さくらの季節の到来とともに

本日は、イギリスビンテージ、かわいいフラワーハンドルのご紹介


すこし昔のイギリスで愛された

やさしいテイーカップの魅力に触れてみませんか?

 

 

フラワーハンドルは、1930年代に、イギリスで生まれた
かわいい取っ手を持つ陶器やボーンチャイナたちのこと

 

おそらくパラゴンが最初につくり始めたのだろうと思われますが
イギリスを中心にブームがおき
この時代、各社、さまざまなデザインで個性を競いました

 

うちでも、せんにノリタケのフラワーハンドルを入荷しています

 

 

可愛いので、コレクションされている方もいるようですが
おそらく生産効率の問題で、当時の生産数もそんなに多くはなかったよう
現存する数も、そんなには多くなく、高価なものが多いです
 

なお、今日ご紹介するのは、デルフィーヌというブランドのフワラーハンドル

知名度の低い窯のお品なので、お値段ちょっと控えめ

 

 

99.999%のかたが、聞いたことのないブランドでしょう

私もまったく知りませんでした

 

イギリス陶器の郷、ストーク・オン・トレントのロングストンにある
老舗陶器会社の過去のブランド名です

 

 

文献によると1875年にジョセフ・ヘンリー・ミドルトンとウィリアム・ハドソン

という方々によって設立された老舗メーカー


しかしながら1899年にこの会社はふたつに分離し、ジョセフ・ミドルトンのほうが
デルフィーヌ・ポッタリーとして、「デルフィーヌ」の名前で
1941年までボーンチャイナをつくり続けることになります
こちらのお品はその時代のものとなります

 

 

出典:StaffsLive

 

なおその後、1942年にこの2つに分かれた会社は再度、一つの会社となり
ハドソン・ミドルトン(Hudson&Middleton)として、存続しています

 

現在の生産品はかなりカジュアルライン

だいぶ進化と変貌を遂げてますね。以前と趣が全く異なります

 

ダーウィンいわく

「 最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が残るのでもない。
唯一生き残るのは変化する者である。 」

その言葉を思い出しました

 

出典:StaffsLive

 

今回ご紹介するお品は、ハドソン&ミドルトンの

デルフィーヌ時代の可愛いフラワーハンドル
製造年代は、1930〜1941年です

 

 

ボディ部分のモチーフはウォーターリリーこと水連なのですが

ハンドルに付いた花は、梅か桜なのだと思います

 

まあ水連の花、ハンドルにつけるわけにもいきませんものね^^

 

 

 

と思いましたが。。。。

よく見ると、やっぱりハンドルも睡蓮の花のようです

デザインされたかた、ごめんなさい

 

まあ水連も、もうすぐ咲く花です^^

 

 

 

 

お品のほう、シェリー窯のお品などにくらべて造りが少し粗いですが

図柄の愛らしさに惹かれてつい仕入れてしまいました

 

ごく薄い貫入のようなやきむらは見られますが

ひびや、かけは見られません

 

 

1930年代のかわいいフラワーハンドルで

春の、いい時間を過ごしませんか?

 

商品ページハこちらからどうぞ

デルフィーヌの水連

 

本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

1930年代のイギリスから

古いパン焼き型がやってきましたよ

 

こちら、1800年代後半から、現在も続くイギリスのパン製造メーカーHOVISの焼き型


現在は自社でパンを焼き、スーパーマーケット等に卸していますが
昔は粉の供給業者で、イギリスの町には必ずあったベーカリーに粉を
卸していました。そして粉と共に契約先のベーカリーに無償で渡したのがこの焼き型。

 

 

とても古く、頑丈な感じ

おそらく1930年代以前に使われていたお品ではないかと思われます

 

これまでに、いろいろなHOVIS型を入荷してきましたが

ここまで渋いのは久しぶり

 

 

なお、日本では食パンは白いものが多いのですが

HOVISのパンは、全粒粉を使用した、栄養たっぷりな茶色いタイプ

 

特製のパン焼き型を使って焼いているので

サイドにかわいくHOVISの文字が浮き出ているところがチャームポイント

 

 

ちなみにこちら、1973年のテレビコマーシャルですですが

1930年代のHOVISのパンを配達する子供の映像

 

この1930年代の世界でリアルに使われていたのが

今回紹介するお品

 

 

 

ずっしりと重く頑丈なお品

円熟した風合い

 

タワシか何かで、少し掃除した感はありますが

それもまた、味わいのひとつなのでしょう
お道具は人の手で大切に扱ってもらうことで
魅力を深めてゆきます

 

 

とても頑丈にできた金属の焼き型は

今ではかわいらしい園芸用品として人気

 

 

寄せ植えに、ポットカバーに

 

少しむかしのイギリスで、美味しいパンをたくさん焼いたお道具
今では小物入れや園芸用のプランターとして愛されています

 

 

P4080020

 

1900年代前半のお道具
100年近く前にイギリスのパン屋さんで使われていたパン型が、新しく生まれ変わり
素敵な雑貨小物としての第二の人生(?)をおくります
 

 

あたたかい春がやってきました

HOVISのブレッドティンで素敵な季節を楽しみませんか

 

 

 

野原はちいさな春の草花が

つぎつぎに咲いています

 

 

むかしは人の生活に役立つ道具として
いまは人の心を癒す存在として
HOVISのパン焼き型は今も頑張っています^^

 

商品ページはこちらからそうぞ
HOVIS

 

本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪
                   (にほんブログ村・ランキング参加中)

3月も半ばとなり、日中はだいぶあたたかくなってまいりました

来週の17日は、セント・パトリックデー

 

アイルランドにキリスト教を広めた聖パトリックの命日
アイルランドやその移民の多い地域では、緑をキーカラーに、お祝いします

 

シカゴのパレードが有名ですね

 



なお、聖パトリックさまの誕生日じゃなくて、命日なんですね^^

クリスマスと同じで、誕生日かと思っていました

 

写真は無いですが、こういうお顔らしいです

(どこまで信ぴょう性があるのか、わかりませんが^^)

 

 

 

本日は、セントパトリックデーにちなみ
アイルランドの象徴であるクローバー柄

 

シェリー窯のシャムロックをご紹介

 

 

 

 

この時代のシェリーは、大胆な花柄が目立ちますが
こちら、小さなクローバーがワントーンで表現された、とてもシンプルなデザイン

ひとことで言えば、「地味かわいい」でしょうか?  

 

 

地味可愛いグリーンですが
街ゆく人が、みなグリーンのものを身に着けると

 

アイルランドのいなか町も結構派手になるものです

 

 

アイルランドのカントリーサイドを訪れたような気持ちで
シェリーのシャムロックを楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

 

夢見る春の季節にかわいいシャムロック

 

トリオ、カップ&ソーサー、それから、おもちゃみたいに愛らしい

シュガー&ミルクがございます

 

 

これから、どんどん緑の美しい季節になることでしょう
季節に先駆けて、かわいい緑のシャムロック

 

お手元にいかがでしょうか?

 

 

春風とともに
いい時間が訪れそうです

 

 

このところ天気は悪かったですが

今日は、春のここちよい陽気になりそうです

 

商品ページはこちらからどうぞ

シェリー窯のかわいい器たち

 

本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

久しぶりに、HOVIS社のプレミアムグッズ、

カールトンウェア世製のパン型陶器入荷しています

 

1800年代後半から、現在も続くイギリスのパン製造メーカーHOVIS

 

こちらのお品は、1950年代〜80年代にかけて
粉ではなく、焼いたパンをお店に卸しだしたころに、消費者サービスとして
プレゼントした、ノベルティ

 



おもわず、ガブっとかじりたくなるような

リアルさと、可愛らしさで人気です

 

 

 

こちら人気のバターディッシュ(バター入れ)

 

日本にはない種類の食器ですが

当時のイギリスの冷蔵庫には、こんなかわいいバター入れが入っていたのでしょうか?

 

冷蔵庫を開けると、思わずにっこり微笑んでしまいそう

 

 

日本ではバター入れの習慣はないので

便利な小物入れとして活躍してくれそう

 

中に何を入れようかな?

開けてびっくり玉手箱^^

 

 

トースト型のお皿もめずらしいですね

日本で売っているところは、ほとんどないでしょう

 

希少なひときれのパン

 

やたらリアルなのがシュール

 

 

めくるめくHOVISグッズ

 

イギリス独自の、お客さんを喜ばせようというユーモア

それから商品に対するプライドの詰まった

素敵な素敵なプレミアムグッズです

 

小物と組み合わせても、かわいい

 

 

 

それから可愛いミニカーもご紹介

1922年に、イギリスのフォーダン社(Edwin Foden, Sons & Co.)がつくった
スチームローリー(蒸気自動車)の復刻版です

 

車体にはHOVISのロゴが入っています
1900年代初頭は、こんな車でHOVISは、小麦粉を、町のパンやさんに
配達していたんですね

ブラウンの車体がなんともいえずお洒落さん^^

 

 

 

HOVISのノスタルジックなCMはこちら

1930年のパン配達の世界を映像化した、1973年のコマーシャル

 

いい味出してますねえ〜^^

 

 

 

 

キッチンまわりにユーモアを与えてくれる陶器のパンの世界

2020年の、日本の空間で、ぜひ遊んでみませんか?

 

今回、入荷していないお品もありますが

全貌は、だいたいこんな感じです

 

P9220116

 

 

おいしいイギリスの茶色いパンが食べたくなりました^^

食べれない方は、HOVISのパングッズなど、いかがでしょうか?

 

商品ページはこちらからどうぞ

HOVISグッズいろいろ

本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪
                   (にほんブログ村・ランキング参加中)

 

2月は、ねこの月です

もうじき2月22日は、ニャーニャーニャーで、ねこの日ですね

 

ということで、イギリスから摩訶不思議なねこさんたちが

大挙してやってきましたよ

 

今は無き、英国のババクーム窯が作っていた、不思議なフィギュリン

珍獣さん、いらっしゃい

 

 

めずらしい三毛猫さん、3匹きてます

 

ちなみに三毛猫は英語で、「キャリコ」と呼ばれます

うちの店の名前は、「インテリア雑貨の三毛猫さん」だったわけですね

 

なお、三毛猫は古来より、幸運をもたらすと呼ばれています

いっぴきいかがでしょうか?

 

 

 

 

非常に無茶なつくりのため、初期のみの生産で終わったのでしょうね

現存する数がきわめて少ないシリーズ

 

古いものですが、とてもコンディションがいいです

コレクターのかたが、大切にされていたのだと思います

 

 

腕が細いので、骨折が心配

申し訳ございませんが、今回は定形外では

送れない子たちが多いです

 

ごめんなさいをしながら、腹を見せるにゃんこさん

 

 

これも面白い

お手々をびゅ〜んと伸ばしたにゃんこさん

 

 

 

魔除けの意味があるクロネコさんもご来日

みどりの瞳の子と、ちいさいお目目の子

 

いっっぴきはこの子どないしたんやろ・・・・?

と思わずうなりたくなる、不思議な形状です

 

ちょっとヨガっぽいですね

 

 

 

のんびりと、おふとんかぶった

ねこさんも、いっぴき

 

白黒のハチワレねこ

日本によくいるタイプのやつですね

 

 

それから、ネコバスの大小も

やってきました

 

 

ローレストンのネコは

緑色の目が魅力的

 

目ジカラビーム出してます

 

 

そして、おなじくババクーム窯の子で

糸巻き入れもきています

 

お腹に糸が入っており、口から糸がべ〜っと出ているんですよね

 

たいへん西洋式な考えです

ローマにある「「真実の口」から、水がば〜っと出ているような感じ

 

 

人生いろいろ

ねこもいろいろ

 

二月はねこにかこまれて

のんびりと、いい時間を過ごしませんか?

 

 

もうすぐ本格的な春だと思いきや

いきなり寒波がやってきた、今日このごろ

 

どなたさまも、ネコのようにあたたかくしてお過ごしくださいませ

 

ローレストンの「ねこの部屋」

本日も素敵な一日でありますように!

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪
                   (にほんブログ村・ランキング参加中)

バレンタイン前の2月には

英国の名窯シェリーより、美しいバラを2点ご紹介

はやくも、持ち主さまは決まったお品なのですが^^

 

永遠のロマンティックエレガンス

愛しのシェリーを楽しんでみませんか

 

 

お品のほう2点あり、どれもおなじ1940年デザインの似た感じのお品です

左のミントグリーンのふちどりが、バラのつぼみこと「ローズバッド」

右のピンクのふちどりが、花嫁のバラこと「ブライダルローズ」

 

英国のカントリーサイドに咲く2輪の花

どちらも、それぞれに可愛らしい

 

 

 

 

 

こちらピンクのふちどりが可愛い、花嫁のバラ

ブライダル・ローズ、もしくはローズスプレイと呼ばれているお品
はなやかで優しい雰囲気が魅力的

 

 

形状はデインティシェイプ

 

ディンティとは、「愛らしい」という意味があるのですが

その名の通りイギリスらしい、とても素朴で愛らしいデザイン

上から見ると、花びらのようです

 

 

 

もうひとつの姉妹バラのご紹介

こちらはローズバッド

 

その名のとおり、かわいらしいバラのつぼみと
季節のちいさい花が、かわいらしいブーケになっています

英国ロマンチック路線の王道をゆく、小花柄プリント
1980年代くらいのローラ・アシュレイを思いだします

 

名称未設定-1.jpg

 

 

赤毛のアンが一番気に入っていた、牧師様が来るときに使う
花柄のティーセットが、こんなだった気がします

ダイアナとのお茶会には使わせてもらえなかった高価なお品

 

バーレイみたいなお品を使ってますね

 

出典:TVseries2017-2019

 

 

いまは冬の、花の少ない季節ですが

器に描かれた花で、なごんでみませんか?

 

キャビネットに飾られた、シェリーを見るだけで楽しくなりますよ

 

 

 

バレンタインの季節にシェリーの薔薇

お迎えしては、いかがでしょうか?

 

商品ページはこちらからどうぞ

シェリーのバラ

 

本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

もうすぐバレンタイン

今日はなんとなくバレンタインなフレッドくん

お迎えしましたよ^^

 

 

イチオシはチョコレート色のフレッドくん

頭にはカスタードクリーム色のヘルメット

 

もとのお役目は塩コショウ入れです

 

 

しかし・・・・

すごい色してます

 

ちょっと、怖いくらいのチョコレート色

テリテリに輝いています

 

たぶん、なんらかの試作品だったのではと思います

本生産をする根性は無かったのでしょう

 

 

そしてバレンタインにふさわしく

不思議なローレストン

 

脇役ですがご登場

おそらく1970年代につくられた、大き目ローレストン

 

 

 

なんとなく、チョコレート菓子に似た子をもってきました

 

このロバに似た感じのチョコありますよね

ベルギーのお土産でもらった記憶がございます

 

 

それから、かわいいカップル

カバちゃんと、ピンクのブタ子ちゃん

 

とってもスイートないい雰囲気

 

 

 

しかしインパクトあるといえば

この、巨大ニョロニョロちゃんが、いちばん風変わり

 

フレッドくんより、不思議度は高いかもしれません

 

 

ハッピーバレンタイン

 

不思議ななかまたちと

みんなで、いい時間を過ごしませんか?

 

 

きのう歯医者さんに行ったら、カリガリ先生がお留守でした

今日ご紹介した人形なみに不思議で面白いので

お会いできるのを楽しみにしていたのに、残念無念

 

 

商品ページはこちらからどうぞ

フレッドくん

不思議なローレストン

 

本日も素敵な一日でありますように

 


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

今日は、英国シェリー窯より

かわいい「アネモネ」のご紹介

 

お品のほう、2点あり、奥の大柄な花はウィンド・フラワーこと、日本語でアネモネ

手前のちんまりした柄は、ワイルドアネモということなので、野生種なのでしょう

 

ということで、アネモネの種類違いを2セット入荷しております

 

 

ワイルドアネモネは初めての入荷です

きっと、イギリスのコテージなんかに、ひっそりと咲いているのでしょう

 

 

可憐でやさしい野の花をちりばめた

愛らしいティートリオ

 

 

もうひとつの、ウィンドフラワー"wind flower"とは日本語でいうところの

オーソドックスな、アネモネ
早春から春にかけて咲く、ケシに似た花です

 

 

おおらかで風車のよう

英語名「ウィンド・フラワー」という名前がよく似合っています

 

なかなかクールで情熱的な色彩

 

 

 

お品のほうはピンク色とラベンダーの

ウインンドフラワーが交差する大胆な構図


カップ、ソーサー、プレートのふち、そしてカップのハンドルは、

薄いパープルで縁どられています

 

 

アネモネは二月ごろから咲き始めるということですから

いま購入すると、ちょうどシーズンに合わせて

使い始めることができますね

 


ロマンチックの王道といってふさわしい、

少し前の古きよきイギリスの、 愛らしいお品たち

 

かわいい器たちといっしょに

すこし早い春がやってきました

 

 

イギリスからやってきた

心なごむかわいらしいシェリー窯の花たち

 

お手元に、春のお使いアネモネの花を

お迎えしてみませんか?

 

 

例年にくらべ比較的あたたかい日が続きますが

立春までは、冬の土用が続きます

 

みなさまも風邪などひかないよう、お気をつけてお過ごしくださいませ

 

商品ページはこちらからどうぞ

シェリー窯のかわいい器たち

 

 

本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

まだ寒い冬の日に

春の花、シェリーの「忘れな草」はいかがでしょうか?

 

うちは、シェリーは、デインティ・シェイプが多いのですが

こちらは珍しく「リッチモンド・シェイプ」
縁にシェル状のアクセントがあり、ハンドルと底の色が切り替わっています

 

 

英語名はフォーゲット・ミー・ノット

 〜私を忘れないで

 

ブルーのかわいらい、この花を見ると

かって存在した美しい英国庭園「宝塚ガーデンフィールズ」を思い出します

 

 

 

こちら7年前の冬の、ありし日の姿

ネコヤナギが風にそよいでいます

 

宝塚ガーデンフィールズというところは、もと「宝塚ファミリーランド」という名称で
親しまれた関西の動物園兼遊園地。

関西では珍しいホワイトイガーがいました

 

英国式庭園になったことはびっくりしましたね

 

 

 

ちいさいころ回転式遊具などがあった、にぎやかな場所は

物思いにふけるのによさそうな場所へと変貌しました

 

これはローマ時代の廃墟を模したものだったと思います

 

 

関西の人にとっては馴染み深い場所、宝塚

 

やさしい思い出にひたりながら

シェリーの青い器を愛でてみませんか?


 

青く美しい勿忘草(ワスレナグサ)は
欧米では古くから友愛や誠実さの印として愛されてきました
 

 

 

こころやすらぐワスレナグサと一緒に

いい時間を過ごしませんか?

 

 

まだまだ寒いですが

本物のワスレナグサが咲く本格的な春はもうすぐです

 

商品ページはこちらからどうぞ

シェリーの部屋

 

 

本年も素敵な一年でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

お茶のおいしい季節に

今日はウィリアムモリス関連のお品を少しご紹介

 

大ぶりなポットを優しく包み込むティーコージー

 

 

 

ウィリアム・モリス1862年の壁紙「ざくろ」柄
を使ったコットンプリントのティーコージー
ぶあつい、しっかりした保温性のよいお品です
大き目のポット(1.5パイント〜2.0パイント)に使用してください

小さいポットに使用すると、先っぽが出てきません

 

 

それから、おなじみモリスの定番

いちご泥棒

 

いつ見てもかわいらしい

 

 

ほかは、モリス時代のかわいらしい小物

いろいろ集めてみました

 

 

お裁縫するひとにうれしい

かわいい糸切ばさみ

 

インテリアとして、どこかの隅にちょこんと置くだけでも愛らしい

 

 

 

おそらく第一次世界大戦ごろに使われていた真鍮製のコンパスです
もとは蓋がついており、開け閉めできたようですが、
蓋の部分は取れて無くなっています

 

 

 

1900年代初頭に使われていた、カギ
ガタガタした初期工業製品独特の風合いは、どこか懐かしさを覚えます

 

ずっしりと重く可愛らしいアイテムは

キーホルダーやオブジェとして人気です

 

 

それから、クマさん型のパドロックキーも面白いです

クマさんじっと見つめてます

 

とおいむかし、イギリスの倉庫で使われていた南京錠

縁あって日本までやってまいりました

 

 

ご興味のあるかた

商品ページはこちらからどうぞ

雑貨あれこれ

雑貨あれこれ2

 

 

お正月も7日となりました。今日は七草がゆの日です

吹田のニフレルでは一足早く、カピパラが七草を食べているもよう

 

出典:ニフレル

 

みなさまも、どうぞお正月で食べすぎた胃を休めて

ごゆるりとお過ごしくださいませ

 

本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

 


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

Selected Entry

ネットショップへのリンクです

おぱーるの部屋

スージークーパー

2

ビンテージ・グラスウェア

excellentglass.jpg

ホーンジー

hornsea.jpg

オールド・ホール

oldhall.jpg

Archive

Mobile

qrcode

Comment

  • イースター前のエッグカップいろいろ
    キャリコ
  • イースター前のエッグカップいろいろ
    うさうさ
  • パトリシアさんの人生いろいろ
    キャリコ
  • パトリシアさんの人生いろいろ
    うさうさ
  • ワイルドストロベリーの嵐が丘
    キャリコ
  • ワイルドストロベリーの嵐が丘
    saki
  • スージークーパーのエンドン
    キャリコ
  • スージークーパーのエンドン
    saki
  • 初午とお店の再開について
    キャリコ
  • 初午とお店の再開について
    saki

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM