にゃーにゃーにゃー

2月は、ねこの月ですよ

 

イギリスのトーキー地方になあるババクーム窯で生まれた

おもしろかわいいにゃんこがたくさんやってきました

 

 

おもいおもいに、お日さまのしたでひなたぼっこ

 

ねこは自由気ままな生き物

そばで見ているだけでも、なごみますね

 

 

中には、おふとんかぶって寝ている

オパールさんみたいな、にゃんこもおります

 

 

 

あるいみ一番ミステリアスな猫

 

初期の、非常に複雑な造形で

そのため、はしっこに少しカケがございますが

めったに見られない珍品中の珍品

 

 

 

棚の上から大胆不敵に笑う大柄な猫

これは・・・なにかに似ている

 

なんだろう

 

 

あ、ジブリですね

となりのトトロにでてくる、ネコバスにそっくり

 

 

ネコバスは1号から3号まで配車できます

いかがでしょうか^^?

 

 

先週末まで、冬が来ないかのように暖かだった大阪も

ここのところ寒波です

 

ねこも、さむいにゃあとぼやいていることでしょう

 

 

春よ来い

早く来い

 

手足をばたつかせて、全身で春を招きます

 

あ、もう春はすでに来ているのかもしれませんが^^

こう寒くっちゃあ、わからない

 

 

そういえば、クィーンのフレディ・マーキュリーもネコ好きでした

日本まで、招き猫を買いに来ていたそうですよ

 

日本の猫もかわいいですが、イギリスねこも可愛い

 

商品ページはこちらからどうぞ

フィリップローレストンねこの部屋

 

 

 

本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

 

 

春が来たと思っていたら、いきなり北風大魔王の到来です^^

 

本日はシェリー窯の、春の花のご紹介ですが、

出すのがすこし早すぎたかな

 

野に咲くすみれ、もしくはヴァイオレット

女の子の名前で人気のお花ですね

 

 

この花は、ハマーズレイのヴィクトリアン・バイオレットが有名ですが

シェリーのすみれの花も、みずみずしく美しい

 

3月から咲く花ですが、今年は暖冬だったので

もう咲いているところも、あるかもしれません

 

 

春を象徴するような、ちいさい青い花

スミレの花言葉は「誠実」「謙虚」そして、「ちいさなしあわせ」

 

 

 

こちらのお品、デザイナーさんの好みでしょうか

ずいぶん大きく、はっきりと花のすがたが描かれています

 

さしずめ「おおきなしあわせ」

 

同じシェリーのディンティ・ブルーと並べると

雰囲気が異なるのがわかりますが、独特の表現が魅力的

 

 

しかし、青色の食器は美しいですね

色や形は異なっても、心の中にさあっと解けこむ気がします

 

 

青と近い色のお花を置いても

また新鮮な味わいが楽しめます

 

それぞれの持つ色のうつくしさが、ひきたつんでしょうね

 

 

食器で、青い色が好まれるのも

よくわかる気がします

 

 

最後になりますが、英国ロマンチックカントリーを代表するような

可憐でやさしい「デインティ・ブルー」

 

イギリスの野原に咲く花をちりばめた

更紗調の小花柄

 

こちらも春のひとときに、おすすめです

 

 

 

商品ページはこちらからどうぞ
シェリーのお部屋

 

 

立春を迎えたとはいえ、急に寒くなった日本列島

本日も素敵な一日でありますように

 


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

今日から2月の始まりですね

月日の経つのは早いもの

 

平成ものこりあとわずかになるこの時期に

前の時代、昭和の初期の記念品のご紹介

 

アールデコ風の衣装を身に着けた男女の姿

これはいったい誰でしょう〜

 

 

答えはこのかたですね

現在のエリザベス女王のお父様とお母様、ジョージ6世夫妻

 

兄であるエドワード7世が英国王の位を捨て、シンプソン夫人と結婚したため、

いやいや王位を継いだ・・・という

映画「英国王のスピーチ」で有名な国王です

 

今月6日が命日にあたるので、メモリアルとして出品いたしました

 

 

1937年5月12日

即位の日が、美しいご夫婦のお姿といっしょに描かれています

 

まだカラーの写真が無かった時代のものですが

こちら実際の1937年ごろのご夫婦

 

 

 

 

そしてお品には、来歴はわからないのですが、下記の文章が書かれています

 

County Borough Of Barnsley
Education Committee
Joseph Jones C.B.E J.P MAYOR


バーンズリー群区 教育委員
大英帝国三等勲爵士 ジョセフ・ジョーンズ市長

 

受勲記念と戴冠が重なったので記念配布用に作ったのでしょうか?

 

 

コロネーションティンは、1950年代の、エリザベス女王戴冠のころになると

こういった、金属への印刷も日常的になり、多くのものが残されていますが

この、1930年代のものは珍しいですね

 

しかも、保存状態がとてもいいです

 

こうやって見ると、エリザベス女王はパパ似ですね^^

 

 

そしてもうひとつ、コロネーション

こちらは戴冠式ではなく、ジョージ6世のお父さんであるジョージ5世

戴冠25周年の、シルバージュビリーのもの

 

 

これが1935年なので

シルバージュビリーの翌年、ジョージ5世はお亡くなりになられたんですね

 

 

英国王のスピーチにも、そんなには出てこなかったので写真でご紹介

エリザベス女王のおじい様、おばあさまにあたります

 

 

お品のほう、いまは無き、英国の名窯パラゴン

フラワーハンドルが可愛くて、仕入れてしまいました

 

ヒビ、かけのないきれいなお品です
製造されてから80年以上の月日が経ちますが、ほぼ使用されていなかったようで
スクラッチがほとんど見当たらず、プラチナ箔もきれいな状態で残っています

 

 

 

商品裏に、メアリー王妃のロイヤルワラントが入っています

 

パラゴンは1965年まで存続しましたが

残念なことに、ロイヤルドルトングループに吸収され

いまは存在しません

 

 

 

名門の窯で焼かれた、歴史的な一幕を記念するカップ&ソーサー
イギリス王室ファンのかたおすすめの逸品です 

 

 

英国史とロイヤルファミリーを愛する方へ

ぜひお勧めしたい、ちょっとマニアックなお品たちでした^^

 

商品ページはこちらからどうぞ

英国王室関連

 

本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

 

りんごりんご

冬は美味しいりんごの季節

 

今日は英国の名窯、カールトンウェアの

かわいいりんご型ポットと、その仲間たちをご紹介

 

 

 

お馴染みスージークーパーやバーレイと同じ

イギリス中部の陶器の街、ストーク・オン・トレントでつくられたお品

 

1950年代に、オーストラリア人のデザイナーが作ったシリーズだそうで

斬新なかたちがユニーク

 

当時としても話題になったようです

他に、ナシとかオレンジもあるもよう

 

 

冬の散歩道でも眺めながらゆっくり過ごしたいひとときに

いまの季節にふさわしいですね

 

 

ぽっちゃり型のティーポット

眺めているだけで楽しい

 

お揃いで、ちいさいお皿やジャムポットもございます

 

 

なお、一緒にHOVISのノベルティグッズが写っていますが

こちらも一緒に入荷

 

あわせていかがでしょうか

 

 

どれも同じくらいの時代(戦後から80年代くらい)につくられた

比較的あたらしい陶器たちです

 

 

こちらのプレート、スプーンレストですが

いちごなんかをのせても可愛い

 

 

カールトンウェアのやさしい林檎時間

冬の季節にいかがでしょうか?

 

 

 

商品ページはこちらからどうぞ

カールトンウェアの世界

 

本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

初登場になる魅惑の花

写実的な1940年代シェリー窯のお品をご紹介

 

シンプルで大胆な構図の花がインパクトありますね

これは白百合の花かな?

 

 

白く輝く百合の花のデインテイシェイプ

いちど実物を見てみたいものだと取り寄せました

 

 

うしろにはシェリー窯のバックスタンプと

商品名の「シリンガ」

 

シリンガって、百合の種類のひとつかな?

カサブランカみたいな。。。。。

 

 

と思っていたら、シリンガが百合の花とは全く別の花でした

 

シリンガというのは、モクセイ科のハシドイ属(シリンガ)のことのようです

ぱっと見は百合の花に見えますが、実物はたいへん小さい花のよう
シリンガはその属する植物の中に、ライラックなど著名な花もありますが
これは、あまり知られていない、Syringa pinnatifoliaというもののようです

 

出典:Deelis Garden

 

お花のデザインは、百合の花を小ぶりに描いたものだと思っていましたが

実際は、小さいシリンガの花を大きく描いたものだったのか〜〜〜〜

 

ちょっと、びっくり

 

 

大きいんだか、ちいさいんだかわからない

複雑なスケール感で描かれたシェリー窯のシリンガ

 

もう新しい持ち主さまが決まりましたので

関東のかたのところへ、向かっています

 

 

これから春に向けて

さわやかなシリンガの花を楽しんでくださると

幸いです

 

 

そして、もうひとつこれは在庫ですが

ちょっと似た感じのものをご紹介

 

こちらはプリムローズことマツヨイグサ

 

 

ビタミン不足の冬には、こんな愛らしい黄色が心にうれしい

 

ロマンチックの王道といってふさわしい、

少し前の古きよきイギリスの、 可憐なお品です

 

 

暖冬の日本列島ですが週末あたりから冷え込むよう

ときにはあたたかいお茶を手元の、おうちで丸くなるのも素敵なこと

シェリーの部屋

 

本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

春いちばんにはまだ早いですが

今日は1月16日の初閻魔の日

 

地獄の閻魔さまもおやすみする日ですが

人間界では平日なので、インテリア雑貨キャリコも、もちろん営業です

 

一番ドリの、ペリカンとお友達のご登場

 

 

まださむい冬の季節ですが、大阪はわりとあたたかいので

緑もゆたか、かわいいお花も咲いています

 

園芸品種の多様化のせいもあると思うのですが

年々、季節感のは薄れてゆく感じがします

 

クローバーの茂みから

にっこり顔を出すクロコダイルダンディー

 

 

 

ネズミのお姉ちゃんの後ろで

のんびりひなたぼっこ

 

 

今月は、新年をお祝いし

カラフルなローレストンたち、ご登場

 

 

ティーカップの横には角砂糖

 

 

あ、角砂糖ではなく

来年の干支の、ねずみさんですよ

 

ちなみにイノシシは、イギリスでは乱獲のため13世紀ごろ絶滅しています

したがって、ローレストンシリーズには、イノシシいません

 

 

 

ねずみの次は、うし年

気の早いコウシは、今からスタンバイ

 

 

ねずみとウシのツーショット

気のはやいカップルです

 

 

京都の長円寺では、初閻魔の日に閻魔さまの前で

昨年の罪を懺悔し、欲、怒り、愚痴の心を洗い流し無事を願うのだそうです

 

イースター前のキリスト教の、懺悔の火曜日に似ていますね

 

もっとも、純粋無垢なローレストン人形たちには

懺悔をすることなど、これっぽっちも無いでしょうが

 

 

 

初閻魔、そしてイースター

どんどん春は近づいてきますね^^

 

商品ページはこちらからどうぞ

フィリップローレストン


本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

 

 

今年は平成から新しい時代へ、新しい天皇の即位の儀が行われますね

イギリス風に言えば戴冠式というところでしょうか

 

今年はコロネーショングッズをぼちぼち出して行こうかと思っております


ということで本日のご紹介は現在の英国女王エリザベス女王の、

ひいおじいさまにあたるエドワード7世の戴冠記念のカップ&ソーサー
(英語: Edward察1841年11月9日 - 1910年5月6日)

 

 

ちなみにこちらが、戴冠式のときの様子を描いたもの

なかなかに壮麗な儀式であることがうかがえます

 

出典:Westminster Abbey

 

母であるヴィクトリア女王の崩御を受けて、1902年6月26日に
行われた戴冠式を記念してつくられた、記載がございます


CORONATION JUNE 26TH 1902

 

 

実際はエドワード7世が虫垂炎になったので記載の日程はずれ

8月9日に行われたそうです

 

しかし・・・・こういうものの作り直しはしなかったようですね^^

(いまだったら、たぶんすべてやり直しですよね


ちなみにヴィクトリア女王が長寿であったため即位時は59歳でした

 

 

出典:BBC
 


エドワード7世と王妃アレクサンドラの名が
イギリス王家の紋章とともに描かれています
(ライオンはイングランド、ユニコーンはスコットランド、ハープはアイルランドの象徴)

 


また描かれた女神が持つ吹き流しには下記の言葉が書かれています
このころは、これらの国はすべてイギリス領だったんですね

すごく興味深いです


India、Canada,New South Wales,New Zealand,South Africa,Australia
(インド、カナダ、ニューサウスウェールズ、ニュージーランド、南アフリカ、オーストラリア)

 

ちなみにニューサウスウェールズというのは、オーストラリアの一部のこと

 

 

 


肩書は長いですが、カップ裏に以下のように記載されています


KING OF GREAT BRITAIN AND IRELAND AND OF THE 
BRITISH DOMINIONS BEYOND THE SEAS EMPEROR OF INDIA


イギリス及びアイルランドと英国海外領土の王そしてインド皇帝

 

 

歴史のカケラのような、貴重なコロネーションカップ&ソーサー

 

ちなみにシェリー窯も1853年から1971年のロイヤルドルトンによる吸収まで続く窯

ワイルマン、フォリー、シェリーとめまぐるしく名前を変える窯ですが

このころの名称はフォリー窯

 

 

117年前に作られたお品です

大きな破損などは見られませんが、変色や色はげ、貫入

そして目立たないヘアラインなど経年劣化がございます

 

実使用は無理ですが、内側に描かれた絵など

なにげなく可愛い

 

 

大英帝国の、いちばん華やかな時代につくられたお品

 

経年劣化も味と思って下さる方、おひとりさま

ぜひお待ちしております^^


 

名門の窯で焼かれた、歴史的な一幕を記念するカップ&ソーサー
 イギリス王室ファンのかたおすすめの逸品です

 

 

商品ページはこちらからどうぞ

英国王室関連


本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

 

">

お正月休みも終わり、今日あたりからお仕事開始のところも多いよう

 

昨日は、家族を見送りに、大阪空港へ行ったのですが

朝7時前という時間にも関わらず、空港は大賑わいでした

 

10時くらいになれば身動きが取れないほどの

混雑ぶりになるのでしょう

 

 

 

昨日は午前中に私も車で20分ほどの実家より戻り

ひよ太を連れて、ちかくのお宮へ、新年のごあいさつ

 

 

お正月も3日ともなると、けっこう空いています

屋台のおにいさん、おねえさんも暇そうでした

 

 

3日続きの晴天で

神社の狛犬ならぬ、こまドラゴンも気持ちよさげ

 

いいお正月やすみでしたね

 

 

梅の花のつぼみも、かなり膨らんできていました

今月中ごろには、一番花も咲くのでしょう

 

 

でも花が咲くのが待ちきれないので

ひと花咲かせてしまいました^^

 

本日は梅の花を背景に、ピンクのドレスデンスプレイのご紹介

 

 

めずらしい形と色のドレスデンスプレイですね

ファルコンシェイプの、おおらかな形状

 

残念ながらソーサーがないので

梅型のコースターをおまけにつけています

 

こちらバテンレース

ドイツのバテンブルグで生まれた製法なので

それにちなみ、バテンレースと名づけられました

 

 

 

グラスの下とか、小物の下に

いろいろ使えて便利なのではと思います

 

 

カップは安定感があるので

コースターやソーサー無しでも、普段使いとして楽しめそう

 

 

梅の季節には

美味しい抹茶オーレと、梅のお菓子など

よさげです

 

 

 

最後は梅の花ではなく

季節の花、小菊を背景にしてみました

 

春よ来い、はやく来い

ピンクのドレスデンスプレイはいかがでしょうか?

 

花瓶にも使える大ぶりのグースエッグカップ、おすすめです

 

 

インテリア雑貨キャリコも本日より新年の営業を始めます

今年もどうぞよろしくお願いします

 

ピンクのドレスデンスプレイ

 


本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

週明けはいよいよクリスマス

 

美しいグラスのきらめきで

聖なる夜をお祝いしませんか?

 

 

ちなみに背景は

淀屋橋の夜のクルージングにしてみました^^

 

秋にいちど乗ったことがありますが寒かった

冬空の、いまの季節でも営業中なんですね

 

 

 

今年も、もうじき終わり

華やいだなかに、どこが厳粛な雰囲気のただよう今日この頃

 

この一年のごほうびに

フォストリア社のビンテージグラス

トパーズ色の輝きのグラス「ジューン」はいかがでしょうか?

 

 

 

ちなみに宝石のトパーズは「誠実」と言う意味を持ち、

勇気をもって前に進むためのサポートをする石と言われています

 

持ち主にとって、必要なものにめぐり合わせてくれる石

 

このビンテージグラスの輝きの中にも

そんな不思議な力が宿っているのかもしれませんよ

 

 

お酒を入れても美しいですが

紅茶やコーヒーなども、また魅力的な美しさを見せてくれます

 

 

華やいだ季節

ホームパーティなどを楽しまれるとき

その輝きの美しさに魅了されることでしょう

 

 

ワインやスパークリング系の飲み物に最適なウォーターゴブレット

そして汎用性のあるオイスターグラス

ふだんんづかいのティートリオ

 

めくるめくひととき

フォストリアのトパーズ色の輝きをお手元にいかがでしょうか?

 

 

大阪の街はうつくしい光の季節

いたるところでイルミデーションが輝きます

 

 

そして最後に、クリスマスフェアリーライトもご紹介

 

100年前の、エジソンが電球を発明したか、していないころ
舞踏会で使われたカラフルなキャンドルライト
いろいろ入荷しております

クリスマスの夜を彩るあかりとして
アロマキャンドルポットとしてぜひいかがでしょうか?

 

 

クリスマス前の美しい輝き

ぜひお手元でも楽しんでくださいね

 

商品ページはこちらからどうぞ
ジューンのトパーズ

 

100年前のあたたかなグラスの味わいはこちらから
100年前のイルミネーションライト


本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

き〜よし〜

こ〜のよ〜る〜

 

クリスマスを再来週に控え

ローレストンも教会に勢ぞろいしました

 

おごそかな時間が流れます

 

 

 

今月のメインはふたりのネズミ牧師さま

 

ブルーの目をした大きいほうが古い時代のもの

小柄なほうが、たぶん1970年代後半から80年代にかけてのもの

時代とともに小型化するローレストンフィギュリン

 

 

 

サテ、いままで毎年「ねずみ神父さま」

と紹介していましたが、わたくし間違えていましたね

 

このたび聖公会(英国国教会)の、牧師さんだということが判明しました

 

着ているガウンは「アングリカンキャソック」というものだそうです

神父さんの服装は「スータン」というもので、似ていますが、微妙に違うそう

 

出展:AngricanTaonga

 

そして、ことしもダミアン来日しています

黒い毛皮と、緑のひとみが魅力的

 

え、ダミアンって誰?

といわれるかもしれませんが

 

 

ダミアンって、おぼえてます?

オーメンに出ていた主役の男の子

 

悪魔の子ダミアン、かわいかったですねえ

 

 

黒猫を見ると、あ、ダミアンって

思ってしまうのです^^

 

 

ケーキのそばのダミアンは

大胆不敵な笑顔が魅力的

 

 

ブッシュドノエルを見つめているのは

かわいい子りすちゃん

 

ふだんは節制されているかたも、この時期はあまいもの解禁!

 

 

まよえるこひつじも入荷しています

 

はやく飼い主さんみつからないかな〜

 

 

イエスさまのお乗りになった生き物

ちいろばも、大小2タイプ入荷しています

(おおきいほうも、ちいろばかな^^?)

 

 

寒空に集うローレストンたち

あたたかい、おうちにおむかえされるといいですね

 

 

 

ことしも、いろいろありましたが

良いこと、そうでもないこと、すべてに感謝を込めて

 

冬のおだやかなな時間はゆっくりと流れてゆきます

ジョンレノンではないですが、ハッピークリスマス!

 

 

星に願いを、サンタさんにはプレゼントのお願いを^^

クリスマス前のひととき、しあわせな時間をお過ごしくださいませ

 

商品ページはこちらからどうぞ

ローレストンの世界

 


本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

 


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

Selected Entry

ネットショップへのリンクです

おぱーるの部屋

スージークーパー

2

ビンテージ・グラスウェア

excellentglass.jpg

ホーンジー

hornsea.jpg

オールド・ホール

oldhall.jpg

Archive

Mobile

qrcode

Comment

  • チョコレート博覧会へ行ってきました
    Calico
  • チョコレート博覧会へ行ってきました
    bankholiday
  • 川口キリスト教会のステンドグラス
    キャリコ
  • 川口キリスト教会のステンドグラス
    嶋 啓節
  • 奈良とマラソンとオパールさん
    山浦
  • 奈良とマラソンとオパールさん
    山本
  • 加齢なるピーターラビットの世界
    Calico
  • 加齢なるピーターラビットの世界
    bankholiday
  • ハロッズ&メリーソートベア〜スコットランド近衛兵
    Calico
  • ハロッズ&メリーソートベア〜スコットランド近衛兵
    みーたん

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM