8月のくまさんは

ジャズのスタンダードナンバーがふさわしい

 

In her own sweet world
Populated by dolls and clowns
and a prince and a big purple bear.

 

彼女の素敵な世界には、人形、ピエロ、王子様
大きな紫色のくまのぬいぐるみが住んでいる

 

 

One day all too soon
She’ll grow up and she’ll leave her dolls
and her prince and that silly old bear
when she goes they will cry
as she whispers “Good-bye.”

 

だけど、いつの間にか、あの子も成長し
人形やら王子様、そして、ぼろぼろになったクマも
きっと、手放してしまうんだろうな

 

クマたちは、泣いてしまうかもしれない

 

 

 

 

 

They will miss her I fear
but then so will I .

 

だけど、そんな彼女の遊び相手のことを心配しているわたしが
誰よりもさびしくなるに違いない

 

 

 

ジャズの名曲、ビル・エヴァンスの「ワルツ・フォー・デビー」

この曲、歌詞があったんですね、知りませんでした

 

1956年に、彼が仲良しだった、姪のデビーちゃんに捧げた曲

 

1950年代には、こんな純粋な男の人もいたもんですね^^

切なくて可愛らしいメロディが印象的です

 

 

 

ちなみにその時、デビーちゃんはなんと2歳

 

えらく・・・・・若かったんですね^^

 

 

今日のくまさんはたぶん曲とおなじころに生まれた

かわいらしいクマさん

きっと、デビーちゃんのような、かわいらしい子の

素敵な友達だったんでしょう

 

幸せな思い出をたくさん持った、やさしい瞳のクマさんです

 

 

この子のこと、少し調べてみました

 

チャドバレー社、1950年代の、オレンジのプラスッテック・アイの子

下の図録の子より、毛が少し長くてフサフサしていますが

ほぼ同形のくまさんだと思われます

 

 

血統書は下のほうが少し切れてみえなくなっていますが

じゅうぶんに判読できるレベルです

 

 

手足のレキシンはぼろぼろで

毛も、薄くなっている部分がございます

 

 

 

 

しかしながら、経年のわりに、コンディションのよい子です

デビーちゃんは彼のことをたいせつに扱っていたんでしょう

 

やっぱり、持ち主は女の子だったのかな

 

つぎの持ち主さんも

かわいいお嬢ちゃんが希望です(年齢不問・自称可)

 

 

毛むくじゃらのフライみたいですが

わりとしっかり毛は残っていますよ

 

 

 

 

近づいてくる秋はジャズの季節

くまさんと一緒に、あたらしい季節を楽しみませんか

 

すてきな相方さんを募集中

 

 

 

くまの部屋はこちらからどうぞ

くまさんの部屋

 

 

お盆明けの水曜日、今日は涼しくなりそうです

本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

先月12日に上野のパンダ「シンシン」

赤ちゃんを産みましたね

 

そのお祝いというわけでもないですが

今日はかわいいテディパンダのご登場

 

パンダの背景はパンだ!

 

 

パンを見つめているパンダ

ラベルからすると、1945年から1968年までのものですが

ナイロン製であることと、プラスチックアイの雰囲気から

1950年代くらいの生まれと想定しています

 

 

こちらが血統書ならぬ

血統ラベル

 

 

右目のプラスチックアイが

少しぼやけた感じになっています
目の奥のパーツが少し痛んでいるようです 

 

そのため神秘的な視線を感じますね

なかなかいい面構えです^^

 

 

経年による薄い汚れなどはみられますが
気になるキズや破損はみられず、ビンテージとして状態は良好

 

首に巻かれた、ドラえもんのような

りぼんと鈴は、たぶん50年代の持ち主の趣味だと思われます

 

だいじにされてきたテディで、今はもう60代、70代となった

ピーターパンに出てくるウエンディーみたいな子の宝物だったのでしょう

 

 

パンダだけはピーターパンと同じで年とりません 

 

哀愁に満ちた背中

たまらなくセクシーですね

 

 

 

1950年代のイギリスの森からやってきた

かわいいパンダくん

 

 

ファーネル社は、「くまのプーさん」のモデルとなる

テディベアをつくったことで知られる老舗で

1906年に、イギリスで初めてテディベアを作った会社です

 

1908年に、"Alpha Bears" を販売し、1968年に、会社の歴史を閉じるまで

クオリティの高いベアを作り続けました

 

プーさんの子孫のパンダ!

 

 

手足のジョイントがないので立つことはできません

座らせた状態で、おしりの先から頭までだいたい約22.0cm

 

イギリスの森から来た、かわいいテディパンダ

お迎えしてくださる素敵なパートナー

限定一名様募集中です

 

 

くまの部屋はこちらからどうぞ

くまさんの部屋

 

本日も素敵な一日でありますように

 


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

いちごといえば、真夏以外の一年中見ますが

露地物のいちごは4月に花が咲いて、5〜6月に実るもの

近所のプランターでも、美味しそうな実をつけていました

 

おやおや、なんだか、ふわふわしたお手手が見えますね^^

 

 

いちごを採ろうとしている

しろくまさんでした^^

 

くまさんは、甘いものがだいすき^^

 

 

緑の森にすむくまさん

はるばるイングランドのチャドバレー丘陵から

時間を超え、長い道のりを経て、日本にたどりつきました

 

彼が生まれたのは1960年代のイギリス

50年の時を経て、彼がどんなクマ生を送ったのかわかりませんが

 

マイペースな、しあわせそうな顔をしています

 

 

なかな毛ヅヤのいいクマさんです

 

ごくわずか、ところどころに毛が薄くなっている部分がありますが
あとは短毛ながらもフサフサです

 

 

ラベルは綿素材のため汚れはありますが
クマ本体は、丈夫なナイロンなので、目立つ汚れはありません

 

 

ジョイントはとれることはなく、しっかり固定されています
しかしながら、首の部分にぐらつきがございます(取れることはありません)

 

 


毛色のほう、黄色味を帯びた、クリーム色です


もとはハミガキ粉みたいな純白で、60年かけて、まんべんなく
クリーム色に変化したと思われます
ナイロンの形状変化を知る上で、面白い資料でもあります

 

 

レスリングのグレコローマンスタイルを思い出す

ムキムキポーズが似合うかわいい子

 

お顔おおきめ、おしり小さめ

 

 

限定一名様

この顔にビビッときたかた

 

ぜひ、つかまえてくださいね

 

 

くまさんの部屋へはこちらからどうぞ
くまのへや

 

久しぶりの大雨の大阪、通勤の皆様は足元にお気を付けくださいね
本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

アンティークテディベアファンのかたなら

「あっ、この子は!」とお気づきでしょう

 

チターン社の名作「ハグミーベア」のご登場

 

初夏の野原を、ヒゲダンスを踊るように

さっそうとご登場です

 

 

 

鼻先の少しとんがった、愛らしい顔とちいさなお耳
この時代にしては珍しく、茶色と黒のグラスアイ


Hug mee!(ぼくを抱っこして)といわんばかりの
あまえた表情がかわいらしい男の子です 

 

 

しかし、ほんとうにヒゲダンスが似合うくまさん

音楽をスタートさせましょう^^

 

ああ…なつかしい

 

 

この、志村けんのような雰囲気は

えびぞりになった、手の形から醸し出されるものですね

 

お顔は、どちらかといえば、加藤茶に似ています

 

 

愛らしい正統派のくまさん

ご自宅にお迎えしませんか?

 

大きさは、約13インチ(32cm)と、抱っこしやすく

シェルフの上にも座らせやすい大きさです

 

 

この子の来歴について知りたいですか?

かなり有名なシリーズなので、クマ辞典にぜったい出てきますね

 

履歴書を読みたいかたはこちらをどうぞ

 

 

ハグミーのシリーズは1924年から登場し

多くのバリエーションがあり、現存する子は多いのですが

チルターンのラベルは、チャドバレーやメリーソートと違って

足に縫い付けるものではなく、ちいさい脇のタグだけ

 

血統書といいますか、ラベルが残っているクマさんは

ほんとうに珍しいのです

 

 

愛らしい顔をした子ですが、猫背で

背中の写真を撮ろうとしたら、おそろしく陰気なふんいきになりました^^

 

 

お顔は・・・かわいいんですけど^^

 

この時代には珍しく、プラスチックアイではなくグラスアイ

グラスアイは、壊れたとき、危険だからということで、もう使われなくなっていたのですが

(製造物責任法・PL法のはしりでしょうか)

 

細かいことを気にせず、雰囲気のよいグラスアイを使う

チルターン社の姿勢が、わたしは好きです

 

 

足の裏はベルベットで、黒い糸のステッチの爪

安定感のあるかわいらしい足つき^^

 

 

テディベアにしては、わりと短毛のほうで

やわらかい、猫っ毛のフワフワちゃん

 

深い色のひとみで、こちらを眺めています

 

 

もうかれこれ半年以上前に入荷したのですが

愛らしくて、なかなか旅をさせる気になれなかったのですけど・・・

 

彼にもそうろそろ新しい、飼い主さんをみつけないとね

 

 

新しい一歩を踏み出そうと身構えるかわいいハグミーベア

この子を抱っこしてくれる

素敵な飼い主さん、限定一名募集中です

 

くまさんの部屋へはこちらからどうぞ
くまのへや

 


本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

アーイアイ♪アーイアイ♪

おさ〜るさ〜んだよ〜♪

 

セーターを着たさるが木の上に登っています^^

元気いっぱい、アクティブな子

 

 

おやおや!

 

よく見ると、さるではなく

クマさんですねえ^^

 

にくめない、やんちゃな顔立ち^^

やさしい瞳をした、中年の男の子

 

 

メリーソート社の代表的なベア“チーキー”
チーキーという名前はチーキーを見たエリザベス女王が思わず口にした


「Cheeky(生意気そう)」という言葉が名前の由来とされています

 

 

ふわふわの毛がかわいい、うさぎさんみたいな可愛い子
70年代に、ちいさい女の子だったかたが、なつかしく思う手触りです  

 

 

 


身長12インチ(約30僉砲痢△世辰蓋き、かわいいチーキー
シェルフの上などにちょこんとのせても愛らしい


毛の色はアイボリーベージュ。毛質はアクリルマイヤーで、

手にはウールパッドがついています。
目はプラスチックアイで両耳にベルが入ってます。

 

 

 

もうすぐ5月、あたたくなってきましたね

ちょっと、ヌードになってもらいましょう

 

銭湯に入るかのように、威勢よく脱いでくれました

 

 

手のひらのウールパッドが擦り切れています


また多少の、かがり糸のほつれもございますが
チーキー本体は目立つ瑕疵も無く、良好なコンディションです
 

 

 

1960年代から70年代の間に生まれた子だと思われるので

年齢は、40代から50代だと思うのですが

ちいさな男の子にしか、見えませんね(←当然?)

 

頭はふさふさです

 

 

春の陽ざしをあびて

のんびりくつろぐ、白い恋人ならぬ”白いチーさん”。

 

 

だれかの手編みなんでしょう

ぴったりサイズのセーター

 

たくさんのひとの愛情に支えられて、かわいがられて生きてきた子です

長い時間、元気に生きてきたくまさん

 

一緒に新しいクマ生をおくる

素敵な飼い主さんを、限定1名募集中です

 

 

もうすぐゴールデンウィーク

かわいいチーさんと一緒にお出かけはいかがでしょうか

 

くまさんの部屋へはこちらからどうぞ
くまのへや

 


本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

ミモザの季節ですね

近所にあるレストランの入り口にも

大きな枝が飾ってありました

 

ふわっふわの、いりたまごのよう

 

 

 

ミモザの茂みから

かわいく顔を出しているのは、あの子はだあれ?

 

ちょっと小柄なくまの男の子

 

 

 

まだ日本の強い日差しになれていないようです

 

上目づかいに盗んでみている

オレンジのあなたの瞳がまぶしいわ

 

 

この子も、1953年から1966年までの間のお生まれ

おとしは50歳から64歳までのあいだ

 

足の裏の血統書が、真っ白になっていて判別できませんが

脇のタグはしっかりChad Valleyの文字を読み取ることができます

 

 

手足の裏のレキシンは劣化していてヒビははいっていますが

毛皮はふさふさで健康そのもの

 

ただ、もしかして彼。。。。

お若いころ、洗濯されたのかもしれません

 

 

少々フエルト化した毛の状態と、白くなった足裏ラベルを見てそう思いました

 

 

いわゆるアラフィフ〜アラカン(アラウンド還暦)なのですが

非常に健康体、実年齢よりもか〜なり若く見えます

 

関節の動きもいいですね

 

 

アンチ・エイジングの成功したくまさん

 

通っているヨガ教室、幅広い年代の方が来られているんですが

70代くらいの方で、体格がしっかりしている方がけっこういます

体力は、運動不足気味の30代〜40代のかたよりありますね

 

若いころから、運動して、食べ物に気を使われていたんでしょう

 

このクマさんもそんな感じ

以前の持ち主さんが、かわいがり大切にケアされていたんでしょう

 

 

時を経て

あたたかな、やさしい想い出を心のカバンに詰めて

やってきたかわいいイギリスグマ

 

背中を見てみましょう

 

ちいさなほつれはございますが、大きな損傷はみられず
アンティークとして状態のよいクマさんです

 

 

遠いイギリスの

チャドバレー丘陵でも、いまはミモザの花ざかりでしょう

 

遥かなる時空を旅してきたかわいいクマさん

あなたのお手元にお迎えしませんか?

 

 

くまさんの部屋へはこちらからどうぞ
くまのへや

 


本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

おや、くまの子がストレッチしてますよ

手足のジョイントもなかなか良さそうは、元気な子

 

春をよぶ、くまのおどりでもしているのかな

 

 

おそらに魔法をかけましょう

さっそく春がやってきましたよ

 

実は彼は、春を呼ぶ、花咲かじじいグマだったのです

 

 

水仙の花咲く野原で

もじゃもじゃ頭のくまさん1匹

 

ちょっと大き目Lサイズ

 

身長46cm、頭がでっかちの学者タイプ

利発そうな瞳が愛らしい

 

 

年齢は、アラカン?

 

50歳前後はアラフィフだけど、60歳前後ってなんて呼ぶんだろ?

と調べたら、wikipediaにしっかりのってました^^

 

アラウンド還暦でアラカンなんですね〜

ジョイントもしっかりしています

 

 

彼は保存状態がよいので、お年のわりに元気です

 

人間も同じですけど、ぬいぐるみも、お道具も

マメに手入れをしてやると、健康寿命は延びますね

 

気になるキズや破れは見当りません
通常悪くなりがちな、ジョイントもしっかりしています

血統書ならぬラベルもきちんとついています

 



毛並は、長毛種のため、縫い目の付近を中心に、脱毛が見られます
しかしながら、少し離れれば目立ちにくく
そんなに気になるものではございません
(至近距離で見るとスカスカしていますが^^)


 

ちょっと離れてみると

頭頂部の毛もしっかり残っています

 

後姿は、ちょっと哀愁がただよっていて

ダンディズムを感じます

 

背中で語るクマさん

 

 

毎日ウォーキングを欠かしません

今日はどこへおでかけかな?

 

はるかなる時空を超えて、今日も元気に歩き続けます

 

1950年代の、イギリス南東部の町、バッキンガムシャーからきた大柄のくまの子

ご養子にお迎えになるかたはおられませんか?

 

彼といっしょに、これからの人生を旅しましょう

 

 

春をよぶ魔法のくまさん

いっしょに遊んでくれる飼い主さん、おひとりさま限定募集中です

 

くまさんの部屋へはこちらからどうぞ
くまのへや

 


本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

英国の老舗ぬいぐるみメーカー「チャドバレー&チルターン社」

1960年代〜1970年代にかけての大ヒット作品

 

はちみつ壺をもった、可愛いくまさん

また、うちに来てもらえました^^

ありがとう

 

 

コッツウォルズのハートフィールド村

AAミルンの名作、くまのプーさんはこの土地で生まれました

 

はちみつ色のレンガが美しいコツツウォルズ

英国一美しい村「バイブリー」

 

 

 

死ぬまでにいちど行ってみたい場所

とはいえ、イギリスのちいさい村は、はるか遠く


そんなときは、この子をながめて
まだ行ったことのない遠い地を想いませんか^^?

 

 

そうそう、このくまさんは三度目の登場ですが

いつもと違うのがおわかりでしょうか

こちら、テディベア辞典のおすがた

 

テディベア図鑑
参照元 出版社: ネコ・パブリッシング (2002/11/1)
 

 

もうおわかりになったでしょうか

はちみつ壺の上になんだか見慣れないものが!!!

 

 

この、しましま模様は

みつばちハッチですね^^

 

このクマの情報をネットでさがすと、オリジナルには「ハチ」が付属している

といことまではわかったのですが、その先の情報はありませんでした

実物をみたのは初めてです

 

 

かわいいんだか、どうか

「なんだかな〜」と悩む微妙な顔立ちですが

 

愛嬌はたっぷりありますね

 

 

 

実はこう見えて、このミツバチは幻のハチなのです

 

オリジナルと思われるものには、ハチ、はちみつ壺とリボンが付属しています

しかしながら、すべて取り外し可能なため、クマ本体のみが

流通している場合がほとんど


はちみつ壺、そしてハチが残っているのは非常に珍しいです

 

 

 

あまいお菓子のかおりに誘われて

ミツバチとプーさんは今日も夢心地

 

いっしょにお茶の時間を楽しんでくれる

素敵な持ち主さんをお待ちしております

 


くまさんの部屋へはこちらからどうぞ
くまのへや

 

明後日は24節季でいうところの「大寒」

いまは一年でいちばん寒い時期

 

どなたさまもお体に気をつけて
本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

 

 

">

森のくまさんこんにちは!

 

くまさんというより、ちょっとキタキツネみたいな

かわいい子、お店にやってきて、くれました

トウモロコシが似合いそう

 

 

生意気そうな顔をしていますが

とてもちいさいです

 

マグカップと並べると大きさがわかると思いますが

コンパクトタイプの愛らしい子

飾るのに場所をとりません

 

 

朝の光に包まれて

金色という感じの子

 

なんだか金運がアップしそうなゴールデンベイビー

新年は、この子と一緒にハッピーニューイヤー!

 

 

眼の色と雰囲気は1970年代ですが

ポリエステルサテンの洗濯ネームが付いていました

 

会社のロゴなどをあしらった、洗濯ネームが出てくるのは80年代からですが

こちら、ロゴなどはない、文字のみの地味なもの

ごく初期の洗濯ネームで、こういうものに興味があるかたには面白いと思います

 

1970年代後半〜1980年代初頭にかけての間に生まれた子

だいたい35〜6歳と推定されます。

 

 

非常に上質のモヘアで

観賞用だったらしく、使用感はほぼ感じられません

 

縫い目も四肢のジョイントも完璧

もちろん両耳にベルも入っています

 

ぬいぐるみ自体のつくりもよく

お顔もすごく可愛いです

 

きっと熟練された、よい職人さんが作ったんでしょうね

 

 

日向ぼっこしてるチーさん

ほわほわです^^

 

ちいさいですが、質のよいモヘア

 

 

ヨーロッパの西の果てからきたこぐま

東の果てにやってきました

 

こんどは、どんなお家に向かうのでしょう

 

 

今年一年よくがんばりました

そんなアナタのクリスマスプレゼントにも最適です^^!

 

 

メリーソートという会社の名前は、幸運を表す鳩の胸の骨に由来しています

新しい年、トリ年へ、ちょうど10日となりました!!!

 

幸運のゴールデンベアーはいかがでしょうか?

 

くまさん部屋はこちらからどうぞ

くまのへや

 

本日も素敵な一日でありますように

 


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

冬が始まる前の、秋のひととき

あったかそうな、ムクムクの、くまさんのご紹介

 

あ、この子みたことがある^^

と思った方は、記憶がいいですね

少し前に、メガネ置きの宣伝で出してましたから

(・・・まだ売れていない小物入れ

 

 

そう、あのときの

リッチなふんいきのメガネグマがこの子です

 

近視のめがねなので、ちいさいおめめが

さらに小さく見えます

 

 

なんだか、クマの目がわるくなったらいやなので

すぐ外しましたけど

 

つぶらな、可愛らしいオレンジ色のおめめです

 

 

なかなかコンディションのよい子です

ロン毛ですが、ふさふさ

やわらかめのクマ毛が心地よいです

 

やはり、気にするかたも多いようですが

後頭部にもハゲはありません

 

 

 

まるいコロコロした背中にも

気になるキズなどはみられません

 

彼はずいぶんと平和なクマ生を送ってきたもよう

 

あと、状態と顔の雰囲気、パッドの素材からして

この子はチャドバレー末期の、1960年代の子だと思われます

 

 

顔立ちは、合併後の60年代中間から70年代前半にかけての

クマさんと、ほとんど同じような雰囲気

 

そのころちいさい女の子だったかたが

なつかしく思うような、まるい顔立ちです

 

 

合併前の、チャドバレー社時代の名残として

ロイヤルワラントが足に残っています

 

パッドの素材はベルベット

 

 

わきの下に、ブルーラベルも

残っております

 

 

チャドバレーのたぶん最終期のお品

経営難のためか、この時期に生まれた子は、つくりがちょっと甘い気がしますが

彼自身は、使用感の低い、とてもコンディションのよい子です

 

 

すてきな飼い主さん、限定一名募集中です^^

くまさん部屋はこちらからどうぞ

くまのへや
 

 

本日も素敵な一日でありますように

 


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">


Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Selected Entry

ネットショップへのリンクです

おぱーるの部屋

スージークーパー

2

ビンテージ・グラスウェア

excellentglass.jpg

ホーンジー

hornsea.jpg

オールド・ホール

oldhall.jpg

Archive

Mobile

qrcode

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM