朝のひかりに輝くバラ

花は、早朝のすがたがいちばん美しいですね

 

毎年の楽しみですが、今年も中之島にあるバラ園へ行ってまいりました

川べりのビル群に囲まれた都会のバラが見事です

 

 

見ごろはもう少し先で

まだエントランスのばらはつぼみでしたが

奥のほうには、咲いているばらも、けっこうありましたよ

 

 

バラ園の入り口、中之島近辺は

一昨日から3日続きのおまつりです

 

北浜のライオン越しには見えませんが、中之島公会堂のまわりには

たくさんの縁日が出ていました

 

 

公会堂をあとに、ばらの小道へ

朝陽と、川の輝きを受けるバラの姿は

なんともいえず幻想的でした

 

 

大都会のオアシス

淀川の中洲に咲く美しい花の楽園

 

明治24年に、大阪市で始めて誕生した公園なのだそうです

同時期に造られた建造物と相まって、情緒ある地域

 

全体的には三分咲きといったところでしょうか?

見ごろは1週間から2週間後くらい

 

 

バラはもうすこし先ですが

フレンチラベンダーが、すごい勢いで咲いていました

 

バラ園ですが、よく見ると、そうでない花も、ちょこちょこ見られます

 

カレーのそばの福神漬けという位置づけでしょうか?

これも、愛らしいアクセント

 

 

咲き始めの、愛らしいバラの一株

 

これはいちばん最初の花ですが

下のほうにはちいさいつぼもがたくさんあって

つぎつぎにつぼみや芽を出しています

 

 

名前はプリンセスアイコ

 

1日に即位されたばかりの、令和の天皇陛下

そのお嬢様にあたる愛子さまにささげられたピンクのバラ

 

 

堂島側と土佐堀川の約1.5キロの間の公園

その中央500メートルほどの間につくられたバラ園は

約300種類、3700株の花があるそうです

 

中之島のバラは

その中でも川のそばに咲く花が、いちだんときれい

 

 

 

 

光の輝きのようなイエローのばら

 

ばらは早咲きと、遅咲きがあるのだと思いますが

 

ピンクと黄色のばらは咲くのが早いみたいですね

そのほかの色は、少し遅れて咲くのでしょうか

 

 

サーモンピンクのバラ

スージークーパーのパトリシアローズに似ていますが

種類は違います

 

 

最後はたくさんの花びらが優雅な

ピンクのイングリッシュローズの姿をお楽しみください

 

 

ゴールデンウィークも終盤となりました

関西近郊のかたは、ゆっくり淀屋橋〜北浜を

お散歩するのも素敵です

 

 

あたたかな春の陽ざしがここちよい日曜日

今日もいいお天気になりそうです

 

本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

明日はこどもの日こと、端午の節句

菖蒲湯に入って、柏餅とちまきを食べましょう^^

 

野には、菖蒲の花が咲いています・・・・あれ、ちがうかな?

 

調べたところ、ちょっと違ったようですね

どうもアヤメだったもよう

 

 

 

アヤメの花言葉は「よい便り」「信じるのも幸福」

菖蒲の花言葉は「あなたを信じます」「忍耐」

 

似たような花ですが、花言葉はだいぶ違いますね

あやめの花言葉のほうが個人的に好きです^^

 

 

さて、今日はこどもの日ということで・・・そのまんま

ホーンジーのチャイルドマグのご紹介

 

 

チャイルドマグ自体は珍しくないですが、この色は珍しいですね

お店のほう7年やってますが、初入荷となります

 

さわやかな青を背景に、グリーンのかわいい子たち

 

 

かわいい子ということで

在庫から、かわいい子がはいっているもの、えらんで見ました^^

 

これはブタの親子マグ

 

 

ブヒブヒ言ってます

 

こぶたちゃん、かわいいですね

ダイエットの見張り番に、いかがでしょうか?

 

 

似たようなシリーズで

なまいきヒヨコもおります

 

はんぶんタマゴの殻に体を突っ込んでいるくせに

口答えだけは一人前

 

ジョン・クラピッソンのブラックユーモアが可愛く光ります

 

 

あと、ジャングルマグシリーズにも

子供さん、いろいろ出てますね

 

こちら、かわいいコゾウさん

 

 

かわいいモリフクロウのお子さん

ご兄弟ですね

 

ふたりそろって愛らしい

 

 

ホーンジー人気のジャングルマグシリーズ

あなたの身近なマスコットとしていかがでしょうか?

 

 

ユーモラスな表現が楽しいホーンジーの世界

こどもの日じゃなくても、そうでなくてもおすすめです

商品ページはこちらからどうぞ
ホーンジー柄ものマグカップ


本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

大阪のさくらは終わりましたが

ブルーウィローの背景は、東洋らしく、近所の神社とさくらにしてみました

 

オリエンタルな世界がたまりません

100年前に、イギリス人があこがれた美しい異国がここにあります

 

アクセントはイギリスの味、フレッドくん

彼、個性的なのに、なんにでも似合いますね

 

 

なにがいいかな・・・・フルーツ、スコーン

それから・・・・肉まん、あんまんなんかも似合います^^

 

東洋のアフタヌーンティーは

さしずめ飲茶になるんでしょうか

 

 

美味しいお茶といっしょに

いい時間をお過ごしくださいませ

 

 

ヴィクトリア時代のイギリスで愛された東洋の味わいの陶器

ビンテージのブルーウィロー

 

北米より仕入れたのですが(←北米は使用感の低いイギリスものが多くあります)

およそ50~60年前につくられた、ビンテージ・バーレイ

 

こちら縁にギルトと呼ばれる金ぶちがついております

 

 

 

悠久の時を感じる

壮大でうつくしいブルーアンドホワイト

 

 

東洋の美しさと西洋の美しさが混じりあった

永遠のエレガンス

 

 

和風にも、洋風にも

お好みでアレンジしてくださいね

 

厚みがあって、丈夫でしっかりしており

今の陶器には珍しい、あたたかな雰囲気のある器です

 

 

ブルーアンドホワイトといえば

お花屋さんには早くもアジサイの花が咲いていました

 

花は、梅雨時にかけて、青く美しく変化していくのでしょう

 

 

連休も後半にはいりました

引き続きみなさま、ごゆるりとお過ごしくださいませ

 

 

商品ページはこちらからどうぞ

バーレイのビンテージ・ブルーウィロー

 

本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

 

もうすぐ母の日ですね

 

さくらの花が咲いているのはもう北海道あたりでしょうか

大阪の街中にはカーネーションがあふれています

 

 

母の日のプレゼントという雰囲気のお品ではないのですが^^

 

本日はスージークーパー1938年の作品カーネーション

ひさしぶりに入荷しました

 

 

スタンダードなピンクのカーネーションと

初入荷のブルーのカーネーション

 

 

春の野原に咲くような

新鮮で愛らしいお花たちを器にちりばめました

 

 

さわやかなブルーはポットと、カップ&ソーサー

それからミルクジャグがございます

 

ちなみに青いカーネーションの花言葉は「永遠の幸福」

 

 

ピンクのカーネーションの花言葉は

「感謝、上品、気品、あたたかい心」など

 

ピンクのティートリオ

なかなか状態もよいです

 

 

手描きでさらさらと、やわらかい感じにお花が描かれたお品

 

日本のコレクター間での通称はカーネーションだそうですが
スージークーパーが1929年、グレイ社を去る年にデザインした 
シスル(あざみ)という作品と花が同じです 

 

 

 

あざみでも、カーネーションでも、どちらでもいいですね

かわいいものは、かわいいのですから^^

 

ここのところ雨続きですが、久しぶりに晴れ間が見えそうです

 

春の光の中で

いい時間を過ごしませんか?

 

 

テーブルにちいさなフラワーガーデンを

心にちいさなオアシスを

 

 

商品ページはこちらからどうぞ

カーネーション

 

本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

令和元年おめでとうございます!

 

新年(?)最初の英国を旅するバッグは、バラの咲くイングランドへ

 

英国を代表する花、バラをテーマにした美しい生地をメインに

華やかでさわやかな、夏向きのお品に仕上げました

 

可愛らしいバスケット風トートバッグ

 

 

古い時代を思わせる上質で美しいプリント生地使用


インテリア生地の企画をしている作家さんが、かなり前に、

イギリスのメーカーから代理店を通して提案を受けたサンプル生地とのこと


値段がべらぼうに高く、結局それっきりになったそうですが
少しむかしの一流エディター(ブランド)に採用されていたものでしょう


サイドには国産綿混の、しっかりガッチリ織り上げた

バスケット調の布を組み合わせています。

 

 

ワンス・アポン・ア・タイム

 

英国の伝統美、ボタニカルアート

そんな美しさを彷彿させてくれる、英国ファンにはたまらない世界

 

石像も思わずニッコリ、いい時間が流れます

 

 

 

ウラ面に大きめのポケットがあり、リーフレット類を入れるのに便利

 

短い持ち手はコットンで裏打ちした厚手のヌメ革を使用。


「ヌメ皮」とはタンニンを使って牛の原皮をなめしたもの

型押しなどの表面加工をほとんど施さず仕上げた、上質な風合いを持つ皮

 

ヌメ革は経年変化で、少しずつ味わいある色に変わります。

 

 

 

 

馬具を思わせる金属と、皮のコーディネーション

なんとも魅力的で、見入ってしまいます

 

かって握力40キロを誇ったバッグ作家さんが縫い上げる

しっかりしたお品

 

あ、それとヌメ皮は、繊維が締まっているので使い始めは堅いですが
使っていくうちに繊維がほぐれ、柔らかくなり、手になじんできます
たくさん使ってあげてくださいね

 

 

内側は、ブリティッシュ グリーンの11号帆布。
ファスナーポケット1つと、仕切ポケットが2つあります。
 

いつもながらに使いやすい

 

 

英国の伝統的なフラワーガーデンを彷彿させる

優雅で気品にあふれたお品

 

バッグ片手に初夏の街を歩いてみませんか?

 

 

 

通常こういった皮と布を併用したバッグは重いのですが難点ですが

こちら、綿をメインにしているのでじょうぶで軽いです

 

ショルダー紐の長さを調節すれば、ななめ掛けも可能 肩こりのかたにもお勧め

 

また薄手ですので、シーズンオフの収納にもかさばりません

 

 

大ぶりなバラですが、作家さん

柄の出方を表と裏、それぞれ絶妙なバランスで組み合わせています

 

バラの生地、帆布ともに、使用していると、色があせたりしてくると思いますが

ヌメ皮の色変化とともに、それもいい味になってくると思います

 

天然素材なので色あせは免れませんが、良いものと、そうでないものの差は

年月を重ねたとき、ビンテージの味わいが出るか、貧乏くさくなるか・・・

ということでしょうか

 

 

キャンバス地に描かれた油彩画のようなバラ

何度見ても、見飽きない美しさがありますね

 

バッグとして使っていただくのはもちろん、

インテリアとして 飾っていただいても季節のいいアクセントになりそう。

 

 

思いっきり、超本格的にイングランド!

 

英国ボタニカルガーデンの魅力をちりばめた

優雅で軽く、使いやすいバッグです

 

 

サイズは、

タテ(本体):約26cm ヨコ:約25cm(底部)〜約38cm(上部) マチ:約12cm
持ち手:約16cm  ショルダー紐長さは、66〜140cm(調節可能)です。
 

 

商品ページはこちらからどうぞ
英国を旅するバッグ

特製ハンドメイドカバンに興味を持たれたかたは下記リンクもどうぞ^^
ハンドメイドのマーケットプレイス「Creema」 PLAIN WEAVE販売ページ


本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

平成最後の日になりました

明日から新しい元号、令和が始まると思うとなんだか感慨ぶかいですね

 

そして明日5月1日は、メイデー

フランスにはこの日に、スズランの花(muguet: ミュゲ)

を愛する人に贈るという習慣があります。


スズランを贈られた人には幸運が訪れるという縁起もの

 

 

出典:La Provance

 

とっても素敵な習慣です

 

ちょっと、バレンタインデーに似ていますが

もうちょっと、純粋に可愛らしい

ほんとうに、大切なかたに贈るもののようですね

 

ということで、本日はシェリーの「リリー・オブ・ザ・バレー」のご紹介

 

 

 

花言葉は「純粋」

そして、「再び幸せが訪れる」

 

 

出典:LoverGleen

 

見ているだけで、なんだかしあわせな気持ちをくれる

純粋無垢な白い花

 

 

 

フランスの街では、きょう、明日と

すずらんを売る小さな出店がでるようです

 

名づけて、しあわせの「すずらん屋」さん

 

 

バラやチューリップのように大きな花束にして

大きな花瓶に活けることはできないけれど
それゆえに、可憐な花のひとつひとつひとつが
なんとも言えず、けなげで心にしみてくるお花

 

 

 

これからますます青葉の輝く季節

スズランが美しく咲く季節の始まりです

 

商品ページはこちらからどうぞ

シェリーの部屋

 

平成最後の日、みなさまに幸運を

そして、本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

今年は遅くまでさくらが残っていました

 

とくにオパールさんは奈良の山の手に住んでいるので

いつもより長いことさくらを楽しんだようです

 

 

もうすぐ五月ですが

まだ八重桜はさいていました

 

 

さてさて、雪のように広がるさくらの上を駆け巡るオパールさん

なにかのチューブをみつけて、いたずらしています

 

 

ちょっと手ブレを起こしていて

見ていると酔いそうなオパールさん

 

新体操のリボン演技のようですね

目がまわりそう

 

 

目が回ったついでに、くるくると時計の針を6年前にもどしてみましょうか

 

2013年春のオパールさん

いまより強烈おてんば娘で、悪ガキ絶好調だったころ


力が強いので(可愛い顔して大型犬だから)
小型ブルドーザーなみにガンガン掘削してゆきます
 

 

Horu

 

さて、ここ掘れワンワンといえば花咲爺さん
どんな話やったかな〜と思えば

拾った犬が小判を掘り当ててくれたり
お亡くなりになった犬のアドバイスで桜の木に灰をまくと
桜の花がぱっと咲くお話

犬を大切にしたら、いいことありますよ〜という話です(?)

・・・いや、いま自分で文章書いてて物語の趣旨、曲げてるなと感じました
普通に勧善懲悪のおはなしですので、わたしのタワゴトはさらっと流してくださいね

 

 

Photo

 

いつものんべんだらりとして

だみんをむさぼるばかりのオパールさんだけど

 

飼い主さんに、一抹の夢をあたえた合成写真でした

 

本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

ものすごく久しぶりの道頓堀

 

会社員のころは、ときどきは来ていましたが

自営業になり、吹田の山の上にこもってしまったので

夜の繁華街に出てくるのはひさしぶりです

 

相変わらず、づぼらやの看板が目立っていました

 

 

 

むかしはそれでも、づぼらやとかに道楽の看板が突出していましたが

いまはそれに負けじと、いろんな立体看板がありますね

 

なんだか外国の街みたいでした

 

 

看板がおもしろくて上を向いて歩いていると

こけそうになりました^^

 

 

くいだおれ人形は、以前、引退したはずですが

また復活したようです

 

 

そうそう、道頓堀へなにをしに行ったかというと

ひつじ料理を食べに行ったのです

 

ブタ、牛、鶏のなかでどれが好き?と聞かれると

いつも「羊」と答える羊好きのワタクシ

 

むかし新疆で食べたヒツジの味が忘れられなく

羊肉店を訪れたのでした

 

 

予約の電話をすると、中国語で応対されたので

お客さん、中国のひとばっかりかな?

 

と思ったら、やっぱり8割がた中国の人でした

 

日本人は羊肉、ほとんど食べないですからね

ときどき食べたくなるお気持ちわかります

 

 

串焼きのヒツジは1本150円とリーズナブル

薬味をたっぷりつけて頂きます

 

 

水餃子も小龍包のように汁があふれ

ムチムチで美味しかったです

 

 

夜の道頓堀は、外国語があふれ

ふだん田舎(?)に引っ込んでいる身にはなかなかに刺激的な街並みでした

 

 

ゴールデンウィークも二日目

みなさまいかがお過ごしでしょうか?

大阪へ来られたかたには、夜の道頓堀も、なかなかおすすめ

 

予約しないとほぼ入店不可能な故郷羊肉店もおすすめです

 

本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

きょうは北大阪の春の森を背景に

 

季節の花アザレアをモチーフにした

1950年代のスージークーパーのご紹介

 

 

アザレアとはつつじのこと

いろんな種類がありますね

 

近所の遺跡のある里山へ、朝の散歩に向かうと

野生種のコバミツツジが咲いていました

 

 

少し前の画像で、いまは花も終わりかけですが

古墳時代、万葉の時代からこの地に咲き続けている花

 

素朴でちいさめの可愛いお花

 

 

 

いまを盛りと咲いている、つつじの花とは

少し趣がちがいます

 

アザレアこと、つつじの花もいろいろな種類があるようです

 

 

 

スージークーパーのつつじの花も

日本の花とは、また異なっています

もっと複雑な、感じの花

 

お品のほうはベージュとピンクの2色ございますが、

側面に花が描かれているものとカップ底に描かれているものの2種類御座います

 

 

ピンクは側面に、ベージュのほうはカップの底のほうに

 

飾るときはピンクのほうが嬉しいですが

使うときは、ベージュのほうが楽しいです

 

どちらがいいんでしょうね?

それはもう、お好み次第というところ

 

 

デザインはツツジといいながらも

いつも見慣れているツツジとはすこし趣が異なります

東洋と西洋の差でしょうか?

 

見つけたのがオータムシフォンというツツジ

たぶんスーさんは、こういう花をみていたのではないかと思います

 

 


つつじというより、もうバラの花にちかい

西洋では、華やかなお花が好まれるもよう

 

 

 

スージークーパーのエレガントな花で

ちょっと華やかに、つつじの季節を楽しんでみませんか?

 

 

今日からゴールデンウィークも始まりました

とはいえ、主婦のかたや在宅ワークのかたにはあんまり関係ないような気もしますが

それでも日本全国にただよう、祝日感はなかなかによいもの^^

 

おひまなかたは、キャリコのサイトでもゆっくり眺めてくださいね

 

商品ページはこちらからどうぞ

アザレア

 

本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

ソメイヨシノが散り

いまは藤が美しいですね

 

初夏ももうすぐ

 

今年の夏の暑さは例年並み

去年の暑さに慣れた身には、少し過ごしやすいかもしれません

 

 

美しい藤を背に

アンティークのクランベリーグラスのご紹介

 

 

クランベリーガラスとは、その名の通りクランベリーの実に似た
美しい赤の色が特徴の、たいへん貴重なガラス工芸品です

ところどころ気泡がはいり
光が当たると不思議な輝きを放ちます

 

 

 

製造は、クリスタルガラスの上に、金を使った赤いガラス塗料を
塗ることで制作するのですが、この技法が熟練を必要とする
ものであることと、塗料に金を使うことで、お金がかかるため
非常に高価で美しいものとして尊ばれてきました

 

 

「金赤」「ゴールドルビーグラス」と呼ばれ、多くの愛好家
を魅了してやみません

 

P7040989.jpg

 

大阪の空も紫外線がたくさん降り注ぐ

あかるい日差しとなりました

 

 

 

お日さまの下と

蛍光灯の下では、輝きが異なります

 

 

魅惑的で不思議な赤の世界

 

陽のひかりを浴びて

かわいらしいピンクに輝きます

 

 

お品のほう、タンブラーとワイングラス

それぞれ4個づつのセットがございます

 

 

これから梅酒やら、冷酒やらお酒がおいしい季節ですね

クランベリーガラスで季節の味を楽しんでみませんか?


商品ページはこちらからどうぞ
クランベリーグラス


 

本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

Selected Entry

ネットショップへのリンクです

おぱーるの部屋

スージークーパー

2

ビンテージ・グラスウェア

excellentglass.jpg

ホーンジー

hornsea.jpg

オールド・ホール

oldhall.jpg

Archive

Mobile

qrcode

Comment

  • ビンテージの定番ピコウェア
    Calico
  • ビンテージの定番ピコウェア
    みーたん
  • チョコレート博覧会へ行ってきました
    Calico
  • チョコレート博覧会へ行ってきました
    bankholiday
  • 川口キリスト教会のステンドグラス
    キャリコ
  • 川口キリスト教会のステンドグラス
    嶋 啓節
  • 奈良とマラソンとオパールさん
    山浦
  • 奈良とマラソンとオパールさん
    山本
  • 加齢なるピーターラビットの世界
    Calico
  • 加齢なるピーターラビットの世界
    bankholiday

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM