き〜よし〜

こ〜のよ〜る〜

 

クリスマスを再来週に控え

ローレストンも教会に勢ぞろいしました

 

おごそかな時間が流れます

 

 

 

今月のメインはふたりのネズミ牧師さま

 

ブルーの目をした大きいほうが古い時代のもの

小柄なほうが、たぶん1970年代後半から80年代にかけてのもの

時代とともに小型化するローレストンフィギュリン

 

 

 

サテ、いままで毎年「ねずみ神父さま」

と紹介していましたが、わたくし間違えていましたね

 

このたび聖公会(英国国教会)の、牧師さんだということが判明しました

 

着ているガウンは「アングリカンキャソック」というものだそうです

神父さんの服装は「スータン」というもので、似ていますが、微妙に違うそう

 

出展:AngricanTaonga

 

そして、ことしもダミアン来日しています

黒い毛皮と、緑のひとみが魅力的

 

え、ダミアンって誰?

といわれるかもしれませんが

 

 

ダミアンって、おぼえてます?

オーメンに出ていた主役の男の子

 

悪魔の子ダミアン、かわいかったですねえ

 

 

黒猫を見ると、あ、ダミアンって

思ってしまうのです^^

 

 

ケーキのそばのダミアンは

大胆不敵な笑顔が魅力的

 

 

ブッシュドノエルを見つめているのは

かわいい子りすちゃん

 

ふだんは節制されているかたも、この時期はあまいもの解禁!

 

 

まよえるこひつじも入荷しています

 

はやく飼い主さんみつからないかな〜

 

 

イエスさまのお乗りになった生き物

ちいろばも、大小2タイプ入荷しています

(おおきいほうも、ちいろばかな^^?)

 

 

寒空に集うローレストンたち

あたたかい、おうちにおむかえされるといいですね

 

 

 

ことしも、いろいろありましたが

良いこと、そうでもないこと、すべてに感謝を込めて

 

冬のおだやかなな時間はゆっくりと流れてゆきます

ジョンレノンではないですが、ハッピークリスマス!

 

 

星に願いを、サンタさんにはプレゼントのお願いを^^

クリスマス前のひととき、しあわせな時間をお過ごしくださいませ

 

商品ページはこちらからどうぞ

ローレストンの世界

 


本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

 

上を見上げて口を開けている鳥の集団

ピーチクパーチク、うるさそう

 

さてさて、この子たちはなんでしょう?

イギリス好きのかたなら、きっとご存知ですね^^

 

この子たちはパイバードと呼ばれる陶器のお料理道具

 

 

 

パイバード(Pie Bird)は、ビクトリア時代のイギリスの頃から
使われているもので、正式名称はパイ・ベンツ(Pie Vents)

またはパイファネル(Pie Funnel)

水分の多い具のパイを焼くとき、生地の中央に挿して、空気抜き(えんとつ)の役目をします

 

ちょっと、苦しそうな鳥^^

 


ちなみに英語ではFunnelが煙突、Ventsが空気穴という意味になります
口から水蒸気が出て、パイがさくさくに焼ける訳ですね

 

この黒い鳥は、黒つぐみ
英国の伝統的な童謡「六ペンスの歌」Sing a song of sixpence

からきていると言われています

 



パイを開けたら、鳥が歌いだす
24羽の鳥が歌いだす〜という歌詞です^^
興味とお時間のあるかたはお聞きください

 

ちょっと、のんびりした歌なので

忙しい方は、イラッとくるかもしれません

 

 

集団でいると、ヒッチコックみたいですが

2〜3羽だとかわいいですよ

 

 

窓辺において

楽しむ方のほうが多いようです

 

 

 

いろんな色や種類があって楽しく

欧米ではコレクションされているかたも多いです

 

黒だけでなく、白やチョコレート色もございます

 

 

チョコレート色

なお、後ろのオットセイみたいなやつは二分割式

ロイヤル・ウースターのお品です

 

ほんとに美味しそうで、食べてしまいたい^^

 

 

 

だいたいは、メーカー名がわからないのが多いですが

この子たちは有名なので、わかります

 

 

レモン色のくちばしの子は1930年代のニューポート窯

クラリス・クリフがデザインした、パイバード

(クラリス・クリフはよくスージークーパーと比べられる女性陶器デザイナー)

 

右のオレンジのくちばしの子は、1960年代にニューポート窯が

ミッドウィンターに吸収合併された、後のものです

 

 

日本でも、パイバードをコレクションされている方

たまにおられますね

 

そういった方々にみつけてもらいたい

かわいい小鳥たちなのでした^^

 

 

 

商品ページはこちらからどうぞ

かわいいパイ・バードいろいろ

 

本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

 

おだやかな秋の陽ざしの中

ローレストンのカメがひなたぼっこしています

 

今年はどうやら暖冬になりそう

なんだかちょぅっと、うれしそう

 

 

 

お口のまがったリス

にが〜い感じがいいかんじ

 

 

 

うさぎねずみチームはアメリカから

1970年代か80年代に移民した子のよう

 

 

いちばん大きい子のおしりに

原産国シールがありました

 

こんなふうに、輸出されたんですね

 

 

あたたかな陽ざしの中

のほほんと秋を楽しむ動物たち

 

秋の野原はしあわせいっぱい

 

 

三匹のこぶたならぬ

二匹のこぶたと、あおいねずみのおんなのこ

 

なんだか楽しげです

 

 

ぶーぶー

ぶたさんといえば^^

 

最近の趣味はぶたまんづくりです

以外と簡単で、蓬莱に買いにゆく時間で(1時間くらい)

ふかふかのおまんじゅうが蒸しあがります

 

 

クックパッドなので検索すると、いろんなレシピがでてきて面白い^^

 

お肉をみっちり詰めて

ホカホカ肉まんはいかがでしょうか?

 

 

 

商品ページはこちらからどうぞ

フィリップローレストン

 

あたたかい日が続いておりましたが

今日あたりから、にくまんの美味しい北風が吹いてきそうです


本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

 

 

ヴィクリア時代のイギリスで愛されたデザイン

中国の悲恋物を題材とした青い食器、ブルーウィロー再入荷しています

 

時をかける青いロマンチック

ブルーアンドホワイトの魅力を楽しんでみませんか?

 

 

おなじみティーカップ&ソーサーと

新(?)アイテムとして、ちょっと大き目ミルクジャグ

 

そしてティープレートのほうも入荷しています

 

バーレイらしい厚みがあり、お皿はお菓子だけでなく

きっと、和のお惣菜をのっけても映えてくるはず

 

 

カップ&ソーサーとプレートは別売りなのですが

合わせるとティートリオとしてお楽しみいただけますよ

 

秋のおだやかなティータイムをお過ごしくださいませ

 

 

今日の背景は英国陶器のふるさと

イングランド中部の風光明媚な土地、ストーク・オン・トレント

ヴィクトリア時代に陶器を運んだ名残の運河がのこります

 

 

スージー・クーパーが生まれ育った町であり、会社のあった場所

現在でもウエッジウッドやロイヤルドルトンなど英国を代表する陶器会社のある町

 

 

バーレイもこの町で1800年代半ばに創業し、今もなお陶器をつくり続けています

この写真は駅前ですね、茶色のレンガ造りの建物は町いちばんのホテル

前にある銅像はジョサイア・ウエッジウッドさん

 

そうそう、このホテルに泊まりましたよ

なぜか一部屋だけバストイレつきの格安(1泊5000円くらい)の部屋があったので

 

 

その部屋が、なぜ格安だったのかは到着してからほどなくわかることとなります

 

設備の整った美しい部屋だったのですが、当然あるべきものが無い

なにが無かったって・・・・

 

窓がなかったんですね

(あんどん部屋というやつです)

 

チェックインしてひと眠りした後、腕時計を見ると9時なので外に出ると誰もいず

もう一度時計を見ると、ひっくり返してみていて、正しくは「夜中の3時」でした

あたまがへんになった思い出です

 

しかし、この話はこのへんで

バーレイの工場の話に飛びましょう

 

 

 

工場のファクトリーショップには

おびただしい量のブルー&ホワイトがありました

 

訪れたのは2013年なので、現在では廃版になっている

ブルーウィローの金縁のないタイプもあったのかもしれません

 

 

遥かなる時間を超えて

ヴィクトリア時代のゆるやかな時間をお手元に

 

永遠の「青」をお手元で楽しみませんか?

 

 

バーレイの器はもともと厚みがあり、ぽってりしています

ですがビンテージバーレイは、いまのものよりさらに厚みがありますね

とくにプレートは重厚感があります

 

まだ暖房が少なかったころの、北国イギリスの名残でしょうか

冬の寒さに備え、保温性のよい厚手食器が求められたのかもしれません

 

商品ページはこちらからどうぞ

バーレイのビンテージ・ブルーウィロー

 

本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

今日はハロウィーン

フレッドくんも、パレードに参加

 

いろいろなフレッドくんがぞくぞく集まります

 

 

なにがおめでたいのかよくわかりませんが

今年もハッピーハロウィーン!

 

 

さあ、フレッドくん紹介に行きましょう

 

あたたかいお茶が美味しい季節

かわいいフレッドくんをお供に、いい時間をすごしませんか?

 

 

お友達のトムくんも来ています

付属のプラスチックスプーンが無いのでお値段ちょっとお安め

 

 

ふたり揃っていると

やっぱり楽しげですね^^

 

 

それからソルト&ペッパーくん

パイファネルとほとんど同じですが、ストッパーがついています

 

彼等は久しぶりにご来日

 

 

それから、フレッド君のハロウィーンセール行きましょう

もう長いこと、うちにいるのでお値段少し下げております

 

「クラウンデヴォンのフレッドくん」


普通のフレッドくんは、小麦の箱についている券を集めてもらえたのですが

こちらはそれに少しお金をプラスしてゲットできた陶製の小麦入れ
ちょっとスケール感がわかりにくいですが、小型のペンキ缶くらい
小麦が1キロ〜2キロくらい入りそうな大きさ

 

P5250459.jpg

 

クラウンデボン陶器という

イギリスでも老舗の陶器会社がつくるしっかりしたもの
裏面に、しっかりとマークも入っています

 

赤い麺棒を持ったのは、大型フレッドくん
中にキッチングッズを詰めた、ピーターパン社の面白アイテム

 

 

楽しいハロウィーンに

新しいフレッドくんをお迎えしませんか?

 

 

黒白の、非常に地味な格好をしているので

クリスマスにもお似合い^^

 

冠婚葬祭いつでもオッケーという感じでしょうか?

 

 

 

 

ティータイムの恋人

かわいいフレッドくんに恋されたかたは

こちらのページからどうぞ^^


商品ページはこちらからどうぞ
フレッドくんのお部屋

フレッドくんWADE陶器

お買い得クラウンデヴォン陶器のフレッドくん

大きなフレッドくん

本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

 

ねこです

焼き立てパンを背景に

いっしょに丸くなっています

 

 

まちがえて食べてしまいそうに

美味しそうな猫ちゃん

 

パンの食べ過ぎで、まるまると太っています

 

 

このこはちょっと

チョコレートパンいろ

 

中から、チョコあんがでてきそう

 

 

こちらは、アーモンドじゃありませんよ

かわいいハリネズミ

 

つまんで、ぱくっと食べたくなります

 

 

もうすぐ秋の収穫祭

今月のフィギュリンは実りの秋の、おいしそうなどうぶつたち

 

こんがり焼けた、パンのような可愛い妖精

ローレストンたちが、ひなたぼっこしてますよ

 

 

 

どの子も、かわいい顔をしてくつろいでいます

 

こんがりキツネいろのキツネ

ティータイムのおともに

焼き菓子のお傍にいかがでしょうか?

 

 

 

私事、最近オーブンレンジが壊れたので

深型のフライパン(アサヒパン)で焼きましたが

こちらのほうが美味しい

 

電気より、やっぱりガスがいいようです

 

 

秋の野原にローレストンは

おいしいパンでおなかいっぱいになって

のどかな野原をおさんぽします

 

 

ネコも、おなかいっぱいでおひるね

 

 

なお、この子たち、サイズ感はわかりにくいですが

ものすごくちいさい豆ネコなんですよ

 

 

ねずみのおじょうさん

お兄ちゃんもあわせてご登場

 

 

 

一年の中で、いちばん過ごしやすい季節となりました

 

のどかな秋の陽ざしの中

ローレストンのフィギュリンたちと

くつろぎのひとときをいかがでしょうか?

 

 

食欲の秋です

お腹がすいたからといって

ローレストンたちを、間違えで食べないでくださいね^^

 

商品ページはこちらからどうぞ

ローレストンの世界

 


本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

本格的な紅葉の訪れを前にみずみずしい緑の世界

美しい英国の情景を描いたシェリーのお品を入荷しました

 

風景画を楽しむように愛おしんでいただきたい

美しいティートリオです

 

 

描かれているのはどこなのでしょうか?

プーさんの故郷コッツウォルズか

ピーターラビットの故郷、湖水地方化

それはわかりません

 

 

お皿を見つめると

いつの間にか、美しいイギリスの田園世界に

迷い込んだような気持ちになりますよ

 


参照元:ヒルトップハウス ビアトリクス ポター ファームハウス (トリップアドバイザー提供)

 

 

美しい季節の花

そして、のんびりと歩く小動物たち

童話の世界そのもの

 

 


参照元:ヒルトップハウス ビアトリクス ポター ファームハウス (トリップアドバイザー提供)

 

 

お皿の中に、小動物は描かれていないんですけれど

 

絵皿の中をじいっと見つめていると

可愛い鳥が、こちらに泳いできそうです

 

 

 

かわいい子リスも

もしかしたら、絵皿の中に隠れているかもしれませんね

 

 

およそ70年前のイングランドから訪れた

美しいイギリスの風景を描いたシェリー

 

おうちの中にちいさなカントリーワールド

何度見ても見飽きない、こころあたたまるお品です

 

 

こちらの背景は、エリザベス女王所有のケンジントンパレス

自然のたくさん残る、美しい公園でした

 

前々回に、訪れたときの写真なので6月でしょうか

川面に映るきらめきがなんともいえません

 

絵皿の情景も、きっとこのくらいの季節を表しているんでしょうね

 

 

おだやかな陽射しの中で

あなただけのシェリーを楽しんでみませんか?

 

 

自然豊かなイギリスのカントリーサイドを描いた

シェリーの「森の国」ことウッドランド

 

商品ページはこちらからどうぞ

シェリーの部屋

 

本日も素敵な一日でありますように

 


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

 

秋の風にさそわれて

9月のスミレの花、入荷していました(持ち主さま決まりました^^)

 

1940年代のシェリー窯

写実的で、みずみずしい描写が魅力的です

 

 

そこで、ちょっとスミレについて

不思議だなあと思ったことがあるのです

 

スミレって春の花なのに

なぜ「すみれセプテンバー〜♪」という歌があるんだろうかと

 

参照元:WIKIPEDIA

 

調べたら、わりとすぐ理由はわかりました^^

 

キーポイントは「ブルックシールズ」

80年代を代表するアイドル女優でしたね

 

ほんとにかわいかったな〜

当時の皇太子(来年天皇になられるかた)もファンだと公言してました

 

 

その、ブルックシールズが出ていた

カネボウ化粧品の、秋のスミレ色コレクション

 

ここからきているようです

(いま見ると、ちょっと動きが不思議ですね)

 

 

化粧品を売るためにマーケティングの一環だったようです

 

なんだかそういえば
大昔の不良少女はムラサキ色の口紅とかシャドーをしていたな

 

流行だったのだな〜と

なっとくする今日このごろ

 

 

春の風でも秋の風でも

お好きな風に吹かれながら楽しみたいシェリーのヴァイオレット

 

いま見てもかわいくて新鮮です

 

 

すみれ色の風吹かれて

秋のひとときを楽しみませんか?

 

野に咲くちいさな花

 

いっしょうけんめいに咲いているのがかわいらしい

 

 

今の季節、スミレは咲いていないけれど

ちいさい露草が頑張って咲いていました

 

 

花は一瞬にして咲くのではない

大地から芽から出て葉をつくり

葉を繁らせ、成長してつぼみをつくり

花を咲かせ、実をつくってゆく

 

花は一瞬にして咲くのではない

花は一筋に咲くのだ

(坂村臣民さんの言葉より)

 

 

商品ページはこちらからどうぞ

シェリーの部屋

 

本日も素敵な一日でありますように

 


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

秋も深まりつつある今日このごろ

イギリスらしい器、ブルー&ホワイトの名作

ブルーウィローのご紹介

 

なにげにフレッドくんと合わせてみましたがカワイイ

 

 

もともとは中国のラブストーリーを元にした

シノワズリー趣味のものなのですが

数百年の時を経て、中国文化はイギリスの薫り漂うものとなりました

 

 

先日アイスクリームを食べにいったゼー六さんで出された

ニッコーの「山水」ことブルーウィローとは

また違った味わいが醸し出されます

 

 

ポットのほう追加で入荷いたしました

かわいいティーフォーツー

 

なんだか和食器の急須のようです

 

 

 

金箔はふたのみについていますね

よく考えられたもの

 

汚れやすい本体は、洗浄時に金箔が取れてしまう可能性がありますから

比較的使用頻度の低いふただけの装飾です

 

ふたの金箔、ほぼ剥離が見られず

エクセレントコンディション

 

 

かわいい小さいポットは

ティーフォーツー、もしくはおひとり用のポットとして

いつでもどこでも活躍してくれそう

 

 

秋の夕ぐれは

美味しいお茶とともに

 

深まりゆく時間を楽しんでみませんか

 

素敵なイギリス時間がひろがりそうです

 

 

バーレイのブルーウィローは既に廃版になっていますが

兄弟シリーズのブラックウィローもじきに終了するもよう

 

新陳代謝でしょうか

古いものが無くなり、その代わりに新しいデザインがうまれるのは必然です

それでも完成されたデザインはただ古くなるのではなく熟成し

新しい魅力を生み出すのだと思います

 

なくなるのが惜しい普及の名作

 

と思うので、昨晩の段階で在庫はポットもカップもすべて売れてしまいましたが

また数か月ほどすれば、新商品(←ビンテージなので古いのですが)を

お迎えしようと思います

 

商品ページはこちらからどうぞ

バーレイのビンテージ・ブルーウィロー

 

本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

実りの秋の始まりです

かわいいリスがおしゃべりしてますよ^^

 

もうすぐ梅田阪急の英国展だね〜

今年のスコーン、どんなのかなあ、楽しみだねえって

おしゃべりしているようです

 

 

イギリスの片田舎

トーキー地方にうまれた可愛い妖精たちは

はるばる海を越えて、地球の裏側にある日本までやってきてくれました

 

 

もうすぐ敬老の日です

 

イギリスの森にもたくさん棲んでいる

ふくりうさんも、飛んできてくれましたよ

 

ふくろうは日本でも縁起のよい鳥「不苦労」として親しまれ

イギリスでも Lucky Owl として愛されています

 

 

ひさしぶりにかわいいお家もございます

こちら、ちょっと重いので定形外発送はむずかしいので

ゆうぱっくにて発送させて頂きます

 

かわいいティーハウス

 

 

イギリスのカントリーサイドにある

ちいさいティーハウスを模したかわいいおうち

一軒いかがでしょうか?

 

 

はりねずみさんも

茂みから顔を出しましたよ

 

 

珍しいところで

ちいさいな、ちいさな子猫ちゃん

 

初期の素朴な眼差しをしています

 

 

ちさいですが

なかなか魅惑的な哀愁にみちた背中をしております

 

 

以外にも前からだけでなく

横や、うしろから見てもかわいいローレストン人形

 

 

このところめっきり涼しくなってきました

 

ローレストンたちをお傍において

あたたかいお茶を楽しんでみませんか?

 

 

素朴でかわいいその瞳に、いつも癒されるんですよね^^

みんな笑顔でお待ちしています

 

商品ページはこちらからどうぞ

ローレストンの世界

 


本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Selected Entry

ネットショップへのリンクです

おぱーるの部屋

スージークーパー

2

ビンテージ・グラスウェア

excellentglass.jpg

ホーンジー

hornsea.jpg

オールド・ホール

oldhall.jpg

Archive

Mobile

qrcode

Comment

  • 奈良とマラソンとオパールさん
    山浦
  • 奈良とマラソンとオパールさん
    山本
  • 加齢なるピーターラビットの世界
    Calico
  • 加齢なるピーターラビットの世界
    bankholiday
  • ハロッズ&メリーソートベア〜スコットランド近衛兵
    Calico
  • ハロッズ&メリーソートベア〜スコットランド近衛兵
    みーたん
  • シェリー窯のセントパトリックデー
    Calico
  • シェリー窯のセントパトリックデー
    bankholiday
  • オパールの「こたつ命」
    おばちゃん
  • オパールの「こたつ命」
    ヴィトン財布 コピー

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM