春のおだやかな風とともに

マグノリアの花が開いてきました

 

かわいらしいピンクの花になごみます

 

スージークーパーの故郷である、イングランドの庭先でも、

同じ花が咲いているのでしょうか?

 

 

 

ということで、本日は季節のデザイン「マグノリア」

ジュリア・ロバーツ主演の同名の映画「マグノリアの花たち」という映画もありました

 

「マグノリア」は映画以外では聞きなれない名前ですが
和名でいうところの「もくれん科」の花

 

 

 

マグノリア、もくれんといっても
種類がものすごく豊富なようで、スージークーパーの器に描かれた
マグノリアこと、もくれんの正確な種類まではわかりませんでした

 

ということで、背景はだいたい近い感じのマグノリアで^^

 

 

 

スージークーパーのマグノリアは1951年にデザインされましたが

今回入荷したものは、もう少し後に生産されたもの

 

スージークーパー社がウエッジウッド傘下に入った

1968〜1970年の間に生産された、お品となります

 

 

日本でいえば昭和40年代、比較的最近のビンテージなので

コンディションがとてもいいです

 

なお、マグノリアのほう、現在もウエッジウッド社で販売されていますね

ピンクに可愛らしい色彩

お値段のほうはティートリオ2客セットで税抜き54.000円

 

 

現行のマグノリアをお持ちの方も

素朴なオリジナルのマグノリアと合わせて、楽しんでみるのもよさそうです

 

基本的な雰囲気は変わっていません

 

 

おそろいのミルクジャグとシュガーボウルもございます

 

 

 

のびやかに広がる、もくれんの花

花言葉は「自然への愛」「崇高」「忍耐」

 

映画「マグノリアの花たち」もそれにふさわしい内容でした

 

スージークーパーは何を考えながらこの花を器にデザインしたのでしょうね

 

 

お皿のふちの色は、赤紫のもくれんの花の色

やさしくて、愛らしい

 

50年代は、はっきりした色合いのデザインを好んだ彼女ですが

こちらのお品は40年代を思わせる、やさしいパステルカラー

 

 

公園には白木蓮こと、白いマグノリアも美しい花を咲かせています

春の、始まりですねえ^^

 

 

 

カラーバリエーションも豊富なお品ですが

グリーンベースのデミタスも1客だけ在庫がございます

 

合わせていかがでしょうか?

 

P5190582

 

 

1951年から、そして現在まで愛されるマグノリアのデザイン

人間でいえば、68歳になるのでしょうか

 

 

スージークーパーのやさしい花で

生活を楽しんでみませんか

 

商品ページはこちらからどうぞ

マグノリア

 

本日も素敵な一日でありますように

 


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

Selected Entry

ネットショップへのリンクです

おぱーるの部屋

スージークーパー

2

ビンテージ・グラスウェア

excellentglass.jpg

ホーンジー

hornsea.jpg

オールド・ホール

oldhall.jpg

Archive

Mobile

qrcode

Comment

  • イースター前のエッグカップいろいろ
    キャリコ
  • イースター前のエッグカップいろいろ
    うさうさ
  • パトリシアさんの人生いろいろ
    キャリコ
  • パトリシアさんの人生いろいろ
    うさうさ
  • ワイルドストロベリーの嵐が丘
    キャリコ
  • ワイルドストロベリーの嵐が丘
    saki
  • スージークーパーのエンドン
    キャリコ
  • スージークーパーのエンドン
    saki
  • 初午とお店の再開について
    キャリコ
  • 初午とお店の再開について
    saki

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM