秋の気配が深まる今日このごろ

 

本日はキャリコ初登場のお品

スージークーパー1952年のお品「ブラッケン」のご紹介

 

1940年代の「エンドン」の秋冬版といった雰囲気ですね

 

 

ブラッケンとは英語で

荒野に生える、葉の大きいシダ類の総称です

 

下の写真は近所の山で撮影してきたのですが

秋冬にさしかかり、枯れ始めています

 

 

なお通常は、すーさんのデザインのように、シダは葉っぱは

左右別々に、片一方だけ枯れることはないようです

 

これは彼女お得意の、葉っぱで「生と死」、そして「再生」をあらわす

戦後すぐ、1950年代に多いパターンのひとつと思いました

 

 

 

以前ご紹介したビーチウッドや、エバーラスティングライフもそうですが

50年代特有の、「生と死」をあらわす葉っぱが器の周囲を囲んでいるタイプ

 

なんというんでしょうね?「輪廻転生型」デザイン?

そんなふうにお呼びしております

 

 

 

お品のほう、ティートリオ2セットとそれから

大きめのシュガーボウル、ミルクジャグを入荷しています

 

カップのほうは、ファルコンシェイプです

 

お好みでお選びくださいね

 

 

なお、このお品「なんか地味なデザインやねえ」

と思われる方が多いかと思います

 

まあ、たしかに地味なんですが、色あざやかな果物を載せると

びっくりするほど、果物がきれいに見えるんですよねえ

 

 

 

果物が本来持っている生命力を

引きだしてくれるような不思議な力を持つデザイン

 

なんとなく、ぶどうを載せましたが、他の果物でもきれいだと思います

レモンとか載せても、またドキドキするかもしれません

 

 

 

イギリスビンテージの世界はブドウやリンゴなどを中心に

フルーツ食玩を使ったディスプレイが好まれますが

 

ブラッケンは、そんな空間にぴったりのお品

 

 

 

暗い雰囲気のデザインには、意外と明るいものが似合います

世の中、うまいことできてますね

 

シュガーボウルやミルクジャグも

お花など入れても生きてきそうです

 

 

1930年代、40年代のかわいらしいパステルカラーのお品と比べると

ずいぶんシックですが、これも魅力的

1902年の生まれのスーさん、ちょうど50歳ぴったりのときの作品

 

孔子の「論語」で「50にして天命を知る」というのがありますが

この時代の彼女の作品は、哲学的

 

 

 

いわゆる、可愛らしい花柄のお品ではないけれど

なかなかに味わい深いデザイン

 

スージークーパーは21歳から80代までの60年以上、現役のデザイナーでした

 

それぞれの時代ごとの、彼女の個性を楽しみたいコレクターのかたに

お買い上げしていただきたいお品です

 

 

 

 

商品ページはこちらからどうぞ

ブラッケン

 

本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中

本日はひさしぶりに、1980年代イギリスおまけグッズの帝王

HOVIS社のパン型陶器ご紹介、いろいろ入荷しています!

 

ご存じない方も多いとは思いますが、パン型陶器は

英国有数のパン製造業者であるHOVISが1950年代〜80年代にかけて、

パンを購入してくれたお客様へのサービスとしてプレゼントした、ノベルティ

 

ものすごく美味しそうでカワイイのです

 

 

 

日本でも同じシステムはありますよね、

 

Yパン社の、シールを集めてもらえるお皿のような位置づけだったようです。
製造は英国のカールトンウェアCarlton Ware

 

80年代のイギリス人は、このノベルティが欲しくて

HOVIS社のパンを食べまくったのでしょう

 

 

もともとは、食事の時に使う食器として開発されたようですが

あまり使用感のあるものを、見たことがございません

 

みなさん、面白がって、パンを食べて、おまけをもらったはいいですが

使わず、眺めてい楽しんでいたようで、概ね状態がよいものが多いです

 

40年の月日を超えて、いまなお輝くシュガーポットとミルクジャグ

 

 

こちらの、かわいく2つ並んでいるのはソルト&ペパーですね

 

朝食用のミニパンみたいで

すごく愛らしい

 

 

日本にはないお道具「エッグカップ」

 

日本人の感覚でいえば、ゆで卵ごとき、お皿のすみっこに置いとけばいいのに

なんでわざわざ、専用の食器をつくるのだ????

と、いろいろツッコミを入れたくる謎の可愛い食器

 

 

人気の、トースト型パン皿も入荷しています

 

以前、お客さまで、このトースト皿を

お家の壁面にずらりと飾っておられる方がいました

 

写真を見て、可愛らしさのあまり仰天致しましたね^^

 

 

なお、このHOVIS社、今はパンの製造会社ですが

戦前までは、業務用の製粉メーカーでした

 

1950年くらいまで、街にかならずあったベーカリーに

専用の粉を下ろし、粉と一緒に特製の焼き型も支給していました

 

 

そのとき使っていたのが、下記写真のいちばん奥にある

大きなパン焼き型ですね

1930年代くらいのものだと思われます

 

年月を経て、傷や錆がでていますが、それがなんともいえない

重厚な味わいとなり、小物入れやプランターとして人気です

 

 

この小さいやつは、おまけに作られたものか

パンを焼くために作られたものなのかは不明です

 

鍵入れなどとして、人気のアイテム

 

 

イギリス人の主食、美味しいパンを雑貨にしたHOVISグッズ

いつも食べるパンから、こんな楽しい雑貨、よく考えたものだなあって感心します

 

お米を愛する日本人には考えられない世界ですね

 

 

P9220116

 


秋のひとときは、ちょっとへんてこりんで、

実用的な遊び心のあるお道具を楽しんでみませんか?

 


HOVISの商品ページへはこちらからどうぞ
HOVISいろいろ

本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪
                   (にほんブログ村・ランキング参加中)

ひたひたと迫りくる秋風にのって

ホーンジーのジョン・クラピッソン

夢の乗り物シリーズ「機関車」と「馬車」がやってきました

 

時の中を駆け抜けるようなかわいいデザイン

 

 

時間が過ぎるのは本当にはやいもの

街では年賀状印刷の申込みが始まりました

ほんとに一年はあっという間

 

きっと人生もあっという間だから

大切にしなきゃあねと思う今日このごろ

 

 

まだ紅葉は始まっていませんが

だんだんと、黄色っぽくなってくる北大阪

 

珍しい花が咲いていました

これ、なんでしょうね?

 

ちょっと、ホーンジー陶器みたいな色をしています

 

 

マグカップのほうは2点あり、まずは「よろず屋」さんからご紹介

金物をつんだ馬車で、店主が楽しく行商に出かけます。

 

 

よくわからないのですが、各家庭で出た古着などと金物を交換する仕事があるようで

これにも、ユーモアが込められていると思うのですが

ちょっと詳細はわかりません

 

わかるかた、教えてくださいね^^

 

 

北大阪の森はなんともいえず不思議な雰囲気で

妖精が、馬車で走っているような世界

 

 

もう一つは名作「機関車」マグカップ

イギリス・ブラックユーモアマグの傑作です

 

 

一両目に車掌さん、2両目にお客さん、ここまではいいのですが。。。

3両目には、なんと泥棒が載っています。


世の中気をつけないと、どこに何がいるかわかりませんよ

というご教訓みたいなものだと思います


見ていると笑える、大変愉快な柄

 

 

ホーンジーの魅惑の乗り物シリーズ

「機関車」と「よろず屋さん」

 

どちらもなかなか手に入りにくいユニークなお品

 

大阪ではうち以外の店で売っているのはみたことないですが

東京には、ときどき出没するのかもしれません

 

 

四連休も、今日で最終日となりました

ふだん通勤のみなさま、どうぞごゆっくりお過ごしくださいませね

 

ホーンジーのマグカップ

 

本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

暑さ寒さも彼岸までといいますが

今年は、まだまだ暑さが続きますね

 

昼間は暑いので、おうちでのんびりしているオパールさん

お耳が裏返っています

 

 

耳が裏返ったままで、カメラに振り向くオパールさん

 

耳なし芳一状態です

太った白いリスみたいで、かわいい

 

 

以前、寒天ダイエットでやせたと聞いたけれど

あれは夏毛だったから、やせて見えただけかもしれません

 

あいかわらず、ぽっちゃりされたオパールさん

秋の光を浴びてチキンナゲット色に輝きます

 

 

睡魔に負けて、まどろむ昼下がり

 

かわいい顔をして、どんな夢を見ているのでしょうね?

なんだか、泳いでいるみたい

 

 

このごろ人気のおんなのこ

お尻の大きなおんなのこ

 

写真の撮り方もあると思いますが

それを差し引いても太い下半身。。。。

 

 

秋は美味しいものがいっぱい

夏に痩せた分は、もうすでにリバウンドしているのかもしれません

 

 

 

日がな一日、だみんを貪っていオパールさん

エクササイズも忘れずに^^!

 

オパールの秋

犬肥ゆる秋

 

本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

おさんぽ道も秋のいろ

 

かわいい秋草が、そこいらから顔を出しています

なんの花かわかりませんが、愛らしい

 

 

ピンクのふわふわも咲いています

 

素朴とか、清純という言葉がよく似合います

お花屋さんの花にはない、野生の魅力

 

 

もうシーズン最後だと思いますが

朝顔が、一輪だけ顔を覗かせていました

 

 

ちかくの山には、紫色の実がなっていました

 

ムラサキシキブかな?

ちょっと、小正月の餅花に似た、おもしろい実

 

 

これはなにかな?

 

花ではなく、これは実が開いたんでしょうね

羽根つきの、羽根みたい

 

 

これはペンタスですね

 

夏からずうっと咲いていた気はしますが

この花は、秋が似合うかな?

 

 

森の緑も、さいごの輝き

 

空からなにか不思議な妖精が

舞い降りてきそうです

 

 

これは、どんぐりに似ているけど

椎の実かな?

 

むかし、子供のころ拾ってきて

炒って食べたような記憶があります

 

 

 

柿の実は、グリーンから

レモン色に、色づいてきました

 

美味しいオレンジ色に輝く日まで、あとわずか

 

 

 

さんぽ帰りに行く朝市は

秋の花と、果物ですごくカラフルになっていました

 

柿はさすがに早生でも、まだでていません

今のシーズンの花形は、やっぱり、ぶどうですね

 

秋の花も、華やかでした

 

 

 

さつまいもが美味しそうだったので

買って帰りました

 

カロリー少な目でヘルシーな秋の味覚

こういうものばっかり食べてたら太らないんでしょうね^^

 

 

 

 

ふかして食べたら、すごく甘くておいしかったです

ああ…・食べすぎ注意報

 

 

心にいつも体重計

本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

 

本日は、秋のさんぽ道を背景に

スージークーパーのウエディングリング

 

かわいらしいマホガニーカラーのご紹介

 

 

こちらのお品は、イギリスよりアメリカで愛されたお品です

 

イギリスは、日本と同じく、ちょっとぼんやりした感じの

やわらかい色彩が愛されますが、アメリカは

くっきり、はっきりしたお色が好まれたもよう

 

お国柄とか、国民性が出てますね

 

 

ちいさめのプレートもあって

合わせると、デミタストリオになります

 

 

ウエディングリングはカラーバリエーションが豊富ですが

なかでも、このお色が、いちばん円熟した色味

 

よく熟れた果実を思わせる

芳醇な色彩が魅惑的

 

 

 

かわいいデミタスカップ&ソーサーは

3セット入荷しています

 

ひとつでも、3つ並べてみても

その存在感が愛らしい

 

 

ひびやカケはないのですが

貫入と、茶染みがあるので、すこしお安くなっています

 

しかしまあ、もともと茶系の色彩なので

そんなには目立ちません

 

 

夕方の風が少しづつ涼しくなる季節

紅葉も、ごくわずかですが始まってきました

 

スージークーパーの、マホガニー色のウエディングリングで

秋を楽しんでみませんか?

 

 

 

おだやかな光と風の中

いい時間が始まりそうです

 

 

 

商品ページはこちらからどうぞ

スージークーパーのウエディングリング

 

本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

秋のバラの季節も近づいてきた今日このごろ

パトリシアローズのティーカップご紹介

 

1930年代に生まれた、おだやかな色彩のバラは

秋の日差しにまどろみます

 

 

人気のパトリシアローズ

 

残念ながら、ソーサーはなくティーカップのみですが

ちょっと面白い色だったので仕入れました

 

 

なんというんでしょうね

くすんだ黄緑色

 

オリーブグリーンというんでしょうか

パトリシアローズにはめずらしい組み合わせの色

 

 

はんぱもののティーカップ

 

何に使うんかなあとお思いでしょうか

まあ、なにかにつかえると思います

 

 

この世の中に、無駄なものはひとつとして、ない

 

「道端の石ころでも、その存在に大切な意味があるんだよ」

という言葉を思い出しました

 

 

ということで、孤児のカップちゃんも

その意味を見出してくださる、すてきな持ち主様を

お待ち申し上げております

 

 

何に使うんかいな?

と私も思いますが

 

小物入れとして、使えそうです

 

 

まあ、あんまり意味をおいかけすぎずに

 

お手元に置いて、その可愛らしいばらを

ぼんやり楽しむのも、自然でいいかと思います

 

 

バラはバラはバラはバラは〜

気高く咲いて〜♪

 

バラはバラはバラはバラは〜

美しく散る〜♪

 

 

秋のひととき、オリーブグリーンのパトさんと

いい時間を過ごしてみませんか?

 

 

商品ページはこちらからどうぞ

パトリシアローズ

 

本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪

黄色い秋の花が咲く季節に

可愛らしい黄色のノーズゲイをご紹介

 

ノーズゲイは、いろいろなカラーバリエーションがありますが

黄色がいちばん、元気があって愛らしいですね

 

 

ノーズ・ゲイというのは「香りの花束」

そんな意味がございます

 

1930年代、アールデコの、特徴的な花柄

 

くせがあるので、好き嫌いが分かれる図柄ですが

お好きなかたは、熱狂的に好きですね

 

 

 

お品のほう、いろいろ入荷しておりますが

おすすめは、花瓶にしても愛らしいミルクジャグ

 

飾りとして、置いておくだけでも愛嬌があっていいもの

 

 

今回のラインナップは、ティートリオ

それから、ケーキプレートより大きめの20僖廛譟璽

スープボウル&ソーサー

ミルクジャグ

 

上記4点の入荷です

 

 

 

ノーズゲイのイエロー

詳しいことは知りませんが、なにかメディアで紹介されたのでしょうか?

 

急に人気が出たようで、ちょっと手に入りにくくなっております

 

 

黄色い秋の花が咲く、北大阪の野原ですが

まだ、ひまわりの花も咲いていました

 

このへん、わりと温暖なので、種類と育て方によっては

12月くらいまで元気に咲いています

 

 

 

秋の光に照らされて、かわいいノーズゲイ

金運が上がりそうで、いいものです

 

風水で有名なDr.コパさんも、部屋の西に黄色いものを置くと

金運がアップすると申されておりました

 

 

ほんとかな?

 

これからペットのキイロイトリも

晩は、部屋の西側にとまらせておくことにしましょう

 

昼間は、あっちこっち気ままに動いております

(わたしが動かしているだけとも言いますが^^)

 

 

おだやかな秋のひとときは

スージークーパーの黄色の食器

 

ノーズゲイで、いい時間を過ごしてみませんか?

 

 

 

幸せを呼ぶ、黄色の食器ことノーズゲイ

商品ページはこちらからどうぞ

ノーズゲイ

 

★お知らせ★

9/19(土)〜9/22(火)祝日の間は、発送がお休みになります

9/18(金)午前中までに入金確認できた分は今週発送ですが
それ以降のぶんは、9/23(水)発送になりますこと、どうぞよろしくお願いします

 


本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

食欲の秋は、ナイフとフォークを両手に

満面の笑みを浮かべるフレッドくんのご登場

 

これから、ご馳走食べるのかな?

 

 

大きな「食いしん坊フレッドくん」は

ちいさな「酔っ払いフレッドくん」とご一緒です

 

 

「酔っ払いフレッドくん」はワインを飲んで、いい気分
ヘラヘラした顔になっています

おそらくフレッドくん公認ノベルティ史上
最大にゆがんだ、おもしろ顔になっております

手にもっているのは「タストヴァン」というワイン試飲用の器

 

P9280231.jpg

 

ステンレスのお玉に見えますが

実際はこんなお道具

 

ワインの色、香り、味、濃度などを調べ、

供するワインが適当か否かを確かめるのに用います

 

参照元:carve

 

秋の夜長、フレッドくんたちを眺めながら

おいしいワインとお料理を楽しむのはいかがでしょうか?

 

 

そして秋も深まればハロウィンの始まり

 

今年はコロナの影響で、外にでかけず

お家でハロウィンを楽しまれるかたも多いと思います

 

 

ということで

お家ハロウィンにおすすめはこの子

 

かぼちゃを持った、かわいいフレッドくん

 

 

素朴な顔をしておりますが

背景を変えてやれば、なかなかムードあふれるハロウィン仕様の

エキサイティング・フレッドくんにはやがわり

 

 

秋のひとときは、かわいい英国ノベルティ

フレッドくんたちと、素敵な時間を過ごしませんか?

 

 

 

商品ページはこちらからどうぞ

フレッドくんWADE陶器

 

 

★★★★★★お知らせ★★★★★★★★

都合により、本日の営業は11時ごろからとなります

ご注文、お問い合わせの返信がそれ以降になります

どうぞ宜しくお願いたいします



本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

今日はひさしぶりに、ホーンジーの女性デザイナーの作品

サラ・バーディの「タペストリー」をご紹介

 

ミッドセンチュリーから現代への過渡期

70年代の幾何学的な、シンボリックなデザインです

 

 

タペストリーと言えば、こちらのお品がデザインされたのと同じころのお品

キャロルキングの名曲「Tapestry」を思い出します

 

1971年の2月に発売されたアルバムで

もちろんリアルタイムでは知らないのですが、いい歌がたくさんあって
大好きなアルバムです

 

 

アルバムのタイトルにもなっている「タペストリー」こと「つづれ織り」

意味はよく理解できませんが、この歌の最初のあたりが好きです



My life has been a tapestry of rich and royal hue
わたしの人生は豊かで気高い色合いのつづれ織り

An everlasting vision of the everchanging view
つねに変わりゆく眺めの いつまでもつづく未来像

 


A wondrows woven magic in bits of blue and gold
ブルーとゴールドの不思議な織りの魔法

A tapestry to feel and see,Impossible to hold

見ることと感じることのつづれ織り、

つかまえておくことの不可能なもの

 


 

マザーグースみたいな不思議な内容の歌詞で

決してハッピーエンドで終わる内容ではないですが

まあ、人生は人それぞれですから

 

 

これから何歳まで生きるかわかりませんが

いい人生のタペストリーを織りあげたいですね

 

 

 

1970年代に生まれた陶器たちは

ちょっとレトロなビンテージ空間が似合います

 

 

それから今日はもうひとつ、在庫のお品をご紹介

 

ビンテージの定番、ピコウェア

ときどき雑誌などで、見かけるアイテムですね

 

ステンレス製の、オールドホールとは異なる魅力のお品

マグネリウムという、アルミにマグネシウムを混ぜた独特の光沢が魅惑的

 

 


その大きさのせいか、なかなか売れないので

お値段大幅ダウンしております。この機会にいかがでしょうか?

 

 

ポットは1リットルくらい入ります

 

ポット自体の重さもありますし、満水まで入れるとかなりの重量ですが

ウッドハンドルなので、持ちやすそうです

 

 

重厚でずっしりした、ステンレスとはまた違う

英国ミッドセンチュリー、テーブルウェアの魅力をお手元に

 

1970年代気分のイギリス工業製品を楽しんでみませんか?

 

商品ページはこちらからどうぞ

タペストリー

ピコウェア



本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪
(にほんブログ村・ランキング参加中)


Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Selected Entry

ネットショップへのリンクです

おぱーるの部屋

スージークーパー

2

ビンテージ・グラスウェア

excellentglass.jpg

ホーンジー

hornsea.jpg

オールド・ホール

oldhall.jpg

Archive

Mobile

qrcode

Comment

  • スージークーパー「わたしの青い鳥」
    キャリコ
  • スージークーパーの「英国ボタニカルアート」
    キャリコ
  • スージークーパーの「英国ボタニカルアート」
    うさうさ
  • 夏の日のおさんぽ鳥
    キャリコ
  • 夏の日のおさんぽ鳥
    うさうさ
  • 英国を旅するバッグ〜華麗なるイギリスパンの世界
    キャリコ
  • 英国を旅するバッグ〜華麗なるイギリスパンの世界
    うさうさ
  • 花火の季節のクロッシェレース
    キャリコ
  • 花火の季節のクロッシェレース
    キャリコさんの大ファン
  • スージークーパー「わたしの青い鳥」
    SK

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM