きょうは成人式ですね

オパールさんも、きれいなおべべを着てすまし顔

 

おぱーるさんいくつになられたんでしたっけ?

 

 

インテリア雑貨キャリコと同い年だから6歳ですね

なお、犬年齢を人間に当てはめると40歳だそうです

 

ということで2回目の成人式

 

ちいさい頃と変わらない顔をしていますが、もう40歳のおばちゃんか〜

不惑とは全くかけ離れた煩悩のかたまりのしろい犬

 

 

 

ちなみに人間の二十歳を犬にあてはめると1歳半だそうです

オパールさん1歳半ってどんなだったかな〜

今より多動でかなりパワフルだったはず

 

オパールさんは2011年の10月生まれなので

その1年半後、2013年の3月前後のブログを覗いてみましょう

 

 

★★★★★★★★★★★★★

2013/2/25のブログより

 

 

オパールの飼い主さんから、ここ掘れわんわん画像頂きました
力が強いので(可愛い顔して大型犬だから)
小型ブルドーザーなみにガンガン掘削してゆきます

あとで穴埋めるのたいへんでしょうね、飼い主さんも

 

Horu

 

オパールのかいぬしさん

この頃、「オパールが穴ばっかり掘って困る」

「しょうもないことばっかりしていないで、宝物でも掘り出してくれたらいいのに」

・・・とボヤいておられました

 

ということで^^

 

白い犬は神さまのおくりもの
ここ掘れワンワン、大判小判がざっくざく!

 

Photo

 

私が、花咲じじいの話を捻じ曲げて

ブログに仕上げたのでした^^

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

やんちゃだったオパールさん

年齢とともにエレガントになりました

 

毛並が少し剛毛になったのかな?

 

オパールちゃん、おぼえてる?

あなたの一回目の成人式のころ

 

 

面立ちはむかしと変わりませんね

 

あながた20歳のころ、冬場はお鼻の色が茶色に変わりだしたから

全身色を変えたらどうなるかって・・・・カラーバリエーションオパールさん

つくってあげたのよねえ^^

 

1

 

くだらないことをして楽しむ私の性格もいつまでも変わらない。。。。

 

 

最後はちいさい写真ですが

三つ指そろえて「行ってらっしゃいませ」

 

 

大阪は雨の成人式になりそうです

 

すでに社会人になっている会社員のかたはオパールさんのように、

ゆっくりと休日のだみんをむさぼってくださいね

 

本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

今日で松の内も終わりですね

とはいえ、私の住んでいるところでは、正月飾りは「どんど焼き」

まで出しているのが普通なので、14日までなようですが

 

さて、新春は豪華なレストランの画像をお楽しみください

 

 

こちらの建物は、大阪の堺筋本町にあるその名も「堺筋倶楽部」

 

倶楽部といっても、会員制の社交倶楽部ではありません

こともとは、1931年に建てられた川崎貯蓄銀行の大阪支店

 

この銀行は、のちに三井住友系の銀行に

吸収合併されたようで、建物はどこかの地点で

持ち主が変わったのでしょう

 

 

代々の持ち主に愛され、守られてきた建物

大阪の一等地なので、よく取り壊されもせず残っているものだと思います

 

売るとき、元のオーナーさんが建物の保存を

販売条件に付けたのかもしれませんね

 

 

 

設計は、ベルリンで設計を学んだ矢部又吉

 

和洋折衷というのではなく

純粋なヨーロッパの建造物のかおりがします

 

豪奢な天上の彫刻と

10メートルにも及ぶ吹き抜けが圧倒される

威風堂々とした空間

 

 

現在のインテリア

荘厳な中に、どこか近未来的な楽しさが残ります

 

 

その未来的な魅力を醸し出す秘密はこれ!

銀行の心臓こと、もと金庫室

 

いまはワインセラーになっていますが

まるで異空間と繋がっていて、宇宙人が出入りしそうな

不思議な扉です

 

 

麗しの堺筋倶楽部

レストランは2軒はいっています

 

この金庫室のある、一階の大ホールを改装したほうが

イタリアンレストラン「アンブローシア」

 

西洋人のコックさんや、ソムリエが働いている高級レストランですが、

平日のランチは1400円からと手ごろなのでなんだか驚きました

 

ランチとはいえ、思ったよりゼロが一つ少ない大阪価格

 

 

アンブローシアから通路を抜けてゆくと

上のフロアに上がってゆく、ちいさい階段が見えます

 

 

この階段を登った、 各フロアごとにある部屋が

個室レストランで、フランス料理の「リストワール」

 

もと電話室や会議室を改装した、個室のフランスレストラン

こちらは貸切になるので敷居が高そう

 

こちらも圧巻でしたがログが長くなるのでまた次の機会に^^

 

 

1930年代の大阪で生まれた純粋なヨーロッパ建築

たくさんの人に大切にされ、愛されていまなお輝いています

 

魅惑の堺筋倶楽部、みなさまも大阪市内へ訪れたとき

足をのばしてはいかがでしょうか?

 

堺筋倶楽部

 

本日も素敵な一日でありますように

 

 

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

 

今年初めてのシェリーの紹介は

「風の花」ことウィンドフラワー

 

このデザインは初めての入荷になりますが

なんともおおらかで、かわいらしい花です

 

 

ウィンドフラワー"wind flower"とは日本語でいうところのアネモネ
早春から春にかけて咲く、ケシに似た花です

 

二月ごろから咲き始めるということですから

いま購入すると、ちょうどシーズンに合わせて

使い始めることができますね

 

 

ピンク色とラベンダーのウインンドフラワーが交差する大胆な構図
カップ、ソーサー、プレートのふち、そしてカップのハンドルは、

薄いパープルで縁どられています


ロマンチックの王道といってふさわしい、

少し前の古きよきイギリスの、 愛らしいお品です
 

 

 

 

おなじみローズポイントも入荷しています

バラの季節はほとんど終わってしまったけど

 

永遠のバラをお手元にどうぞ

 

 

 

甘く優しいそのバラの美しさは

クリームたっぷりの洋菓子も、焼きっぱなしの素朴な焼き菓子にも

素敵な魅力を添えてくれることでしょう

 

 

年末の入荷になりますが

こちらも春の花「ストックス」

こちらも入荷しています

 

 

春を告げる妖精は

もう元気に動き回る準備を始めています

 

 

来月になれば

春の花も、順番に咲きだすことでしょう

 

それまでは、シェリーの花を楽しんでくださいね

 

 

つづいては黄色がかわいいプリムローズ

 

これは季節を問わず咲いている花なので

いまも、どこかのおうちのプランターや花壇のかたすみに

ひっそりと咲いているのでしょうか

 

そんな花も、けなげでいいものです

 

 

こちらは夏の花になりますが

青い牧草こと「ブルーロック」

 

いつみても初夏の初々しさを感じる

控えめで愛らしい花

 

 

イギリスからやってきた

心なごむかわいらしいシェリー窯の花たち

 

いろいろと組みあわせて

寄せ植えのように愛らしいティータイムを楽しむのも

おすすめです

 

 

イギリスといえば

どうやら今日はシャーロック・ホームズの誕生日だそう

 

名探偵ホームズもビクトリア時代のイギリスで

シェリーの器でお茶を楽しんだのかもしれません

いい時間は永遠です

 

 

商品ページはこちらからどうぞ

シェリー窯のかわいい器たち

 

 

本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

新春の花は、ぱあっと景気よく!

金運が上がりそうな、可愛らしいスージークーパーの登場です

 

「聖母マリアの黄金の花」といわれるマリーゴールド

 

 

第二次世界大戦から10年近くたち

戦後の爪痕も癒えた1954年デザインの作品


この年代になると、ボーンチャイナのものが多くなるのですが
これはアースンウェア(陶器)製。


戦後のものだけあって、古さが無く、カラー写真のような雰囲気があります

陶器の質も非常にしっかりしています

 

 

 

バックスタンプに
HAND PAINTED
UNDERGLAZE PARMANENT COLORS とあります

 

手描きのやさしいニュアンスのお品

釉薬の下で、今を盛りの花の美しさが可憐です

 

陶器に描かれた花は永遠に色褪せることがありません

 

参照:Birds and Blooms

 

ちょうど写真で花の一番美しい時期を

撮りこんだような感じでしょうか

 

その花をやさしく描いた、愛らしい作品

 

 

中部イングランドの庭園を思わせる

おだやかで、どこか人の心を打つ

かわいらしいけど秘めたインパクトのあるお品

 

スージークーパーの1950年代陶器を集めておられる方は少ないのですが

これもなかなか新鮮で、ハッとする美しさがございます

 

 

そしてまた話はそれますが・・・・

マリーゴールドって食べれる種類もあったんですね

 

ディナープレートに美しく飾られた花

ポテトの添え物になっています

 

参照: Diancotilas

 

こちらはサラダ

食用菊みたいな感じの味なんでしょうか

 

体によさそうです

 

参照:Eat Smarter

 

きのう、ちかくの公園を通ったら

寄せ植えの中に、さむそうにマリーゴールドが咲いていました

 

とても元気で、愛らしくて

なんだか元気をもらったような気がしました

 

 

今日の天気図には全国的に雪だるまのマークがついていました

雪の舞う寒そうな一日になりそうです

 

お仕事初めのかたも多いと思いますが

マリーゴールドの花のように、元気にお過ごしくださいませ

 

商品ページはこちらからどうぞ

マリーゴールド

 

 

本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

あけましておめでとうございます

 

新年最初のサイト更新は

美しい初日の出を背景に、ブラックバンズのご登場

 

1930年代のアールデコ・陶器は

どことなく日本人の郷愁を誘うシンプルなデザイン

 

 

こちらは年末に撮影した、和歌山の夕焼けですが

このオレンジと黒の組み合わせが

神秘的で、なつかしい想いを招くのかもしれません

 

 

 

デミタスカップ&ソーサーに

ケーキプレートをセットしたトリオを3セット

 

デミタスカップで飲むコーヒーと

どらやきの組み合わせ面白い^^

 

 

繊細な和菓子ももちろん似合います

たおやかな和の世界にぴったり

 

 

ちょっと気取ったおやつにも

ふだんの素朴なおやつにも

 

モダンデザインだからこそ

似合ってしまいます

 

 

 

今回、同じ色柄のシリーズ

いろんなアイテムを入荷しております

 

デミタストリオも数を入荷しているのでお値段ひかえめ

 

 

背景、神社にしてみたんですが

なんだか似合いますね^^

 

珍しいポットもおすすめです

 

 

シュガーボウル&ミルクジャグは

残念ながら、ボウルにヘアラインが入っているのでお値段お安くしています

 

 

平成30年のお正月の記念に

スージークーパーのブラックバンズ

 

お手元にお迎えしてみませんか?

大正ロマン漂う、爽快なデザインです

 

 

 

 

商品ページはこちらからどうぞ

ブラックバンズ

 

本格的な新春の営業がスタートです^^

本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

あけましておめでとうございます

インテリア雑貨キャリコも本日より新年の営業を始めさせていただいます

本年もどうぞよろしくお願いします

 

新春初の、英国を旅するバッグはイングランドの

リンカーンシャー州にあるボストンへ旅します

 

 

 

かわいい犬型ボストンバッグといっしょに

心地よい日差しの中をお散歩しませんか

 

偶然ですが、昨日、近所の神社に商売祈願のお詣りにゆくと

ボストンテリアもお詣りにきておりました

 

 

バッグのほうも、知らないおじさんが抱きしめている犬のように

ふわふわの毛並と愛らしい顔立ち

背中にはジッパーがあって、おしりにはキュートなしっぽ

 

思わず抱きしめたくなるかわいいバッグなのです

 

 

イングランド、リンカーンシャー州のボストンは風光明媚な港町

 

北米マサチューセッツ州のボストンは

英国からの移民が故郷の町にちなんでつけた名前です

 

おさんぽするには最高!

 

 

ボストンを旅するように使ってほしい

かわいいボストンバッグ

 

一見、シンプルなミニボストンバッグですが、
よく見ると 顔とシッポがある、不思議なバッグ
わんちゃんと、お散歩気分でつかってくださいね

 

 

肩にもかけられる長めの持ち手。
反対綿の外側に大きなポケットがついています

 

 

上部のグレーは イタリア製の高級ウールフラノ
すごくやわらかい手触りです

 

 

持ち手は、赤い生地で裏打ちした本革
アクセントも兼ねて鋲でしっかり止められています
なんだか首輪とリードの雰囲気がありますね

 

ざっくり感のある生地はカラードウールの交織で日本産

 

ポケットの裏生地は、メガネ拭きなどにも使われる
クラレの新合繊グローレ

 

 

本体の布は イタリア製のリネンモケット。
こちらもやわらかな手触りがたまらない

 

 

底部分は丈夫なポリエステルモールのキルト風ジャカードの
布を使いました。

 

 

内側には、ファスナーポケット1つと
仕切りポケットを2つ作りました。

 

 

なお、このワンコバッグ

作家さんによると、モデルはオパールさんなのだそう

 

英国で人気ナンバーワンの犬種

ラブラドールレトリバーバッグは今年のトレンドナンバーワン!

 

 

愛嬌のあるオパールさんに良く似た

幸運のイヌボストン

 

 

かわいいオパールさんとボストンの街をさんぽするように

使っていただけるとさいわいです

 

 

干支にちなんだものを持つと幸運が訪れるのだそう

今年もいいことたくさんありますように

 

 

 

サイズは下記のとおりです

タテ:約18m ヨコ:約28cm マチ:約15cm

持ち手長さ:約55cm

 

 

商品ページはこちらからどうぞ
英国を旅するバッグ


特製ハンドメイドカバンに興味を持たれたかたは下記リンクもどうぞ^^
ハンドメイドマーケット「テトテ」 PLAIN WEAVE販売ページ
ハンドメイドのマーケットプレイス「Creema」 PLAIN WEAVE販売ページ


本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

昨日に引き続き

本日もあけましておめでとうございます

 

初詣に行った、安居神社の犬イラスト(右下に小さく書かれているやつ)は

とってもキュートでした^^

 

 

新春二日目は

お正月らしく和の空間でスタート

 

インテリア雑貨キャリコの新春の営業も

明日よりのスタートです

 

 

イギリス古道具屋は、日本の和の心に学びます

 

古いお道具やしつらいを直しながら

丁寧に長く使ってゆくことの大切さ、たのしさ

 

こころ豊かになる瞬間です

 

 

和風住宅の、窓の外には

美しい庭が覗いていました

 

さて、ここはどこでしょう?

 

 

この美しい日本家屋は

本町にある有名メーカーの、もと本社でもあります

 

オフィスビルのなかに、一軒だけ佇むなぞの和風住宅

かなり目立っているので大阪の方ならご存知の方も多いはず

 

 

いちど中を覗いてみたいものだと、かねがね思っておりました

願いが叶って、ああしあわせ^^

 

広々とした畳の部屋がいくつも連なります

 

 

 

こちらの会社の製品は、このブログを見ておられる方の

ほとんどが、手にしたことがあるはず^

 

なにを製造する会社かおわかりでしょうか?

 

一階の事務所のほうに、どこかで見たことがある

黄色いものが見えますね

 

ピカチュウじゃないですよ

 

 

答えはこちら

おなじみの黄色いボンドがいい味出してます^^

 

 

日本を代表するボンドメーカー

上場企業のコニシ株式会社さんでした

 

最近までここが本社だったとは信じられません

 

 

大阪商人のココロが残る、粋な和風住宅

三和土のかまどなども、いい味を出していました

 

 

新年ということで

今日は、長く愛された美しい和風住宅の紹介でした^^

 

 

ゆったりとしたお正月の二日目

本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

あけましておめでとうございます

おかげさまでインテリア雑貨のキャリコも

無事、6回目のお正月を迎えることができました

 

これまでの皆様のあたたかいご愛顧に感謝するとともに

新しい年を進んで行こうと思っております

 

本年もどうぞよろしくお願いします

 

 

 

平成三十年元旦は、戌年の始まりであるとともに

月曜日の「犬ブログの日」でもあります

 

なので、今日はオパールさんに

お雑煮のおもちになって頂きました!!!

 

ふだんはストーブにあぶられた

美味しそうな焼き餅です^^!

 

 

いつも食べて、寝てばっかりのワンコさんですが

美人の基本はじゅうぶんな睡眠と、栄養なのです

 

さあ、神社でお詣りしましょう

 

曽根崎のお初天神さんに美人祈願

心も姿も美しい犬になれますように

 

 

お初天神さんには

大好きな書割がありました

さあ、入ってもらいましょ〜

 

あれ、これ恋愛祈願のやつかな〜???

 

まあいいや、裏に「開運」ののぼりが立つているから

開運祈願には間違いないでしょう

(店長はこまかいことには気にしないのです)

 

このサイトを訪れてくださるかたの開運を
心よりお祈りいたします

 

 

 

あいかわらずいい加減炸裂ですが^^

 

開店当初はハンドメイドレース専門店にしようと思っていたインテリア雑貨キャリコ

いつのまにかイギリス古道具屋さんになっていました

 

うどん屋さんをしようと思っていたら

いつの間にかカレー屋さんになっていたくらいの変わりようです

 

今年のインテリア雑貨キャリコはどこに向かって進むのでしょうか

それは店長自身もわかりません

みなさま、今年も当サイトとブログ更新をお楽しみに!

 

本年もどうぞよろしくお願いします

そして素敵な一年でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

今年一年、残すところあとわずか数時間

 

ちいさなちいさな個人商店ですが

こうやって、開店から6年という月日を重ねられたことに

今まで支えてくださったお客様、ブログに訪問してくださった方々

そしてまわりの親しい人達に感謝の想いをこめて

 

皆様ありがとうございました

 

 

 

画像は台湾のお正月「元宵節」が

先週、大阪にやってきたときの画像

 

美しい光のトンネルの中に

台湾のかたが、ひとうひとつペイントしてくれた

華やかな提灯が流れます

 

一年間の想い出が浮かび上がってくるよう

 

 

ちょうちんのほう、どれも味わいがありました

 

漢字あり、アルファベットあり

 

てきとうに書いているのあり

アーティスティックなものもあり

 

思わず魅入ってしまいます^^

 

 

暗闇のなかに

光る姿が幻想的

 

 

淀川のかたすみは

なんとなく、台湾の夜市みたいになっていました

 

観光案内も出ています

身近に行ける海外として、人気ですもんね

 

 

こんなところで見る、からあげは

いつにも増しておいしそう

 

トリ年最後のご奉公でしょうか

 

 

暗闇に浮かぶ土佐堀川の景色は

まるで、この世とあの世の境目のようで

(あの世に入ったことはないんですけど)

 

不思議な美しさでした

 

 

熱帯魚のような美しい観光船が夜の川を進みます

 

むかし一度乗ったことがありますが

船から見る大阪の町並みは

光にあふれて、とてもきれいでした

 

 

 

夜も更けて

大阪の街はミッドナイトブルーに染まります

 

 

カウントダウンが始まりました

この一年ありがとう

 

今年最後の商品紹介はホーンジーのヘアルーム

お色はもちろんミッドナイトブルー

 

 

商品ページは下記からどうぞ

ヘアルームのページ

 

 

最後になりますが、この一年本当にありがとうございました

 

サイトに訪れてくださったみなさま、おひとりおひとりに

明日からも幸せな一年が訪れますように!



にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

お正月へのカウントダウン

近くの神社でも、しめ縄の準備に追われていました

 

けっこう、あちこちに付けないといけないので

植木屋さん(?)は大変そうでした

 

 

木枯らしの吹く季節でも

なんだか季節感が感じられないのは神社の裏山

 

常緑樹を植えているからでしょうね

 

数百年の時を超えて

永遠に続く空間

 

 

神様の空間に、時代を超えたアイテムたち

 

今日はひさしぶりに100年前の産業廃棄物こと現在の人気アンティーク雑貨

陶製クリーム&ジャムポットのご紹介

 

産業革命のころにつくられた

初期工業製品の味わいをお楽しみくださいませ

 

 

さて、100年前の世界を覗いてみましょうか

 

ビクトリア時代のイギリスの、ごく普通のおうち

こんな感じだったんですね

 

ストーク・オン・トレントの

グラッドストーン博物館で撮影した画像

 

奥のほうに、ビン詰やら缶などといっしょに

DUNDEEの、見覚えのあるロゴが見えます

 

こんなふうに使われていたんですね

 

そして、中身を食べた後は、瓶は捨てられたのですが^^
(ふつう、そうですよね)

 

 

意外なことに!!!!!この時代

すでにゴミの分別回収が行われていたのです

 

ちょっとこれにはびっくり!

 

都会ででた瓶のゴミは、少し離れた場所にある

ダンプサイト(ゴミ捨て場)に捨てられたのでした

 

 

そして年月は流れ・・・・


今は体力と時間のある現代人が、100年前のごみを埋めた穴を

犬のように嗅ぎ出して掘り返し


日々せっせと発掘作業をされています

 

 

参照:19C Bottledigger

 

穴は、ふつうの日本人が想像するより深い・・・

閉所恐怖症のひとだと、怖くて泣くかもしれません

 

 

ものすごい体力勝負だと思うんですが
見つけた時の喜びとか
空を見上げた時の美しさとか

もう、一般人にはわからないロマンがあるのでしょうね^^

(わたしには理解できませんが)

 

 

かわいい陶器のポット

並べてみると、いろいろな表情があって面白い

 

生産数や、色柄、メーカーなどによって

それぞれに価値が出ています

 

今回、めずらしいものは

下記写真、左下のHonersのパープル・プリントのクリームポット

それから左から三番目の、茶色で農家の女性がプリントされたポット

左から4番目の、フランク・クーパーの小型ジャムポット

 

このあたりが人気のあるコレクターズアイテムですね

 


100年前にクリームやジャムの入っていた瓶

あたらしい役割をもらい、今も元気に働きます

 

花瓶などとして使ってもかわいらしい
魅力的な初期工業製品

 

今の時代には考えられない

ゆがんだプリントや、陶器の練りむらが

なんともいえなく可愛くて、心がなごむのです

 

 


100年前に中身だけ食べられて、ゴミ捨て場に捨てられた
クリームポットとジャム入れたち
100年後に雑貨ファンの熱い視線を浴びるなんて
思いもよらなかったでしょうね^^

商品ページはこちらからどうぞ
アンティークポット
アンティークボトル

 

今年も残りあとわずか

本日も素敵な一日でありますように

 

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

 


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

Selected Entry

ネットショップへのリンクです

おぱーるの部屋

スージークーパー

2

ビンテージ・グラスウェア

excellentglass.jpg

ホーンジー

hornsea.jpg

オールド・ホール

oldhall.jpg

Archive

Mobile

qrcode

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM