スージークーパー1936年のデザイン

「エイプリル」入荷しました

 

飯塚恭子さんのご本によると、「エイプリル」とはもともとは「開花の月」

という意味があり、花の咲く季節をあらわすのだそうです

 

 

花の名前がなにか、わからなかったのですが

描かれた花によく似た花がありました

 

 

ブルーとオレンジで描かれていますが、同じ花の色違いなんですね

 

もしかして、この青い花には、

同じ種類でオレンジの花もあるのかもしれません

 

 

オレンジのほうは、芽吹いたばかりの

赤ちゃんモミジにも、雰囲気が似ています

 

 

 

つぎつぎに芽吹く、北大阪の森

 

四月は開花の月だそうですが、花だけでなく葉も開く

きっと、そういうニュアンスもあるのだろうと思います

 

ソーサーのほうは、ブルーとグリーンで生命力のあるデザイン

 

 

しかし同じ「春」をテーマにしたお品ながら「プランタン」のように

天真爛漫なほどの明るい感じがないのが、ちょっと不思議

 

サイモンとガーファンクルに「四月になれば彼女は」
という、ちょっと暗いの歌があるのですが
その雰囲気が、ぴったりくるなあと、思いました

 

 

この歌は、約200年前のイギリスの詩人、ジェーン・テイラーによって

つくられた詩をもとにしているそうです

 

四月に訪れたカッコー鳥が、9月に去ってゆく
そんな内容の詩だそうです

 

もしかしてこのデザインの、青い花とオレンジの花は
4月の花と、9月の花をさしているのかもしれないなあと思いました

 

スージーさんの好きな「生と死の繰り返し」のテーマが根底にあるのかもしれません

 

 

スージークーパーのお品は、可愛らしく華やかなものに人気があり

哲学的というか・・・思想のある地味なお品はちょっと人気がありません

 

でも、コアなファンの方には、面白いと思われる方も

きっと、いらっしゃると思います^^

 

 

 

 

お品のほう、1936年に発表されてから、製造は1938年までの短い間

ということで、あんまり見かけることのない珍しいお品

 

コレクターさん向けのお品になるかと思います

商品ページはこちらからどうぞ

エイプリル

 

本日も素敵な一日でありますように

 


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

Selected Entry

ネットショップへのリンクです

おぱーるの部屋

スージークーパー

2

ビンテージ・グラスウェア

excellentglass.jpg

ホーンジー

hornsea.jpg

オールド・ホール

oldhall.jpg

Archive

Mobile

qrcode

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM