4年前に涙のお別れをした心斎橋大丸

一昨日から改修を終えて復活いたしましたね

 

4年前の別れのブログ記事はこちらからどうぞ

2015.12.29ナミダの大丸心斎橋

 

いったいどうなることやらと心配しておりましたが

ヴォーリズ・ファンの期待に応えた、元のデザインを尊重する意匠となっておりました

 

 

元の部材の半分以上を使い仕上げたとのこと

 

美しい大正モダン建築が残されて

心より嬉しく思います

 

 

入り口にはなつかしいステンドグラスがありました

これがまた見れるとは思わかなったな〜

 

 

この鳥は、不死鳥(フェニックス)だそうで

入り口入ったところにも、金さん、銀さんが座っておりました

 

 

残念ながら、私のお気に入りだった天井の鳥(下記写真参照)は戻ってきませんでしたが

あの鳥、じつはフェニックスだったんや〜って

初めてわかりました

 

今は大丸ピーコックといって、孔雀がシンボルですが

孔雀の前はフェニックスがシンボルだったようです

 

PC191689.jpg

 

ちょっとニューヨークみたいになった大丸

(ニューヨーク行ったことないんですけど^^)

 

 

1階の化粧品売り場は天井以外

以前と同じような雰囲気が残っていました

 

やっぱり天井も、残してほしかったんですけど

天井の保存と再施工はお金がかかるから、きっと中止したんでしょうね〜

(閉めるとき、残すっていってたのに〜)

 

でも、ここまで残してもらえただけでもありがたい

天井のことをグズグズいうのはやめましょう

 

 

階段もなつかしい六芒星

希望を表すのだそうです

 

そうか〜、そういうことだったのね

ユダヤの暗号かと思ったよ〜

 

ちなみに、外壁の増築された部分はすべて六芒星で覆われていました

 

 

今回リニューアルの目玉は地下二階の食料品売り場

ライブ形式のフードコートを目玉にしています

 

二重に連なった壮大なエスカレーターで下へ降りていくだけでわくわくします

新しいもの好きの大阪人が集まり、大盛況でした

 

 

むかし訪れた、ハロッズのフードホールに似ています

カウンターバーがあり、おしゃれな年配のカップルが食事を楽しんでいました

 

心斎橋という若者の多い土地ですが

百貨店という場所柄か、訪れている人は年齢高め

 

 

道頓堀くくる

 

なぜか近くに本店や支店のある、たこ焼き屋さんが出店していました

百貨店でたべるより、本店行ったらええんとうちゃうの?

と、素人は不思議に思います

 

 

 

地下1階には、焼き芋屋さんがでていました

 

高価な和菓子屋さんとかも、たくさんあったけど

やっぱり秋はこれがいちばんかな〜

 

 

昨日も心斎橋大丸はひとがいっぱいでしょう

また、落ち着いたころ、上の階にも行ってみたいと思います

心斎橋大丸

 

4年前のブログ、久しぶりに読み返したら、「四年後のキャリコはどう変わっているのか」

みたいなことを自分で書いておりましたが、何も変わってませんねえ^^

 

本日も素敵な一日でありますように

 

 

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Selected Entry

ネットショップへのリンクです

おぱーるの部屋

スージークーパー

2

ビンテージ・グラスウェア

excellentglass.jpg

ホーンジー

hornsea.jpg

オールド・ホール

oldhall.jpg

Archive

Mobile

qrcode

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM