ついつい食べ過ぎになる秋の日は

ウォーキングをしようと、近くの千里万博公園へ行ってまいりました

 

はやくも紅葉が始まっています

緑、赤、黄の美しいコラボレーション

 

 

今年の紅葉は遅いと思っていましたが

モミジはもう、真っ赤に色づいています

 

美しい秋の風物詩

 

 

万博公園の日本庭園には

秋のみ一般公開する茶室とお庭があるのですが

着物を着たかたがたが、優雅にお茶を楽しんでおられました

 

2つある茶室のうち、こちらは千里庵

 

 

母屋のような、大きいほうが汎庵

 

なお、一般の人でも700円払うと

お茶とお菓子を楽しめます

 

 

ここのコケはものすごくふわふわで

すごく愛らしい顔をしていました

 

ここまで大きくなるには、長い年月がかかったのでしょう

 

 

日本庭園の奥には、滝があって、そこの紅葉はまだ始まっていませんでした

夏の香りの残る、静かな池

 

 

川べりの、ツワブキがきれいでした

 

千里には竹が多いのですが、ここにもたくさん生えています

 

びっしりと詰まった竹林の下から

ツヤブキがかわいらしい顔をたくさんのぞかせていました

 

 

日本庭園でお弁当タイム

 

鮭のっけチャーハンと、チーズ入り玉子焼き弁当ですが

ごはんがさらさらで、はしでつまむのに難儀しました

 

 

ゴハンのあとはバラ見物

ちょうど見ごろで、可愛い花が咲き競っていました

 

少し前にバラ園をリニューアルしたため

バラはすべて小柄なのですが、再オープンしたばかりの春より

こころなしか元気に咲いている気がします

 

 

11月10日までバラフェスタをやっています

 

売店が出ていて、バラの販売をしていました

一鉢600円、二鉢で1000円

 

自転車で来ていなければ、欲しかったなあ

 

 

なぜか小さいカバも来ていました

これは意味不明です

 

 

 

秋の紅葉のシーズンが終われば冬

つぎにここへくるのは、2月の、梅の季節かな

 

最後は今日の万博太郎さん

令和二年に向けて、大きく羽ばたきます

 

 

万博公園の紅葉まつりは12月1日まで

そして、来週の土日は無料入場デーです

 

国立民族学博物館や民芸館、エキスポ資料館も無料になるので

関西在住のかたにはおすすめです

万博記念公園

 

本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

大阪の万博といえば、1970年に吹田市で行われた千里万博が有名ですが

1990年に鶴見緑地で行われた「花博」もありましたね

先週、花博会場に残った「咲くやこの花館」に行ってきました

 

青いポピーが見たかったので

 

 

日本画家の掘文子さんが描いた青いケシの花の絵が好きで

いちど、本物の花を見たいと思っていました

 

たくさん種類があるようで、ちょっと堀文子さんの見た花とは違う気もしますが

まあ…種類は近いと思います^^

 

優しくて、たくましい花

 

 

「咲くやこの花館ついで」という事でもないですが、万博跡地の公園もみてきました

 

千里万博は、各国のパビリオンはすべて撤去されましたが

鶴見緑地のほうは、「咲くやこの花館」以外にも

諸外国のパビリオンがいくつか残っています

 

こちらアイルランド館の、神話をテーマにした展示の名残り

 

 

左の、石で組んだ建物は「ティアナノーク」という別世界への入り口を表現したもの

 

ティアナノークというのは「永遠の若さと、豪華な食事と、比類なき音楽の世界」で

アイルランドの神話に登場する、いわゆる桃源郷だそうです

 

ケルト文化は不思議なものがいっぱい

週末のハロウィンもケルト文化色の強いものでした

 

 

 

1990年当時はどんな展示だったのでしょうか?

行ったことは覚えていますが、展示内容に関しては記憶にございません

 

これは、オランダの名残ですね

これだけは、うすぼんうやりと覚えています^^!

 

オランダらしい大きな風車のまわりに秋の花が咲き乱れていました

 

 

ちょうどコスモスはが花ざかりでした

 

奥のほうには、ベルサイユのばらの「オスカル」と「アンドレ」の

コスプレをした人が写真をとっていました

 

最近はやっているようですね

 

 

やさしいピンクのコスモス

いつ見ても心がなごみます

 

 

金運が上がりそうな、黄色いコスモス

 

種が飛んでいったのか、ピンクの秋桜が一株だけ恥ずかしそうに

顔を赤らめて咲いていました

 

 

となりにはバラ園があります

こちらもちょうど満開でした

 

 

色ごとに分かれて咲いています

こちらはうすいピンクのやさしい花園

 

 

口紅の色のばら

そうそう、むかし流行ったヒューシャピンク

 

大振りでちょっと妖艶な感じの濃いピンクのばらが

夕闇ちかい空に、なんだかあでやかでした

 

 

 

夕日がしずむ少し前の、都会のバラ園

遠くには大阪市内の街並みが見えます

 

同じ大阪でも、吹田千里の、山の中のバラ園とはまた違って

これはこれで、歌謡曲の世界のような感じでいいものだと思いました

 

 

アイルランドの桃源郷ティアナノーク

見たいかたは、ぜひ鶴見緑地まで

ちょうど見ごろのバラ園に隣接しています

 

花博記念公園鶴見緑地

 

本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

 

木製のかわいい動物たちが可愛く佇みます

エスニックな雰囲気がたまりません

 

さて、ここはどこでしょう?

 

 

きのう訪れた、千里の万博公園

国立民族学博物館ですね

 

ここはいつ行っても、面白い^^

 

お土産売り場には、いつもの万博太郎さんが微笑みます

人気の1/350モデル、彼は税込み3685円なり

 

 

 

みんぱくへ到着後、まずは腹ごしらえ

頼んだのは、マッサマンカレー、フォーランチ
みんぱくのレストランは、メニューもエスニック
だけども、日本風の食べやすいお味でした

 

 

はらごしらえしたあとは

特別展「驚異と怪異」の世界へ

 

もう入り口から「なんだか怖いオーラ」が漂います

 

不思議な想像世界の生き物たちが群れ集う異空間

怖いものが好きなかたにぜひおすすめ

 

 

残念ながら、中は撮影できなかったので

お土産屋コーナーの画像など

 

悪魔や、不思議な人魚たちがたくさんいましたよ

怖くて、どこか憎めない愛らしい創造物たち

 

人間って、どうしてこんな生き物を作り上げてしまうんでしょうねえ

なんだか、すごい

 

 

 

常設展も、特別展と並行して

ちょっと怖くてかわいいものが並んでいました

 

メキシコの骸骨たちが

トランプで遊んでいます

 

 

こちらは大陸オオカミことディンゴ

なんだか不思議に愛らしい

 

ちょっとカラフルなシマウマみたい

 

 

万博公園の、ローズフェスタは、まだまだ先の10/19からなのですが

すでにバラ園の花は、きれいに咲いていました

 

なお、みんぱくとバラ園は、万博公園自然文化園の敷地外にあります

今回、みんぱくまでバスで行き、直接、展示観賞券を買ったので公園に入れませんでした

 

公園も見たい方は、自然文化園のゲートで展示観賞券を購入し、

無料通行券をもらわないと公園内に入れないようです

 

 

 

バラ園では、ばらのほかに

スイレンもきれいに咲いていました

 

 

しかし、スイレンは、初夏から夏にかけて咲く花だったはず。。。。

かつ、訪れた夕刻には花が閉じかけているはず。。。。

 

もしかして造花だったのかもしれません

(いや、公園がそんな凝ったイタズラするだろうか???)

 

いや・・・・写真をよく見るとやっぱり造花だ。。。。
きのうは完璧に騙されたようです^^

 

 

 

帰り際に、太郎さんがモノレール越に見えました

驚くべきことに、モノレールのラッピングはライバル社「阪急電車」の塗装でした

 

チキンラーメン号や、大阪王将のギョウザ号など驚くべき塗装で楽しませてくれるモノレール

まさかの同業他社の電車をラッピング塗装するとは、大阪府民はびっくりです

 

 

北大阪の秋は不思議なものがいっぱい

この秋の行楽に、万博公園、みんぱくのプログラム

特別展「驚異と怪異――想像界の生きものたち」

おすすめです

 

本日も素敵な一日でありますように

 

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

昨日は万博公園無料入場デーだったので

なかなか減らない体脂肪をそぎ落とすべく

ウォーキングへと出かけました

 

秋の青空を背景に、さわやかな万博太郎さん

 

 

あかがね色に輝くススキの穂が見事

秋風に、そよいでいます

 

 

こちらは、オミナエシですね

お砂糖をたくさん入れた、いり卵のよう

 

 

彼岸花もきれいに咲いていました

 

 

くるくると可愛らしい

この花を見ると、しみじみ秋を感じます

 

 

赤い花もありました

 

彼岸花って、赤白揃っていて、水引きみたいで

名前のわりに見た目はおめでたい感じですよね

 

 

テーブル席のある日本庭園まで行って、お弁当

 

冷蔵庫にあった、塩シャケと、鶏とダイコンの煮物

キュウリとナスのお漬物など

 

地味なおかずですが、たまに外で弁当食べると楽しいものですね

お弁当包みは会社員時代に愛用していたマリメッコ

 

 

お祭り広場は、なぜかサーキット場みたいになっていました

明日、何かF1関係のイベントでもあるのでしょうか

 

炎天下の中、Tシャツを着たにいちゃんたちが
緑のコケでくるまれた、HONDAのロゴを何やら動かしておられました
ならべかた間違えたら、違うスペルになってしまうで〜^^

 

 

クルマのことは全くわかりませんが

タイヤにサランラップみたいなものを巻いたレーシングカーは

おもちゃみたいで可愛かったです

 

 

最後に太郎さんをもういちど

 

現在、過去、未来、地底の太陽と4つの顔を持つ太陽の塔ですが

個人的にわたしは「過去」がいちばんおとこまえだと思います

 

色黒な顔に、ちょっと意地悪そうな目つきが可愛らしいなあ

 

 

万博公園への往復およそ6.4キロの坂道を自転車で走破し

公園内で1万5千歩歩きました

 

来月の、梅田阪急英国展で販売される焼きたてスコーンを心おきなく食べるために

今から計画的にダイエットを進めるキャリコ店長なのでした

 

 

本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

今年もやってきました

梅田阪急の「東京おやつショー」

 

ライブでつくる、おやつの数々が魅惑的

 

入り口にはやっぱり、かき氷屋さんが陣取ります

最近は、冬でもかき氷食べるようになりましたけど

 

 

パンパンに押し詰めた氷にたっぷりのシロップそれからフルーツ、

出来上がってゆく様子を見るのが楽しい^^

 

 

秋のフルーツを使ったお菓子がならびます

シャインマスカットが、キラキラ輝きます

 

 

秋ですねえ

できたての美味しそうなスイートポテト

後ろに光るレトロな大学芋も素朴でいい感じ

 

どら焼きや、こういう懐かしい系のものも、たまにはいいですね

 

 

 

こちらも季節もの

いちじくのマフィン

 

ロカボなど、凝ったお菓子が多かった去年に比べて、

今年は全体的に地味なお菓子が多かったでしょうか

こういうものにも、その時々の傾向があるようです

 

 

ライブショーといえば、ちかくの商業ビル、ルクアの地下に

今年の春から、ちょっと面白いライブ形式のフードホールができていました

 

ショーのような実演販売があったり、買ったものをその場でBBQしたり

お客さんも一緒に楽しめるアメリカ型のマーケットとのこと

 

お寿司屋さんではマグロの解体ショーしてました

 

 

お肉屋さんの前では

大きいチーズをカットする店員さん

 

 

削りたてのチョコも魅惑的

 

 

前を踊っているくまさんのクッキーも

たいへん可愛かったです

 

 

握りたてといった感のあるおにぎりも

こんなジャンボサイズまで

 

 

ビュッフェスタイルの、お惣菜売り場

はんぱない数に圧倒されました

 

ちょっと遊園地というか、ディズニーランドというか

スーパーがこんなエンターテイメントになるなんて・・・・・すごく楽しい

 

こんな面白くて種類豊富なのに、商品価格は普通のスーパーと同じでした

 

 

 

阪急オアシスという、大阪全体に支店のあるスーパーマーケットの直営だそうですが

大阪のスーパーもどんどん変わっていくのだなあって、感心しました

 

東京おやつショー

キッチンマーケット

 

本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

お盆に、東洋陶磁美術館で行われていた

マリメッコスピリッツ・フィンランド・ミーツ・ジャパンに行ってきました

 

入り口にはウニッコ柄がはためきます

いざ中へ!

 

 

入ると、意外にもマリメッコのテキスタイルではなく

アラビア社の陶器類が並んでいました

 

会場が東洋陶磁美術館だからかな?

 

そういえばアラビアも、フィンランドでしたねえ

かわいくて、ミステリアスなナシ柄

 

 

こちらはちょっと、モリス調でしょうか?

弾きつけられる不思議なリンゴ

 

 

上のふたつは、どちらも「ビルガー・カイピアイネン」の作品

こんな立体的な陶器も制作されていたんですね

 

ちなみこの方は、アラビアの名作「パラデイッシ」の作者

やはり共通するニュアンスがあります

 

 

こちらもアラビア製陶所のお品

「ルート・ブリュック」の聖体祭

 

厚みのあるタイルのような陶板

壁にはめ込んでいたのでしょうか、神聖な雰囲気

 

 

かわいいクマさんもいます

ちょっと、リサ・ラーソンに似ていますが

作者は異なります

 

 

陶器類の展示が終わると、お待ちかね

マリメッコの世界の始まり

 

大らかで神秘的なマリメッコのテキスタイル

初めて見た1980年代の感動を思い出します

どれも勢いがあって神秘的

 

 

面白いところで

マリメッコお茶室がありました

 

かわい〜

 

 

フィンランドの森のようなお茶室

 

なんだか禅の世界観とはだいぶ異なり

中に入ると気が散りそうですが、やっぱりかわいい

 

 

普段は地味な東洋陶磁美術館も、女の人が多くて華やぎます

みたところ女子度率約90パーセント

 

お土産コーナーも盛り上がっています

女子はやっぱり雑貨を買うのがだいすき

 

 

大阪の夏空の下のマリメッコ、なかなかいいものです

 

全国を縦断しているマリメッコスピリッツ

大阪の展示は東洋陶磁美術館で10月4日までです

 

 

展示会の開催は10/14まで

テキスタイル好き、陶芸好き、もしくは北欧好きなかたにおすすめです

マリメッコスピリッツ

 

割引券のページはこちらから

割引券

 

本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

 

古民家カフェの街、中崎町

大阪北の中心、梅田から10分ほど歩くと

それらしき建物が、ぽつり、ぽつりと出現します

 

きっと、少し前までは昭和の香り漂う、

民家と小規模商業施設の集まる普通の街並みだったんでしょうね

 

 

真っ先に目につくのが、こちらの木造アパートのような建物

土日のみしか開いていな幻のお店「癒し空間邸

 

中は完全個室制になっていて、ちゃぶ台の置かれた「ちゃぶ台の間」とか

80年代アイドルの写真が貼られた「息子の間」など 

それぞれのイメージに合わせ、工夫を凝らした空間があるそうです

 

こんど誰かと行ってみたいです

 

 

いきなり、へんてこりんなものがありますが

こちらは美術専門学校のオブジェのよう

 

アートな街なんですね^^

 

 

木造建築物だけでなく、コンクリートの建物も

かわいくアレンジされています

 

雰囲気いいですねえ

 

 

ツタと朝顔がからみつく廃屋

ここもお店なんでしょうか?

 

 

「絵本が自由に読めるカフェ」と書いてあります

ちょっと、入りずらそうですが、絵本好きのかたにはいいのかもしれません

 

なんだかミステリアス

 

 

ここは有名ですね

珈琲舎アラビクさん

 

1時半からの開店という遅いスタートのため

訪れたときはまだ開いていませんでした

 

 

看板に、珈琲舎、書籍と書いてあります

その名の通り、カフェだけでなく推理小説や幻想小説も販売しているそう

 

昭和四年の長屋をリノベーションした店舗は

江戸川乱歩の世界そのもの

 

明智小五郎と少年探偵団が出てきそうです

 

 

大きなワインボトルにびっくり

フランスレストランですね、外国を訪れたみたい

 

オリビエ・ル・フランソワという名前で

もとはその名のフランス人が経営されていたそうですが

今は帰国してしまい、そのお弟子さんが営業しているそう

 

 

 

なんだか不思議なもの、それからかわいいものがいっぱい

休日の中崎町は不思議な魅力があふれるかわいい街でした

 

 

大阪のおさんぽスポット中崎町

 

特に用事もなく大阪へ来たかたがブラブラするのに最適な場所です

お盆やすみに関西へ来られるかたはいかがでしょうか?

 

本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

 

バラの花にはネコが似合う

 

白に黒のブチの柄のネコに導かれてバラ園へ

千葉の谷津バラ園は、2番バラがきれいです

 

このときの開花状況は10%でしたが

半分くらい咲いているのでは?と思いましたね

 

 

ここのバラ園のおもしろいところは

入場料が、バラの咲き具合に合わせて上下すること

 

ハイシーズンは550円の入場料

オフシーズンは100円の入場料

 

ちなみにいまはミドルシーズンで250円でした、中間の微妙な時期

 

 

それでもミドルシーズンとはいえ

咲いている花は、見事に咲いています

 

 

雨の日だったのですが

しずくをたくさん浴びた赤い薔薇は宝石のようで魅力的でした

 

 

奥のほうには池があります

イギリスの、ケンジントン宮殿のお庭のよう

 

 

池のそばにはリンゴの木があるのですが、

これは万有引力の法則で有名な、イギリスの自然学者、ニュートンの

お庭にあったリンゴの木の子孫だそうな

 

 

ほんまかいな?

言ったもん勝ちちゃうんかいな?と思いますが

 

カンバンがあるので、ある程度の信ぴょう性が感じられます

 

 

池には可愛らしいスイレンと

暢気そうな錦鯉も泳いでいました

 

 

小さいバラ園ですが、オフシーズンも100円の入場料を取るためか

バラ以外の、細かいお花も咲いています

 

 

これは何の花でしょうか?

夏らしく、さわやかでした

 

 

園内には、ギリシャ彫刻風だけど・・・・

近づいてみると、ものすごく和風な石像がありました

 

シュールで不思議な感じでしたが、国内有名作家のものかもしれません

 

女性像の手の上にのるハトの頭の上に、スズメが止まっていました

 

 

木の根っこには

なんともいえない顔をしたネコがいました

 

関東のネコはオリジナリティーがありますね

 

 

中央の噴水の周りには、おちゃめなトピアリーもありました

 

どこまでが「素」で、どこからが意図的な「笑い」なのか線引きが不明ですが

 

関西以上に、ユーモアとサービス精神に富んだ
習志野のバラ園、味わいがあって楽しかったです

 

 

今度はバラの盛りのころに来たいですね

 

習志野谷津バラ園

本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

「蓮は泥より出でて、泥に染まらず」

 

澱んだ泥を世間のつらいこと、悲しいことに例え

その中で泥に染まらず美しく咲く花を、人生の花に例えること

 

宋の時代の中国から伝えられた蓮のことわざです

 

 

今年も地元、万博公園の早朝観蓮会へ行ってまいりました

朝陽を浴びて咲く花の姿は清らかでなんともいえず美しい

 

蓮は午前中にだけ咲き、それも見ごろは朝の9時くらいまでなので

この期間の開聞は中央ゲートが朝の5時半、はす池のある庭園が6時開門です

 

かなり交通の便の悪いところにありますが、けっこう人はいましたね

 

 

梅雨時の恒例イベント「象鼻杯」も、菊正宗酒造の後援で行われていました

 

象鼻杯は碧筒杯(へきとうはい)とも呼ばれる古代中国、

三国志の魏の国由来のお酒の飲み方です。

 

 

ハスの葉の真ん中、水が溜まっている部分に穴を開け、

管状になっている茎をストローにしてお酒を通して飲むことで

ハスの香りが加わります。

 

私は下戸なので、お茶にしてもらいました

 

ハスの青い味わいが、いい暑気払いです

 

 

こちらたぶん、古代ハスで有名な

大賀ハスだと思います

 

いまにも咲きそうな、ふっくらとしたつぼみ

 

 

美しく咲いた蓮の花

 

なお、蓮は花と実が一緒にできます

真ん中の部分が実ですね

 

 

白いハスも清楚できれいでした

 

ここ、万博公園には26品種、1200株の蓮があるそう

ちょっと種類はわかりません

 

 

薄いピンクの花もありました

なんともいえずチャーミング

 

 

まだ咲き初めで、つぼみが多かったですから

見ごろは来週以降になりそう

 

 

池のそばではヤマモモが鈴なりです

 

70代くらいのおばちゃんグループが食べていて

赤黒く熟したやつが美味しいよとすすめてくださいました

 

雨上がりの鮮烈なヤマモモは美味しかったです

 

 

公園を出たのは7:30くらいだったでしょうか?

土曜の朝にも関わらず、モノレールのチキンラーメン号には

たくさんの通勤客が乗っていました

 

 

ここのところ梅雨らしく大雨が降りますが

夜に集中して降ってくれるので、朝が清々しい

 

万博公園の早朝観蓮会と、象花杯は

7月15日まで行われています

万博記念公園早朝観蓮会&象鼻杯

 

本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

 

高層ビルのそびえ立つ、休日の朝のJR大阪駅

人の少ない都会の空間は、いつもより、のんびりした雰囲気

 

普段は郊外の山の上から動くことなく、高いビルなど見ることもないので

地元大阪府民ながら、なんだか新鮮

 

 

グランフロントのある広場の前では

緑色のクマなのか、カッパなのか?

 

なぞの物体が、口から水を吐いていました

 

 

カッパのいる広場を窓越しに見渡せるカフェ

ガーブモナークさんで楽しいモーニング

 

広場でダンスイベントを行っており、お客さんは20歳代前半の若者ばかり
扉を開けた途端、なんか、入りにくいな〜って思いましたけど
店員さんが親切で、席もよくて、すごく居心地よかったです

 

 

お供をつれてきました

今週発売のかたつむりくん、まだお店におります^^

 

コーヒーカップの横がなんだかお似合いです

 

 

湯種パンとバター、コンフィチュール、ヨーグルト

それからお好きなドリンクがついて税込み500円

 

梅田の一等地とは思えないコスパのよさ

 

 

湯種パンというのは、生地を熱湯で練ったパン

少しあたためたパンはふわふわで、すごくおいしかったです

 

 

久しぶりの梅田

駅の反対側にはゴジラもいました

 

 

ふだん混雑した梅田の駅しか見ませんが

空いている梅田はなんだかさわやか

 

 

近未来的なJR大阪駅

 

駅の2階から眺めるプラットフォームは

大昔、マンガで見た銀河鉄道スリーナインとか

そういう世界に似ているなあって、ふと思いました

 

 

休日の都会のおさんぽ

見慣れた景色も新鮮で、なんだかよいものです

ガーブモナーク

 

本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Selected Entry

ネットショップへのリンクです

おぱーるの部屋

スージークーパー

2

ビンテージ・グラスウェア

excellentglass.jpg

ホーンジー

hornsea.jpg

オールド・ホール

oldhall.jpg

Archive

Mobile

qrcode

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM