昨日は久しぶりの晴天にめぐまれて

サントリーウイスキーで有名な、「山崎」の地へ向かいます

 

ウイスキー工場見学は以前に行ったので、今回はアサヒビール系の場所へ^^

大阪の実業家、・加賀正太郎(1888-1954)が建てた別荘へ向かいます

ひんやりとした山の空気がうれしい

 

琅玕洞という風雅なトンネルを抜けると

山荘はもうすぐそこ

 

 

すぐそこ・・・・

と思ったものの、けっこうまだ距離はあります

 

ところどころ見られる行き先案内板がありがたい

この辺りは、イノシシも出るようです

 

 

大阪と京都の境目のあたり(いちおう京都府になります)

みどりの美しい大山崎の地にそびえる美しい洋館

 

加賀正太郎が英国のウィンザー城からの眺めに似たこの地に

およそ100年前に建てたチューダーゴシック様式の別荘が「大山崎山荘」

 

 

梁の見えるハーフティンバーの美しい洋館

ヨーロッパに留学し、とくにイギリスを愛した正太郎の

趣味の良さがあらわれた、美しい佇まいです

 

 

入口は、和風と、アルプスの山小屋が合わさったような感じですね

イギリスっぽいレンガと合わさってなんだか不思議な感じ

 

 

扉を開けると重厚な空間が広がります

 

貿易商、林業なども営んでいた正太郎が

その審美眼と潤沢な財でつくりあげた美しい山荘

 

内部は美しい木造彫刻があらゆるところに施され

舶来のステンドグラス、調度品が美しく備えつけてありました

 

いま山荘ではウィリアムモリス展をやっています

 

「役に立たないものや、美しいと思わないものを、家に置いてはならない。」

モリスの美学をそのまま表現したような山荘は

なんともいえず魅力的でした

 

なお、残念ながら内部は撮影禁止なので入口の写真だけ^^

 

 

 

山荘は三階建てですが、こちら2階のテラス

天下分け目の大決戦、天王山の地が見渡せる美しい場所

(羽柴秀吉と明智光秀が戦った場所)

 

少し突き出ている塔は

すぐ近くの宝寺(宝積寺)の三重塔

 

 

この山荘は、戦後、正太郎が死期をさとった時、

大株主であったニッカウイスキーの株の散逸を防ぐために

株券をまとめて友人であるアサヒビール社長の山本 為三郎に売却したことが縁で

いまはアサヒビールの所有物となっています

 

ウインザー城からの眺めに似ている(?)

かもしれない絶景を楽しみながら、吹田市民はミツヤサイダーを頼みます

(アサヒビールは吹田の企業です^^)

 

 

山荘の敷地内にある安藤忠雄設計の「地中の宝石箱」に

数枚のモネ、「睡蓮」が飾られていました

 

こちら食堂のテラス前の池に

ホンモノの睡蓮があります

 

 

ちょっと時期がはやいみたいで

まだ睡蓮の花はほとんど咲いていなかったのですが

幻想的な雰囲気が楽しめました

 

 

梅雨の晴れ間の美しい日差しを楽しみながら

行きはゼーゼー息を切らせて上った急坂を

帰りはゆるゆると降りてゆきます

 

 

JR大山崎の駅はローカルで、のどかな雰囲気ながらも

ひっきりなしに観光バスが行き交います

 

駅のまわりには、手ごろな価格で楽しめる

かわいいカフェがちらほらありました

 

 

小さい旅行(吹田から30分足らずですが^^)の帰りには

のんびりお茶と軽食で、旅の疲れを癒します

 

 

大阪近郊の緑豊かな山崎の地

サントリーの工場見学とセットでおすすめです

 

大山崎山荘美術館

アサヒビール大山崎山荘

サントリー山崎蒸留所

 

本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

Selected Entry

ネットショップへのリンクです

おぱーるの部屋

スージークーパー

2

ビンテージ・グラスウェア

excellentglass.jpg

ホーンジー

hornsea.jpg

オールド・ホール

oldhall.jpg

Archive

Mobile

qrcode

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM