本日は文化の日、芸術の秋まっさかり

ということで、ふだん使いのお道具にして、その存在がアート

 

オールドホール、ロバートウエルチのステンレスウェアのご紹介

 

2000年に71歳でお亡くなりになりましたが

このかた自体もおとこまえ

その存在がアーティスティック

 

出典:The LaxPad

 

代表作にして人気のお品

カムデンシリーズからカフェオレポット

フルセットで入荷しています

 

ポットがふたつあるのは、左で紅茶、右でミルクを注ぐためのもの

紅茶用なのに、カフェオレポットっていうんですね

またティーオレポットとでもいうのかと思いました

 

 

 

あれ、ミルクジャグは?とお思いでしょうが

ミルク用のポットがあるから、ジャグは不要なんですね

 

ダイエットされているかたは

シュガーポットも不要かもしれません

 

 

別売りですがデッドストック

カムデンシリーズのティーストレイナーとシュガートングもございます

 

これを合わせると完品ですね

なお、お砂糖は角砂糖が正しいみたいです

 

 

秋のひととき

ロバートウエルチのティーウェアで

素敵な時間を過ごしませんか

 

 

本日ご紹介した商品の、作者であるロバート・ウエルチは、

バーミンガムのアートスクールで英国の伝統的な銀職人の勉強をし

その後、ストックホルムにわたってデザインの勉強した人です

 

イギリスの伝統美と、北欧を思わせるモダンなフォルムが重なり合ったところが

彼の、独特の魅力でしょう

 

出典:Justin's Amazing World

 

もうひとつ、こちらも彼の代表作

オリアナのご紹介

 

船会社の特注した豪華クルーズ客船オリアナ号のためのもので

船の揺れでも安定した、しっかりした造りのお品

 

彼の手掛けたシリーズの中でも

いちばん長持ちするのではないでしょうか?

 

 

P&Oクルーズ客船の「オリアナ号」
名前は、エリザベス1世の幼少時の呼び名をもとに、現在のエリザベス女王(二世)がつけました
現在のオリアナ号は二代目で、初代の豪華客船はかなり前に廃船になっています
 

下記は2019年に就航する最新オリアナの姿です

 

 




そのオリアナ号で使っていたポット(1960〜1980)が、こちらのオールドホールのお品
さすが船舶用に設計されただけあり、とても頑丈です

 

 

 

最後は、たぶんロバート・ウエルチではなく

オールドホール創業一族の、レスリー・ウィギン作だと思うのですが

 

チークハンドルが魅力の「バーレイ」

 

 

 

カムデンもそうですが、ステンレスに木が組み合わさっていると

あたたかみがあって、やさしい感じがします

 

モダン空間だけではなく、エレガントやカジュアルにも似合いそう

 

 

もっとも、いつも素直でシンプル

 

使う人の個性になじんでくれるのが

オールドホールのステンレスウェアの魅力のひとつなのですが^^

 

商品ページはこちらからどうぞ
オールドホール
 
本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Selected Entry

ネットショップへのリンクです

おぱーるの部屋

スージークーパー

2

ビンテージ・グラスウェア

excellentglass.jpg

ホーンジー

hornsea.jpg

オールド・ホール

oldhall.jpg

Archive

Mobile

qrcode

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM