昨日は梅田阪急で行われている「ワールドティーフェスティバル」へ

祝祭広場には、色とりどりの、かわいいお店がたくさん

 

初夏の楽しいお祭りです

 

 

50近いブースが出ていたのでしょうか?

どこもファッショナブルで可愛い

味以前にビジュアルの美しさにうっとりです^^

 

こちら、帝政ロシアで生まれ、パリの文化で育ったクスミティー

雰囲気は、アールヌーボーやミュシャの感じを残しながら

カラフルに表現されたラベルがキュート

 

 

初めて見ました

スリランカのブランド「バシラーティー」

 

本の形や、オルゴールになった紅茶缶

夢いっぱいで、すごくかわいい

 

 

世界のお菓子グラム売りというのもありました

こうやって籠に盛られると、ふだんのマドレーヌも

いっそう愛らしい〜

 

 

お茶といえば英国です

 

エリアはいくつかに分けられていましたが

こちら、「英国紅茶とアフタヌーンティー」というゾーン

毎年秋に行われる英国展を凝縮させたような感じでした

 

それでは入ってみましょ〜

 

 

英国展ほどの混雑や競争感はありません

ゆったり見られる感じ、販売品以外のアンティークの展示物もあって

ゆるゆる楽しめます

 

気品のある古いティーセットがお出迎え

 

 

荘厳なティーサービスなど

「ほお〜」と唸ってしまうような逸品たち

 

 

ヴィクトリア時代後期の家具や

ウィリアムモリスのテキスタイルなど、王道がならびます

 

 

ハロッズのくまさん

あ〜かわい〜

 

 

バーレイのコーナーにも

くまは潜んでいます

 

イギリスっちゃあテディベアですね^^

 

 

バーレイのお菓子もありました

砂古玉緒さん作のかわいいビーケーキ

 

ミツバチの羽根のような愛らしいカップケーキ

 

 

展示場には各所にテーブルが置かれ
美しいコーディネートを見せてくれていました

 

 

ちょっと気になったのが3段ケーキスタンド

これから日本でブームが来るのかもしれません

 

 

アンティークやビンテージ陶器は少な目

それでもシェリーなどが少しありました

 

スージークーパーは今回は来ていないもよう

 

 

あふれんばかりの紅茶の海

試飲もいろいろ楽しめて、面白かったです

 

 

イベントコーナーでは各種セミナーがいろいろ

これは「アフタヌーンティーのためのマナー講座」

 

講師はマナースクールの校長先生で

通訳はスチュワード麻子さん

 

麻子さん、あいかわらずおきれいでした

お子さんの年齢を考えると、もう50台だとは思うのですが

リカちゃん人形のような体形です

校長先生より彼女に見入ってしまいました

 

 

これはスコーンの食べ方実演ですね

 

スコーンを食べるときはナイフやフォークを絶対に使ってはいけません

手で割って、クリームとジャムをつけて、手で口に運ぶんですよ〜

というお話をユーモアを交えて語られておりました

 

 

目くるめくお茶の祭典

ワールドティーフェスティバルは明日21日までの開催です

本日もおだやかな行楽日和になりそう

 

世界のお茶を楽しむワールドティーフェスティバル

 

 

本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

本日21日は、イギリスのエリザベス女王陛下のお誕生日ですね

1926年4月21日のお生まれなので、今日が92歳のバースデーとなります

 

女王様はにはお誕生日が二つあり(実際のお誕生日と公式のお誕生日)

正式な祭典は、6月の公式お誕生日にされるのですが、

今日は実際に92歳になられた日

 

おめでとうございます!

 

出典:Biography

 

下の写真は1929年の写真なので3歳のころですね

おばあ様のメアリー王妃と、クリスマス休暇に向かう途中

ロンドンの、キングスクロス駅

 

伯父のエドワード8世、お父様のジョージ6世に次いで

王位継承権第三位として生まれた王女はロンドンの宮殿で大切に育てられます

 

 

お王女は13歳のころ、ダートマスの海軍兵学校で出会った

ギリシャ王子フィリッポスに、ひと目惚れ、そのまま文通を続けます

(文通・・・って・・今は死語の世界ですね^^)

 

21歳になった1947年、晴れてゴールイン

 

 

1952年に、かねてより病弱だったお父さまジョージ6世が逝去

 

1953年の6月2日、ウエストミンスター寺院で

「エリザベス2世」として即位されました

 

 

お子様は4人ですね

上からチャールズ王子、アン王女、アンドリュー王子、エドワード王子

 

 

これは1981年の、チャールズ皇太子とダイアナ妃の結婚式

右端にいる女王様は55歳です

 

このあと、いろいろありましたねえ^^

 

 

これは2013年のダイヤモンドジュビリー

女王陛下とだんなさんであるエディンバラ公の元気なお姿

 

エディンバラ公は2017年より高齢のためご公務を引退されております

まあ、96歳ですから無理もない

 

それでも、女王陛下のお誕生日のときは

おふたりおそろいで出てこられたらうれしいですね

 

 

最後にコマーシャル感いっぱいですが

女王陛下のお誕生日を記念して、フォストリアのトパーズグラスで乾杯!

 

100歳のお誕生日を心よりお待ち申し上げています

 

 

ちなみに宝石のトパーズは「誠実」と言う意味を持ち、

勇気をもって前に進むためのサポートをする石と言われています

女王様にふさわしい

 

持ち主にとって、必要なものにめぐり合わせてくれる石

 

このビンテージグラスの輝きの中にも

そんな不思議な力が宿っているのかもしれませんよ

 

 

形はちょっとちいさめ

オイスターグラスより小ぶりで、これからの季節

お酒のみの方には、冷酒や梅酒などもおすすめです

 

 

どうでもいいことですが

ワイングラスの底に、ものすごく小さい文字でFostoriaと書いてあります

 

非常に地味な文字ですが、お買いになったかた

ぜひ探してくださいね^^

 

 

商品ページはこちらからどうぞ
ジューンのトパーズ

 

 

今朝も春の陽ざしがここちよい、おだやかな休日になりそうです
本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

きのうの大阪、道頓堀はセントパトリックデーでした

みどり色の服を着たかたがたが集います

 

2時からのパレードを待つ人たちが、どんどんやってきました

 

 

アイルランド屋台も大盛況

今日ばかりはディープ大阪なこの地域も

ダブリンの街へと早変わり

 

 

ギネスビールやアイリッシュウイスキーを販売する

スタンドが立ち並びます

 

アイリッシュ・ウイスキーやら、マグナーズサイダーという

緑のラガービールなどを販売していました

 

呑兵衛さんには、たまらない空間なのでしょうか^^

 

 

おいしそうなソーセージも

炭火でガンガン焼けてました

 

 

セントパトリックデーのパンやスコーンも売ってます

クローバーの形に作られたパン類がかわいい

 

 

川を背にした特設ステージでは

アイルランド民謡などのミニコンサートが行われていました

 

大阪でアイリッシュダンスや音楽をされる方はけっこう多いようです

 

 

そうこうしているうちに

えびす橋のほうから、パレードのご一行さまご登場です

 

 

先頭は、聖パトリックとお友達

今年の聖人は、えらく若いですね

 

取って付けたような白いおひげがチャーミング

隣の緑の髪の女性はガールフレンド?

 

 

中世騎士団のコスプレをされた「戦闘愛好家」の団体の方が登場

 

何でも、中世の騎士などの格好をして、闘いの真似をする。。。。

そういうグループなんだそうです

大阪には、いろいろな愛好家の団体があるんですね^^

 

ご本人たちも、見るほうも楽しいですね

 

 

スポンサーでもある、ドンキホーテの軍団がいちばん目をひきました

仲のよさそうな、楽しそうな会社

 

 

道頓堀の喧騒とパレードをあとにして、心斎橋へ

パトリックデーと関係ないけれど、緑のソフトクリームがいい感じの里山かふぇ

 

ミナミエリアに、こういったオーガニックカフェが増えてきました

ここでひとやすみ

 

 

歩きつかれた後のコーヒーと甘いものは最高!

 

きのうは、かれこれ14〜5キロほど歩いたでしょうか

だいぶ脂肪も燃焼したはず

(そのぶん食べたので、相殺された気もしますが)

 

春はウォーキングに最高の季節です

 

 

去年来たとき「来年はきっと来ないだろうな〜」と言っていたのに

なんとなく来てしまった道頓堀のアイルランド

 

来年も、見に行く?

と言われれば微妙な感じですが^^

ときには、こんなフェスティバルも楽しいもの


本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

 

昨日も行ってまいりました

愛しのうめはんへ

 

昨日は英国アンティーク評論家の小関由美さんが来ていたので

そのお話を聞きがてら、英国フェアをもういちど楽しみます

 

休日のうめはんはあいかわらず混んでいましたが、

初日のような殺気立った感じはなく、のんびりとした雰囲気

バグパイプの演奏などもやっていました

 

 

初日のお客さんは、狙ったターゲットをつかまえる

ハンターのような肉食系のお客さん主流でしたが、

休日は草食系のお客さんのテーマパーク

 

気になっていた、大型のコーちゃんはすべて飼い主が決まったようです

 

 

大きいといえば、メリーソート&ダックスのジャイアントくまさん

この子がかわいくて、欲しかったです

 

 

大きさ、わかるでしょうか?

わたしの手が、赤ちゃんの手のようにちっちゃく見えます

 

ほわほわで気持ちいい

 

 

アンティークベアも

ほんわかとして英国展でまどろみます

 

 

いっぴき、絵本を読んでいる子がいました^^

うしろでお姉さんに抱っこされながらですけど

 

くまさんの腹話術して、遊んでくれたシャーロットさん

 

 

クロテッドクリーム屋のお兄ちゃん

紹介カードに、落書きのように「6代目 おんぞうし」の文字が。。。

ご自分で書かれたようですね、なかなかお上手

 

イギリスにも世襲の老舗お菓子屋さんがあるんですねえ

日本でいえば、羊羹屋とか、八つ橋屋の若旦那見習い?

 

 

あいかわらず、もくもくとスコーンをつくり続ける

ポーリーティールームのステファニーさん

 

彼女はこの1週間でイギリスでの1年分の

スコーンをつくるのではないでしょうか

 

 

 

ロンドンからコッツウォルズへの途中にあるマールボロー

その町にあるポーリーズティールーム

彼女はそこから出向いてくれた、かわいいお菓子職人さん

 


This photo of The Polly Tearooms is courtesy of TripAdvisor

 

ネットで探してみましたが

レンガの町並みと、クラシックなお店が可愛らしい

 

中は、絵本の中の世界のようですね

いつか行ってみたいです

 


This photo of The Polly Tearooms is courtesy of TripAdvisor

 

大ぶりのスコーンは、中にドライフルーツがたくさん詰め込んであって

しっとり、芳醇な美味しさが広がるスコーン

 

紅茶にも、コーヒーにも良く合う

腰のすわったお菓子でした

 

 

英国フェアの会期中のためかお天気もイギリス風の小雨日和の大阪

 

来日されているイギリスのかた、みなさんパワフルですね

お仕事ぶり見てると楽しくなります

楽しい時間とおいしいおやつをありがとう

 

 

商品ページはこちらからどうぞ

プランタン

 

本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

関西英国ファン秋の風物詩

梅田阪急の英国展が昨日から始まりました

 

お目当てのお品をもとめてひた走る

中高年女子の秋の大運動会は幕を開けたのです

 

 

今年の広場はバッキンガム宮殿になってました

 

ロールスロイスと、クマの毛皮の帽子を被った衛兵さん来てました

大きいけど、おもちゃの兵隊さんみたいで可愛らしい

 

 

宮殿には銀器や食器が並びます

シンプルなブルー&ホワイトが魅力的

 

 

エリザベス女王のお供
コーギーも大小各種、お座りしてました

 

微妙な顔をしていると思いましたが、以外と人気

つぎからつぎへと新しい飼い主のもとへ向かうキュートなコーちゃんたち

 

ロイヤルグッズたくさん^^

 

 

そしてメインの催事会場へ

 

スコーン売り場は今年も恐ろしいほどの人気

あっというまに長蛇の列ができました

 

関西の人間はどうしてこんなにスコーンが大好きなのでしょうか

 

 

5つ星ホテル「ザ プリンシパル ロンドン」

開店から5分後には、数珠つなぎの大行列ができていました

 

シェフのライアン・トンプソンさん

カメラを向けると、笑顔でピースサインをしてくれました

 

朝、10時にお見かけしたときは笑顔でしたが

夕方3時ごろ、もういっかい見たときはだいぶお疲れのようでした

遠路はるばる、ありがとう

 

 

 

去年のペニンシュラのスコーンも人気でしたが

小ぶりで食べやすく、たくさんのフレーバーがあるということが

ホテルスコーン人気の大きなポイントなんでしょうね

 

 

打って変わって、ティールームの大きなカントリースコーン

今年の、マールボローの街から来た「ザ・ポーリーティールーム」

 

開店前なので、まだ人は入っていませんが

店の外には軽く100人以上の人が並んで待っています

 

 

去年食べたブリッジズ・ティールームの特大ぶりには負けますが

今年のスコーンもかなり大ぶりで、フレーバーは一種類

カントリータイプの素朴なスコーン

 

この大きさは、小食の日本人には不向きかと思ったのですが

買う人は買いますねえ^^

 

列の前に並んでいた女の人は、ゴロゴロ引いてきた

スーツケースにいっぱい買ってました

どこかにお配りになるんでしょう

 

 

イギリスのお菓子は大きいものがいっぱい

 

大男のケーキ職人さんがつくる

ビクトリアンスポンジケーキ

 

大きなホールのケーキがものすごくちいさく見えました

 

 

おなじみプレスタットのチョコレート

泥遊びみたいです

こうやって作ってたんですね

 

シンプルで素朴なイギリス菓子の祭典

 

 

食べ物以外にも魅力たっぷり

 

英国から来た貴婦人のような

美しく気品のあるくまさん来てました

 

 

食器もたくさん

スーさんもボーンチャイナを中心に

ちらほらお見かけしましたよ

 

 

こちら、英国のカントリーサイドをイメージした

アンティーク販売コーナー

 

 

ホーンジーもありました

これだけたくさんあると圧巻です

 

 

今年は50周年記念というためか

ちょっと洗練された感があるというか、

背景に、よく練られた企画を感じる上質な英国製品が揃ってました

 

英国商務省推薦と言う感じのお品が

美しくラインナップ

 

 

いつもの年にくらべて「きちんと感」があり

ちょっと、ハロッズの売り場がそのままやってきた感も、随所にありましたが

良く考えたら、うめはんも百貨店ですもんね^^

 

 

最近、イギリスフェアで絶対見かける

黄色いトリも笑ってます

 

 

以前スパイス的にあった、笑いを誘うような着ぐるみ

それからセール品などジャンクな要素が無くなり

サプライズというか、遊び心が減ってしまった気もします

 

それでも中高年女子の祭典、梅田阪急の英国フェア

めくるめくひとときを十二分に楽しんだのでした^^

 

 

本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

台風まっただ中の日本列島

イギリスから女王さまの近衛軍楽隊「コールドストリーム・ガーズ」来日中ですが

大阪での演奏会、昨日でよかった〜^^

 

梅田阪急こと「うめはん」の英国フェア50回記念ということで

スペシャルゲストとして、さっそうとご登場

 

とはいえ、英国フェアは10/11〜で、だいぶ時期がずれていますが

軍楽隊のほかのご都合もあったんでしょう

 

 

百貨店の催事コーナーということで、狭かったのですが

手をぬかない軍楽隊、あとで数えたら総勢39名おられました

 

クマの毛皮の帽子やら衣装でみなさん大きいので

ちょっと圧迫感ありましたね

 

 

デパートの中に佇む彼らの姿は、写真で見ると

ハロッズに売っている、おもちゃの兵隊さんそっくり

可愛らしい^^

 

 

第一回が10時半スタートだったのですが

開店と同時に滑り込み、一番前をキープ、メンバーのお顔がはっきり見えました

 

英国軍隊といえば、ガタイのいい長身の白人男性を思い浮かべますが

けっこうみなさんバラバラ

ぽっちゃりな人、アジア・アフリカ系らしき人

それから小柄な女性も何人かおられました

 

エリザベス女王もいろいろ考えておられるのでしょう

 

指揮者は小柄な若い女の子で、これがかわいかった^^

 

 

軍服のメダルは勲章なんでしょうか?

やっぱり数が多いと偉いのかな?

 

ときどき、なにもついていない人がいますが

新入社員みたいなものでしょうか?

 

 

スコットランド大隊から3名来られていました

バグパイプの演奏です

 

3名ですが、かなりな音量

 

実際は45名おられるそうで、そのときの音量はすごいものだと

解説のかたが申されておりました

 

 

おしゃれなスコットランド軍

キャンディキャンディの世界を思い出してしまうのは

きっと、年のせいでしょう

 

 

ものすごく普通のオッチャン達が演奏していました

(実は20歳くらいなのかもしれませんが)

 

バグパイプの演奏って、すごく肺活量がいるんでしょうね

思いっきり力み、鼻の下が伸びてクマさんみたいな愛嬌のある顔になりますが

遠目に見ると、すごくかっこよかったです

 

 

およそ30分ほどの短いスケジュール

4〜5曲ほど演奏し、皆さん帰る準備にはいります

 

 

来たときと同じように、従業員口にむかって

すべるように帰ってゆかれました

 

この39名を収容するだけのバックステージがあるんですね

梅田阪急、奥が深い

 

 

 

今度来日されるのは、また二年後でしょうか

ぜひまた楽しみにしています

 

 

台風の暴れる日本列島ですが、みなさまお気をつけて!

本日も素敵な一日でありますように
 

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

JR京都伊勢丹

もう、できてから20年になるんですね

駅と密着した、近未来的な百貨店

 

フロアごとの売り場面積が小さくて、各階ごとの移動が手間ですが

観光都市、京都にふさわしい堂々とした建物

世界中の人がこのエレベーターを使うのでしょう

 

 

イギリス展、行ってきました

 

伊勢丹はいま三越と組んでいるせいか

現在店舗で販売中らしき商品がメインとなっていました

 

買い物帰りに寄られた方が、面白いなあって

思うような品揃え

 

ラバーダックのイギリス仕様がおむかえしてくれました

 

 

これが入口だったんですけど

いまどきの、かわいらしい感じの英国小物が並んでいます

 

 

よく見ると、一体40万円だか、50万円の

ピーターラビットがいました

 

これ・・・・本物のウサギの毛かな?

ちょっと生き人形みたいです

 

 

 

梅田阪急みたいに、ドキドキ・ワクワクする感じは

ディープなイギリスファンである私には感じなかったのですが

 

カジュアルで、ふつうにかわいいものがいろいろありました

雑貨ファンの方には楽しい場所だと思います

 

 

ただ・・・なんというか

全体的に、おみやげショップ風の印象が抜けないのが残念

 

梅田阪急の、イギリスの地方都市ににあるお店をそのまま持ってきた。。。

みたいな、そんなワクワク感と、ドキドキ感はなかったです

 

とはいえ、感動なんて・・

ほんと表現するのがいちばん難しいですよね

死ぬまで続く課題でしょう

 

二回目開催以降を期待しましょう

 

 

阪急の英国展にはぜったいなさそうなもの^^

ウィリアム王子のポストカードが売られていました

(それが悪いということでもないのですが・・・)

 

お土産やさん感いっぱいです^^!

 

伊勢丹の英国展に行ったのですが、梅田阪急の英国展の魅力的がよくわかりました

あそこは、お土産やさんがイギリスから来てるんじゃない

 

イギリスに根付く、魂みたいなものが来てるんだって。。。

そこに感動があるんでしょう

 

 

 

売り場には、ユニオンジャックが飾られていましたが

あまり造作には凝っていないようです

 

日曜に関わらず、そんな混雑はありませんでした

 

 

それでも、ひととおりのものは揃っていて

わたしの大好きなアンティークのくまさんも

何匹か、おすわりしてました

 

 

すーさんや、シェリーもありました

 

さらっと1周するのに5分とかからなかったので

時間のない方や観光客には、なかなか面白いのではないかと思います

 

 

JR京都駅は、観光都市京都の入り口

秋の京都散策の行き帰りに、ふらりと立ち寄るのが

なんだか楽しい英国展でした

(これだけ見に行く…というのは厳しいですが^^)


JR伊勢丹の英国展

 

本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

大阪の繁華街「道頓堀」

その川辺にちいさなアイルランドができていました

 

わかるでしょうか、ところどころ

緑のテントと緑の服を着た人がちらほら

 

 

 

ちいさいテントを張ったブースでは

緑のコスチュームを着た売り子さんたちが働いています

 

アイリッシュ・ウイスキーやら、マグナーズサイダーという

緑のラガービールなどを販売していました

 

 

おなじみのギネスビールの

ブースもでています

 

ビール片手にパレード見物は素敵です^^

 

 

午後2時すぎ

 

川べりを、ゆっくりとパレードが始まりました

まずは大司教さまと、緑のコスプレおじょうさんがトップバッター

 

 

本場アイルランドと違って、参加される方が少な目なので

いろんな団体のかたが少人数づつ行進してきます

 

参加者は、メンバー募集中のアイルランド愛好グループとか

アイルランド好きのお店のスタッフ一同という感じのかたがたが多かったです

 

以外にも浸透している日本のアイルランド文化!

 

行進の音楽を演奏するのは、神戸のバグパイプ・グループ

音と、やっぱりコスチュームがかっこいいですね

こちらもメンバー募集中とのこと

近くだったら、わたしも入会したい^^

 

 

 

かに道の看板の前を

緑の団体が、ゆるゆると行進します

 

 

かに道楽のよこの

びっくりドンキーの前がメインステージになっていて

川向から、イベントを見物するというしくみ

 

見物者も、タータンチェックや、みどりのアクセントを身に着けています

コスプレのかたも、います。。ね^^

 

 

こちらおなじみハードロックカフェ

アメリカンな感じがキマってます!

 

 

このペンギンはなんだ〜と思いましたが

激安ショップ「ドンキホーテ」のマスコットキャラ

 

このイベントに、ドンキさん協賛されているんだそうです

 

行進されていたのは、お店のスタッフ一同

 

 

参加は、アイリッシュダンスとか

フィドルと呼ばれる音楽愛好家のかたが多かったのですが

変わったところで、戦闘愛好家というグループがおられました

 

何でも、中世の騎士などの格好をして、闘いの真似をする。。。。

そういうグループなんだそうです

 

世の中にはいろんな人がいるからたのしい

 

 

川向から見ているのもなんなので

メインステージのほうに移動してみました

 

大司教様と手を組んで入場してきた

緑のコスプレイヤーさん、後ろからのショット

 

ものすごく凝った、ていねいにつくられた衣装

す・・すごい!

 

 

3月とは思えない、北風の吹く大阪

 

パレードが始まる前は「イベントどこなん?」という感じでしたが

2時も過ぎると、どこからともなく人があふれ出て、道頓堀の川べりは

ちいさなアイルランドとなりました

 


来年も、見に行く?

 

と言われれば微妙な感じですが^^

なかなかに面白い体験でした


本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

うめはん英国フェアのお楽しみ

今年の来日ティールームは「トーマス・オケン・ティールーム」

イングランド中心部のワーウィックから来日です

 

 

スコーンが1個486円!

高い〜と思われるでしょうが、大きいんですね

 

 

比べてみましょう

 

左がベノアのちょっと小さ目のスコーン

右がオケンさんとこの特大スコーン

 

あんぱんぐらいの大きさでしょうか

日本には存在しない大きさです

 

 

大きいですが、バターひかえめのアッサリした感じ

フルーツとスパイスの味わいが豊かな

イギリスのカントリーケーキらしい素朴な味がしました

 

てづくりのやさしい味

 

 

毎年、英国展で買ってきたスコーンを

ネットで検索したティールームのHPを見ながら食するのを趣味としていますが

こちらのお店かわいい〜

 

今からおよそ500年前、1400〜1500年ごろのチューダー朝につくられた建物

 

ティールームの名前は、1573年7月29日に亡くなられた、この建物のもとの持ち主で

地元の篤志家トーマス・オケン氏にちなんでいるとのこと

後継ぎがいなかったので遺産はすべて町に寄付したそうな

 

サー・トーマス・リプトンしかり、イギリス紳士に多い習慣です

 

出典:Thomas Oken Tea Rooms

 

時代はヘンリー8世や、エリザベス1世が生きていたころ

 

およそ500年前に建てられたティールームの奥に見えるのはワーウィック城

さらに古いおよそ1000年前の、ノルマンディー公ウィリアム征服王時代のもの

 

時の流れが止まったかのような美しい町

ロンドンから列車で1時間半程度となかなかに便利な場所にあります

いちど訪れてみたいですね

 

出典:Thomas Oken Tea Rooms

 

 

そしてこれが、本店のティーセット一人前のよう

 

あの巨大スコーンと、さらに大きなチョコレートケーキと、奥のほうになにか

そして上のお皿には具だくさんサンドイッチ

イギリスは田舎に行けばいくほど、一食の量が増えるようです

 

こんなに食べれないよ〜

スコーン一個でじゅうぶんです

 

出典:Thomas Oken Tea Rooms

 

ティールームは二階になっていて

下の階がこんな感じ

梁が良いアクセントになった、クラシックカントリー

 

出典:Thomas Oken Tea Rooms

 

ワーウィックのティールームに行った気分で、スージークーパーで遊んでみませんか

 

なお、大きいので、プランタンのケーキプレートにのせると

ひとつしかのりません

 

Φ17.5cmの、普通のケーキプレートにのせると

ドカンとした感じになる。。。。

 

横綱スコーンとでもお呼びしたい貫禄です^^

 

 

話はここで商品のことになります

プランタンのほう、通常のデザインでなく、珍しい小花柄

 

スープカップ&ソーサーもございます

 


商品ページはこちらからどうぞ
プランタンのトリオ小花柄

プランタンスープ小花柄

プランタンスープふつう

プランタン20cmプレート

アンティークは素敵なご縁^^
本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

きのうからの梅田阪急のイギリスフェア

やはり・・・恐ろしい人出で、ボロゾウキンのように疲れた本日^^

 

フェアは去年よりおとなしい感じでしたが

それでも、素敵なイギリス時間でした^^

 

今年のホールのメイン造作物はこちら、1900年ごろのファームハウス

可愛かったのですが、ちょっと地味目でしたね

去年の紅茶屋リントンの、馬つき馬車と美しい社長夫妻には驚きました

 

 

 

やはり生誕90周年ということで女王様いました

ショートブレットの、ウォーカーズのブース

お菓子のふたになられております

 

ここまでたくさん勢ぞろいされると、ちょっと怖い^^

 

 

くまさん

トラッドな装いの、かわいいクマ夫妻

 

こういう、ほっこりした展示に心がなごみます

 

 

帽子をかぶったクマさんもいます

おやおや、ねこさんも混じってますよ^^

 

 

今年のクローズアップはイングランド中心部と北アイルランドとウエールズ

特にウエールズものが目立った気がします

 

妖精のようなウエールズ人の女の子が

ウエリッシュハープの演奏

 

やわらかな音色に、歩きづかれた身体は眠りをそそられます

 

 

開店してしばらくは、食品売り場を中心に

恐ろしい列ができています

 

こちらはウエールズの伝統菓子ウエルシュケーキ

去年は日本人お菓子研究家のものでしたが

今回は本場ものですね

 

 

細身の愛想のよいおにいちゃんが焼いております

 

英国フェアのよいところは、やっぱり本場のイギリス人が来日して

その場で作ってくれることでしょうか

ありがたみが違います^^

 

 

 

なんかこう

懐かしい感じがしますね

小型のお好み焼きとか、回転焼きに似ています

 

 

いっしょに行った、オパ飼い主さんが

列にならんで買ってくれました

 

クランベリーをたっぷり入れ焼きあげた、おいしいお菓子

 

最後にグラニュー糖をまぶすのが

本場っぽくて良いかんじ

 

 

 

器はセピアローズを合わせてみました

焼き菓子も、お洒落なお菓子も似合う

エレガントなお品です

 

 

さきほど朝食に、あたためて食べましたが

あっさりした、素朴な味わい

フルーツの酸味が素敵なアクセント

 

スコーンとは違ったやさしい味わいでした

 

1

 

秋のひととき、セピアローズで和んでみませんか

円高還元で、いつもよりお安くなっています


商品ページはこちらからどうぞ
セピアローズとタリスマン


アンティークは素敵なご縁^^
本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

 

">


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

Selected Entry

ネットショップへのリンクです

おぱーるの部屋

スージークーパー

2

ビンテージ・グラスウェア

excellentglass.jpg

ホーンジー

hornsea.jpg

オールド・ホール

oldhall.jpg

Archive

Mobile

qrcode

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM