昨日、1月25日は作家の池波正太郎さんのお誕生日でした

 

仕掛人の梅安さんや、鬼平犯科帳など時代小説で有名ですが

わたしは正太郎さんの、食のエッセイが好きですね

 

東京のかたなので、関東のお店の紹介が多いのですが

大阪の松竹座界隈の、美味しいお店もときどき出てきます

一芳亭も、そんなお店のひとつ

 

 

 

名物はしゅうまい

池波正太郎さんはこう評しています

 

《荒けずりなようでいてデリケートな味。
家庭の惣菜のように見えて 専門家のみにゆるされた品格が到底、
まねのできるものではないことを感じさせる》

 

 

 

作家さんの表現は、やっぱり素晴らしいですね^^

もちろんお味も美味しいのですけど

 

皮が、薄焼き卵なんですね

ふわっとして、とてもやさしい食感で美味しい

 

そしてもうひとつ、「肝照り」

 

 

鳥の肝と、砂ずりと、玉ねぎを炒めたもの

ちょっと味が濃い目で、こちらも素朴でごはんのすすむ味

 

満腹満腹〜^^♪

 

美味しい昼食を終え、一芳亭ちかく、法善寺横丁へ

ここも、正太郎さんが通ったお店があります

 

 

お酒の飲めない役者、辰巳柳太郎さんと通った「夫婦善哉」

いまは経営が変わり、大手レストランチェーンの傘下となっています

 

しかし、ラブラブな雰囲気は、おそらく当時のまま

 

ここに、おっちゃん二人で通ってたのか〜

 

 

 

夫婦善哉は2椀で1セット

カップルで来て、一緒に食べるとハッピーになる

たしかそんな話を聞いたことがあります

 

 

出典:大阪名物夫婦善哉

 

 

ここは一人では恥ずかしくて入れないのでパスして

水かけ地蔵さんでお参りだけして、黒門市場へ向かいます

 

 

 

大阪の食の台所、黒門市場は

外国人相手の、焼き立ての魚介類であふれていました

 

池波正太郎さんの昭和の時代とは

だいぶ趣は変わったのでしょう

 

 

 

いまのイチオシはフグですね

中国語が併記されています

 

観光客のかた、買ってどこで食べるのかな?

 

 

 

焼き立てのイカゲソやホタテは美味しそうでした

見ているだけで、なんだか幸せな気持ち

 

正太郎さんが生きていたら、きっと買い食いされたことでしょう^^

これはこれで、また楽しいものです

 

 

 

エンディングはなつかしの鬼平犯科帳で

 

ジプシーキングスの「インスピレーション」

この曲を選ばれたのも、池波正太郎さんだったそう

趣味人で、本当の意味で教養のある方だった

そんなふうに思います

 

池波正太郎さんが生きておられれば生誕97年

1990年に亡くなられているので、今年の5月で没後30年になりますね

 

またそのころ足跡を訪ねて、正太郎さんが愛した美味しいものを

食べにゆきたいなと思いました

 

 

本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

吹田駅の近くにちいさなスコーン、マフィン専門店ができました

その名もズバリ「小さな焼き菓子店」

 

わたしが子供の頃は食べたことのなかった焼き菓子たち

なんだかもう、パン並みに生活に必要な食べ物となってきた

 

そんな感がございます^^

 

 

年々過疎化が進む、吹田の古い商店街

その一番端の、整骨院のまえに、人だかりがしていました

 

水曜日の11時前という、平日の午前中に

整骨院が混むなんて????

 

 

古い二階建ての木造住宅

その一階部分が、スポーツ整体院になっています

 

そして整体院の一部がなぜか焼き菓子店!!!

 

???の世界です

 

 

説明が難しいので吹田の広報誌から写真を借りてきました

下のガラス戸の左端一枚だけが、「焼き菓子店」です
のこり3枚のガラスは接骨院の入り口

 

ガラス戸の上の焼き板には「宮スポーツ鍼灸院」の文字が書かれており
壁には「小さな焼き菓子店」のプレートがでています

 

出典:吹田日和

 

旦那さんがされている整骨院の一部を使って

奥様が、焼き菓子店を、週二日だけされているのですね

 

不思議なコラボレーションですが

お店はセンス良く、可愛らしかったです

その発想のすばらしさに、なんだか感動しました

 

イートインに見えるガラス戸の中は、整骨院の待合で

治療を受けるおじいさんが座っておられました

 

 

 

焼き菓子店は、11時半オープンと聞いていたのですが、

10時半のオープンにかわっていました

 

知らずに11時半少し前に行くと

だいぶ売り切れてましたね

 

ウィンドウだけの小さな、スコーンとマフィンの専門店です

 

 

 

 

整骨院の奥さんらしきかたが、スコーンを丁寧に1個づつ袋づめしてくれました

合計6個買ったのですが、袋はずんと重みがありました

 

1個当たり200円前後なのですが、どれも大ぶりで、美味しそう

 

 

スコーン、大きすぎてお皿に二個しかのりません

ふつう、この20センチプレートには3個のるんですけどね

 

サックリしっとり系で美味しかったです

 

 

こちらはマフィン。さっくり、しっとり系

これは二個でもきついかな、1個くらいしかのらない大きさ

 

普通にお店で売っているものの1.5倍くらいの大きさです

 

 

ジャムをつけたりせず、そのまま食べる焼き菓子

 

キャラメルやフルーツなど、たくさん練りこまれていて

ちょっと甘めな感じで美味しかったです

 

残念ながら売り切れて変えなかったのですが

こんどはプレーンも食べたいなあと思いました

 

 

 

吹田の商店街のはずれに

こんな隠れ家があるなんて、知りませんでした

人生は、知らないことがまだまだいっぱいです^^

 

シェリーの商品ページはこちらからどうぞ


★★★★★★★★★★★★★★★★
本日より1月3日まで冬休みを頂かせていただきます
お休みの間の問い合わせの返信や受注確認は4日に送信させていただきますので
どうぞよろしくお願いいたします
★★★★★★★★★★★★★★★★

本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪
                   (にほんブログ村・ランキング参加中)

大阪の、北の玄関口ことJR大阪駅

もうかなり前に改修工事も終わったのですが、通勤していないためか

いつ見てもなれなくて、近未来的な顔をしてるなあって思います

 

むかし見た、銀河鉄道スリーナインの世界のよう

 

 

ここのところ、開発が進みどんどん大きなビルやホテルが増えていく梅田の再開発地区

JR大阪駅を抜けて、新しい大阪グランフロントへ

 

駅から見下ろす見慣れない空間は、たくさんのガラス窓で輝いています

 

 

 

 

そのグランフロントの外れに、ちいさいホテルがあります

 

名前も聞いたことのない、JR系のホテル

ホテル・ヴェルカッサ

 

そしてその中の、さらに聞きなれない名前のレストラン
イタリアンキッチン ヴェルデ カッサ

 

誰が・・・・こんな覚えにくい名前つけたんや?
とぼやきたくなるような、名前です

 

 

そこへですね、ランチバイキング食べに行きました

ソフトドリンク込みで1400円と安かったので^^

 

聞きなれないホテルだけあって、辿り着くのに時間がかかりました

梅田の真ん中から数百メートル離れた場所にあり

ちょっと隠れ家チックな場所

レストランは天井までの高い窓に開放感がありました

 

 

JR系のホテルだそうですが、こじんまりしながらも、なかなかの充実ぶり

メニューもけっこう多いです

 

まずはパンから

 

 

前菜も、大阪らしい串カツや季節のお惣菜など

けっこう美味しくて、数も多かったです

 

手前は季節のかぼちゃスープ

 

 

サラダ類も充実していました

女性客が多かったのですが、そのあたり考えてくれているようです

 

 

 

第一回目のトライアル

 

前菜中心です

大きなボウル一杯のサラダに好きなおかずを少量づつ

 

右下のフランスパンにはクリームシチューを詰めました

 

 

 

二回目は、ポトフとピザ

 

イタリアンなので、ピザやパスタが多く美味しかったのですが

カフェテリアの写真は撮り忘れました
和風、韓国風、いろんなピザがあっておいしかったです

 

 

 

デザートもいろいろ

これまた写真に写っていないですが、パンケーキなどほかにもいろいろありました

 

ドリンクも、いま流行りのタピオカなどもありました

 

 

プディングとケーキ

それからボウルには昔なつかしいフルーチェ

 

コーヒーを飲みながら、マンゾク♪マンゾク♪

 

 

都会のオアシス、ちいさなホテル

食べログ評価は低いのですが、意外といい感じ

 

バイキングながら、お皿がかわいいのが気に入りました

 

少人数で、のんびりとした時間を過ごしたいかたにおすすめです

 

 

久しぶりの、秋晴れの心地よい休日

おさんぽするのに良さそうなお日和です

 

イタリアンキッチン ヴェルデ カッサ

 

本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

マハラジャに行ってきました

 

といっても80年代に流行ったディスコじゃあないですよ

大阪梅田の第二ビルにあるインドカレーのお店

夏は辛い物が食べたくなりますから^^

 

でもたぶん、夜はこちらディスコみたいに輝くんでしょうね

クリスマスの電飾みたいなケーブルがガネーシャに巻き付いていました

 

 

非常にオープンエアなお店で

入り口がどこなんだかわかりません

 

適当にテーブルのすきまから店内に入りこみます

 

照明が素敵

 

 

ランタンに描かれたぞうさんが

ミステリアスで可愛かったです

 

 

行った日曜日はわりと空いていて

オーダーから10分後にはお料理出てきました

 

 

こちら名物のマハラジャランチ

三種類のカレーにタンドリーチキン
サラダ、ライス、ナンなどが荘厳に並びます
とってもフォトジェニック

 

 

 

こちら、羊大好きな私の頼んだ、ナスのマトンカレー

ほどよく煮込まれたカレーがすごく美味しかったで

 

上に載っているのは大根の漬物

 

 

ドリンクのアイスチャイは

なぜかジョッキで登場しました

 

豪快な感じがいいですね

 

牛乳多い目のミルクティのような感じで美味しい

 

 

ランチはどれも750円から1500円までとリーズナブル

インドカレー好きにはたまりません

 

 

昨日からずいぶん涼しくなりましたが

来週はまた少し暑くなるかな?

 

暑い日の大阪のマハラジャ

カレー激戦区、梅田界隈においても人気のお店です

 

マハラジャ

 

本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

 

春爛漫、いちごの季節ですね

今週は奈良ホテルのいちごビュッフェに行ってまいりました

 

平日限定のアフタヌーンティーにも関わらず、満員御礼の大人気

 

友人が予約をしてくれたのですが、年末に予約した地点で、

もう取れない日にちがあったそうです

 

 

 

魅惑のブッフェタイムは2時からでしたが、

美しく飾られたビュッフェコーナーの写真撮影はその前からでも可

カメラ小僧のこと、なかなか考えてくれますね、奈良ホテル

 

台の中央には、シカが跳ねていました

 

 

銀のトレイの上の、なみだ型のお皿に盛られているのは

奈良名産、魅惑のあすかルビー

 

宝石のような輝きと、ジューシーでさわやかな味わい

甘すぎず、酸っぱすぎず、なかなかの名品

 

 

このいちごがこの日のメインイベント

「いちばん単価高いで〜」という、ささやき声がいたるところで聞かれます

みな狙っているので、大皿三枚のいちごはすぐ品薄状態

 

私もまけじと、とりに走りました^^

 

ただ、なくなっても、わりとコンスタントに補充してくれましたね

最初欲張って、いちごばかりたくさん取らなくてもよかったなあ〜

 

 

めくるめく、いちごケーキの嵐

20種類ちかくのメニューがあったと思うのですが

10数種類は食べれたかな?

 

全種類制覇できなかったのが残念

 

 

 

このイチゴマカロンがすごくおいしくて

二回おかわりしました

 

 

 

2月だからかな?

チュコレートでできたハートもありました

 

こちら、観賞用

 

 

ランチも兼ねているアフタヌーンティーなので

サンドイッチやサラダ、ピザ、グラタンなどもありました

 

甘いものの間にはさむと、なんだか癒されます

たまごサンド、おいしかったですね

 

 

のんびりとした昼下がり

 

ダイニングから見える、お庭には

かわいいシカが遊んでいました

 

 

こちら、メインダイニングの三笠の間

100年の時間を経て、いまも美しく荘厳な和空間

 

2人〜4人グループまでが、こちらの中央エリア

 

 

高校時代の友人5人グループで行ったので

見晴しのよい窓際テラス席、ちょっと大き目のテーブルに通されました

 

いい時間がながれます

 

窓からは五重塔が見えました

 

 

 

1時間半の制限付きティータイムでしたが

食べていたのは前半40分くらいですね^^

あとはお茶を飲みながらの、おしゃべりタイム

 

それでも3回おかわりをしたのですが、行くたびに新しいものも出ていて

すごく楽しかったです^^

 

ビュッフェは、やっぱり選べるからたのしい

 

 

3皿目で、もうやめとこうかと思ったのですが

メインイベントの、いちごモンブラン、ライブ作製が始まったので

4皿目、やっぱり取りに行きました

 

 

 

わたしは最後、いちごモンブラン1個にしたのですが

下記は、4回おかわりした友人の、5回目のおさら

 

小柄な友人ですが、1回目から5回目目までハイペースで飛ばしていましたね

 

年を取ると、胃の消化能力は個人差が激しくなるなあ〜と思った

いちごビュッフェなひるさがり

 

 

ふだん、あまいものは控えめ(なつもり)ですが

この日は半年分くらいのスイーツをまとめて食べたかな^^

 

美しい空間で、美味しいひととき

お天気は悪かったけど、いい時間が流れていました

 

 

本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

先日トリントンティールームさんでバーレイの器を使ってから

なんだか無性にキャリコ柄が使いたくなり

バーレイのキャリコでお昼ごはんにしました

 

久しぶりだけど、ワイルドで可愛い

 

くせがあるので、ときどき「刺青みたい」と敬遠するかたもおられますが

もとのデザインの源流は日本の「型染め」ですからね^^

まあ、そんな風に言われても仕方ないかもしれません

 

 

チキンと野菜を焼いただけですけど

アメリカの開拓時代のようにワイルドで素朴な雰囲気がでます

 

キャリコには、凝ったお料理より焼きっぱなしのスコーンとか、

シンプルな料理やお菓子がお似合いです

 

 

皮つきのベイクドポテトも

キャリコのお皿に載せると

 

なんだかイギリスの農家の普段の食事みたいで

なかなか味がでてきます

 

 

手づくりのお品のため、現在は高価ですが

もともとは、王侯貴族など上流家庭の人々が使うものでなく

制作技法が確立されたビクトリア時代においては

ごくごく普通の、農家の家庭などで使われる食器だったのだと思います

 

今は、チャールズ皇太子の運営する会社に属していますけど^^

 

 

厚みがあって割れにくくて

そして、あたたかくてやさしい

 

 

1800年代につくられた工場で

当時と変わらない技法で制作されているバーレイのお品

 

さすが北国イギリスで生まれたお品だけあって

あたたかいお茶が、さらに美味しく思えます

 

 

永遠のブルーホワイト

 

工場のファクトリーショップに並べられた器たちは圧巻で

独特の世界観を持っていました

 

永遠のイングリッシュカントリー

 

 

背景をバーレイのファクトリーショップのキッチンにしてみましたが

なかなかに可愛らしい

 

ヒヨコもトリ料理の傍でうれしそうです

 

 

さあ、今日もキャリコでお茶を楽しみましょう

やさしい時間を楽しみませんか?

 

 

商品ページはこちらからどうぞ

バーレイのテーブルウェア

 

すいませんが、バーレイの器はお取り寄せが多くなるため

納品まで1週間程度かかりますことご了承くださいませ

また、サイトに載っていない商品でも取り寄せが可能な場合がございます

本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

 

昨日は晩秋の京都へ

三条大橋から見る、賀茂川はおだやかな流れでした

 

 

薄曇りの日の京都の街はメランコリック

商店街の立ち並ぶ、大通りから一つ筋をそれると

情緒あふれる京都の町並みがあらわれます

 

奥のほうにフランソア喫茶室が見えます

こんなとこにあったんだ。いちど行ってみたいなあ

 

 

中は覗けなかったので

勝手口だけ写真を撮って、山のほうに向かいます

 

 

 

三条通りから、市街地から離れた山の手のホテルまで美味しいもの食べに

くまのプーさん二人組はトコトコと秋の小道を歩きます

 

目的地はウエスティン都ホテルのお昼のビュッフェ

開始の11時半ぎりぎりにチェックイン

 

メインディッシュはローストビーフと鞍馬ラーメン

なんだか変わった組み合わせです^^

 

 

目移りしそうなご馳走が並びます

プチフールが可愛い

 

 

サーモンのキッシュ

美味しかったので、おかわりしました

 

 

京都の老舗、都ホテル

いつのまにかウエスティンに買収されたんですね

 

ホテルの従業員の方や、お客さんに

アメリカ人とおぼしき方々が、けっこうおられました

 

京都のおばんざいも二か国語表記

 

 

テーブルいっぱいの美味しいもの

 

お客さんは年配のかたが多かったためか

フライ類は無く、オードブル中心のヘルシーな献立

 

京野菜の味が濃厚でした

 

 

そういえば、バイキングにつきものの、9つのマス目に区切ったお皿がありました

あれ・・・・いいんでしょうかね?どうなんでしょうね?

 

バイキングは、ひとつのお皿の上でお絵かきするように

いろいろ組み合わせて盛ってゆくのが楽しいと思うんですけど

 

こっちのほうが、ぜったいにお料理は美味しく見えると思うのです

 

 

 

いろいろ食べましたが

いちばん気に入ったのはこれかな

 

京漬物いろいろ^^

今の時期、柚子大根が最高!

名前は忘れましたが、どれも有名な老舗のもの

 

あ〜、年とりました

 

 

デザートに移ります

いちご八つ橋や、宇治抹茶ババロア、栗のケーキなど

すごく京都フレーバー

 

紅茶も京都の和束産の和紅茶で

やさしい味がしました

 

 

いっしょに行ったおぱーる飼い主さんは

楽しげにチョコレートファウンテンで遊んでいました

 

ベリーとチョコの組み合わせが魅力的

 

 

お腹がポンポンになったあと

ホテルのバスで祇園四条まで送ってもらいました

 

バス停のよこには八つ橋屋さんと大黒様

景気のいい感じです

 

 

 

京都のビュッフェは、大阪のビュッフェに比べて味付けあっさり目

お値段も、京都のほうが少しお安いように思いました

 

 

体重が500G増えていたバイキング明けの休日

今朝はダイエット日和になりそうです

 

本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

 

">

ウィリアム王子ご夫妻のお住まいケンジントン宮殿

宮殿の一部は博物館として公開されているんですね

知りませんでした

 

ヴィクトリア時代にはオレンジなどを育てる温室は

「オランジュリー」としていまはレストランになっており

現在はそこで食事やアフタヌーンティーを楽しめるんだそうです

 

参照:Travel.jp

 

中の写真はこちら!

これはまた〜夢のような世界ですね^^

 

ドレスアップして、死ぬまでに一度いってみたい世界

 

いや、よく見るとお客さんの服装はけっこうカジュアル

観光でロンドンにいったとき、ついでに行けるかも

 

参照:Pleases I will go

 

アフタヌーンティーもひときわ豪華

ケーキのひとつとして添えられているのは「ヴィクトリア・スポンジケーキ」

 

だんなさんであるアルバート公を亡くしたビクトリア女王を

なぐさめるためにつくられたケーキなんだそう

 

参照:Pleases I will go

 

前置きが長くなりましたが

ケンジントン宮殿オランジュリーのヴィクトリア・スポンジケーキ

 

うめはんに、職人さんと一緒にご来日^^

 

 

ケーキには新鮮なバタークリームとチップトリーのジャムがはさんであります

これはバタークリーム作っているところですね

 

 

そういえば、一緒にいたオパ飼い主さんが

「私、このスポンジケーキにジャムはさんだやつ苦手」と申していたのですが

昭和の低価格洋菓子に、似たのありましたよね

思い出しました

 

ボソボソのスポンジケーキに頭の痛くなるようなサッカリンの入ったジャム

ロウのような、バタークリームがのっていましたねえ(←遠い目^^)

 

見た目はあれにちかいのですが

こちら材料とつくりかたが異なります^^

 

 

特にバタークリームに偏見を持っていたのですが

いいバターを使ったバタークリームは違いますねえ

 

昭和の子どもたちが食べていたバタークリームケーキ

あれの素材はいったいなんだったのでしょうか

ちょっと怖くなります

 

 

 

おっちゃんのカットしてくれたケーキ

 

甘いけど、くどくない、おいしいスポンジ生地

中に挟まれたバタークリームが、ほんとおいしい

口の中で気持ち良く溶けてゆく

 

 

えらく大きいケーキで、けっこう食べごたえがありました

アフタヌーンティーセットの一部にこれがあると、泣いてしまうかも

 

日本のケーキ屋さんはちいさくて可愛いショートケーキが主流

大きいものは、フルーツがふんだんにのっていたりするから

素朴さが、なんだか新鮮に感じました

 

 

ケンジントン宮殿ではないけれど

お気に入りのバラの器でティータイム

 

今日のバラは紅茶ならタリスマン

コーヒーならセピアローズをいかがでしょうか?

 

 

商品ページはこちらからどうぞ

セピアローズ

タリスマン

 

 

ケンジントン宮殿でのアフタヌーンティーおひとり様28.5ポンド(約4.000円)

冬休みにロンドンへ行かれる方、楽しんできてはいかがでしょうか?

 

詳細とネット予約は下記サイトからできますよ^^

The Orangery

 

 

本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

京都の台所、錦市場

うなぎの寝床のように細長い通路の両脇に

ちいさいお店がびっしりと詰まります

 

お値段は高めですが、旬のおいしいものや

伝統野菜、むかしからの手作りのお惣菜があって

なんだかうれしい

 

 

お漬物が名産ですね

大きな木の樽に、秘伝のぬかで漬けているのでしょう

おいしそう

 

 

試食コーナがキラキラ輝いています

 

お漬物はお野菜をより美味しく食べる

昔の人の工夫と智慧

 

 

奈良漬も魅力的でした

いまがシーズンなのかな?

 

 

京都は川の街

うなぎやどじょう、あゆ、すっぽん、鯉

淡水の珍味が並びます

 

琵琶湖も近いですしねえ

 

 

量り売りのお惣菜屋さんにも

京都ならではの素材が光ります

 

地味で、デパ地下に売っている惣菜のような華はないけど

地元の野菜屋やお豆を使った素朴なおばんざい

 

 

祝い鯛のお店

なかなか、けいきのいい感じ

 

お祝い事があれば、花街のみなさんは

ここに鯛をオーダーするのでしょうか

 

 

観光客のかたがたがいっぱいで

こちらの、てんぷら&だしまき卵やさんは看板も英語併記

TEMPRA & ROLLED OMLET RESTAURANT


ふうん、だし巻き卵って、ロール・オムレツっていうんだ

なるほど〜

 

 

だし巻き屋さんの店頭に

妙なものがありました

 

なんだろ〜

フンフンクンクン、うまそ〜だ

 

 

一個買ってみました

だしまき卵入りパン

 

だしまき卵は、ふわふわで美味しかったです

でも、パンと合うかな〜^^

 

好みはひとぞれぞれで

 

 

秋はかぼちゃの季節

人形かぼちゃが楽しげに笑っていました

 

 

 

これから秋もどんどんと

深まってゆくことでしょう

 

夏休み開けのしずかな古都も

紅葉の始まりとともに賑やかさをとりもどすんでしょうね

 

本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

きょうのブログは久しぶりに「食いしん坊バンザイ系」

先日訪れた、本町のスリーチムニーズさんの、サンドイッチ

ボリュームが半端なかったというお話です^^


スーパーハイカロリーだけど、たまにはいいかな〜
人生はダイエットだけのために生きているのではないですから

(今日の言い訳は上手くできました^^)

 

 

 

オーダーしたのはアメリカンクラブハウスサンドイッチ

 

6枚切りとぼしきイギリスパンに、ローストビーフ、ハム、チキン

チーズ、トマト、レタス、キュウリと

あらゆるものがはさんでありました

 

イギリスらしく、山盛りのホクホクポテト

 

 

オーダーするまえは、サンドイッチで1100円は高いな〜といっておりましたが

出てきたのをみて、これは安いわ〜とコロッと態度を変えたのは言うまでもありません

 

さあ、ランチ・ティータイムの始まりです

 

テーブルの上は

お皿と茶器でうめつくされましたとさ^^

 

 

かわいいビクトリアンテイストの店内です

カーテンは思いっきりバラ柄

 

店内は、禁煙ゾーンと喫煙ゾーンに分かれていて

こちら、わたしたちが座った禁煙エリア

 

 

こちらの広めのゾーンが喫煙エリア

 

コンサバ系、年齢高め系女子(←タバコを吸わない)が好みそうな店ですが

やはり、本町という土地柄か、平日はサラリーマン客も多いのでしょうね

 

喫煙ゾーンのほうがかなり広かったです

 

 

入口にはケーキやスコーンが並べられています

すべてテイクアウトが可能なもよう

 

 

 

ここはサンドイッチだけでなく、ケーキも大きいですね

 

ほかのお客さんが食べているのをみましたが

普通の2倍くらいの大きさがありました

 

北浜レトロもそうなんですけど

オーナーが男性の場合、なんだかボリュームが増大する傾向にあるようです

 

 

くまさん、たくさんいました

こちらのメガネグマ、かわいいですね

 

 

バケツ入りのくまさんもいました

夢見るクマさんが、お月様をつかまえようとしています

 

あ、ここで商品紹介ですね

スージークーパーのメドウスイート

三日月型のおさら、入荷しています

 

 

乙女チックな雰囲気で、豪快にがっつりランチを食べたいとき

なんだかおすすめのカフェ

 

なお、食べ切れなかった分は包んでもらえます

 

持って帰ったサンドイッチ、翌日温めて食べたら

美味しかったです

 

 

今日も良く晴れた休日になりそう

これからクマを連れて、撮影兼お散歩に行くことにしましょう

 

商品ページはこちらからどうぞ

スージークーパーのメドウスイート

 

本日も素敵な一日でありますように

 


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

Selected Entry

ネットショップへのリンクです

おぱーるの部屋

スージークーパー

2

ビンテージ・グラスウェア

excellentglass.jpg

ホーンジー

hornsea.jpg

オールド・ホール

oldhall.jpg

Archive

Mobile

qrcode

Comment

  • イースター前のエッグカップいろいろ
    キャリコ
  • イースター前のエッグカップいろいろ
    うさうさ
  • パトリシアさんの人生いろいろ
    キャリコ
  • パトリシアさんの人生いろいろ
    うさうさ
  • ワイルドストロベリーの嵐が丘
    キャリコ
  • ワイルドストロベリーの嵐が丘
    saki
  • スージークーパーのエンドン
    キャリコ
  • スージークーパーのエンドン
    saki
  • 初午とお店の再開について
    キャリコ
  • 初午とお店の再開について
    saki

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM