久しぶりに北浜レトロへ

 

およそ100年前につくられた可愛い洋館は

とってもかわいい英国風ティールームとショップになっています

 

 

ここへ来ると、永遠の乙女になって気分になりますね

 

かわいいクマさんがいっぱい!

クマ好きにはたまらない

 

 

おやおや、こんなところにもクマさんが!

あどけない顔をしてお座りしています

 

 

ああ〜!

キャビネットの中には制服を着た

くまの兵隊さんもいますね

 

 

ショーウィンドーには

お持ち帰り用のケーキがたくさん並んでいます

 

季節の味覚を詰め込んだ

フルーツたっぷりのクリームケーキと

素朴な焼き菓子が中心

 

 

ティールームのみなさん

ビクトリア時代の、裾の長い、黒いメイド服を着られています

 

メイド喫茶じゃないんですけど〜^^

なんだかそれっぽくて面白いです

(メイド喫茶に行ったことはないのですが〜)

 

 

さあ、ランチのお茶会の始まりです!

 

シルバーのポットに、なみなみのお茶

おいしいサンドイッチも運ばれてきましたよ

 

 

この日の日替わサンドイッチはハムとカマンベールでした

あいかわらず美味しい

 

久しぶりに来たのですが、パンが少し薄くなって

食べやすくなった気がします

(前は量が多すぎて泣きそうになりました)

 

 

至福のティータイムが粛々と進みます

さし湯も付いていたので、ずいぶん長くお茶を楽しめました

 

 

サンドイッチを食べ終わると

デザートのスコーンが登場です

 

ここでお茶にミルクを入れてミルクティーで変化を楽しみます

 

 

スコーンは、ドライイチゴ入りでした

ホイップクリームと、大粒のブルーベリージャムが添えられています

 

以前はクリームだけだったけどジャムが増えましたね^^

 

パンを薄くして食べやすくしたぶん

ジャムをプラスしてくれたようです

 

企業努力はこうでなくっちゃ〜^^

 

 

 

大阪の、イギリス以上にイギリスな空間

北浜レトロはいつ行ってもなんだか少女のような気分にさせてくれる

かわいいティールームです

 

 

台風日和の休日ですが

こんな日はお家でのんびりとカフェ気分

おいしいお茶を楽しむのにぴったりな時間です^^

 

 

本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

 

">

ウィリアム王子ご夫妻のお住まいケンジントン宮殿

宮殿の一部は博物館として公開されているんですね

知りませんでした

 

ヴィクトリア時代にはオレンジなどを育てる温室は

「オランジュリー」としていまはレストランになっており

現在はそこで食事やアフタヌーンティーを楽しめるんだそうです

 

参照:Travel.jp

 

中の写真はこちら!

これはまた〜夢のような世界ですね^^

 

ドレスアップして、死ぬまでに一度いってみたい世界

 

いや、よく見るとお客さんの服装はけっこうカジュアル

観光でロンドンにいったとき、ついでに行けるかも

 

参照:Pleases I will go

 

アフタヌーンティーもひときわ豪華

ケーキのひとつとして添えられているのは「ヴィクトリア・スポンジケーキ」

 

だんなさんであるアルバート公を亡くしたビクトリア女王を

なぐさめるためにつくられたケーキなんだそう

 

参照:Pleases I will go

 

前置きが長くなりましたが

ケンジントン宮殿オランジュリーのヴィクトリア・スポンジケーキ

 

うめはんに、職人さんと一緒にご来日^^

 

 

ケーキには新鮮なバタークリームとチップトリーのジャムがはさんであります

これはバタークリーム作っているところですね

 

 

そういえば、一緒にいたオパ飼い主さんが

「私、このスポンジケーキにジャムはさんだやつ苦手」と申していたのですが

昭和の低価格洋菓子に、似たのありましたよね

思い出しました

 

ボソボソのスポンジケーキに頭の痛くなるようなサッカリンの入ったジャム

ロウのような、バタークリームがのっていましたねえ(←遠い目^^)

 

見た目はあれにちかいのですが

こちら材料とつくりかたが異なります^^

 

 

特にバタークリームに偏見を持っていたのですが

いいバターを使ったバタークリームは違いますねえ

 

昭和の子どもたちが食べていたバタークリームケーキ

あれの素材はいったいなんだったのでしょうか

ちょっと怖くなります

 

 

 

おっちゃんのカットしてくれたケーキ

 

甘いけど、くどくない、おいしいスポンジ生地

中に挟まれたバタークリームが、ほんとおいしい

口の中で気持ち良く溶けてゆく

 

 

えらく大きいケーキで、けっこう食べごたえがありました

アフタヌーンティーセットの一部にこれがあると、泣いてしまうかも

 

日本のケーキ屋さんはちいさくて可愛いショートケーキが主流

大きいものは、フルーツがふんだんにのっていたりするから

素朴さが、なんだか新鮮に感じました

 

 

ケンジントン宮殿ではないけれど

お気に入りのバラの器でティータイム

 

今日のバラは紅茶ならタリスマン

コーヒーならセピアローズをいかがでしょうか?

 

 

商品ページはこちらからどうぞ

セピアローズ

タリスマン

 

 

ケンジントン宮殿でのアフタヌーンティーおひとり様28.5ポンド(約4.000円)

冬休みにロンドンへ行かれる方、楽しんできてはいかがでしょうか?

 

詳細とネット予約は下記サイトからできますよ^^

The Orangery

 

 

本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

 

日曜日のパン・ランチ

ちかくのブーランジェリー・ミニヨンさんで買ってきました

天然酵母を使った、少し酸味のあるバゲットが美味しい

 

わたしの好きな野生の王国系(?)

 

 

打ちっぱなしのコンクリートのビルに入っている

ちいさいお店です

 

かれこれできてから10年くらいになるのかな?

木製のドアがいいかんじにビンテージ化してきました

 

 

大型パン店がひしめく激戦区において

こじんまりと営業している、アットホームな感じのお店

 

 

ハロウィーンのちいさい飾りがありました

季節を感じていいものです

 

 

うちの食卓にも

ちいさなハロウィーン

 

食卓の恋人フレッドくん

ハロウィンバージョンは発売中です

 

 

バゲットにクリームチーズをのっけて

クラッカー風に食べてみます

 

パンが焼き立てで、しっかりしていると

美味しいもんです

 

 

 

カスクートにして

野生の王国のように、かじるのがバゲットの王道

 

いつまでも固いパンをかじれるように

歯はたいせつにせなアカンわ〜

と思う今日このごろ

 

 

いろんな具材をのっけたり、はさんだりしてたのしむ

休日の手巻き寿司ならぬ、手ばさみパンランチ

 

 

やっぱりパンがいいと

美味しいのです

 

 

デザートはこれ

クランベリーとホワイトチョコがぎっしり詰まったやつ

 

パンを割ったとき、あまりのホワイトチョコ度にびっくりしたのですが

ふんわりした、やさしい味でした

 

 

店先のパンもハロウィンモード

ジャック・オ・ランタンが笑ってます

 

あまり、フランスっぽい感じがしなくて

どことなく日本的なかわいいパン屋さん

ときどき食べたくなるやさしい味です

 

 

秋晴れのさわやかな一日、ああ食欲の秋

きょうも「こぶた注意報」が出ているようです^^

 

ブーランジュリー・ミニヨンさんのページ

 

フレッドくんの部屋

 

 

 

本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

今日10月1日はコーヒーの日なんですって

理由は、9月に収穫をむかえたコーヒーの新年度にあたるからだそうです

 

ということで、今日のブログは梅田にある純喫茶の名店「珈琲の森」へ

 

関西名物の、たまごやきをはさんだサンドイッチが食べたくて

食いしん坊のくまさんのように、森へ行ってきました

 

 

森には葉っぱがいっぱい

 

深い森の奥のような店内に

ときおり見える木の葉が愛らしい

 

外の光が、森の奥から外を覗くような雰囲気でした

 

 

おひとりさまだったので

カウンターに座りました

 

使い込んだコーヒー入れに

昭和の郷愁を感じます

 

 

頼んだのはミックスサンドのモーニング420円

ほかにもホットケーキやラトーストもありましたが

これが一番人気のよう

 

なっとくのボリュームです

みんな、ほぼ同じようなもの食べてます

 

 

大阪の純喫茶の象徴

たまご焼きをはさんだサンドイッチ

 

ゆで卵ベースのところが多いですが

やっぱり純喫茶はこうでなくっちゃ

 

イギリスパンのトーストに、トロトロのたまご焼き、キュウリとハムが

ケチャップといっしょに仲良く挟まっています

美味しい^^!

 

 

ドリンクはカフェオーレにしました

生クリームがふんわりのってます

 

 

カウンターだったので、作っている作業を楽しく見ていたのですが

カフェオーレを頼むと、女性客はピーターラビットのセットになるようです

 

か〜わい〜!

 

ちいさい女の子じゃなくっても

喫茶店のカップがピーターラビットだと嬉しいもんです^^

 

 

 

棚には同じウエッジウッドのプーさんとかワイルドストロベリー

ちいさい男の子向けかな?、機関車トーマスもありました

 

それからミントンと、たぶんロイヤルアルバート

カップはイギリス食器をつかわれているよう(お皿は違うよう)

 

男性客にはピーターラビットやプーさんでなく

ミントンなどでコーヒーを提供されてました

こころ配りがすごい〜

 

 

 

場所がら、時間がらか

中高年のおっちゃんがリスのようにモーニングを楽しむ

魅惑の喫茶店、珈琲の森

 

座った椅子は、写真とれなかったんですがウィンザーチェア

イギリスの、アーコールのものかな?

 

 

 

大好きなロンドンティールームとはまた違う

昭和のさりげない和風なイギリスがあって、ここ大好きになりました

 

また食べにきたいモーニングです

珈琲の森

 

本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

いとしのロクサーヌならぬ愛しのロンドンティールーム

 

駅の近くにある阪急メンズ館のほうではなく

てくてくと歩いて、堂島のほうの本店のほうに行ったら

ずいぶん雰囲気が変わっていました

 

ユニオンジャックを持った、おさるさんのお出迎え

 

 

麗しのベティーちゃんがいました

これ、アメリカンコミックじゃなかったのかな〜

 

 

トラディショナルな英国からちょっと多国籍テイストへ

50年代くらいのポップな世界が混じった感じで

おもしろかったです

 

売り場を飽きさせない努力に脱帽!

 

 

メインティールームはいつもの通り、おちついた雰囲気

 

地下一階にあるので、いつも夕方みたいな

曇り空のイギリスみたいな空間

 

 

 

久しぶりのアフタヌーンティー

ミントンのハドンホールがなつかしい

 

ここのお店で、人生初めてのロイヤルミルクティーを飲んだ

二十歳くらいのころも、やっぱり同じ柄でした

いつみても新鮮でかわいらしい

 

 

こちら、オパ飼い主さんオーダーのアフタヌーンティーセット

サンドイッチ、ケーキ、それから大きな器に入ったロイヤルミルクティー

 

昼食後、そんなに間をおいていないというのに

がっつり完食です

 

大型犬のオパールさんをいつも引きずっているだけあって

筋肉があるせいか、大食いのわりに太りませんね

 

 

こちらは私の頼んだやつ

パン・ペルディユとアイス・ロイヤルミルクティー

 

キャラメル味のフレンチトーストが最高でした

 

しかし思うのは、こちらセットメニューが増えて

昔に比べてずいぶん値段が安くなったこと

ひとり千円ちょっとでしたが、バブルの残り香が漂う頃は

めったに来れない高級店だった気がします

 

 

ここの、アイスミルクティーを入れているステンレスのマグカップ

たっぷりしていて、持った感じが心地よくて、夏は最高!

 

うちでも似たものをとりあつかっていますが

冷蔵庫でマグをキンキンに冷やしてビールを楽しむのもいいものです

 

Blog

 

とはいえ、ここはカフェなのでビールはありません

ゆっくり紅茶を楽しみます

 

ゆるやかなロンドンタイムが流れてゆきます

四半世紀前もこんな感じだったな〜

 

 

変わらないと言えば変わらないけど、それでもマイナーチェンジがあって

可愛いものを見つけるとうれしい

 

こんなところにオオカミが〜

 

 

ハロッズのクマさんだ〜

メイドさんタイプと、メガネグマタイプ

うちに連れて帰りたい〜

 

四半世紀たっても人間の趣味はそうそう変わりません

 

 

これからまた四半世紀後も

ここは、こんな感じなんでしょうね

 

そのときマスターはご存命なのだろうかと

失礼なことを考える中年女

(いまも、けっこうなお年のはず)

 

いつまでも大阪にあり続けてほしいお店です

 

 

さて、最後は商品紹介で締めましょう

あたたかいものはあたたかいまま、冷たいものは冷たいままに^^

商品ページはこちらからどうぞ
オールドホールのマグカップ
 
本日も素敵な一日でありますように

 

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

土曜日のおひる過ぎにちょっと近所へ

美味しいランチを食べにゆきました

 

栄養士のオーナーさんのつくるヘルシーごはんと

フラワーアティストのプロデユースする、かわいい世界

 

 

ランチのおめあては

十品目の定食

 

お野菜は、有機・無農薬野菜をつかった

からだにやさしい手作り料理

 

 

どれも手の込んだおいしいおかず

家でこれだけのお惣菜を準備するのは、ちょっと無理ですね

 

おむすびに使用しているごはんも

黒米を混ぜて炊いていて、味わい深い美味しいごはんでした

 

 

 

左はかぼちゃのサラダ

 

右はほうれんそうとオクラのごまあえ

ホウレンソウにオクラって合うんだあ

 

 

パルメザンチーズのかかったシーザーサラダ

それからレンズ豆のサラダ

 

真ん中のほうは、酸っぱめの切り干し大根

この写真では見えませんが、メインはトリの煮込みでした

 

 

全貌はこんな感じ

 

ちまちまと可愛らしい器に

素朴でかわいいおかずたちが首をそろえます

 

器がばらばらって、かわいい^^

 

 

 

おだやかな日で

大きな窓から、やわらかい光がさんさんと入っていました

 

 

ちょうど、フラワーアーティストさんの主催する

ブーケづくり講座が終わりかけでした

 

かわいらしいアレンジメントが

わりと、かんたんにできるようです

 

 

アンティークのミシンの上に

アレンジメントがたくさんありました

 

こちらは売り物です

 

 

 

白く塗られた扉がかわいい

住宅街のちいさなカフェ

 

おだやかな午後のひととき

夢見る空間に癒されました^^

 

 

ついでに

入口のカンバンもかわいい^^

 

 

ナチュラルブームが浸透し、わざわざ大阪市内に出なくても

体にやさしい、ココロにやさしいお料理が近所で気楽に食べれるようになりました

 

うちでつくるゴハンもいいけど、たまにはお勉強かたがた

お外でナチュラルランチもいいものです^^

 

Organic Kitchen Anatelier

 

本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

紫外線のきつい今日この頃

日焼け止めクリームがしばらく塗れないので

あまり遠出をせず、帽子&マスクとい怪しい姿で近所をうろうろする毎日です^^

 

またまた近場、地元にあるJR吹田駅前の和食屋さんに

朝ごパンを食べにゆきました

 

パンなのにナイフとフォークではなく

おはしがついているところが前衛的^^

 

 

トーストに、オレンジジュース、フルーツ、サラダ

メイン料理は左から、豚の肩ロース、だしまき味卵、茄子の蒸し物

 

フルイングリッシュブレックファーストだと

ベーコン、スクランブルエッグ、野菜添えになるところを

忠実に和風化しているところが面白い^^

 

おかずがぜんぶあたたかくて

特に、だしまき卵(スクランブルエッグに見えますけど^^)が

トロトロで絶品でした

 

 

トーストもプレーンとレーズンパンの2タイプ

芸がこまかい^^

 

さすが名古屋風フルイングリッシュブレックファースト

 

 

おはしで食べるモーニング

なんというか、ちょっといいホテルのモーニングビュッフェで

好きなものを少しづつ取り分けたような自由奔放な感じがうれしい

 

美味しいものがちょっとづつ食べられるしあわせ

 

これで500円玉1枚はかなりコスパ高いですね

 

 

もちろんコーヒーも

ついてます〜

 

 

笑う門には福きたる

ふくろうが、カウンターにびっしりとまっていました

 

店主さんに聞くと、さいしょ一つ置いておいたら

お客さんがうれしがって、どんどん持ってきてくれたそう

近所のひとに愛されているお店なんですね^^

 

 

しかし・・・

世の中にはふくろうマニアが多いもの

ちょっとびっくり

 

 

ジプリ映画にでてきそうなやつも^^

 

 

ふだん自転車で通る道の傍にあるお店ですが

あまりにもシンプルなただづまいなのでうっかり見過ごしていました

 

以外にも、地元吹田にはおもしろいお店がたくさんあるよう

 

 

まねきねこさんがおまねきしていたので

今度はランチか晩によりましょうかね

 

 

吹田の「笙」さん

 

地元に愛される、近所の人に愛されるお店

こういうのもエエもんです

 

本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

1970年〜80年代に賑わいを見せたベッドタウン吹田

駅前の商店街も、ひところに比べだいぶ元気がなくなりました

 

この近辺におもしろい店など存在しないと思っていたのですけど

駅の裏手の民家に混じって、かわいいお店を見つけました

 

 

 

JR吹田駅の裏手、ラーメン屋さんや民家のあつまる界隈

ごくごく普通の昭和の町並みのなかにあるちいさなお店

 

一軒の古いお家を改造した、なつかしい感じの洋菓子屋さん

 

 

 

洋菓子屋さんといっても、ちいさい子供の好きそうな

かわいくデコレーションされたケーキが並ぶお店ではありません

 

大人のためのお菓子屋さんですね

 

 

焼きっぱなしのシンプルなお菓子

フルーツやクリームでデコレーションしていない

素朴なお菓子がならびます

 

 

どれもあまりに魅力的すぎて

大人はドキドキします^^

 

バックヤードには

焼き立てのスコーンとパウンドケーキも見えました

あれは、どんな味なのかな^^?

 

 

 

イギリスで食べる、バターたっぷりの濃厚な味ではなく

甘さもひかえめで、ものすごくやさしい味

 

地味なんですけど、感動的においしい

 

お店のほうは、古民家といっても、江戸時代とかではなくて

ごくごく身近な、昭和初期くらいのおうち

 

ちょっと古い町に行けば、まだまだたくさん残っている

そんな感じのお家です

 

 

手づくりのやさしさを感じさせるリノベーション

 

店主さん自身が、お知り合いの方の力を借りて自力で改装されたのでしょうか?

間仕切りを取り除き、壁を塗り、天井に布を張った

ごくごく簡素なリノベーション

 

 

なんてことはないんですけどね

 

あまりにも飾りっけがなくて、そのありのままの姿が

なんともいえず心にしみるんですよね

 

 

 

廊下と、格子窓から見える中庭は

昭和初期から変わらないものなのでしょう

 

 

ゆっくりくつろげる大きなソファや

癒し系の本がたくさんありました

 

 

 

 

長く編んだ黒髪の、かわいらしい奥さんがお菓子を焼いて

眼鏡をかけた男前のだんなさんが、珈琲を淹れて

ふたりで切り盛りするかわいいお菓子屋さん

 

絵本の世界みたい

 

 

椅子がすごく座りごこちよかったんですけど

しまった、写真撮るのわすれた^^

 

出されたお冷に氷が入ってなかったのが何気なくうれしかった

暑い夏に冷たいものを飲むと汗がとまらなくてしんどいから

こんな気遣いがありがたい

 

しばらくするとコクのある珈琲も来ました

羚羊とかいう名前だったかな?

 

 

頼んだ焼き菓子は

沖縄パイナップルとマカデミアンナッツのタルト

 

普通のイギリス菓子みたいに

バターと卵たっぷりの濃厚な味というのではなくて

さらっとしていて食べやすい、和風な感じの西洋菓子

 

 

そういえば、珈琲に入れた砂糖

変った色していたので、少しなめたらすうっとして美味しかった

和三盆か何かかな?

 

お菓子にも使われているのかも

 

 

月曜日のオープン直後

朝の11時くらいに行ったのですが、

ちいさなお店はあっという間に満員になりました

 

それでも座席数のすくない、ひろびろとした店内は

ゆっくりした時間が流れています

 

 

こんなに感動と、現実的な夢にあふれた西洋菓子店は初めてですね

吹田の町も捨てたもんじゃあありません

 

ただ難をいえば、開店日数と時間がやたら少ないことでしょうか

 

開いているのは日・月・火の3日間、営業時間は11時から6時までの7時間のみ

午前中に行かないと、お菓子は売り切れていることも多いようです

 

 

カワタ製菓店

https://tabelog.com/osaka/A2706/A270602/27090341/

 

本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

先週、吹田の万博公園までいった帰り

山田の駅前まで足をのばして、以前から気になっていたパン屋さんへ

 

お店の名前は「ル・マタン・ドゥ・ラビ」

フランス語で「青春」という意味なんだそうです。

 

「いくつになっても情熱をこめて生きてゆきたい」

「いろんな挑戦をしてゆきたい」

 

きっと、そんな願いを込めて、名前をつけられたのでしょう(たぶん^^)

店主さんの想いがいたるところに感じられる素敵なお店でした

 

 

ちいさいお店でしたが、パンの種類は豊富

甘いものから、ハード系までバリエーション豊かに揃っています

 

フランスパンのお店ですが、スコーンもありました

これは素晴らしい^^

 

 

 

パンが雑貨風に並べられていて

すごく可愛かった

 

段になった棚のスタイルではないので、選びやすかったです

 

 

お店は、ワインの地下蔵を改造したギャラリーみたいでした

 

ちいさくて、お客さんが4〜5人も入れば

すぐ満員になってしまいます

 

 

フランスアンティークらしき

家具や、造作物が、お道具として使われていました

 

古道具屋さんは

うれしくて、ココロがプルプル震えます^^

 

 

上のほうにもパンが!

焼き立てを冷ましているようです

 

用の美というか

陳列されたパンもお道具も、無駄なく美しい

 

「アール・ドウ・ビーブル」は生活の全てがアート

 

パンって、食べられる芸術作品だったのね〜って

ひたすら感嘆してしまいました

 

 

ちいさいですが、イートインスペースもあります

 

窓に張られた白い布をとおして

やさしい光が入ってきました

 

 

ハンドメイドのアクセサリーもあります

 

店主さんとお話ししてないのでわかりませんが

どうやら、奥さまの作品を販売しているもよう

 

素敵なご趣味の夫婦です

 

 

ときどき通る道なんですが

こんなところにパンやさんがあったなんて、知りませんでした

 

アンティークな雰囲気の扉の前に

すわり心地よさそうな椅子がおいてあります

日陰にここちよい風が吹いていました

 

ここで座ってパンを食べたら

きっと怒られるでしょう^^

 

 

うなぎの寝床のような細長いお店で

ちいさい窓から、ぎっしりとパンが顔をのぞかせていました

 

 

 

しっとりした美味しいスコーン

ちいさくて食べやすい^^

 

 

バゲットはフランスの味がしました

 

 

皮がかたくて、中がふんわりしていて

ちょっと茶色っぽい色の噛みごたえのあるパン

 

クリームチーズと野菜をはさむと絶品でした

 

 

一生青春

ル・マタン・ラヴィ

 

 

ちいさいお店には、店主さんのココロがきゅっと詰まっているようです

Boulangerie le matin de la vie

 

 

本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

先日、四天王寺さんの蚤の市に行ったとき

もうすこし足をのばして、昭和町にある古民家カフェ

「うさぎとぼく」へ行ってまいりました

 

40代半ばほどの、気のあったご夫婦がやっている

ノスタルジックなお店

 

 

扉を開けると、昭和の世界が広がります

広々とした土間に、なつかしいかおりのする小物や

お菓子やらがいっぱい

 

 

手書きを交えたラベルが可愛いガラス瓶

原産地別に、びっくりするくらいの数が並びます

 

もともと、ご夫婦そろって福祉施設で働いていて

脱サラして、まったくの素人から始めたお店だそうですが

豆の品ぞろえは超こだわりの専門店

 

 

 

焼き菓子は、福祉施設でつくっているものだそうです

 

なつかしのサイダーや、コーヒーの素などもありました

こういうラインナップ、中高年のハートをわしずかみにするんですよね^^

 

 

家が建てられたときの部材を生かし

少しイマドキにアレンジした空間

 

長屋を改造しただけに、うなぎの寝床のように

奥に、奥に長いつくりです

 

 

木製の分厚いカウンターに

銭湯を思わせるようなタイル

 

それからステンレスの輝きがいい感じ

 

 

カウンター席でモーニングを頼みました

5分ほどで、可愛いセットのご到着^^

 

飲み物とトースト、サラダ、ヨーグルトがついています

 

 

飲み物は「ぼくのミルクコーヒー」にしました

店主さんが描いていくれるラテアートがかわいい

 

かわいすぎて、飲むのがつらい^^!

 

 

トーストはふたきれ

ものすごいボリュームに見えますが、かわいらしいミニトースト

 

保存料無添加のパンに、無塩の四葉バターが塗ってあります

もっちりして、美味しかったです

 

 

遅めの朝食を終えたあと、まわりを見回すと

いろんなところにウサギがいます

 

かわいい〜

 

 

コーヒー豆の焙煎機械のそばにも

何匹がいました

 

 

あまり来ない大阪市内の南部ですが

こういった長屋再生のお店がおもしろい

 

 

昭和の町並みの残る天王寺界隈

休日に、ぶらぶら歩くのもいいものです^^

 

うさぎとぼく

 

 

本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Selected Entry

ネットショップへのリンクです

おぱーるの部屋

スージークーパー

2

ビンテージ・グラスウェア

excellentglass.jpg

ホーンジー

hornsea.jpg

オールド・ホール

oldhall.jpg

Archive

Mobile

qrcode

Comment

  • 焼き菓子の魅力〜カワタ製菓店
    Calico
  • 焼き菓子の魅力〜カワタ製菓店
    みーたん
  • ウエスティンホテルのアフタヌーンティー
    Calico
  • ウエスティンホテルのアフタヌーンティー
    Calico
  • ウエスティンホテルのアフタヌーンティー
    みーたん
  • ウエスティンホテルのアフタヌーンティー
    猫ノ寝ガエリ
  • 大阪を感じるパン
    みーたん
  • 大阪を感じるパン
    Calico
  • 大阪を感じるパン
    みーたん
  • オパールの「バスルームより愛をこめて」
    Calico

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM