朝の梅田阪急英国フェア初日

待ちかねたお客が真田の進軍のように、ジワリ、ジワリと進みます

 

押さないでください、走らないでください〜のアナウンスはあるのですが

みんな戦国武将の突撃みたいな顔になってましたね

少しでも出遅れると長蛇の列にならぶことになりますから

 

とくにホテルスコーンと、リントンの紅茶

ここめがけて、みなさんスタートダッシュです

 

 

人気のホテルスコーン、開場と同時に150人並んだそうですが

わたしは30番目くらいの好位置につけました、無事20分ほど並んでスコーンを獲得です

 

関ヶ原の合戦のような、開場時の梅田阪急英国フェア

 

 

今年のホテルスコーンはリッツ・ホテルのものでした

しっとり、さっくり系ですね

 

プレーン、ヘイゼルナッツ、レーズン、アールグレイ

4つのフレーバーがなんともうれしい

 

 

 

スコーンは日持ちするので、全種類購入しました

 

プレーンがやっぱり、クロテッドクリームとジャムには一番にあうかな?

もちろん、ほかのスコーンも美味しかったですが^^

 

 

 

職人さんは、筋肉系のかたが来日されていました

パワフルな感じで,マシンのように、ガンガンつくってゆきます

 

「人間スコーンマシン」ルイス・ウィルソン氏は感動的

 

せんに、やはり別で英国フェアに行った友人と、

「英国フェアのスコーン高いよね」って話をしていましたが、

やはり本場のイギリス人が、粉持って来日して、せっせと作ってくれるわけだから

仕方ないかな〜って話をしていました

 

 

それでも、輸入するだけのクロテッドクリームはもう少し安くならないのか

 

「ちょっとづつしかつけて食べれないよ〜」

「でも毎年買っちゃうんだよね」という話になりました

 

類は友を呼ぶなのか・・・・

私の周囲はみんな同じことを考えているようです

 

 

今年も貴重なクロテッドクリーム

チビチビつけて楽しみます

 

まあ、つけなくても、それはそれで美味しいのですけど

 

 

ちなみにうちは100年前のクロテッドクリームの瓶を販売していますが

この瓶いっぱいのクリームなら、今の日本の価格では数千円するでしょう

 

それから今は、クロテッドクリームといえばRodda'sしか聞かないですね

100年前にあったメーカーはもう、存在しないのでしょうか、ねえ?

 

 

秋の緑を背景に、シェリーのすずらんと

リッツのホテルスコーン

 

食べやすい大きさの、シティタイプスコーン

表面はたまごを塗られ、テリッと輝いています

 

 

スコーンにはやっぱり紅茶が似合う

 

甘く粉っぽいスコーンを紅茶といっしょにいただくしあわせ

イギリスが日本にもたらした、大いなる文化遺産

 

 

 

すずらんは、春の花ですが

秋に見ても、やっぱり可愛らしい

 

素敵なお茶の時間に

ぴったりの愛らしいお品です

 

 

 

最後は英国フェアで見た、

大きなハロッズのくまさんでさようなら

 

2017年の夏をもって日本撤退したハロッズ

ナミダの再会です

 

久しぶりの出店には、定番のビニールバッグを買い求める人の群れであふれていました

 

 

 

すずらんの花言葉は「ふたたび幸せが訪れる」

ハロッズも、「ふたたび日本を訪れる」でしょうか^^

 

商品ページはこちらからどうぞ

シェリーの部屋

 

みなさまに幸運を

そして、本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Selected Entry

ネットショップへのリンクです

おぱーるの部屋

スージークーパー

2

ビンテージ・グラスウェア

excellentglass.jpg

ホーンジー

hornsea.jpg

オールド・ホール

oldhall.jpg

Archive

Mobile

qrcode

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM