もうすぐバレンタイン

今日はなんとなくバレンタインなフレッドくん

お迎えしましたよ^^

 

 

イチオシはチョコレート色のフレッドくん

頭にはカスタードクリーム色のヘルメット

 

もとのお役目は塩コショウ入れです

 

 

しかし・・・・

すごい色してます

 

ちょっと、怖いくらいのチョコレート色

テリテリに輝いています

 

たぶん、なんらかの試作品だったのではと思います

本生産をする根性は無かったのでしょう

 

 

そしてバレンタインにふさわしく

不思議なローレストン

 

脇役ですがご登場

おそらく1970年代につくられた、大き目ローレストン

 

 

 

なんとなく、チョコレート菓子に似た子をもってきました

 

このロバに似た感じのチョコありますよね

ベルギーのお土産でもらった記憶がございます

 

 

それから、かわいいカップル

カバちゃんと、ピンクのブタ子ちゃん

 

とってもスイートないい雰囲気

 

 

 

しかしインパクトあるといえば

この、巨大ニョロニョロちゃんが、いちばん風変わり

 

フレッドくんより、不思議度は高いかもしれません

 

 

ハッピーバレンタイン

 

不思議ななかまたちと

みんなで、いい時間を過ごしませんか?

 

 

きのう歯医者さんに行ったら、カリガリ先生がお留守でした

今日ご紹介した人形なみに不思議で面白いので

お会いできるのを楽しみにしていたのに、残念無念

 

 

商品ページはこちらからどうぞ

フレッドくん

不思議なローレストン

 

本日も素敵な一日でありますように

 


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

今日は、英国シェリー窯より

かわいい「アネモネ」のご紹介

 

お品のほう、2点あり、奥の大柄な花はウィンド・フラワーこと、日本語でアネモネ

手前のちんまりした柄は、ワイルドアネモということなので、野生種なのでしょう

 

ということで、アネモネの種類違いを2セット入荷しております

 

 

ワイルドアネモネは初めての入荷です

きっと、イギリスのコテージなんかに、ひっそりと咲いているのでしょう

 

 

可憐でやさしい野の花をちりばめた

愛らしいティートリオ

 

 

もうひとつの、ウィンドフラワー"wind flower"とは日本語でいうところの

オーソドックスな、アネモネ
早春から春にかけて咲く、ケシに似た花です

 

 

おおらかで風車のよう

英語名「ウィンド・フラワー」という名前がよく似合っています

 

なかなかクールで情熱的な色彩

 

 

 

お品のほうはピンク色とラベンダーの

ウインンドフラワーが交差する大胆な構図


カップ、ソーサー、プレートのふち、そしてカップのハンドルは、

薄いパープルで縁どられています

 

 

アネモネは二月ごろから咲き始めるということですから

いま購入すると、ちょうどシーズンに合わせて

使い始めることができますね

 


ロマンチックの王道といってふさわしい、

少し前の古きよきイギリスの、 愛らしいお品たち

 

かわいい器たちといっしょに

すこし早い春がやってきました

 

 

イギリスからやってきた

心なごむかわいらしいシェリー窯の花たち

 

お手元に、春のお使いアネモネの花を

お迎えしてみませんか?

 

 

例年にくらべ比較的あたたかい日が続きますが

立春までは、冬の土用が続きます

 

みなさまも風邪などひかないよう、お気をつけてお過ごしくださいませ

 

商品ページはこちらからどうぞ

シェリー窯のかわいい器たち

 

 

本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

まだ寒い冬の日に

春の花、シェリーの「忘れな草」はいかがでしょうか?

 

うちは、シェリーは、デインティ・シェイプが多いのですが

こちらは珍しく「リッチモンド・シェイプ」
縁にシェル状のアクセントがあり、ハンドルと底の色が切り替わっています

 

 

英語名はフォーゲット・ミー・ノット

 〜私を忘れないで

 

ブルーのかわいらい、この花を見ると

かって存在した美しい英国庭園「宝塚ガーデンフィールズ」を思い出します

 

 

 

こちら7年前の冬の、ありし日の姿

ネコヤナギが風にそよいでいます

 

宝塚ガーデンフィールズというところは、もと「宝塚ファミリーランド」という名称で
親しまれた関西の動物園兼遊園地。

関西では珍しいホワイトイガーがいました

 

英国式庭園になったことはびっくりしましたね

 

 

 

ちいさいころ回転式遊具などがあった、にぎやかな場所は

物思いにふけるのによさそうな場所へと変貌しました

 

これはローマ時代の廃墟を模したものだったと思います

 

 

関西の人にとっては馴染み深い場所、宝塚

 

やさしい思い出にひたりながら

シェリーの青い器を愛でてみませんか?


 

青く美しい勿忘草(ワスレナグサ)は
欧米では古くから友愛や誠実さの印として愛されてきました
 

 

 

こころやすらぐワスレナグサと一緒に

いい時間を過ごしませんか?

 

 

まだまだ寒いですが

本物のワスレナグサが咲く本格的な春はもうすぐです

 

商品ページはこちらからどうぞ

シェリーの部屋

 

 

本年も素敵な一年でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

お茶のおいしい季節に

今日はウィリアムモリス関連のお品を少しご紹介

 

大ぶりなポットを優しく包み込むティーコージー

 

 

 

ウィリアム・モリス1862年の壁紙「ざくろ」柄
を使ったコットンプリントのティーコージー
ぶあつい、しっかりした保温性のよいお品です
大き目のポット(1.5パイント〜2.0パイント)に使用してください

小さいポットに使用すると、先っぽが出てきません

 

 

それから、おなじみモリスの定番

いちご泥棒

 

いつ見てもかわいらしい

 

 

ほかは、モリス時代のかわいらしい小物

いろいろ集めてみました

 

 

お裁縫するひとにうれしい

かわいい糸切ばさみ

 

インテリアとして、どこかの隅にちょこんと置くだけでも愛らしい

 

 

 

おそらく第一次世界大戦ごろに使われていた真鍮製のコンパスです
もとは蓋がついており、開け閉めできたようですが、
蓋の部分は取れて無くなっています

 

 

 

1900年代初頭に使われていた、カギ
ガタガタした初期工業製品独特の風合いは、どこか懐かしさを覚えます

 

ずっしりと重く可愛らしいアイテムは

キーホルダーやオブジェとして人気です

 

 

それから、クマさん型のパドロックキーも面白いです

クマさんじっと見つめてます

 

とおいむかし、イギリスの倉庫で使われていた南京錠

縁あって日本までやってまいりました

 

 

ご興味のあるかた

商品ページはこちらからどうぞ

雑貨あれこれ

雑貨あれこれ2

 

 

お正月も7日となりました。今日は七草がゆの日です

吹田のニフレルでは一足早く、カピパラが七草を食べているもよう

 

出典:ニフレル

 

みなさまも、どうぞお正月で食べすぎた胃を休めて

ごゆるりとお過ごしくださいませ

 

本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

 

新春二日目です^^!

今年、初めての商品紹介は

キャリコ初めての入荷となる、かわいらしいお品

 

シェリー窯のライラックのご紹介

 

 

薄紫のちいさな花がちりばめられた

神秘的で美しいティーカップ&ソーサーです

 

 

ライラックの花

日本ではみかけませんが、ちょっと葡萄の房のようなかわいらしい花

 

英語名ライラック(LILAC)、フランス語ではリラ

そういえば赤毛のアンの娘さんの名前もリラでした

 

あれはマリラにちなんで名づけられたのだと思っていましたが

リラの花にも思いをこめて名づけられたのかもしれません

 

 

ヨーロッパ原産の、4月ごろに花を咲かす春の花ですが

もう日本は春なので^^

 

一足先に、ご紹介してみました

 

 

とても写実的なデザインです

ソーサーは絵皿としてもかわいらしい

 

 

キャビネット映えしそうな

美しい春のデザイン

 

 

日本では、どこで見られるのかな?と思いましたが

こちら、横浜イングリッシュガーデンに咲くようです

 

出典:横浜イングリッシュガーデン

 

新春のひととき

シェリー窯のライラックを楽しんでみませんか?

 

 

あわせて、こちらもおすすめ

 

1932年、シェリー窯によるグラデーション調のバンドデザイン
やわらかいグリーンの色調の重なりが印象的なお品バンド&シェード

 

少しお値下げしております

 

 

商品ページはこちらからどうぞ

シェリーのライラック

バンド&シェード

 

お正月も2日目、みなさまゆるゆるとお過ごしでしょうか^^?

本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪
                   (にほんブログ村・ランキング参加中)

 

メリークリスマス!

今年もあと1週間となりました

 

明日は本年度最終のサイト更新となります

 

エンディングにふさわしく?でもないのですが

今日のご紹介は、デッドストックのお品をいろいろご紹介

 

 

 

およそ40年の時間を経て、古い屋根裏から出てきましたよ^^

 

 

これは珍しい

始めて見た、オールドホール製「シルバープレートのゴブレット」
しかも記念の箱入り
(なんの記念なのかは、不明ですが^^)

 

 

 

オールド・ホールはステンレスウェアで有名な会社ですが
もとは、シルバーの会社だったんですね

そして、有名なデザイナーのロバートウェルチも、ステンレスのデザインをする前は
イギリスと北欧で、シルバーウェアのデザインを学んでいます

ということで、ときどき別注で、モダンなシルバープレート製品も作っていたもよう

箱の説明書きには、「ロバート・ウェルチ」が特別にデザインした旨が記されています

 

 

 

 

 

マグカップのデッドストックもございます

 

 

人気のかわいいハーフ・パイントサイズのマグカップ

2種類のサイズがありますが、どちらも新品です

 

右のほうが、容量は多く見えますが、どちらも同じ

約280mlくらい入ります

 

 

どちらも、なにかのイベントの記念品だったらしく

「K.G.C」という謎の文字が刻まれています

 

どちらも、もらったひとは使わなかったようで、デッドストック状態

 

右っかわの、エレガントなフォルムのほうは

恐ろしくボロボロの箱の中に、ちんまりと納まっています

 

 

箱は崩壊寸前ですが^^

歴史を感じるといえば、感じますね

 

 

それから人気のティーストレイナー

クリスマスに合わせて再登場いたしました

 

仕入れ価格が上がっているため、
だんだん販売価格が上がっています。申し訳ございません
クリスマスシーズンのイチゴのようなもの???

 

 

 

お次のデッドストック紹介は、ガラス製品へ

 

フォストリア社のエレガントグラス「ロマンス」

大振りのアイスティーグラス

 

 

 

1942年発表(製造1942−1971)
フォストリアの製品の中でも、人気が高くバリエーションの多いお品です

 

エレガントな足つきが魅力的

 

 

始めて見ました、会社のロゴマーク

たぶん、1960年代くらいのものだと思われます

 

なんだか、ホワンとしていて可愛らしい

 

こういった工業デザインに興味のあるかたには

たいへん面白いものではないかと思います

 

 

はるかなる時間を超えて、大きな海を越えて

日本に現れたビンテージたち

 

お手元で愛でてくださるかた、お待ちしております

 

商品ページはこちらからどうぞ

オールドホール

フォストリアのロマンス

 

本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

久しぶりのHOVISシリーズ

かわいいブレッドティンあれこれ入荷しています

少しむかしのイギリスで、美味しいパンをたくさん焼いたお道具
今では小物入れや園芸用のプランターとして愛されています

 

 

 

おすすめは、ちびHOVISブレッドティン

16個、入荷しております

 

これだけ積み重なると、なんだか圧巻です^^

 

 

子ネコを入れても、似合いますね^^

さしずめ、ネコのカプセルホテルでしょうか

 

P6300520

 

 

さてさて、このHOVISの焼き型で焼かれてたパンですが

今もイギリスのスーパーで売られています

 

日本では食パンは白いものが多いのですが

全粒粉を使用した、栄養たっぷりな茶色いタイプ

 

特製のパン焼き型を使って焼いているので

サイドにかわいくHOVISの文字が浮き出ているところがチャームポイント

 

 

そのため、今でも焼き型の人気は高いです

 

エンボスの浮き出方が、いろいろ多様性に富んでいますが

こちら、ふっくりと文字が浮き出ていて、かわいらしい

 

 

それぞれ柄の出方が微妙に違うので

コレクションされている方も多いです

 

ちょっと大き目の食パンぽいもの

これは、いったいどんなパンを焼くための型だったんでしょうね?

 

 

 

なお焼き型は、HOVISだけでなく、おしゃれな園芸用具として

イギリスを中心に、ガーデナーのかたに、愛されています

下記の写真は、むかしのイギリス展で撮影したのですが
HOVISではないですが、こちらもかわいらしい

 

P3180366

 

こんな風に寄せ植えのプランターとして人気が高いようです

 

焼き型も、新しい人生ならぬ、焼き型生活を

思いっきりエンジョイしているよう

 

 

種類はいろいろございます

 

お好みの焼き型を

選んでくださいね

 

ヴィンテージの焼き型と一緒に過ごす時間

始めてみませんか?

 

P6290625

 

今年は、わりとあたたかいなと思っていましたが

今朝は久しぶりに寒気が襲ってきた大阪

明日は冬至です、柚子であったまりましょうかね^^

 

商品ページはこちらからどうぞ

HOVISのブレッドティン


本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

ちいさなオールドホール

いろいろ入荷しております

 

こちら、珍しい塩コショウ&マスタード入れのセット

 

 

残念なことに、台座だけがオールドホールでなく

Made in HongKongの文字がみられます

 

しかしながら、返還前の英国領だったホンコン製であり

1980年代のビンテージのようです

 

ホンコンが、英国から中国に返還されると思っていなかったったので

本当に返還されたとき、びっくりしましたね

いまは、さらに驚くべき状況になっておりますが・・・・

 

 

 

 

さて、こちらはなんでしょう

ローソク立てかな?

 

 

 

 

いえいえ、エッグカップでした^^

 

こちら、ソーサーがくっついているのですが、どう使うのでしょう?

スプーンとか、のせるためのものかもしれません

 

 

そして1パイントジャグ

1パイントジャグかな^^???

 

 

正確には、ティーポットだったのですが

上のふたが無くなりました

 

ですが、この形状ふたのないジャグも存在するので

(茶こし部分は、ついていないのですが・・・)

 

1パイントのウォータージャグとしての存在もありかな?

と思いあえて格安で販売いたします

 

 

だんだん入手が難しくなってきた

ティーストレーナーも、ロバートウェルチの2種類入荷
うち以外で、扱っている店を見なくなりましたね
少しづつ値上がりしておりますので
まだお持ちでないコレクターのかたはお早めにどうぞ

 

 

珍しいものだから、お早目に〜

とはいいつつも

 

アンティークやビンテージはご縁です

なんだかんだ申しても、結局は行くべきかたのもとへ行くのでしょう

 

 

 

工業製品なので、そこそこ数はあるはずです

もし買い逃しても、待ってくれている人のもとへいつかまた来てくれますよ

 

ご縁、それは不思議なもの

 

 

1960年代〜1970年代を中心とした、身近なアートデザイン

オールドホールの商品ページはこちらからどうぞ

オールドホール

 

本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

 

もうすぐクリスマス

 

本日は、わたしが大好きな教会(クリスチャンではありませんが)

大阪にある、日本聖公会川口基督教会を背景に

フィリップ・ローレストンのご紹介

 

なお、聖公会というのは、わかりやすく言うと「イングランド国教会」のことです

 

 

 

今回、クリスマスなもので、ねずみ牧師さん

いろいろ来ていただきました

 

大中小の、3タイプおられます

 

 

 

みなさん、英国国教会の制服(?)を着ておられます

首が白くなっているのがポイントですね

 

あ、一番小さい子は、見習いなのか、白カラーついてませんけど

 

 

教会は、残念なことに、阪神淡路大震災で半壊してしまいました

なので、ステンドグラスは新しいものです

 

きっと古い、オリジナルのステンドグラスも素晴らしいものだったのでしょうが

今見る、ステンドグラスは、新鮮で、魅力的で

ほかに考えられないくらい、美しい

 

 

来年、150周年を迎える

大阪に現存する教会では、最も古い教会

川口基督教会

 

来年の一般公開がまた楽しみです

 

 

ビクトリアンゴシックの美しい建物

 

明治初期には居留地として栄えたそうですが、

川底が浅かったため、大型船の係留ができず、居留地としての役目は一瞬で終わり

貿易会社はみな神戸に移ってゆくこととなります

 

ただひとつ、この地に残されたのが、ちいさな教会

マンションや商業ビルのなかに、ぽつんとひとつ残っています

 

扉を開ければ、150年前の世界がこんにちは

 

 

 

今年のクリスマスは

ローレストンといっしょに

厳かなひとときを過ごしてみませんか?

 

 

信徒さんも入荷しています

ピンクのおにいちゃんとウサギさん

 

クリスマスのチキンならぬイーグル

それからイエス様のお乗りになった、ちいろば

 

 

 

 

なお、この教会はイギリス人が建てたものではなく

アメリカに移民したイギリス系のイングランド国教会のかたが建てたもの

 

ということで、アメリカの象徴、イーグルも一羽。。。

(無理がありますね^^)

 

 

 

花のステンドグラスは、聖書に出てくる花なのだそう

神秘的な花たちです

 

ローレストンのねずみ牧師も

なんだか神秘的

 

 

今年のクリスマス

ローレストンの楽しい仲間たちと、いい時間を過ごしませんか?

 

 

それから二個の小型大福もち・・・ではなく

 

お正月特別版で、来年の干支

ねずみちゃんも来ています

 

 

星に願いを、サンタさんにはプレゼントのお願いを^^

クリスマスとお正月前のひととき、しあわせな時間を過ごしませんか?

 

商品ページはこちらからどうぞ

ローレストンの世界

 


本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

今日のご紹介は久しぶりの紅茶グッズです

 

1910年ころから英国のお土産物屋さんで発売され、60年代、70年代くらいに
最も人気が高かった、ご当地ティーキャディースプーン

 

 

 

缶は密閉性の高い「こじ開ける」式のものがいちばん
それを開けるティーキャディースプーンは必要不可欠だったんですね

計量スプーンにもなり、軽くスプーン1杯がひとり分の目安

 

66509097_o3

 

 

ティーバッグが普及するまえは

必要不可欠だったお品たちです

 

Pa240010

 

むかし紅茶教室で、ロイヤルミルクティーを作った時の画像ですが

このときは、しっかりキャディスプーン活躍していましたね

 

 

Pa240009

 

最近はこの機密性が高いものではなく

キャディスプーンのいらないタイプも増えていますが

 

それでも見ているだけでかわいいティーキャディスプーン

 

P5230148

 

お品のほう、地域の特性やシンボルを描いていることが特徴です

このヨークミンスターなど、面白いですね

 



ほんの少し前の英国で、ティーパックが主流になる前には欠かせなかった

ティーキャディースプーン。

 

日本で言う通行手形のように、旅先で購入し

コレクションするのが流行った時期もあったようですが

今はティーパーック文化と、いわゆる「現代的なお土産」に押され、

売っているところはほとんどなくなりました

 

 

それでも、紅茶小物としてなんだか可愛らしいお品

お手元におひとついかがでしょうか?

 

以前、訪れた場所があれば、その思い出に

お求めになるのも素敵です

 

 

あ、スイマセン。。。。

ひとつだけニュージーランドがまじっています

これだけお安くしております^^

 

 

古きよき時代のイギリスの観光地を巡る気分で

各地のティーキャディスプーン、お手にとってみませんか?

 


ご興味のあるかたはこちらからどうぞ
スーベニア・ティーキャディースプーン


それでは本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪
                   (にほんブログ村・ランキング参加中)

 


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

Selected Entry

ネットショップへのリンクです

おぱーるの部屋

スージークーパー

2

ビンテージ・グラスウェア

excellentglass.jpg

ホーンジー

hornsea.jpg

オールド・ホール

oldhall.jpg

Archive

Mobile

qrcode

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM