跳ねるうさぎさんたちと

一緒にお茶を楽しみませんか?

 

 

青空のような背景に映えるウサギさんと

あずき色の背景に映えるウサギさん

 

どちらもお好みでどうぞ

 

 

ピーターラビットのように愛くるしいということはないですが

出っ歯感がシュールでなんともいえない感じ

 

ふだんの生活の片すみに

ときどき笑顔をもたらしてくれるマグカップ

 

 

秋風のここちよい季節

 

十五夜は満月を背に、おいしいおやつと

ホーンジーの器をお手元で楽しんでみませんか?

 

商品ページはこちらからどうぞ

柄物マグカップ

 

本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

秋も深まりつつある日本列島

本日はちょっと珍しい、すーさんのご紹介

はじめてのご来店となるお品

 

第二次世界大戦後の、ひとびとの心をいやすためにデザインしたと言われる
アースカラーシリーズのお品です

 

 

名前がなかなかわからなかったのですが、おそらく「シャギーリーフ」

ウォーターリリーと似ていて、時折見かけることはありましたが

これまで名前がわかりませんでした


年表で、ひとつひとつ消し込んでいったのですが
おそらくパターンナンバー2245の「シャギーリーフ」
でお品であると推測しています
Shaggy leaf motif,in-glaze aerographed decoration in green
with under glaze painted and sgraffito motifs.

 

 

 

カップの内部にお花が描かれており、見つめると幻想的

 

お湯やお茶を注ぐとがふんわりと美しく揺れて、とても愛らしいお品です

ちょっと、中国の工芸茶に似ているかもしれません

 

 

そしておなじみのウォーターリリー

こちらも内側に絵が描かれたファルコンシェイプ


ウォーターリリーはカップの側面に絵が
描かれているファルコンシェイプが多いのですが
こちら珍しくケストレルシェイプ
 

 

 

二つ並べてお茶を楽しむと

幻想的な時間が生まれそうですね

 

 

少し季節はずれてしまいましたが

暗い水辺に美しく咲く花の姿は

 

どこか人の心を惹きつけてはなさない

そんな魅力が感じられます

 

 

ちょっと大き目のランチプレート

濃い目のブラウンのベースに白い花が咲き

 

こちらにも心が奪われます

 

 

色とりどりのアースカラー

見ているだけで、なんだか心がやすらぎますよ

 

今から70年ほど前のお品ですが

こんな時代から、カラーセラピーのことを

考えていたんですね

 

 

洋の東西を問わずなつかしい雰囲気

 

日本人が見ると、なんだか和風

おせんべをのせてみましたが、よく似合います

 

なにげにキャリコではなく、「キリコ祭り」のロゴ入り^^

 

 

 

秋の風にさそわれて、ゆらゆらと揺れる

幻想的な世界

 

スージークーパー1950年代の名作

ウォーターリリーと仲間たち

ぜひご自宅にお迎えしてみませんか?

 

 

今年は日本列島も地震や台風に見舞われました

少し落ち着いた、秋の色が濃くなる季節にお迎えしたいお品

 

スージークーパーのアースカラーシリーズ

商品ページはこちらからどうぞ

アースカラー


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

 

スコットランドのバーモラル城を背景に

かわいいくまさんこんにちは!

 

彼は、女王陛下のキルト「ロイヤルスチュワート」を実につけた

女王陛下をお守りする近衛兵のスコットランド部隊

Scots Guards~スコッツガーズのメンバーなのです

 

 

凛々しい笑顔が素敵

 

かわいいお眼眼をぱちくりさせて

こちらを眺めていますよ^^

 


ちなみに、3年ほど前に、なぜか梅田の駅に女王陛下の近衛兵

コールドストリームガーズが来ていたことがあって

そのときに撮った、スコットランド軍のバグパイプ隊のかたがたの写真

 

くまは、この方々と同じ格好をしています

 

PA110173.jpg

 

ちょっと簡略化されていますが(背が低いので)

それでもなかなか精巧に再現されています

 

さすが製造元はメリーソート社だけのことはあるなと

感心いたしました

 

 

本物は、頭はクマの毛皮の帽子をかぶっています

後ろから見ると、レゲエのにいちゃんみたい

 

PA110176.jpg

 

さすがにレゲエ帽まではかぶっていませんが

 

うしろもちゃんと

リアルに表現されています

 

 

話は変わりますが、ハロッズのほう

去年の夏ごろ、ひっそりと日本を撤退していたんですね

ぜんぜん気づきませんでした

 

英国でのハロッズ本店のほうも、いまはカタール政府系投資会社の傘下に入っているそうです

 

こちらのクマさんは1990年頃

例のダイアナさんと事故に遭われたドディ・アルファイド氏の

ご実家がオーナーだったころの時代のもの

モヘアを使用した、メリーソートのマークの入った高級くまさん

 

 

背筋もピンと立った

かわいいスコットランド兵

 

ご自宅の入り口を守ってもらうのに、いっぴきいかがでしょうか?

(外に置けとはいいません^^、お部屋のドア前くらいに置いてくださいませね)

 

 

素敵な時間を過ごしてくださる

素敵な飼い主さま、限定おひとりだけ募集中でございます

 

 

エンディングはこちら

丘の上の王子様とキャンディキャンディ♪

(一定の年齢以上のわかるひとには、わかることでしょう)

 

 

45cmとおおきめ、クィーンサイズのベアさんですが

スタンドで立つスタイルなので、場所をとりません

 

メリーソートのテディベアはしあわせのお守り

衛兵さんなので、おうちのドアの入り口で

女王さまならぬ、持ち主さまをお守りしてくれますよ^^

 

あなただけの丘の上の王子様、いかがでしょうか?

 

くまさんのお部屋はこちらから

くまのへや


本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

 

秋の夜長に魅惑的な青

ホーンジーのヘアルーム、ミッドナイトブルーのご紹介

 

あたる光によって、黒に近かったり

まぶしいコバルトブルーに輝いたり

 

謎めいた青い釉薬の不思議です

 

 

P4242534.jpg

 

季節や時間によっても見え方がかわります

秋冬は、紺色に近い感じ

 

夏は比較的、あかるい気がします

生き物のようで、それもまた一興

 

 

空のように青いヘアルーム

同じシリーズの、グリーンとブラウンに比べ生産量が低く

巷に出回ることは少ないのですが

 

わたし、このミッドナイトブルーが好きなもので

うちのお店には比較的たくさん集まっているように思います

 

そしてその珍しい色の中でも珍しいお品スパイスラック

 

 

かわいい6本のスパイスポットが勢ぞろい

ふたの中栓のゴムもわりと、しっかりしています

 

開けるとスパイスの、ほのかなよいにおいがしました

 

 

お品のほう、作られたのは1960年代から1970年代

そんなに古いお品ではないので、普段使いにぴったり

 

身近なビンテージとして愛してくだされば

時を経て、アンティークに熟成することでしょう

 

あと50年くらいしたら^^

 

 

お品のほう、カップ&ソーサー
それからエッグカップ、ミルクジャグ、ビーカー
いろいろなものを入荷しています

ヘアルームのブルーをお好きな方は数すくないと思われますが
さがされているかたは、間違いなくおられると思います

そんなかたにお迎えされる日を
ヘアルームは静かに待っております

 

P4252571.jpg

 

ここのところ天気が悪かったのですが

今日は久しぶりに晴れています

 

十五夜も、もうすぐ

夜には美しいミッドナイトブルーの空が見れそうです

 

商品ページはこちらからどうぞ

ヘアルームのミッドナイトブルー

 


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

きゃ〜かわいい

日本犬は、素朴で愛らしいですね^^

 

あ、バタくさい洋犬のオパールさんも

もちろんキュートで素敵なんですけども

 

 

このチャーミングな子は柴犬、女子
生後4ヶ月ちょいの『めいちゃん』💓
五月生まれなんですね^^

 

 

 

オパ飼い主さんのお友達が最近 、めいちゃんを飼い始めたので

オパールさんと面会に行ったそうです

 

ラブラドールにしては小柄なオパさんが

いやに大きく見えますね

 

 

たぶん体重は

オパールさんの十分の一くらいか?

 

しろい巨象のようにみえるオパさん

 

 

しかしながら、わざわざ会いにいったのにもかかわらず

そんなに・・・仲良くもならなかったようです

 

めいちゃんオパールには興味ないみたい😅

パールも全く気にしてないし。

 

自由奔放に歩くふたりならぬ二匹

 

 

富士額(ふじびたい)の、子ぎつねみたいなめいちゃん

 

残念ながら現在のところ女どうしの熱い友情は芽生えなかったものの

大きくなったら、仲よくなるかもしれません

 

 

おぱーるさんの頭と、めいちゃんのおしり

最後は自由奔放な二匹のすがたでさようなら

 

 

本日は敬老の日で祝日です

会社員のかたは、たぶん今日はお休みですね

 

たまには息抜き、オパールさんのように喰っちゃ寝のホリデーを楽しんでくださいね

 

 

本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Selected Entry

ネットショップへのリンクです

おぱーるの部屋

スージークーパー

2

ビンテージ・グラスウェア

excellentglass.jpg

ホーンジー

hornsea.jpg

オールド・ホール

oldhall.jpg

Archive

Mobile

qrcode

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM