英国を旅するバッグは深まる秋の森へ

 

今月は、フランス産ゴブラン織の生地を使用した

中世イングランドの世界を思い起こさせてくれるようなクラシックなお品

 

秋のひとときは、冬間近のイギリスの森を

あたたかいワインを飲みながら散歩するような気分で使ってくださいね

 

 

そしてちょっと暖かい室内へ行きたくなったら

味わいのあるティールームなどへ

 

温かい紅茶とクッキーをおともに

クリームティーもいいかもしれません

 

 

メイン生地には、ヨーロッパの気品漂う

高品質のゴブラン織の布をたっぷり使いました

 

美しい織り感の、ふっくら丸みのあるトートバッグ。
 

 


 

「冬のライオン」という、古いイギリス映画をご存じでしょうか?

キャサリン・ヘップバーンが出ていたやつです

 

フランス出身のイングランド王ヘンリー二世とその家族の物語

中世の美しい画像を、このバッグの織り生地を見て思い出しました

 

 

映画のタイトルではないですが、お品には二頭のライオンが描かれています

 

ライオンはイスラム絨毯では「権威の象徴」ですが

ゴブラン織りにも、なにか似たような意味があるのだと思います

 

 

 

もうひとつ、こちらも中世の染織品

フランスのクリュニー染織美術館にある「貴婦人と一角獣」のタペストリー

 

世界で最も美しいと言われる中世のゴブラン織り

6枚でひと組みのシリーズなのですが、一枚のゴブランには

貴婦人と一角獣、それからライオンが描かれています

 

ちょっと今回のゴブランに似ています

 

 

中世の染織作品を思わせる、美しいバッグは

壁にかけて、タペストリーとして楽しんでも素敵ですね^^

 

サイドは生地には、あたたかくて軽いウールフラノ地を使用

ワイン色で、ゴブランの生地をふんわり取り囲んでいます

 

 

片面のゴブラン生地はポケットになっていて

鋲止めはスナップになっております

 

ポケット下部に全面につかわれているブラウンの生地は、

世界に誇る日本のブランド、クラレの高品質ポリエステルスエード

 

スムーズな手触りで、眼鏡ふきなどにも使われている素材です

 

 

内側にはファスナーポケット1つと、仕切りポケットが2つ。
いつもながらに、収納力は抜群です

 

 

持ち手部分および裏底は本革使用です

 

秋から冬にかけて、濃厚な温もり感が満載のバッグで

至福のひとときを過ごしませんか?

 

 

 

深まる秋のひととき、素敵なバッグとともに過ごすいい時間

 

一枚の中世絵画のように美しいゴブラン織りのバッグ

ぜひ、お手元にいかがでしょうか?

 

 

なお、これまでの写真は、朝の自然光で撮影したお品

下記写真は、夜間の蛍光灯の下で撮影した写真となります

 

使用している染料のためだと思われますが

屋内で見るほうが、深みのあるお色に見えますね

どちらも魅惑的な色彩ですが^^

 

 

サイズは、

タテ(本体中心):約32cm ヨコ(最大):約212cm マチ:約10cm、
持ち手:約45cm 肩にかけられる長さです

 

皮部分はすべて本革です

 

商品ページはこちらからどうぞ
英国を旅するバッグ

特製ハンドメイドカバンに興味を持たれたかたは下記リンクもどうぞ^^
ハンドメイドのマーケットプレイス「Creema」 PLAIN WEAVE販売ページ

 


本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

 

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Selected Entry

ネットショップへのリンクです

おぱーるの部屋

スージークーパー

2

ビンテージ・グラスウェア

excellentglass.jpg

ホーンジー

hornsea.jpg

オールド・ホール

oldhall.jpg

Archive

Mobile

qrcode

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM