1930年代のイギリスから

古いパン焼き型がやってきましたよ

 

こちら、1800年代後半から、現在も続くイギリスのパン製造メーカーHOVISの焼き型


現在は自社でパンを焼き、スーパーマーケット等に卸していますが
昔は粉の供給業者で、イギリスの町には必ずあったベーカリーに粉を
卸していました。そして粉と共に契約先のベーカリーに無償で渡したのがこの焼き型。

 

 

とても古く、頑丈な感じ

おそらく1930年代以前に使われていたお品ではないかと思われます

 

これまでに、いろいろなHOVIS型を入荷してきましたが

ここまで渋いのは久しぶり

 

 

なお、日本では食パンは白いものが多いのですが

HOVISのパンは、全粒粉を使用した、栄養たっぷりな茶色いタイプ

 

特製のパン焼き型を使って焼いているので

サイドにかわいくHOVISの文字が浮き出ているところがチャームポイント

 

 

ちなみにこちら、1973年のテレビコマーシャルですですが

1930年代のHOVISのパンを配達する子供の映像

 

この1930年代の世界でリアルに使われていたのが

今回紹介するお品

 

 

 

ずっしりと重く頑丈なお品

円熟した風合い

 

タワシか何かで、少し掃除した感はありますが

それもまた、味わいのひとつなのでしょう
お道具は人の手で大切に扱ってもらうことで
魅力を深めてゆきます

 

 

とても頑丈にできた金属の焼き型は

今ではかわいらしい園芸用品として人気

 

 

寄せ植えに、ポットカバーに

 

少しむかしのイギリスで、美味しいパンをたくさん焼いたお道具
今では小物入れや園芸用のプランターとして愛されています

 

 

P4080020

 

1900年代前半のお道具
100年近く前にイギリスのパン屋さんで使われていたパン型が、新しく生まれ変わり
素敵な雑貨小物としての第二の人生(?)をおくります
 

 

あたたかい春がやってきました

HOVISのブレッドティンで素敵な季節を楽しみませんか

 

 

 

野原はちいさな春の草花が

つぎつぎに咲いています

 

 

むかしは人の生活に役立つ道具として
いまは人の心を癒す存在として
HOVISのパン焼き型は今も頑張っています^^

 

商品ページはこちらからそうぞ
HOVIS

 

本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪
                   (にほんブログ村・ランキング参加中)

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

Selected Entry

ネットショップへのリンクです

おぱーるの部屋

スージークーパー

2

ビンテージ・グラスウェア

excellentglass.jpg

ホーンジー

hornsea.jpg

オールド・ホール

oldhall.jpg

Archive

Mobile

qrcode

Comment

  • イースター前のエッグカップいろいろ
    キャリコ
  • イースター前のエッグカップいろいろ
    うさうさ
  • パトリシアさんの人生いろいろ
    キャリコ
  • パトリシアさんの人生いろいろ
    うさうさ
  • ワイルドストロベリーの嵐が丘
    キャリコ
  • ワイルドストロベリーの嵐が丘
    saki
  • スージークーパーのエンドン
    キャリコ
  • スージークーパーのエンドン
    saki
  • 初午とお店の再開について
    キャリコ
  • 初午とお店の再開について
    saki

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM