今日はスージークーパー雑学です^^
スーさんの陶器の後ろにCrown  Works  Burslem
と書いてあるものが多いですね
これは、なんのことだと思いますか^^?




Burslem(バーズレム)というのは、イギリス陶器の里
ストーク・オン・トレントにある町の名前です。

Crown  Works(クラウン・ワークス)というのは、1832年に、その町にできた陶器工場で
1933年に、スージーが買い取り、ウエッジウッドとの合併後もここが製造拠点でした。
工場は、彼女が購入した段階で、もう100年の歴史があったんですね。

なお、こちらストーク・オン・トレントの駅前
手前の銅像は、地元最大の名士ジョサイア・ウエッジウッド



残念なことに、工場のほうは1980年に売却されたようです

なお建物は、ムーアランドポッタリーの所有で、数年前まであったようですが
現在は惜しいことにもう存在していないもよう
こちら残っているクラウンワークスの映像です



ストーク・オン・トレント
思いっきり、イギリスの田舎町です

お店は一部の店舗を除き、5時に閉まります
日本円の両替は、ほぼ不可能

美しい町ですが、過疎がちょっと進んでいて
町のところどろこに古い、今はもう廃墟となった陶器工場や
ボトルオーブンという、いまはもう使われていない窯が残ります
(下記、ヤクルトの瓶のようなレンガ作りの建物)



みなさん、スーさんの工場がなくなって、残念に思っているでしょう
その代わりと言ってはなんですが、似たような工場のご紹介

こちら、エマ・ブリッジウォーターの工場
新進のかわいらしいデザインをする会社ですが
建物はビクトリア時代のものを使用

ほぼ、スージー・クーパー社に近いと思われます


製造過程、陶器はいまもむかしもあんまりかわりません
スージーの工場の中も、だいたいこんな感じだったのだろうと思います



工場内のファクトリーショップとか可愛かったのですが写真撮影できませんでした
唯一撮れた、工場内のトイレ^^

すごくかわいかったです





こちら、場所が変わり、バーズレムの町の川の運河ですね
これはバーレイ社の裏手ですが、バーズレムの工場の裏には運河があり
各工場は、そこからお品を世界に向けて出荷したようです



むかし、むかしのものがたり

当時いちばん輸出量が多かったドレスデンスプレイ
いろいろ入荷しております



1940年代へ旅するつもりで
スージークーパーの器と遊んでみませんか

1
 
商品ページはこちらからどうぞ

ドレスデンスプレイ★ピンク
ドレスデンスプレイ★グリーン
 
本日も素敵な一日でありますように
そして、一日も早く熊本・大分の地震地域が復興しますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)
">

もうすぐ母の日ですが
少し珍しいスージークーパーのご紹介

ビーカーのほうは、1929年のシスル(あざみ)
シュガーボウルのほうは、1938年のカーネーション

同じ花でも名前が異なるんですね




ビーカーのほうは、スージークーパーが独立するまえにつくられた
グレイ社時代の最後のデザインとなる記念碑的なお品

下記、1920年代の、彼女が会社員時代のデザインを集めた
企画展の一部ですが、こちらのシスルだけ、ほかのお品と雰囲気が違いますね

30年代フラワーモチーフの
原型ともいえるお品でございます


参照元:Artifacts

シスルは、彼女が会社を去った後に発売されたデザインです

そのため、バックスタンプにSUSIE COOPER DESIGNのプリントがありませんが
彼女の足跡をたどるうえで、重要なデザインのひとつです




そして話は変わりますが、スージークーパーは円満退社(^^?)されたようですね
辞めた後も、グレイ社とのつながりは、あったようです

そして会社員時代は、かなり仕事の鬼だったようで
1週間に8点づつ、新しいデザインを出したと書いてあります
ものすごいパワフルですねえ

下記は、1982年の、グレイ社展示会に来訪したスージークーパー
80歳になって、じぶんが50年以上前につくりだした作品を見ることは
さぞかし灌漑深かったでしょう


参照元:Artifacts

なお、こちらの花
日本人はカーネーションと感じ
イギリス人は、あざみと感じるのかもしれません



あざみは、スコットランドを救ったという伝承があり
国花となっています。日本でいう桜のような位置づけでしょうか

イギリスではとても愛されているそう
花言葉は「独立・権威」

日本では、中島みゆきの歌にもありますが
ちょっと癖のある花のイメージ



いっぽうカーネーションは日本で愛される親しみやすい花

日本と、イギリスでの花の好みの差により呼び名が違っても
それはそれで、いいでしょうね〜と
思うのです



アールデコな雰囲気のする、かわいらしい花柄です
ビーカーのほうは、花瓶にしてもよさそう

お品のほうは、あたらしい持ち主さんが決まりました

商品ページはこちらからどうぞ
カーネーションとシスル


本日も素敵な一日でありますように
そして、一日も早く熊本・大分の地震地域が復興しますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)
">

日本で一番有名なスージークーパーといえば「パトリシアローズ」ですが
イギリスで、最もスージークーパーらしいデザインといえば
たぶん、こちらのお品になるのでしょう

1933年デザインの「グラデュエイテッド・ブラックバンズ」
別名「タンゴ」入荷しております



こちらのお品、1980年代後半から、ごく最近まで テレビで放映されていた
イギリスの人気テレビシリーズ「名探偵ポワロ」で、小道具として
使われていたことでも知られていました

わたしもこのシリーズ好きで、ちょくちょく見ていたんですが
どこに出ていたのか、まったく気づかなかったんですけど^^



あ〜よく見ると
さりげなく登場していますね

コレコレ^^



1930年代の、アールデコ様式を食器で表現した
モダンデザインの傑作です

背景は、先日改修工事に入った、アールデコ建築の名作
大丸心斎橋店の、階段にしてみました

新しい時代に向けて踏み出す、力強い感じがたまりませんね



ティーカップトリオとシュガー&ミルクジャグ
それぞれ違うお色ですが、組み合わせて使われるのも
また楽しいもの



アールデコの名品で
1930年代の世界を楽しんでみませんか

最後はなつかしの「ポワロのテーマ?」
でさようなら

今日ご紹介した器のテーマソングにもふさわしい
どこかミステリアスで、わくわくするイントロ♪です
 


商品ページはこちらからどうぞ

スージークーパーのタンゴ
本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)
">

スージークーパーの、最もスージークーパーなお品
ピンクのドレスデンスプレイ入荷しています

まあ、もうすでにお持ちの方も多いと思いますが
買いたしにいかがでしょうか?
P7293720.jpg

今日は1986年に逆もどり
スージークーパー84歳のころの映像をご紹介

Bryn Youdsという、スージークーパーの研究家が
当時、イングランドとアイルランドの間にあるマン島に移住していた
スージークーパーを訪ねる、テレビのドキュメンタリー番組




小柄で美しい
目力のある女性でした

雰囲気は、どこにでもいる質素なふつうのイギリスのおばあちゃんという感じでしたが、
お品を見つめたり、デザインされているときのまなざしが鋭い
氷のような青い瞳です


80代のスージーさん、さすがに一線は退いておられますが、
ほんとうにお元気で、お品のほうは、図柄の美しさだけではなく
使いやすさ、収納にも考えていろいろ作成したと
楽しげにお話されていました

時々彼女の器で(?)と思うような不思議な形状のものもありますが
いろいろこだわって、おつくりになられたんですね


P7293717.jpg

同じデザインでも、ミルクジャグやシュガーボウルなど数種類あります

そして、あまり見ませんが、このアラジンのランプのような
シュガーボウルがかわいらしい

お砂糖ではなく、いかなごの釘煮など
和風な保存食も似合いそうです


P7293741.jpg

永遠の定番ピンクのドレスデンスプレイ
これからの季節に、いっそう魅力をふりまく、かわいい器です



今日ご紹介した商品はこちらからどうぞ
ピンクのドレスデンスプレイ

本日も素敵な一日でありますように
 

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中

飯塚恭子さん著「スージー・クーパーのあるくらし」

名著ですね、彼女の生い立ちから、作られたデザイン。大切なことは、ほぼ網羅されています。
1995年の出版ですが、私もこの本で、90年代半ばから
ブームであった、イギリスの陶芸家「スージー・クーパー」のことを知りました。
ほんとに色づかいやデザインが可愛くって。。。
以来、スージーはず〜っと大好きです。

P9070017



ちなみにこの「スージー・クーパーのあるくらし」、貴重な初版本なのですが、スージーに興味がなくなってしまったオパールの飼い主さんより頂きました。(彼女はホーンジーのような、野太いデザインがお好きです)

この本、1冊では物足りないと思い、「An ellegant affair」という大型本を購入しました。
英語の書籍で、スージーがお亡くなりになる前、彼女のデザイナーとしてのこれまでの軌跡を、次の世代のデザイナーへの、インスピレーションを起こすための資料として、彼女が生前、出版を切望されていた本です


P90300023



見たことのない、スージーの新鮮なデザインがいっぱい

日本と、イギリスの、デザインの好みは違いますね
幾何的なデザインが目立ちます

P90300042



文章の内容のほう、英語の長文で、読むのに苦労しましたが
「スージー・クーパー ロイヤルデザイナーの軌跡」という、やはり飯塚恭子さんの素敵な本があります。そちらのほうに読みやすい感じでまとまっています
訳本ではなく、使用されている写真も日本人好みの可愛いものが多く、内容的には全然違いますが、彼女の経歴や時代ごとの年代などのまとめ方が、少し似ている部分もあると感じました。 

こちらの本も、本当にスージーの作品が時代別にわかる素敵な本です。
「コレクティングというより、人に喜んで使ってもらいたいわ」
このキャッチフレーズにノックダウン

P90300062



お若いころの、小鹿のような、お目目クリクリのスージーが可愛らしい。
お人形さんみたいですね

本にはお亡くなりになる少し前、90代のころの絵筆を握っている
写真もありましたが、それもまた、20代のころに負けず可愛らしかったです

生きがいを持っている人は、いくつになっても目がキラキラしていて可愛い

P90300052



バックスタンプや、作品の作られた年代リストがついていますので
マニアックなかたにはよいご本なのではないかと思いました


出典:「スージー・クーパーのある暮らし」飯塚恭子
出典:「スージー・クーパー ロイヤルデザイナーの軌跡」飯塚恭子
出典:「An ellegant affair」Bryan YOuds

それではオリンピックも東京に決定した週末!
本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪
                   (にほんブログ村・ランキング参加中)



春から、イギリスのアンティーク&ビンテージ食器を取り扱おうと思います

本日は、その予告編「スージー・クーパー」の魅力をちょっぴり。



イギリスの気品ある清楚さと、やさしい色合いが魅力で

陶器ファンではなくても、彼女の作品が大好き!というかたが多いのでは。







写真に写っているのは、1930年代の彼女の代表的な作品

グリーンのものが、「スワンジー・スプレイ」

ピンクのものが、「ドレスデン・スプレイ」



それぞれイギリスのスワンジー地方に咲く4つの花

スージーの故郷に咲く4つの花を、表現しています。



特にピンクのドレスデン・スプレイはイギリス国王だった

エドワード8世は、恋人だったシンプソン夫人に贈ったことでも有名



ちなみにシンプソン夫人てだれですね〜ん?と思われるアナタはワカモノ。

1930年代のイギリスで、今のエリザベス女王のお父さんの兄エドワード8世が

2度の離婚経験者でアメリカ人のシンプソン夫人と結婚するために

王位を捨てたっていう話ですね〜



どうです、勉強になりましたか〜

えっ、そこそこ年とってるから、そんな話知ってるって。。。

そ〜れ〜は〜どうもすいませんでした〜



また本日も脱線してしまいましたが・・・

とにかく、あったかくって、やさしくて

彼女の作品を見たり、手にとったりすると心がなごむんです。



若いころから活躍され、1990年代中盤に、92歳で亡くなられるまで

たくさんの陶器をデザインされましたが、私のお気に入りは

30年代〜40年代。

とくに、やさしい花のパターンが大好きです



イングリッシュアンティーク&ビンテージシリーズは

3月1日ころにアップする予定なので、楽しみにしておいてくださいね!



*アマゾンでのスージークーパー本のご紹介*

いろいろ紹介したかったのですが、残念ながら彼女に関する本は絶版が多く、

現在も新品が購入できるのは、一番左端の本だけのようです。

(写真部分をクリックすると、AMAZONの商品紹介ページへ飛びます)













にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪

1

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Selected Entry

ネットショップへのリンクです

おぱーるの部屋

スージークーパー

2

ビンテージ・グラスウェア

excellentglass.jpg

ホーンジー

hornsea.jpg

オールド・ホール

oldhall.jpg

Archive

Mobile

qrcode

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM