昨日は梅田阪急で行われている「ワールドティーフェスティバル」へ

祝祭広場には、色とりどりの、かわいいお店がたくさん

 

初夏の楽しいお祭りです

 

 

50近いブースが出ていたのでしょうか?

どこもファッショナブルで可愛い

味以前にビジュアルの美しさにうっとりです^^

 

こちら、帝政ロシアで生まれ、パリの文化で育ったクスミティー

雰囲気は、アールヌーボーやミュシャの感じを残しながら

カラフルに表現されたラベルがキュート

 

 

初めて見ました

スリランカのブランド「バシラーティー」

 

本の形や、オルゴールになった紅茶缶

夢いっぱいで、すごくかわいい

 

 

世界のお菓子グラム売りというのもありました

こうやって籠に盛られると、ふだんのマドレーヌも

いっそう愛らしい〜

 

 

お茶といえば英国です

 

エリアはいくつかに分けられていましたが

こちら、「英国紅茶とアフタヌーンティー」というゾーン

毎年秋に行われる英国展を凝縮させたような感じでした

 

それでは入ってみましょ〜

 

 

英国展ほどの混雑や競争感はありません

ゆったり見られる感じ、販売品以外のアンティークの展示物もあって

ゆるゆる楽しめます

 

気品のある古いティーセットがお出迎え

 

 

荘厳なティーサービスなど

「ほお〜」と唸ってしまうような逸品たち

 

 

ヴィクトリア時代後期の家具や

ウィリアムモリスのテキスタイルなど、王道がならびます

 

 

ハロッズのくまさん

あ〜かわい〜

 

 

バーレイのコーナーにも

くまは潜んでいます

 

イギリスっちゃあテディベアですね^^

 

 

バーレイのお菓子もありました

砂古玉緒さん作のかわいいビーケーキ

 

ミツバチの羽根のような愛らしいカップケーキ

 

 

展示場には各所にテーブルが置かれ
美しいコーディネートを見せてくれていました

 

 

ちょっと気になったのが3段ケーキスタンド

これから日本でブームが来るのかもしれません

 

 

アンティークやビンテージ陶器は少な目

それでもシェリーなどが少しありました

 

スージークーパーは今回は来ていないもよう

 

 

あふれんばかりの紅茶の海

試飲もいろいろ楽しめて、面白かったです

 

 

イベントコーナーでは各種セミナーがいろいろ

これは「アフタヌーンティーのためのマナー講座」

 

講師はマナースクールの校長先生で

通訳はスチュワード麻子さん

 

麻子さん、あいかわらずおきれいでした

お子さんの年齢を考えると、もう50台だとは思うのですが

リカちゃん人形のような体形です

校長先生より彼女に見入ってしまいました

 

 

これはスコーンの食べ方実演ですね

 

スコーンを食べるときはナイフやフォークを絶対に使ってはいけません

手で割って、クリームとジャムをつけて、手で口に運ぶんですよ〜

というお話をユーモアを交えて語られておりました

 

 

目くるめくお茶の祭典

ワールドティーフェスティバルは明日21日までの開催です

本日もおだやかな行楽日和になりそう

 

世界のお茶を楽しむワールドティーフェスティバル

 

 

本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Selected Entry

ネットショップへのリンクです

おぱーるの部屋

スージークーパー

2

ビンテージ・グラスウェア

excellentglass.jpg

ホーンジー

hornsea.jpg

オールド・ホール

oldhall.jpg

Archive

Mobile

qrcode

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM