今年も残すところあとわずか

先日は、四天王寺さん恒例の蚤の市

「しまい弘法」へ行ってきました

 

お寺の入り口には、いつもの花やさんが出ていて

おびただしい数の、葉牡丹が並びます

 

 

お正月用の門松や、迎春の花もよりどりみどり

いよいよ年の瀬も押し迫ってまいりました。カウントダウンの始まり

 

日本の歳時記ごとに、美しい姿を見せてくれる花屋さん、ありがとう

 

 

お正月前ということで、景気のいい感じのお店を見つけました

 

お店のテントに貼られた一万円札が

ひらりと、買い物途中のおっちゃんの頭の上に

落ちてきていました

 

この人には、なんだかいいこと落ちて来そう

 

 

年末ということで、いつもの古道具は少なかったですね

それでも、かわいいものは、ちらほらありました

 

 

あ、寅さんと、小百合さんだ

吉永小百合さん、このかたナチュラルに年を取っておられますね

 

むかしも、今も変わらずおきれい

 

 

この渋いおっちゃんは、誰だろう

まだこの世で生きておられるのでしょうか?

 

買いはしませんが、

ぼんやりと眺めているだけで楽しい蚤の市

 

 

年末なので食品関連、とくに魚屋さん系が多かったかな?

美味しかったでの、するめイカを買いました

 

いわしの一夜干しにも、だいぶ心が惹かれました

 

 

夏場は、ところてんを売っていた屋台は

この季節には甘酒屋さんと変わります

 

大きなお釜で、さっそうと酒粕を溶いてゆく

おっちゃんの手つきに見とれます

 

 

一杯150円ですね

ショウガがピリリと効いていて美味しかった

 

大釜でつくる、甘酒はおいしいなあ

寒い日ですが、これでずいぶん温まりました

 

 

栗の屋台も出ていましたが

こちらは、くりまんじゅう屋さん

 

めずらしいので買ってみました

 

 

大きな、くり型どら焼きのなかに

つぶあんと、栗の実が入っています

 

寒中で、あたたかいおやつは最高

 

 

季節外れのゲタ屋さんの隅には

年末年始用でしょうか?

 

ズラがたくさん並んでいました

 

いつもの弘法さんの市らしい風景に

なんだか心が和みます(?)

 

 

特に買いたいものもないけれど

ついつい、訪れたくなる不思議な魅力の蚤の市

うちも、ちょっと見習いたいところがありますね^^

 

さて、今年最後のご挨拶になりますが、一年間ありがとうございました

新しい年もどうぞよろしくお願いいたします

 

令和元年最後の日、本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

今日から12月、あわただしくなりますね

きのう、11月最後の土曜日はお天気だけれども、肌寒い秋の日でした

 

ビンテージのくまさんは、毛がモコモコなので、あったかそう

元気いっぱい!笑顔でこちらに手を振ってくれます

 

 

きのうは久しぶりに宝さがしへ

 

11月31日、12月1日は、毎年恒例の「関西蚤の市」

寒空の下を、獲物を狙う雑貨ファンたちが集います

 

今年はどんなものがあるかな?

 

 

その前に、はらごしらえ

梅田の駅マルシェで買ったお弁当をにしたづつみ

 

紅葉を見ながら、外で食べようと思ったのですが

寒かったので、競馬場構内で食べました

 

 

あ、関西蚤の市の会場は、阪神競馬場です

 

ちょうどチャレンジカップG靴粒催日で

美しいお馬さんたちが駆け巡ります

 

なお、武豊の騎乗するハッピーグリンを100円買いましたが

残念ながら4着でした

 

 

緑の芝生の上を駆ける馬は美しいですね

真っすぐで、純粋で、ひたむきな姿に心打たれます

 

全速力で駆け抜けるゴール寸前の馬が、輝いていました

 

馬体はきれいに磨き上げられて、たて髪も最新の形に刈り込まれて

愛情深く育てられているのも、わかりました

 

 

意外と面白かった競馬の話ではなく

蚤の市の話にもどりましょう

 

2年ぶりだったのですが、前よりだいぶあっさりした感じになっていました

 

どこも雑誌から抜け出てきたようにきれいだけど

独特の個性や、味のあるお店の出店が減っていたように思います

 

 

ビンテージ、だいぶ減りましたね

現行の、かわいらしい雑貨が多かったです

 

和物もけっこうあったかな

 

 

わずかですが、ピンポイントで英国ものもありました

なんだか、見慣れた柄を見るとホッとしますね

 

がんばれイギリス雑貨店!

 

 

くまマニアは

クマと目が合うと、引き寄せられてしまいます

 

イングリッシュベアではなく、東欧の子たち

 

 

イングリッシュベアと違って、関節の動かないタイプが多かったですが

それもまた、味わいがあって、愛らしい

 

クマさん、日本でこんにちは!

 

 

クリスマスがちかいということで

ツリーなども、たくさん出ていました

 

いよいよ、本格的な冬ですねえ

 

 

 

クリスマスのあとはお正月

アレンジメントフラワーを使った、豪勢なお正月飾りもありました

 

ちょっと、玄関に飾るには恥ずかしい気もしますが

洋風のお宅には、なんだか似合いそう

 

 

関西の雑貨ファン、競馬ファンの祭典

第六回関西蚤の市は、今日まで阪神競馬場でやっています

 

第六回関西蚤の市

 

本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

 

 

重陽の節句も終わり

美しい菊の季節の始まりです

 

縁日の花売り場は鮮やかな花で埋め尽くされていました

 

 

菊ってこんなに種類がたくさんあったんですね

 

普段、仏壇にお供えされているような菊しかみませんが

ヨーロッパの小菊など、愛らしくて清純可憐

 

 

 

ああ、花を見に来たんではないですよ

ここは四天王寺の弘法さんの市

 

メインの大好きな古道具市を見に来たのです

百貨店の祭事には見られない、ジャンキーさが魅力

 

どこか田舎の農道からとってきたような看板が素敵です

 

 

季節がら、ひょうたんをくっつけた

凛々しい鹿がおられました

 

奈良からきたのかな?

 

 

いろいろ売ってますが黒い胸像に惹かれました

ブルータスかな?

 

「ブルータス、おまえもか?」で知られる古代ローマの軍人さん

むかしよく石膏デッサンしました

 

 

頭に値札シールが貼られていました

これが仏像やギリシャ神だったら、罰当たりきわまりないところ

 

お値段はなんと2500円でした

 

新品だと5万くらいすると思うので、破格のお値段です

(誰もいらないと思いますが・・・)

 

 

 

なつかしの「スクリーン」

顔をみて名前がわかったのは、ジュディ・ガーランドだけでした

 

イースターパレードのころかな?

だとすれは1950年前後の雑誌たち

 

むかしの美人は趣があって素敵です

 

 

お天気悪かったのですが、傘が激安でした

 

ただし3本百円は安いと思いますが

10本で300円は割引率が低いと思われます

 

 

ここの市のもう一つの目玉は屋台のたべもの

少し寒くなってきたので、1くし100円の、玉おでんをかいました

 

味がすごくしみていて、家庭ではできない深い味でした

 

 

だいたいどこも安いですね

お客さんは高齢の方が多いので和物が多いです

 

わらび餅の屋台もまだ出ていました

真夏なら、そそり立つような氷があったところ

今は気温が低めなのか、氷もちいさめ

 

今年もこれが最後でしょうね

 

 

 

役に立たないゴミばかりと影口をたたかれている蚤の市ですが

ときどき、買い食いしながら歩くのは楽しいものです^^

弘法さんの市

 

それと、大阪・神戸方面在住のかたに緊急情報です!

 

今年4月にあった、「英国発!美味しさ体験Food is Greatギャラリー」

9/28(土)、9/29(日)、9/30(月)と神戸の海岸ビルヂングで開催です
美味しい無料フードとドリンクにあるつけるのは毎日先着500名さま

 

 

英国大使館も、粋で美味しいことをしてくれる^^

イギリス好きが、よりイギリス好きになるイベントです

 

詳細はこちらのリンクからどうぞ

英国初Food is Greatギャラリー

 

 

本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

 

久しぶりに、四天王寺さんの蚤の市へ行って来ました

夏の暑さのせいか、出店はちょっと少なかったです

 

地元のひとに「あそこへ行ってもゴミしかない」と陰口をたたかれている市ですが

にぎやかで、生活感があって、私は結構好きです

 

イギリスビンテージ(ディズニーですが)風のプーさんも

木彫りのワニのそばでほほ笑んでいました

 

 

あっ、御飯茶碗の横にパディントンもいますね

こちらは本物のガブリエル社のビンテージのもよう

 

 

とはいえ、スージークーパーやホーンジーなど

いわゆる洋モノは皆無です

 

昭和レトロが多い気がしました

 

 

不二家のペコちゃん、鉄腕アトム

それから、なつかしのソフビ怪獣

 

 

なつかしの映画スタア

左端の、美空ひばりはわかるものの、真ん中の人はわかりません
右端の角刈りの人は、渡哲也かな???

 

 

季節がら、ガラスが多かったです

江戸切子がいい味出していました

 

 

すずしげな、メダカも泳いでいます

 

これはこのまま飼いなさい・・・・

ちゅうことでしょうか

 

 

ときおり目にするPOPが

なんだか下町っぽくて面白い

 

 

ここの名物は、玉こんにゃくです

暑いので、あんまり売れていないもよう
寒くなったら、買い食いすることにしましょうかね

 

 

 

焼きそばと、チヂミのお店の店長さんは

かわいらしい黒い犬でした

 

わかりますか?ミニチュアダックスフンドのようです

 

 

ちゃあんとドリンクボックスを開けたりして

お客さんに、飲み物を売ったりしているんですよ

(ウソです^^)

 

 

めずらしく沖縄物産展も来ていました

黒砂糖は、産地によって色や味が違うんですね

 

 

小ぶりな国産パインもてんこもり

近くだったら、1個買って帰りたいなあっておもいました

 

 

ひさしぶりの四天王寺蚤の市

以前あった、期限切れの調味料などは姿を消し

地方物産展ぽいものが増えていた気がします

 

弘法さんの市は毎月21日開催です

 

夏の蚤の市は汗をかきながらのウォーキング

ダイエットになかなかおすすめです



にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

ひさしぶりの、蚤の市ブログ

先週末は、毎月末の日曜日に行われる

堺蚤の市に行ってまいりました

 

知人より、なかなか面白いと聞いたもので

 

 

堺市の商工会議所関連の行事でしょうか?

地元の産業振興センターの主宰

 

蚤の市らしからぬ、オフィス感あふれるタイルカーペット張りの会場

なかなかの盛況ぶりでした

 

 

ただ、和物が中心ですね

着物類を楽しげにかきわけている、洋裁和裁好きの

おばさま方の姿がたくさんありました

 

おもいっきり「着物リフォーム大好き♥」

という気持ちがキュートなおばさまの、背中にあらわれています

 

 

 

面白いものや、面白いかたがいるということはわかりましたが

肝心の西洋アンティークが・・・ない

 

ないがや〜ないがや〜

 

ああ、むかし持ってたな〜この類の人形

アンとアンディって名前やったかな〜

 

 

軽く二周し、もうあきらめて帰ろう・・・と思ったら

星条旗を背景に、一軒だけありました

 

イギリスビンテージショップ

 

季節柄、アンティークインクボトルの輝きがさわやかでした

 

 

この会場には、スージークーパーの「ス」の字も

ないと思いましたが、一軒だけでも出会えたのがうれしい

 

いとしのスーさんたち

 

どれだかわかるでしょうか?

みなさまも探してくださいませね

 

 

軽い失望を胸にして晴れの御堂筋

昭和町へと向かいます

 

先週4月29日は昭和の日

昭和町では「どっぷり昭和町」というイベントが開催されていました

 

 

古い町屋を背景に、若者が集います

 

かわいい「割ぽう着女子食堂」

 

お客さんが商品を買うごとに、メンバー全員で

「ミルクセーキ300円お買い上げありがとうございます♪」

などと合唱していました^^

 

 

 

雑種っぽい、白い犬がいますね

昔、流行りましたね、この手のきぐるみ

 

 

ものすごく久しぶりに、ちんどんやさんも見ました

このあたりの商店街では普通に活躍されているのでしょうか?

 

 

公園は、イベント広場でいろんな昭和の縁日がでていました

 

手動式もぐらたたき

「もぐらはやさしくたたいてね」。。。。

 

なんだかサドマゾな感じの説明文

 

 

しかし、このハンドメイドモグラタタキよくできてました

(昭和の時代も電動式だった気がするのですけどね)

 

 

だいたい想像通りの仕組みです

 

ただ、もぐら担当が2人、そしてわきで声援をあげる係の人

(電動式と違って、自動カウントしてくれません)

 

4人がかりというのまでは、想像できませんでした

 

 

世の中には、まだまだ凝り性のひとがたくさんいますね^^

 

ふるいものをたいせつに

最近、こんなイベントが増えていている気がします

なんだかいい時代になりました^^

 

 

本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

 

">

晴天の冬の日

きのうは阪神競馬場で行われる第四回「関西蚤の市」でした

 

去年にも増して大盛況

いつもは、おっちゃんの園である競馬場は

なにか面白いものはないかと物色する女の人でにぎわいます

 

 

大きなマネキネコさんが

おいでおいでしていますが

 

ナチュラル&北欧ベースの

たいへんに、オシャレ度の高い蚤の市

 

古い家具、食器、古本

それからフードマーケットやお花のコーナー充実してました

 

 

そして、ちらほら目につくのがサンタさん

クリスマスはすぐそこです

 

 

あれ、これはサンタさんかな?

北欧の聖人かもしれません

 

 

これは・・・・

 

クリスマス前でも、ちょっと・・・・

コメントに困ってしまいます

 

敬虔な信者の方のもとへお迎えされますように

アーメン

 

 

気をとりなおし!

あったかそうなストーブ出てました

 

まだ使えるもよう、レトロかわいい雰囲気を出すのにいいですね

 

 

あったかそうなダッフルコートを着た

くまのパディントンもご来日中

 

か〜わ〜い〜

 

 

北欧から、大きなクマさんも来てました

食べられちゃうよ〜^^

 

 

北欧だけのコーナーもありましたが

全体的に、ナチュラル感の強い、雑誌に出てくるようなディスプレイ

 

見せ方が、ほんとに上手ですねえ

思わずうなってしまいます

 

 

 

お花売り場が、去年にも増して充実していましたね

 

ドライフラワー、生花ともに美しい花がそろいます

ヨーロッパのお花屋さんが現れたみたい

 

 

そしてやはりクリスマスということで

クリスマスリースの数々

 

その場で作っているのもありました

 

 

昔のリースは人工的な感じのものが多かったですけど

進化するもんですねえ

 

最近のリースは新鮮味があって

ドキドキするくらい美しいです

 

 

クリスマスらしい

可愛らしいモミの木もありました

 

赤い実がかわいい

 

 

オシャレ度の高い本屋さんがたくさんありました

 

牛がのほほんと、看板の裏から顔を覗きます

 

何気ない古本屋さんだけど

なんだかすごく可愛い

 

 

アクリルの動物たちも

ヒマそうな顔をして、ひなたぼっこしています

 

週末の阪神競馬場は、のどかな時間がながれます

昨日の土曜日はのほほんとしたお日和でしたから^^

 

 

いわゆる、ゴミの中からお宝を探し出すような

ドキドキスリル感のない、雑誌から抜け出たような蚤の市だと思っていましたが

今年は以外にも掘り出しものがあって、わたしも衝動買いしてしまいました^^

 

お近くの方は、行かれてみてはいかがでしょうか

 

第4回関西蚤の市

 

本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

来週はもう9月ですね

アンティークの季節の始まりです

 

昨日はお勉強を兼ねて、梅田阪急の「素晴らしき時代マーケット」ヘ

英国アンティーク、けっこう出てて可愛かったです

 

阪急の骨董系はヨーロッパもの中心

阪神が和モノ中心な気がします

ということで、ついつい足がむいてしまう魅惑の百貨店

(食品売り場は阪神のほうが好きですが^^)

 

 

ふつうに蚤の市とかいうんじゃなく

「素晴らしき時代マーケット」っていネーミングにぐっときますね

 

晴れの日の土曜に関わらず、そんなに人は多くなくて

ゆったりと見れました

 

お客さんの年齢層はミドルからアッパー

間違っても茶髪のギャルとかは混じってません

まるで40歳以上限定という年齢制限があるかのよう

 

 

出展されていたのは、国内の

わりと有名でかわいいアンティークショップがほとんど

 

聞いたことのあるお店が多かったですけど

出展数が多かったので、やはり見応えあります

それと、ある程度お客さんの年齢層を想定していたのでしょうか

出展品は安定感のあるものが多かったです

 

ジャンルはたくさんあって、ぜんぶご紹介できませんが

英国雑貨屋がピンときたものを^^

 

やっぱり、くまさんと目があいますね

 

 

紳士レトログッズ売り場に

ちいさい英国紳士フレッドくんたちがいました

 

スーツを着た店員さんに混じって

かわいかった〜

 

 

こちら、東欧のチェコあたりからきたのでしょうか

プラスチックやセルロイドのお人形たち

 

ポップな魅力が見逃せません

 

 

ど〜んと正統派

夢見るシャンソン人形です

 

団体で来られると圧巻ですね

 

黒人の赤ちゃん人形がかわいらしい

アメリカ製でしょうか

 

 

いとしのスーさんもおられました

 

レースと銀器に混じって

とってもエレガントなコーディネーション

 

王道って感じ

 

 

銀器も、そんな高額ではないものが

いろいろ出てました

 

秋のティーパーティという趣き

うちも、そろそろ銀器の補充をせねばな〜

 

 

ああ、アクセサリー類多かったですね

ミリアム・ハスケルとかのコスチュームジュエリー

 

ちまちましていて可愛らしい

 

 

こちらの陳列ケースは壮麗な金縁

 

額縁を応用したガラスケースですね

風格があって、いいもんです

 

 

エレガントあり

かわいいものあり

 

なんでもこいの時代市

来週の水曜日までやってます

関西在住のアンティークファンのかたにおすすめ

 

 

かわいいものに見つめられるだけで

なんだか気持ちがほっこりしてきますよ

 

詳細はこちらからどうぞ

梅田阪急の素晴らしき時代マーケット

 

 

本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

まだまだ暑いですが

風はちょっと秋色、

 

昨日は梅田に足をのばしたついでに

阪神百貨店の、時代もの道具市へ

 

ふだん、イギリス雑貨の多い、隣接する阪急百貨店にしか行かないのですが

阪神は、阪神百貨店なりの面白さがありますね

和風でのどかな感じ

 

 

まだ暑いせいか、時代ものの色ガラス

たくさん並んでいました

 

そんなに古くない昭和くらいのやつ

 

 

色絵付け和ガラスが混じり合い

夏の和の空間

 

うちで売っているような、アンティークのインクボトルもありました

これは、明治ごろの国産で、どこかのおうちの納戸かどこかにしまわれていた

比較的きれいなもの

 

イギリスものは、産業廃棄物として地中に埋まっていたので

汚れが付いた、独特の味わいがあります

 

 

 

お道具市といっても、昭和のレコードとか

古書が中心の実用的な感じの市でした

 

イギリスファンは梅田阪急にもうすぐ訪れる、

秋の「英国フェア2017」を待ち望みます

 

あっ、日程決まりましたね

10/4(水)〜10/8(日)まで

だいたい、このぐらいかと予測はしておりました

 

今年の出店ティールーム、まだ名前は出ていませんでしたが

モッチリ系の、なかなか魅力的なスコーンです

南コッツウォルズからの出店のようで、楽しみです

 

出典:英国フェア2017

 

さてさて、商品紹介にうつりましょうか

 

珍品のご紹介

スージークーパー1930年代のマスターチ

 

この時代には口ひげをはやす男性が多かったので

おひげを飲み物の中に落とさないよう配慮されたカップ

 

これはスージークーパー製ですが、ノリタケや

他のメーカーも、同じような仕様のものを出しています

 

 

正面から見ると、男前のおっちゃん

反対側から見ると、小太りのおっちゃん

 

 

床屋さんで、おっちゃんが髪とひげを整えている柄

今日のコメントは特にございません。。。。。

 

スーさんは、どういう意図で

これデザインしたんでしょうね

悩むところでございます

 

残念ながらカップは割れたので漆で修復しています

ソーサーは無傷です

 

 

考えると、昨今のナチュラルブームで

いまは口ひげをはやしている方はほとんどおられませんねえ

 

しかし、昭和の終わりごろ、1980年代後半くらいまで

サリーちゃんのパパみたいな人相のかたは、ときたま見られたと

記憶しています

 

出典 hybrid-kennel.blog.so-net.ne.jp

 

サリーちゃんのパパタイプのかたとか。。。。

 

ムッシュポワロとか、お洒落に気を遣うかたが

お使いになったのかもしれませんね

 

需要はそれなりにあったのでしょう

 

 

昭和ノスタルジー

お道具市には、なつかしのアトムも隅っこのほうにいました

 

 

マスターチの商品ページはこちらからどうぞ

スージークーパーのマスターチ

 

 

お盆に入り、日中は暑いものの朝方はだいぶ涼しくなってきました

本格的な秋もすぐそこ

 

本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

京都ふるどうぐ市

後半になります

 

教室のすみっこで、一杯づつ

ていねいに淹れられているコーヒーたち

理科の実験のよう

 

 

ここ、なんの教室だったのかと見回すと

黒板のふんいきから、どうやら職員室だったと推定されます

 

お客さんは、むかしの先生のように

のんびりとコーヒーやスナックを楽しみます

 

 

こちらではアイスコーヒーの販売

なんだか、お豆腐屋さんのような雰囲気です

 

 

運動場に併設された、手洗いコーナーが

臨時のカフェー

 

列をつくっているお客さんが、なんだか運動会の父のよう

 

 

やっぱり実験道具のように

三角フラスコに入れて、冷やされたコーヒーと

ガラスジャーに入れられた、ビスケット

 

出店されているかたも

いろいろアイデアを出し合って楽しかったのでしょう

会場からそんな雰囲気が伝わります^^

 

 

ちょっと植物採集のような感じ

フルーツジュースのお店なんかも出ていました

 

ジュース瓶が、アルコール漬けの標本みたい

 

 

ぜんぶで4階建て(?)の学校

1階が展示のメインですが、 2階には廊下も使った展示があり

なごやかで、かわいらしい

 

 

ちいさい雑貨などは

低学年の児童があそんだ、おもちゃ類のような雰囲気で

木でできた、棚のうえにちょこまか並べてあります

 

 

廊下のつきあたり

非常口の階段は、光を生かしたうつくしいステンドガラス風

 

ちょっとヨーロッパの教会を思い出させてくれます

 

 

ブリキのバケツに、無造作に入れられた植物

実験器具に活けられた花

 

みんないい味出してます

 

 

上の階へいくほど人気が少なくなり

ちょっと、おごそかな雰囲気にあふれます

 

このフロアーは3階で、ちいさい映画館が入っています

 

なんでも1895年に発明されたシネマトグラフ(映画)が1897年に

パリから輸入され、初めて投影されたのが、この地なのだそうです

 

 

1927年に建てられた鉄筋づくりの校舎

生徒数の減少による廃校の1993年まで活躍した建物

 

過去と現在が交錯する時間の中で

いまは京都の、高瀬川のかたわらにひっそりと佇みます

 

 

 

イベントの日だけでなく、ふだんも中に入れるようです

 

ゴールデンウィークに京都へ出向かれる方

先斗町そばの立誠小学校、立誠シネマ、ぜひおすすめです^^

 

 

本日も素敵な一日でありますように

 


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

きのうは京都の、ふるどうぐ市に行ってまいりました

 

場所は、下京区に明治2年(1869年)に設立された

いまは廃校となった、旧・立誠小学校

 

日本でも最古の歴史をほこる小学校のひとつで

あたたかい春の日に照らされて、おだやかな表情でたたずむ

趣のある建造物です

 

 

小学校の教室を利用して展示された古道具

 

春の光と新緑の色彩が、分厚い窓ガラスを通して

窓辺に置かれたビンテージグラスにふんわりと届き

幻想的な輝きを見せてくれます

 

 

学校の施設を利用したということで

展示物も、ちょっと、それ系(?)のものが多かったです

 

生物とか、解剖学の教科書に出てきそうな西洋アンティーク

 

お好きなかたは、お好きなんでしょうね^^

魅力的だけど、家に飾るのは怖いなあ〜

 

 

こちらは標本系ですね

試験管や、きのこ、学術書など

 

知的な印象が漂います

わたしの許容範囲はこのへんくらいまで^^

 

 

ああ、そういえば鳥の剥製が多かったですね

博物館ぽい印象があるのでしょうか

 

いまにも動き出しそうで、ちょっと、コワかわいい

 

 

昆虫類もありましたね

むかしの小学生が、夏休みに採集したレベルではなく

もうちょっと学術的なやつが

 

 

販売物は、小学生ではなく、大学レベルのものが多かったかな

でも、面白いものがたくさんで

 

これなんか、黒板の前で、手を挙げてはります^^

 

 

そのほか、古い陶器や、むかし使われていた給食のヤカンなど

明治時代から昭和にかけて

 

ちょうど、この小学校がつくられてから

いちばん賑やかだった時代までを映し出すように

おもしろい展示物がならびます

 

 

 

おもしろいものがいっぱい

 

写真左下の、しまうまぬいぐるみは

本当のシマウマの皮でできたもの

 

ぽんぽこタヌキもいい味出してます

 

 

 

和洋問わず、いろいろなものがありました

少しですが、イギリス雑貨もありましたね

 

 

教室でバザーをやるような

ちょっと、手作り感あふれる雰囲気がいいもの

 

おもしろいものたくさんで、ブログでもっと紹介したいのですが

書ききれないので、続きは来週の火曜日に書くことにしましょう

 

 

教室をつなぐ渡り廊下に

むかしの「校歌」など、貼られていました

 

ちいさい子供たちが学んだ場所は

いまは時間を超えて、おっちゃん、おばちゃん、おにいちゃん、おねえちゃん

むかし子供だったひとたちが楽しげに集います

 

 

のどかな春の日の、ふるどうぐいち

開催は、昨日と、今日です

 

いまさらになりますが、関西にお住まいのかた

春の京都散策がてら、おでかけになるのはいかがでしょうか?

 

詳細はこちらからどうぞ

京都ふるどうぐいち

 

本日も素敵な一日でありますように

 


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Selected Entry

ネットショップへのリンクです

おぱーるの部屋

スージークーパー

2

ビンテージ・グラスウェア

excellentglass.jpg

ホーンジー

hornsea.jpg

オールド・ホール

oldhall.jpg

Archive

Mobile

qrcode

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM