海沿いに立つ、モダンな建物

大きなフランス窓越に見える、青々とした樹木たち

 

休日のランチを楽しむ人が集まるこちらは

発展途上国の料理が月替わりで楽しめる、関西JICA食堂

 

 

JICAって、あれですね

青年海外協力隊とかを派遣している団体です

そこの事務所の1階が、セルフ形式のカフェテリアになっているのです

 

オーダーしたのはハイチ料理

 

豆ごはんとチキンの煮物、デザート、サラダ

フリーのコーヒーか紅茶がついて720円なり

 

味はハイチ感ゼロでしたが、食べやすく、可もなく不可もなくといったところ

和風の、「鶏肉の煮つけと黒豆ごはん定食」といった感でした

 

 

 

JICAらしく、さまざまな国の料理が並びます

カレーやナン、そして日本のうどんやソバもあります

 

他のひと、なに食べてるのかな〜と、きょろきょろ見まわしたら

フィッシュアンドチップス食べている人が多かったですね

 

県立美術館に隣接する食堂

今度来たらわたしもフィッシュアンドチップスを食べましょう

 

 

テニスプレーヤーの、大坂なおみさんで最近話題のハイチ

 

今月はハイチ月間だそうで、食堂にハイチの国旗が飾られ

国の説明などが書かれていました

 

 

JICA食堂と、美術館をあとにして

異国情緒あふれる神戸の元町へ、南京町へと向かいます

 

壮大な長安門がおでむかえ

 

 

よこにコカコーラの自動販売機とパンダがいました

 

ファミリーマートって、中国語で全家と書くんですね

ここからリトルチャイナが広がります

 

 

 

とくにイベントもないのに、いつも大混雑

むかし春節のときに訪れたら、歩けないくらいの人だかりでした

 

 

心ときめく中華ファーストフードの世界

 

このあとアフタヌーンティーを控えていなければ

絶対に買い食いしているところ

 

 

ぶたのかたちのブタマンがありました

かわいいなあ

 

 

ちょっと赤色がハレーションを起こして変な色彩になりましたが

こちらは中華のイチゴショップ

 

イチゴ串やらいちご大福、イチゴソフト

あらゆるイチゴグッズが並びます

 

なんだか、おめでたい感じ

 

 

南京町は兵庫開港とともに拓かれ、今年151周年になるそうです

 

アメリカからペリーが来航し、日本が開国したのは翌嘉永7年1月(1854年2月)

その後の兵庫開港が、14年遅れた慶応3年(1868年)

 

兵庫開港と一緒に歩んできた南京町はいつもエネルギッシュです

 

 

いきなり暑くなった日本列島

今日も最高気温は30度を軽く超えそうです

どたなさまも体調にはお気をつけてお過ごしくださいませ

 

本日も素敵な一日でありますように

 

 

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

 

 

今日はちょっと優雅に

シェリー窯の薔薇こと、ランブラーローズのご紹介

 

シェリーは小花ちらしの愛らしい柄が多いのですが

こんなふうに、迫力あるばらの花もよいもの

 

ちょっとロイヤル・アルバート風

 

 

ちなみに辞書で調べたところ

ランブラーローズとは、つるばらのことだそうです

 

お品で受けるイメージと少し異なり

ちいさめのバラのよう

 

 

バラの季節は、美しいバラ柄のシェリーで

美味しい時間を過ごしませんか?

 

お皿、ケーキプレートより大き目なので

美味しいもの、いろいろ載りそうです

 

 

 

雰囲気から、第二次世界大戦後の1950年代のお品だと思われますが、 
正確な年代はわかりません。 
 

 

 

金のふちどりのある豪奢な雰囲気 
戦後の復興期のイギリスや銀幕の大女優を思わせる 
美しいデザインです 

 

 

エリザベステイラーが

使っていそうな雰囲気

 

銀幕の女優さんはほんとうに美しいですね

 

ふだんナチュラルメークが好みですが

たまには、お化粧をきちんとした女性の美しさ

 

 

 

デインティシェイプには珍しく

金のアクセントがキラリと光ります

 

イヤリングのよう

 

 

カップ、ソーサー、プレート

どれも単品で見ても優雅で、ひとつのインテリアになりそう

 

エンディングには、あの歌を♪

 

 

バラはバラはバラはバラは〜

 

気高く咲いて

美しく散る〜♪

 

 

思いっきり「ベルサイユのばら」の世界

シェリー窯のランブラーローズ

ばらの季節にぜひいかがでしょうか?

 

商品ページはこちらからどうぞ

ランブラーローズ

 

本日も素敵な一日でありますように

 


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

久しぶりの、グレンミストのご紹介

いつものエレガントなシェイプなのですが^^

きょうはめずらしく、パンに似合う
ぽっちゃりタイプのコーヒーカップのご紹介

 

 

パンに似合うって???
と不思議に思われるでしょうが、幅広でワイドタイプ

フラットヨークと呼ばれるウエッジウッド独特のシェイプで
一般的なスージークーパーのコーヒーカップに比べ横に広がった大きい形です
(満水時、約250ml。通常は200ml強入ります。スープカップとしても使える大きさ) 

 

 

 

コーヒーフィルターも上にうまく乗ります
ひとり〜ふたり用をドリップしてそのまま飲みたいとき便利ですね^^
 

 

 

スコットランドの高地に咲く青いポピーを描いたデザイン


とても人気のあるお品で、1960年の発表から、

2002年までの42年の長きにわたり、製造され続けたお品です

 

今日のグレンミストは、ポートランドの壺入りバックスタンプ

 



1969年から、スージークーパー社がウエッジウッド傘下に入ったあと使用されたもの。
「スージークーパーデザイン」と記されています

 

ちなみにウエッジウッドのお品で、デザイナーの名が記されたのは、
女性ではスージーが初めてだったそうです。
会社が吸収合併されたとはいえ、特別待遇だったようですね^^

 

 

 

 

スコットランドの霧の谷に咲く青いけしの花
スージークーパーのグレンミスト、いろいろ入荷しております
 

こちらは、いつものサイズより少し大きめのモーニングサイズ

とはいえ、一般的なコーヒーカップのサイズです

 

P3150277

 

スージークーパーが心惹かれた

青いポピーの魅力に癒されてみませんか?

 

 

 

と・・・・ここでいつものごとく脱線です

 

ブルーポピーといえば日本画家の「堀文子」さん

今年2月に、100歳でお亡くなりになられましたが追悼展いま東京でやっているんですね

 

描かれたブルーポピーは、スコットランドに咲く花ではなく、ヒマラヤ高地に咲く希少な花で

文子さんが82歳のとき、ネパールへ赴き描いた作品

 

 

 

まあ、違うちゃあ違うんですが

ちょっとスージークーパーと共通点を感じるんですよね

年齢もひとまわり少し違いますが

 

文子さんがいつも言われていた言葉が好きなんですけど

「群れない、慣れない、頼らない」

 

かっこいいですね

 


 

やっぱり戦前から、女性としてキャリアを築き、たくましく生きている方は魅力的

スージーさんも、やっぱりそんなところあったよねって思いました

 

 

商品ページはこちらからどうぞ

スージークーパーのグレンミスト

 

 

本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

本日もばらは美しく咲いています^^

パトリシアローズのコーヒーポットに咲いています

 

紅茶の国イギリスでは少し珍しいかも

 

 

スージークーパー1938年デザインの作品


ドイツの高名な園芸家、コルデスの作ったサーモンピンクの薔薇
パトリシアローズより名づけられました。

 

カップのほうはデミタスカップ

 

戦前のイギリスではコーヒーを朝や昼に飲む習慣がなく

アフターディナーとして食後に少量のコーヒーを楽しむのが主流だったため

こんなかわいらしいカップになりました

 

 

 

コーヒーポットはレックスシェイプ

こちら初入荷となります

 

首の長い恐竜ーREXを思わせるのびやかなデザイン

 

貫入もほぼ見られず、光沢のある美しいバラの恐竜さん

なかなかに迫力があるお品です

 

 

とてもきれいです

近づいても、お肌ツヤツヤ^^

 

 

パトリシアローズで

初夏のコーヒータイムはいかがでしょうか?

 

 

なお、背景ですが、先日通りすがりに少しだけ寄った

梅田阪急のワールドティーフェスティバル

 

まあ、お茶なんでコーヒーなかったようなんですが

 

 

お茶のかわいいパッケージと

それから焼きたてのイギリス菓子が素敵でした

 

 

いまの時代、夕食後にコーヒーを飲む人はどれだけいるんでしょうね?

外にご飯に食べに行って、帰りにカフェでコーヒーを飲む人は多いかもしれませんが

 

自宅で毎晩、晩酌ならぬ、晩コーヒーというかたも少ないでしょう

 

アフタヌーンティー代わりに

焼き菓子とコーヒーでお茶の時間を楽しむ場合が多いような気がします

 

 

 

おだやかな初夏のひととき

おいしいお菓子とコーヒーで素敵な時間を過ごしませんか

 

 

商品ページはこちらからどうぞ

パトリシアローズ

 

本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

 

5月の風に吹かれて

フォストリアのブルージューン

早くも登場です

 

この夏は青いジューンで涼しい時間を楽しんでみませんか?

 

 

 

青いネモフィラを背景に

美しいエッチンググラスの世界

 

 

口に入れたら溶けてしまいそうな

氷のかけらでできた芸術作品のよう

 

 

お品のほう、定番のティートリオと

ワイングラスが3セットございます

 

お茶だけでなく、発泡水やソーダなどもいい感じ

 

 

あ、ピンクのネモフィラ

青もいいけれど、ピンクもいいなあと思いました

 

 

それでも、なんか違う気もするし、どうも腑に落ちないので

家に帰って調べると、別の植物でした^^

 

昼咲月見草(ひるざきつきみそう)

 

 

なんだ、違ったか〜

それでもネモフィラによく似ています

 

なお偶然ですが、この花はジューン・グラスと同じく北米産で

日本への帰化植物だそうです

 

ということで、お花にちなみ

色違い、ピンクのジューンも在庫でご紹介

 

 

あと、はちみつ色

イエローこと、トパーズのジューンもございます

 

プーさんに、食べられそうな色

 

 

三色そろったの、私も初めてみました

まるで信号機のよう

 

 

 

ネモフィラの咲く季節、昼咲月見草の咲く季節

 

フォストリアのジューンで静かな午後を楽しんでみませんか?

いい時間が流れてきそうです

 

 

 

 

美しい雨のしずくといっしょに

さわやかなティータイムを楽しんでみませんか?

これからの季節を先駆ける、すずしげなお品です

 

商品ページはこちらからどうぞ

ジューンのブルー
ジューンのトパーズ

ジューンのピンク


本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

ばらの花が満開です^^

今朝はスージークーパーの幸運のバラ

タリスマンのご紹介です

 

 

タリスマンとは幸運のお守りという意味

 

ふしぎな魅力を持つ1960年代の美しいバラを

お手元にいかがでしょうか?

 

 

季節の花はその時期にしか咲かなくて

それがまたいいものですが

 

スージークーパーのバラは永遠です

 

 

季節にかかわらず

いちばん美しい時期の花を楽しめること

 

それがたぶん、陶器や時期の魅力のひとつなのでしょう

 

 

お茶請けは、素朴なクッキーやジンジャーブレッドなど

イギリスらしい、焼きっぱなしのお菓子が似合います

 

 

それでもときには華やかな

美しい色どり豊かなケーキも魅力的

 

まあ、カロリーには目をつぶりましょう

 

 

シュガーボウルはフルーツボウルとして

楽しむのもまた素敵

 

 

お好みに合わせて、組み合わせて

いろいろお使いくださいませね

 

 

おうちの中が心地よい至福のひととき

ビンテージの薔薇タリスマンで

いい時間を楽しんでみませんか

 

幸運のお守りタリスマン、商品ページはこちらからどうぞ

★タリスマン

本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

不思議の国のアリスの世界から

オパールさんがひょっこり顔をのぞかせましたよ

 

チェシャ猫のような顔でニコニコ笑ってます

 

 

今日の背景は、一昨日訪れた兵庫にある

安藤忠雄設計の兵庫県立美術館で開催中の

「不思議の国のアリス展」にしてみました

 

ちなみにアリス展のカップリングは

お化け絵画の巨匠、河鍋暁斎

 

ミステリアスな組み合わせにオパールさんも首をかしげています

 

 

会場に入ると、テニエルの挿し絵の初版本や

ルイス、キャロル自らの手によるイラストなどがありました

いつ見ても愛らしい

 

そこは写真撮れなかったのですが、最近のインスタ映えを考慮してか

あちこちに、写真スポットは作ってありました

 

 

 

版権が切れているせいで、挿絵はテニエルのものだけでなく

様々なバージョンがありました

 

写真撮れなかったですが、草間彌生さんとか山本容子さんのもありました

 

こちらは現代的なアリスとオパさん

 

 

 

 

おみやげ売り場のアリスグッズも盛りだくさんでした

なんだかシュールなオパールさん

 

 

 

不思議の国のアリス展

原作はビクトリア時代のイギリスですが

お客さんは若いかたが多かったですね

 

来週末の26日までなので、ご興味があるかたはお早めに

 

 

追加ですが・・・

 

神戸ドールミュージアムの前に、だいすきな書割があったので

オパールさんに中に入ってもらいました

 

 

 

異国情緒あふれる神戸の街は

洋犬のオパールさんに似合うものがいっぱい^^

 

兵庫県立美術館アリス展

 

本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

 

植民地風の、飾り窓から射すおだやかな光

どことなく異国情緒漂う世界

 

きのう訪れた港町、神戸は暑くもなく、寒くもない

歩きやすい、いいお日和でした

 

 

旧居留地界隈をゆるゆるとお散歩してから休憩

 

このあたり、25年くらいまえにあった震災で甚大な被害を受けた地域

 

淀屋橋界隈のように歴史的建造物はそんなに残っていませんが

ところどころ復元された館が目を引きます

 

内部は物販店舗やカフェになったりしていますね

 

 

 

三時少し前に、むかしの15番館にある「TOOTH TOOTH」さんへ到着

温かいスコーンが魅力のアフタヌーンティーを楽しんできました

 

 

 

赤毛のアンの世界から抜け出てききたような可愛らしい建物

 

平成7年の阪神淡路大震災で全壊してしまった建物ですが
現在は完全修復され、美しいカフェレストランとしてリニューアル
国の重要文化財としての指定を受けています

 

明治14年に建てられた、神戸市内の異人館としては最古の建物

もとは、旧アメリカ合衆国領事館だったそうです

 

 

建物の説明と一緒に、兵庫開港や、外国人居留地などについて

いろいろと注釈がありました
慶応三年(1868年)の開港ですから
時代はちょうど、大英帝国とビクトリア女王が世界に君臨していたころです

 

 

大きな窓が特徴的でクラシックな店内

 

食前のティーソーダのあと

しずしずと、3段盛りのアフタヌーンティーが登場です
季節に合わせて、タイトルは「イチゴのアフタヌーンティ」

 

 

いちばん上の段はカリっと、テリっと焼かれたスコーンで

プレーンと、イチゴのスコーンの2種類
半生タイプのイチゴジヤムと
やわらかくホイップしたバターがついていました

 

2段目は、いちごロールケーキ、イチゴムースケーキ

口直しか、苦めのコーヒーゼリーと
あんこ入りマカロンが、いいアクセントでした

 

 

下段はおかず&フルーツ系のプレート

 

ほうれんそうのキッシュ、そして神戸産のいちご

 

そしてイチゴと練乳、ホイップクリームをはさんだフルーツサンド

これがいちばん気に入りました

 

 

 

食後の腹ごなしに、二階へと行ってみましょう

 

見た目はアンティークですが、きちんと改修された館の廊下や階段は

ギイギイ言うこともなく、やわらかなふみ心地

 

 

上はパーティ空間ですね

クラシックを現代風にアレンジした個性的な空間

 

大阪の造幣局に「泉布館」という同時代の建造物があるのですが

ちょっとそこに雰囲気が似ていました

 

 

ばらの季節だからなのか

壁面には大きなばらの額が飾ってありました

 

 

最後にお会計ですが、神戸のアフタヌーンティは割安

 

ここに来る前に立ち寄った、不思議の国のアリス展割引があったので

お値段は、税抜き2800円から1割引きでした

 

大阪市内のホテルより3割くらい安いです

 

 

 

 

この「TOOTH TOOTH」さん

近くの38番地にも支店があったそうですが、わかりませんでした

 

5月の神戸は新緑と、ところどころ残る異人館が

エキゾティックで素敵です

 

 

初夏の風に吹かれ、異国情緒あふれる神戸の街も素敵です

お店や通りには、西洋人系、インド人系のかたがちらほら見られました

 

京都、大阪とはまた違った風情の場所です

TOOTH TOOTH maison15th

 

本日も素敵な一日でありますように

 

 

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

若葉の輝く季節に

ホーンジーから、2匹のトラさんご登場

まぶしそうな、まん丸いおめめが魅惑的

 

まったく怖くなくて、トラというより

ねこっぽい雰囲気

 

 

あ、ねこが通りすがりましtが

やっぱり、ねこはトラの親戚ですねえ

 

 

ごろごろしている白トラと

背後で様子をうかがっているブルートラ

 

どちらも、のんびりしたもの

 

 

アニマルマグは

いろんな方向から見るのが楽しいですね

表情がゆたかになります

 

上目づかいに盗んでみている青いあなたの視線がまぶしいわ〜♪

 

 

花いっぱいの北大阪の野原を

のんびりと散歩するトラさんたち

 

 

いまの季節、すっきりさわやか

微笑みが素敵なブルートラ

 

こちらはミントにちかいコンディション

 

 

むかし宝塚にいたホワイトタイガーを彷彿させる白トラ

 

こちらは貫入多めなので、お値段お安め

小物入れによさそうです

 

 

やわらかい光の中で

かわいいホーンジーのトラさんたちといっしょに

いい時間を過ごしませんか?

 

 

 

 

ユーモアあふれるかわいいジャングルマグの世界
毎日が、少し楽しくなる可愛いアイテムです

商品ページ
ジャングルマグとズーディアック

本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">

チューリップがところによりまだ咲いている季節

(大阪のチューリップはほぼ咲く終わりましたが^^)

 

今朝はスージークーパー、初期のお品

チューリップモチーフのご紹介

 

後年、やさしい具象的な花を好むようになる彼女ですが

わかいころは、こんなお花を描いていたんですね

 

 

なお、こちらのデザインは1928年の作品 
彼女が独立する前、グレイ社で働いていたころのお品です

 

もとは、その何年か前に描いてたクロッカスという作品の姉妹版
 

 

これを見て、思い出したのは、キュビズムの女性画家タマラ・ド・レンビッカ

スーさんのほうが、タマラさんより5〜6歳若いようですが

だいたい同じくらいの時期のかたです

 

 

タマラ・ド・レンビッカについて、ピカソが

「統合された破壊の斬新さ」と語ったそうですが

 

このスーさんのチューリップにもそんな片鱗がうかがえますね

 

若き日の時代の流れを色濃く映した、なかなかに面白いお品です

 

 

裏にはチューリップのつぼみが描いてあります

なんだか愛らしい

 

 

バックスタンプは、彼女の以前のおつとめ先

グレイ社の、ガリオン船のバックスタンプのみ

「スージークーパーデザイン」の文字はありません

 

 

なお、ガレー船ではなくガリオン船

ガレー船は、ベン・ハーが手で漕いでいたやつ

ガリオン船は、16〜18世紀ごろ、紅茶を運んでいた帆船です

 

 

 

スージーは1929年に、7年半勤めたグレイ社を辞めて独立します

このスタンプは31年ごろまで使われていたので

スージー退社後の製品ではないかと推測されます

 

 

若き日の、才能あふれるスージー

このかたは年とってもたいへん魅力的

 

若いころの白黒の写真ではわかりませんが、瞳の色はきれいなブルー

 

下は80代後半で、リタイア後にマン島へ移住したあとの画像ですが

リタイアしたとは思えない、溌剌としたお姿

一生現役ですね^^

 

 

一般的なお品ではなく、かなり癖があるデザインなので

新しい持ち主さま、みつかるかなあ?と心配していたのですが

 

 

無事、素敵なコレクターさまからのお迎えが決まりました^^

スージークーパーのチューリップは日本で咲き続けます

 

 

今日も春の花がさくいいお日和になりそうです

 

商品ページはこちらからどうぞ

チューリップモチーフ

 

本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

">


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

Selected Entry

ネットショップへのリンクです

おぱーるの部屋

スージークーパー

2

ビンテージ・グラスウェア

excellentglass.jpg

ホーンジー

hornsea.jpg

オールド・ホール

oldhall.jpg

Archive

Mobile

qrcode

Comment

  • ビンテージの定番ピコウェア
    Calico
  • ビンテージの定番ピコウェア
    みーたん
  • チョコレート博覧会へ行ってきました
    Calico
  • チョコレート博覧会へ行ってきました
    bankholiday
  • 川口キリスト教会のステンドグラス
    キャリコ
  • 川口キリスト教会のステンドグラス
    嶋 啓節
  • 奈良とマラソンとオパールさん
    山浦
  • 奈良とマラソンとオパールさん
    山本
  • 加齢なるピーターラビットの世界
    Calico
  • 加齢なるピーターラビットの世界
    bankholiday

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM