すごく久しぶりになりますが、スージークーパー1968年のデザイン
「カーナビーデイジー」のご紹介

 

ちなみに彼女が66歳のとき
まだまだ現役バリバリだったころのデザインです

 

 

1960年代の、派手だけど暗めの色調

幾何学な文様な、いま見るとレトロでかわいい

 

デイジーとは、カップの花柄パターンであるとともに、「かわいこちゃん」
的なニュアンスのあるスラングだそうです。
 

 

 

 

ちなみにカーナビーとは、1960年代のファッションの中心地であったロンドンの
カーナビーストリートから取られています。

 

いまでも、個性的なショップのあつまるところとして有名ですが
当時は時代の先端をゆく、おしゃれな女の子たちの聖地として
世界中に知られたところだったのだそうです

 

 

最近、1960年代、1970年代をテーマにした

ビンテージショップがけっこう大阪にできているのですが

 

派手な幾何柄文様がアクセントの
ポップでかわいい空間です

 

若い人から、年配のかたまで
客層のバリエーションが広いのが気に入りました

 

 

こちらは上記と同じ系列のお店

天満にあるバトンストリートのベーグル屋さんですね

 

1960年代のビンテージの雰囲気がするお店でした

 

 

 

お品のカラーバリエーションはぜんぶで6つあるのですが

今回は、そのうち3つのご紹介

 

黒、深緑、黄土色のベース

1940年代のスージークーパーには考えられない変化です

 

 

それぞれの時代の中で

流行の波に逆らうことなく、すべてを受け入れ

自分ならではの独特の視点で、彼女らしい世界を作り上げたスージー

 

60代なかばですから、自分の孫くらいの若い社員と

楽しく働いていたんでしょうね

 

 

1960年代のファッションの中心地、カーナビーストリート

ロンドンの中心部、オックスフォードサーカスにあるそうです

 

若き日のパティ・ボイドなど、流行の最先端を行く若者が集った場所

そんな場所にふさわしい、インパクトのあるお品です

 

 

 

スージークーパーは、1960年代にモダンなボーンチャイナを多く製造していますが

どれも、私の好みではないので、仕入れることはありませんでした

 

でも、このカーナビーデイジーだけは別格ですね^^

すごくかわいいですから

 

 

1960年代のかわいいスージークーパー

カーナビーデイジーで生活を楽しんでみませんか?

 

 

商品ページはこちらからどうぞ
カーナビーデイジー

本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

フンフンクンクン

夏の花と一緒に、ひまわりのような笑顔でほほ笑むオパールさん

 

梅雨の合間に見せる、お日さまの光がまぶしい季節ですが

あなたの笑顔はもっとまぶしい

 

大きなおハナがご愛敬

 

 

いまの季節、豪華な花は少ないですが

ゲリラ的に、かわいらしい花がちまちま咲いています

 

これはルドベキア・カプチーノという花だそう
なるほど、花の真ん中がカプチーノ色

 

 

畑には、ひまわりの花が

早くも見頃です

 

 

 

こちらも道なりにピンクの花

ナツズイセンに似ていますが、まだ季節ではないですね

 

たぶんサフランモドキという花だと思われます

 

 

 

薄いピンクのお花は

オパールさんの毛並みに良く似合います

 

 

どうでもいいですが

オパールさんは小首をかしげる感じが

なんともいえず愛らしい

 

 

 

 

オシロイバナも、咲いていました

 

舞子さんのように、小首をかしげたオパールさんの

白い顔によく似合う濃いピンクのお花

 

 

珍しいところで

オシロイバナ・キイロバージョンも見かけました

 

スイカと同じく、赤と黄色の2タイプあるわけですね

白もあった気がします

 

 

 

夕方の散歩は、朝よりも暑さが厳しいので、

オパールさんは日陰で休憩しながら ノロノロ歩きます

 

 

きのうから土用に入りました

しあさっては大暑です

 

みなさまどうぞ、お体に気をつけて

ときにはオパールさんのように、ゆるゆるお過ごしくださいませ

 

 

本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

 

ここのところ、コロナの影響で外出が憚られ

吹田市内の、徒歩圏内をウロウロする毎日

 

近辺に英国カフェはないものかと、ネット検索してみたら。。。

一件ヒットしました!!!

その名もずばり、英国風カフェ「ローズティールーム」

 

さっそく訪れたんですが、すごく本格的で可愛かったです

 

 

 

しかし、このローズティールームさん

辿り着くまでにはずいぶん時間がかかりました

 

散歩の途中に何度か近くを訪れたものの

見つからないのです

 

ごく普通の一般家屋で、日にちと時間限定でオープンされているため

早朝とか、前を歩いても、看板がないからわからなかったのです

 

 

 

先日、歯医者さんの帰りに前を通ると、開いていて

ちいさな可愛い看板も出ていました

 

さまよえる湖ロブ湖ではないですが、

「あるとき」と「ないとき」が存在する不思議なティールーム

 

そこがまた不思議で魅力的なのかもしれません

 

 

 

なお看板も、お庭の隅っこにひっそりかかっており

ものすごく良く見ないと、どこにあるかわかりません

 

この看板を見つけた時は、安堵しましたね

 

 

二階建てのおうちの、1階部分がティールーム

入り口はフランス窓になっていて、そこから出入りするようになっています

 

外からは中の様子はわかりませんが

中からは、外が良く見えました

 

 

ティールームのオーナーさんは

レースの先生もされています

 

いたるとことろにレースの作品が置かれ
窓辺には見本や販売の「タディングレース」がたくさん置かれていました

 

 

こじんまりしたかわいいカフェ

 

それでも6人掛けの大きめのテーブルセットと

4人掛けのかわいらしいセットがあって

 

ちょっとしたパーティが楽しめそうな可愛い空間

 

 

 

オーナーさんおひとりで切り盛りされているちいさなティールームですが

もう、できて17年になるとのこと

 

手際が良く、オーダーした「アフタヌーンティーセット」

さっそく第一陣がご登場です

 

 

 

感動の二段重ねのケーキスタンド、上にはいちごジャムと

クロテッドクリームがたくさんのった、しっとりスコーン
このスコーン、美味しかったので、お持ち帰り用に少し買い足しました

 

 

それから、下の段には卵とキュウリをはさんだサンドイッチ

チェリーのパウンドケーキ、それからアーモンドクッキー

 

紅茶はアールグレイを頼みました
ティーポットに入って、ティータイマーと一緒に出てきます

 

このティーターマーがかわいい

 

 

紅茶は、「テイラーズ・オブ・ハロゲイト」を使用

 

今月の紅茶の「アールグレイ」を頼みましたが

まろやかな感じのアールグレイで、美味しかったです

 

今回はアフタヌーンティーセットを頼みましたが

単品でたのむと400円

 

 

 

普通の喫茶店と変わらない値段に思えますが、茶葉がいいですし

なによりも、サーブしてくれる一人用のポットが、ジノリの「ベッキオホワイト」

 

ポットにたっぷり入った紅茶は4杯くらい楽しめました^^

 

紅茶茶碗は、エインズレイの「ペンブロック」

この柄、個人的に、エインズレイでは一番好きなんですよね

 

一流ホテル並みのテーブルウェア

 

 

しばらくすると、メインのケーキ

フワンボワーズとチョコレートのムースケーキも出てきました

 

なお、こちらのティールーム、ケーキもスコーンも

すべて店主さんの手作りとのこと。

完成度が高すぎです

 

この充実の内容で「アフタヌーンティー」一人前が、税込み1000円

これはもう、もはや驚異でしかありません

 

 

 

 

レースの先生もやって、ケーキも作るオーナーさん

 

お店のいたるところには、ご自身で活けたと想定される

生花のアレンジメントがいたるところに見られました

 

アレンジメントの下のコースターもオーナーさん手刺繍ですね

 

 

 

 

それからこれもオーナーさんの作品で、タディングレースにビーズを織り込んだ

アンティーク風のジュエリーの販売コーナー

 

通常、委託品を販売しているカフェは多いですが

オーナーさん本人手作りのものを販売しているのは初めてみました

 

すごく可愛くて、値段も思ったより手ごろでした

 

 

外から見たら、住宅街の中の、普通の一軒家なのですが

中にこんな「夢」と、「イギリス愛」が詰まっているとは思いませんでした

 

いわゆる一般的な「ティールーム」の概念とは異なりますが

ひとつひとつのパーツが完成されていることがすごい

 

 

 

 

このお店のオーナーさんは、私より少し年上に見えました

 

ある程度年をとって、地に足をつけつつ

前を見ながら、常に夢を追い続けている感じが魅力的

 

 

ときどき、そういう方に巡り合うことがありますが

お会いすると、やっぱりうれしくなりますね

 

 

英国風カフェサロン ROSE TEA ROOM

 

 

本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

ガーデニアこと、くちなしの美しく咲く季節です

 

近所にたくさん、くちなしの木があり、かわいい花芽をつけていたのですが

咲く寸前になって、市に剪定されてしまいました

 

くちなしの花は、あまい匂いなので

虫が寄ってくるのを防ぐ目的のようです

 

 

 

残念この上ないのですが

それでも、剪定を免れた脇芽たちが、可愛らしい花を咲かせています

 

こちら、西洋風の、八重咲のくちなし

笑顔からこぼれる白い歯のよう

 

 

いま、わたしの歯も歯医者さんで磨いてもらったばかりので、きれいな白ですが

(ガーデニアのような白さはないですが)

お茶とコーヒーを飲む頻度が高いので、すぐ色素沈着しますね

 

 

ちゃんと磨いているつもりなのに、半年たつと黄変してしまいます

 

研磨剤、多めの歯磨き粉を使えばいいのでしょうが

それは歯に悪そうだし・・・・・

 

お茶好きには悩ましい問題です

 

 

 

ぶつぶつ言いながらも、今日の商品紹介に戻りましょう

ガーデニアのグレイビーボートとシリアルボウルのご紹介

 

正面に大きく描かれた

ガーデニアの花が魅力的です

 

 

まずはグレイビーボートのご紹介から

 

グレイビーボートとは何ぞや?

というかたも多いと思いますが、西洋で、お肉料理にかけるソースを入れる容器

 

日本では存在しませんね

 

 

イギリス行ったら、肉料理によくかかっているグレイビーソース

 

薄味で、ウスターソースやケチャップに慣れた日本人の口には

ちょっとぼやける味ですが、けっこう美味しい

 

 

P1220018

 

本来は、料理から出た肉汁を煮詰めてつくるものらしいですが

現在のイギリスの家庭では、お湯でとかすタイプが主流らしいですね


顆粒状のダシの素みたいなやつに、お湯をくわえて練るだけ
ここのBistroというブランドが有名なんだそうです

P1310441

 

もうひとつは、やっぱり日本になじみのない食器

こちらはシリアルボウル

 

時代的に、今でいうところのグラノーラやコーンフレークではなく

たぶん、オートミールを入れたんじゃあないかと思います

 

 

 

今日はちょっと日本に馴染みのない用途の食器

グレイビーボートとシリアルボウルのご紹介でした

 

日本ではお好みに合わせて、お花入れや

各種小物入れとしても用途はありそうです

 

 

 

 

初夏から盛夏へ、季節を感じたいガーデニア
やわらかなグリーンのスージーを楽しみませんか?

商品ページはこちらからどうぞ

ガーデニア

本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

5月から楽しませてくれた、近くのバラ園の花

二番バラも終わりに近づき、夏休みに入ろうとしています

もう終わりかな?

 

一昨日、歯医者さんの帰りに覗いたら、

それでもちいさい芽がたくさん出ていました

三番バラもあるのかな?

 

 

今の時期、大輪のバラの花はフェードアウト気味ですが

つるバラ系は元気ですね

 

花は小さくで地味なんですけど

かわいらしく元気いっぱいに咲いています

 

 

 

今日はシェリーのばら

 

つるバラのように小さい花をちりばめた

王道のロマンチックエレガンス2点ご紹介です

 

まずは結婚式のバラこと、ローズスプレイ

 

 

あまい感じがなんともいえない

かわいらしいバラの器です

 

往年のローラアシュレイ

それからキャス・キッドソンを彷彿させる永遠の定番

 

 

こちら、相方のほうですね

ちいさなつぼみこと、ローズバッド

 

ローズスプレイと似たような感じですが、グリーンで締めているので

もうちょっと、さわやかな感じ

 

 

 

どれもおなじ1940年デザインの似た感じのお品です

 

きっと、デザインされたデザイナーさんが

同じ人だったのでしょう

 

どんな人が描いたんでしょうね?

かわいらしい女の子かな

(髭面の、強面のおっちゃんかもしれませんが)

 

 

 

英国のカントリーサイドに咲くちいさなバラを描いたかわいらしいお品

 

シェリー窯の永遠のバラを

お手元にいかがでしょうか?

 

 

令和二年はコロナ騒動でたいへんでしたが

 

バラの季節には・・・まあ、なんとかなんとか落ち着いて

良かったなあって思っていたら、また流行ってきましたね

 

激動の年

 

 

なかなかたいへんな令和二年の雨の季節に

シェリーのバラはいかがでしょうか?

 

商品ページはこちらからどうぞ

シェリーのバラ

 

本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

太陽の光がまぶしい季節の到来です

 

情熱的な赤い百合の花こと、スージークーパーのタイガーリリー

今年もお迎えすることができました

 

印象的な、夏の花

 

 

タイガーリリーが咲くのは

普通の百合に比べて、遅めですね

 

梅雨時の雨に打たれて、開花を始めるタイガーリリー

 

見ごろは7月の後半から

8月くらいになるのでしょうか

 

 

夏のやさしい日差しを浴びて

のびやかに佇むタイガーリリー

 

1941年、第二次世界大戦の最中にデザインされた赤い百合の花

 

 

ピーターパンに出てくる、勇敢なインディアンの女の子の名前も

タイガーリリーでした

 

ちょうど、この花のイメージ

 

 

それでも表の情熱的な感じとはうらはらに、

裏面には小さいシダが描かれていて地味

 

そのコントラストが、なにげに可愛いです

 

 

緊迫した時代を反映してのことだと思われますが

ターハーリリーはそれ以前のドレスデンスプレイやパトリシアローズと

大きく雰囲気が変わります


ほかの花の作品よりも力強さを感じさせるのは戦火を生き抜いた

女性の強さや、穏やかさを物語っているのかもしれません。

 

 

 

 

トリオのお品ですが

普通のケーキプレートより一回り大きめのランチプレート

 

ちょっと場所を取るのが難点ですが

そのぶん迫力があって、使いやすくておすすめです

 

 

 

梅雨も後半となり、タイガーリリーの花も

つぎつぎに開花しています

 

 

夏の静かな季節に

赤い百合の花、タイガーリリーを楽しんでみませんか?

 

戦前の古いイングランドのお品ですが

どこか和風な香りがして、日本の夏に似合う器なのです

 

 

 

 

商品ページはこちらからどうぞ

タイガーリリー

 

本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

 

梅雨も終わりに近づいてきました
雨の合間にセミの鳴く、蒸し暑い日が続きます

 

あつさの中に、ちいさなそよ風とやさしい光を運んでくれる
かわいらしいアンティークのアイテム

 

ビクトリア時代のインクボトルはいかがでしょうか?

 

 

産業革命のころ、

およそ100年前に生まれたインク瓶たち

 

まだシャープペンシルも万年筆もなかった時代

人々は、こういったガラスの瓶に入れられたインクにペンを浸し

書き物をしたわけですね

 

 


工業製手工業・マニュファクチュアの時代ですね

手作業と機械がいいかんじに協力し合いながら生まれたインク瓶


作り手、気候、ふたの開け方、いろいろな要素に左右され
個性のあるちいさな瓶が生まれます

同じものは二つとしてありません

 

 

なお驚いたことに、イギリスでは100年前でもゴミ回収があったんですね

しかも、「燃えるゴミ」「燃えないゴミ」の分別回収まで

 

使用済みのインクは分別回収の「ガラス・陶器類」の日にだされ

産業廃棄物として地中深く眠ることとなります

 

趣味の瓶掘りのかたに掘り出されるまで。。。。。

 

Kgrhqjhje8feproteslbropwrdi7q60_12

参照:19C Bottledigger

 

これ、田舎のほうでは、趣味のおこづかい稼ぎ(?)で掘っている人

けっこういるようです

ものすごい体力勝負だと思うんですが
見つけた時の喜びとか
空を見上げた時の美しさとか

もう、一般人にはわからないロマンがあるのでしょうね^^

 

参照:19C Bottledigger

 

夏の野原は雑草が生き生きと生い茂る

生命力あふれる空間

 

現代の宝探し(?)でみつかった、100年前のガラスが輝きます

 

 

このインク瓶には雑草が似合います

 

道路の傍らに咲く、花の生命力をわけていただき

その美しさを楽しんでみませんか

 

きっと、ちいさな空間が、輝いて見えますよ

 

 

 

100年の時間を経て

小さな小瓶は、自然に同化するように静かに存在し続けます

 

100年前に、半分手作業で、ちょっと雑につくられた瓶たちは
時間を超えて、あたたかな風情がありますね


 

もちろんそのままオブジェとして

ガラスの輝きを楽しんでいただくのもおすすめ

 

じいっと見ているだけで不思議な世界に吸い込まれそうです

 

 

 

それから、インク瓶はガラスだけでなく陶器もございます

 

今でもプリンター用のインクでよくありますが

お徳用のビッグサイズだと思います

 

大容量だとガラスだと耐久性に問題ありそうなので

陶器にしたんでしょうか?

 

これも情緒があっていいもの

 

 

しずかな夏のひとときには

100年前のアンティークガラスとご一緒に

 

心落ち着くおだやかな時間を楽しんでみませんか?

 

 

アンティークのインクボトル

ポイズンボトル・香水びん

 

 

★★★★★★★★★  ご連絡  ★★★★★★★★★★★★★★★★

 

たいへん申し訳ございませんが、本日は店主が歯医者さんに行くため

午前中はお店のほう、お休みさせていただきます
お問い合わせの返信や、受注確認書等は午後から送信させて頂きます
お手数かけますが、宜しくお願いします

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

 

本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

梅雨の合間の晴れのひとときは

セミが鳴くようになりましたね

 

本日は夏の光の下でのんびり佇むかわいいマグカップたち

ゾウさんフクロウさんのご紹介

 

どちらも同じサイズで描かれているのがシュールでいいですね^^

 

 

背景は以前訪れた、大阪にある人工島、舞洲

ちょっと、大阪とは思えない、別荘地みたいな風景が魅力的でした

 

今の季節は、晴れの日は夏の花が美しく咲いていることでしょう

 

 

 

おひさまの光を浴びて

 

のんびりぞうさん

ニコニコふくろうさん

そのかわいい瞳を見ているだけで

なんだか和んできますよ

 

 

今年の夏は、のんびりと夏の避暑地へいった気分で

かわいい動物マグカップと遊んでみませんか?

 

 

福をもたらす吉鳥、フクロウさん

 

ふくろうは、不苦労とも言われ

縁起物として、古くから親しまれてきました

 

 

ちなみに、全景はこんな感じです

 

二匹の親フクロウの間に、ちいさい子フクロウが二匹

 

なにげにちょこんと佇んでいる、ちいさい小フクロウが

なんだかかわいいです

 

 

 

仏教で、雨を司る神聖な動物ゾウ

 

風水では、安定と信頼の象徴でもあるゾウ

 

象をモチーフしたアイテムを机に置く事で、上司や権力のある協力者の庇護を得るなど、

後ろ盾を得られると言われています。

(ほんまかいな^^?)

 

 

こちらは全景で見ると

親子のゾウさん

 

それから小さくかわいいフラミンゴ(?)

 

 

これから梅雨が明けて訪れる暑い季節には、ごゆるりと

 

可愛いホーンジーのマグカップたちと

いい時間を過ごしませんか?

 

 

いつもの日常生活に

ユーモアあふれるかわいいジャングルマグはいかがでしょうか?
毎日が、少し楽しくなりますよ

商品ページ
ジャングルマグとズーディアック


本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪
                   (にほんブログ村・ランキング参加中)

むしむしする梅雨空のお天気が続きますね

 

暑さに弱い超インドア犬、オパールさんも

しろい蒸しパンのように、ふて寝も決め込んでいます

 

 

 

 

 

基本的に、暑いときはクーラーのきいた室内におられるのですが

それでも、なんだか寝苦しいよう

 

 

 

 

かいぬしさんに

ウエットテイッシュをかけてもらって

涼をとっているところ

 

 

 

本当は水を頭からかぶりながら

冷たい水をガブ飲みしたいんでしょうけど

 

お家の中ではおしとやか

 

 

 

しかし、いまは24節季のひとつ小暑です

梅雨が明けれは、さらに暑い大暑です

 

耐えられるのかオパールさん?

 

 

雨ニモマケテ

風ニモマケテ

 

雪ニモ夏ノ暑サニモマケテ

年中ゴロゴロシテイル犬

 

ミンナニカワイイトヨバレ

チヤホヤサレテイル

 

サウイウイヌニ
ワタシハナリタイ

 

 

夏の暑さに弱く

かといって、冬の寒さにもよわい過保護犬

 

宮沢賢治が知ったら、あきれておヤツ抜きの刑にするかもしれません

とはいえ、オパールさん現代犬だからヨシとしましょうかね

 

 

本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

 

お散歩中に、ちいさい緑の実が転がっていて

「梅」?と思い、上を見たら銀杏でした

 

季節の移り変わりは早いですねえ

 

まだ梅雨も明けてはいませんが、ふくよかな銀杏

あたたかな気候とたくさんの雨で、木の実はすくすくと成長しているようです

 

 

ミカンの実も、ちいさい実をつけています

スダチみたいで、かわいいなあ
はやく大きくなあれ

 

そしてまだ「梅」があると思ったのですが

これは遠くの畑に実る桃でした

 

畑のフェンス越しに撮ったので少し遠いですが

桃太郎が生まれそうに大きくふくらんだ桃が美味しそう

 

 

 

 

木立の上のほうでは

ふっくらしたカリンの実が風にそよいでいました

 

もうだいぶ大きくて、果実酒にできそうな感じです

 

 

今年の梅雨は、雨が激しいですね

近くに普段、ほとんど水の流れていない川があるのですが

濁流となっていました

 

といっても熊本あたりの豪雨とは比べ物にならないのですが。。。

 

被害に遭われた地域のできるだけ早い復興を

心よりお祈りしております

 

 

 

盛夏も近づき、だんだんとお花が少なくなってきました

 

それでも畑のほうは、にぎやかになってきましたよ

この白いのは、じゃがいもの花

 

 

 

これはキュウリですね

黄色くて、かわいらしい

 

 

ナスは、花と実も一緒になっています

なかなか縁起のいい野菜

 

 

トマトは花が終わり

美味しそうな実をつけていました

 

 

散歩の後に訪れる朝市では新鮮な野菜やミカンを背景に

スイカが主役となっています

 

安いけど、大きいんですよね

こんなに重いの持って帰れないし、たべれない

 

みんなそんな論評をしながら眺めています

スーパーと違い、切り売りはありません

 

 

野菜の美味しい季節

 

体重措定前のお昼ご飯は野菜ランチ

去年より2キロ増えた体重は、押しても引いてもびくともしません

 

 

それでも毎年懲りずに、飽きずに最後の悪あがき^^

 

本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Selected Entry

ネットショップへのリンクです

おぱーるの部屋

スージークーパー

2

ビンテージ・グラスウェア

excellentglass.jpg

ホーンジー

hornsea.jpg

オールド・ホール

oldhall.jpg

Archive

Mobile

qrcode

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM