もうすぐバレンタイン

今日はなんとなくバレンタインなフレッドくん

お迎えしましたよ^^

 

 

イチオシはチョコレート色のフレッドくん

頭にはカスタードクリーム色のヘルメット

 

もとのお役目は塩コショウ入れです

 

 

しかし・・・・

すごい色してます

 

ちょっと、怖いくらいのチョコレート色

テリテリに輝いています

 

たぶん、なんらかの試作品だったのではと思います

本生産をする根性は無かったのでしょう

 

 

そしてバレンタインにふさわしく

不思議なローレストン

 

脇役ですがご登場

おそらく1970年代につくられた、大き目ローレストン

 

 

 

なんとなく、チョコレート菓子に似た子をもってきました

 

このロバに似た感じのチョコありますよね

ベルギーのお土産でもらった記憶がございます

 

 

それから、かわいいカップル

カバちゃんと、ピンクのブタ子ちゃん

 

とってもスイートないい雰囲気

 

 

 

しかしインパクトあるといえば

この、巨大ニョロニョロちゃんが、いちばん風変わり

 

フレッドくんより、不思議度は高いかもしれません

 

 

ハッピーバレンタイン

 

不思議ななかまたちと

みんなで、いい時間を過ごしませんか?

 

 

きのう歯医者さんに行ったら、カリガリ先生がお留守でした

今日ご紹介した人形なみに不思議で面白いので

お会いできるのを楽しみにしていたのに、残念無念

 

 

商品ページはこちらからどうぞ

フレッドくん

不思議なローレストン

 

本日も素敵な一日でありますように

 


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

大寒を過ぎ、来週はもう立春

北大阪は昨日から嵐ですが、春の足音は間違いなく近づいて来ています

 

今日は、イングランドの野に咲く花を集めた

スージークーパーの定番「ドレスデンスプレイ」のご紹介

 

 

なお、ドレスデンスプレイという名称は

ヨーロッパの陶芸のさかんな地、ドレスデンにちなみます

 

100年くらい前のヨーロッパでは、小花ちらしの柄を

ドレスデンと呼んでいました

 

 

 

小花柄は時間を超えて

永遠の女性のあこがれですね^^

 

いつもの時間が、より素敵なものへとかわります

 

 

 

漆は英語でラッカー(lacquer)ですが

ジャパン(Japan)とも言う

 

みたいなものでしょうかね?

ニュアンス的には

 

 

お品のほうは、代表的なピンクとグリーン

入荷しております

 

 

小花小花♪

 

ちいさい白梅の花が咲き始めました

なんともいえず、愛らしい

 

 

梅は桜と違って、長く楽しめるのがいいですね

咲き始めの今の時期から、2月末くらいまで、愛でることができそう

 

 

今日も嵐です、咲き始めの梅の花はだいじょうぶかな?

 

先週取れた銀歯を付けてもらいに、カリガリ博士のところへ行くついでに

歯科医院の近くにある、梅林も見てくることにしましょう

 

商品ページはこちらからどうぞ
ドレスデンスプレイのグリーン系

ドレスデンスプレイのピンク系

 

本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

立春前の、まだ目の覚めやらぬオパールさん
二重瞼に見えるおめめが愛らしい

 

ツチノコみたいですね

 

オパールさんは365日お正月休みみたいなものなので
今日も冬休み

 

だみんをむさぼるオパールさん

天使の微笑みが愛らしい

 

 

あっ! うみゃそうなものを

みつけましたよ

 

お正月の名残り、紅い南天の実がおいしそう

 

食べ物らしきものを見ているときだけ
お目目ぱっちりさん^^

 

 

普段はこのとおり

 

蓬莱のぶたまんの、「あるとき」と「ないとき
みたいな差といえば関西のひとにはわかるでしょうか^^

 

 

もうすぐ立春
オパールさんの冬眠が明ける(?)のもあとわずか

 

さいごはキリッとした、おぱーるさんの姿でさようなら

 

 

1月も、残すところあとわずかとなりました

 

時間が経つのと体重が増えるのは、ほんとうに早いもの
(なんのこっちゃという感じですが^^)

 

本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

 

昨日、1月25日は作家の池波正太郎さんのお誕生日でした

 

仕掛人の梅安さんや、鬼平犯科帳など時代小説で有名ですが

わたしは正太郎さんの、食のエッセイが好きですね

 

東京のかたなので、関東のお店の紹介が多いのですが

大阪の松竹座界隈の、美味しいお店もときどき出てきます

一芳亭も、そんなお店のひとつ

 

 

 

名物はしゅうまい

池波正太郎さんはこう評しています

 

《荒けずりなようでいてデリケートな味。
家庭の惣菜のように見えて 専門家のみにゆるされた品格が到底、
まねのできるものではないことを感じさせる》

 

 

 

作家さんの表現は、やっぱり素晴らしいですね^^

もちろんお味も美味しいのですけど

 

皮が、薄焼き卵なんですね

ふわっとして、とてもやさしい食感で美味しい

 

そしてもうひとつ、「肝照り」

 

 

鳥の肝と、砂ずりと、玉ねぎを炒めたもの

ちょっと味が濃い目で、こちらも素朴でごはんのすすむ味

 

満腹満腹〜^^♪

 

美味しい昼食を終え、一芳亭ちかく、法善寺横丁へ

ここも、正太郎さんが通ったお店があります

 

 

お酒の飲めない役者、辰巳柳太郎さんと通った「夫婦善哉」

いまは経営が変わり、大手レストランチェーンの傘下となっています

 

しかし、ラブラブな雰囲気は、おそらく当時のまま

 

ここに、おっちゃん二人で通ってたのか〜

 

 

 

夫婦善哉は2椀で1セット

カップルで来て、一緒に食べるとハッピーになる

たしかそんな話を聞いたことがあります

 

 

出典:大阪名物夫婦善哉

 

 

ここは一人では恥ずかしくて入れないのでパスして

水かけ地蔵さんでお参りだけして、黒門市場へ向かいます

 

 

 

大阪の食の台所、黒門市場は

外国人相手の、焼き立ての魚介類であふれていました

 

池波正太郎さんの昭和の時代とは

だいぶ趣は変わったのでしょう

 

 

 

いまのイチオシはフグですね

中国語が併記されています

 

観光客のかた、買ってどこで食べるのかな?

 

 

 

焼き立てのイカゲソやホタテは美味しそうでした

見ているだけで、なんだか幸せな気持ち

 

正太郎さんが生きていたら、きっと買い食いされたことでしょう^^

これはこれで、また楽しいものです

 

 

 

エンディングはなつかしの鬼平犯科帳で

 

ジプシーキングスの「インスピレーション」

この曲を選ばれたのも、池波正太郎さんだったそう

趣味人で、本当の意味で教養のある方だった

そんなふうに思います

 

池波正太郎さんが生きておられれば生誕97年

1990年に亡くなられているので、今年の5月で没後30年になりますね

 

またそのころ足跡を訪ねて、正太郎さんが愛した美味しいものを

食べにゆきたいなと思いました

 

 

本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

仏教で、雨を司る神聖な動物

ゾウさん柄のマグカップ、入荷しております

 

風水では、安定と信頼の象徴でもあるゾウ

 

象をモチーフしたアイテムを机に置く事で、上司や権力のある協力者の庇護を得るなど、

後ろ盾を得られると言われています。

(ほんまかいな^^?)

 

 

ちなみに、うしろっかわは小ゾウさん

 

 

 

あっ、福をもたらす幸せのフクロウも飛んできましたよ

 

日本では、フクロウは不苦労といわれ

縁起のよい鳥として古来より愛されてきました

 

 

 

また、見通しがきく 夜目が利くフクロウは、

『先を見通し未来を切り開く力がある』とされています

 

 

ホーンジーのジャングルシリーズのふくろうさん

愛嬌があってかわいらしい

日本でもイギリスでも人気です

 

 

なにげにちょこんと佇んでいる、ちいさい小フクロウも

なんだかかわいいです

 


 

実際のフクロウやゾウもかわいいですが

マグはそれ以上に動物の持つ魅力を楽しく、そしてユーモラスに

再現してくれています

 

 

 

ジャングルシリーズ(1975-79)という、動物とアルファベットを組み合わせた

人気シリーズの兄弟版のジャングルシリーズ。
トゥーカン、ライオン、ふくろう、ぞう、とら、カバの6種類のパターンが存在します 

 

いま、色はばらばらですが

全種類6頭、在庫でおりますね

 

 

 

いつもの日常生活に

ユーモアあふれるかわいいジャングルマグはいかがでしょうか?
毎日が、少し楽しくなりますよ

商品ページ
ジャングルマグとズーディアック


本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪
                   (にほんブログ村・ランキング参加中)

おだやかな、冬の光を背景に

今日はスージークーパー1960年代のボーンチャイナ

 

エレガントなシェイプのマグカップをご紹介

 

 

お品のほう、3種類入荷しております

どちらも、1960年代らしい、具象的な植物柄

 

つややかで、まるで新品かと思われるような

いいコンディションで、ご来日

 

 

バックスタンプは「商標登録前のポートランドの壺」マークで
1969年から、1974年まで使用されていたものです

 

およそ50年前のお品

 

 

トップバッターのご紹介

 

こちらは1960年のグレンミストGlen Mist

 

60年代、ボーンチャイナのスージークーパー代表格のお品

スコットランド霧の谷に咲く、けしの花がとても魅惑的

 

 

こちらは1966年デザインの作品Irisことアイリス
アイリスとはギリシャ語で虹を表すイリスに由来します

 

虹を思わせるような優雅なアイリスの花

 

 

最後は夏の花Sun Flower

サンフラワーこと、ひまわりの花ですね

1962年のデザインになります

 

もう少し後に、ソフィア・ローレン主演の「ひまわり」が作成されますが

ヨーロッパのひまわりは日本のイメージみたいな明るいイメージではないのでしょうか?

(あの映画も、だいぶ悲しかった)

 

なかなかシックなひまわり

 

 

冬のいまの時期は花が少な目ですが

ビビッドな色彩が美しいスージークーパーのマグカップで

いい時間を過ごしませんか?

 

 

サイズのほうは、8割がたお水を注いで

およそ250ml入りました

カップのおよそ1.5倍の容量です

 

ちなみにこれらのお品は北米から輸入しました

 

1960年代のアメリカではカップ&ソーサーと共に

マグカップの需要もあったようですね

 

 

英国に咲く、3つの花を描いた

スージークーパーのマグカップ

 

通常カップ&ソーサーしか見かけませんが

こういったエレガントな形のマグも、なかなかよいものです

 

 

 

商品ページはこちらからどうぞ

グレンミスト

アイリス

サンフラワー

 

本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

 

今日は久しぶりに、スージークーパーのアールデコ

彼女が独立する前、グレイ社でデザイナーをしていたときの作品

 

まだしばらく冬の日々が続きますが

ビビッドな色彩が楽しい春の花たちをご紹介

 

 

ふちの金箔はすこし取れかけていますが

なかなかに状態のよいスーさんの小鉢

 

 

 

スージーは1922年に地元のアートスクールを卒業し

陶器を製造するグレイ社に入社します

 

 

1922年から独立する1929年までペインターとして、デザイナーとして働いていたころ

時代はちょうどアールデコ

 

幾何学的なものや、キュビズムといった時代の流れに乗ったものを制作していました

これも一連の流れの中でデザインされた「フリージア」

 

ちなみに黄色のフリージアの花言葉は「無邪気」

 

 

バックスタンプの色は

表の花の色と揃えてあります

 

 

もう少ししたら

無邪気で愛らしい花を咲かせてくれるのでしょう

 

 

そしておつぎはチューリップ

花言葉は「思いやり」

 

ちょっと、つんつんとんがったチューリップ

 

 

ブルーのスカラップエッジが可愛らしい

スージークーパー1928年のデザイン・チューリップモチーフ

 

 

 

オレンジと黄色の抽象的でビッドな花が

アールデコの雰囲気を醸し出しています

 

 

1920年代を思わせる

リズミカルで、なんだか踊りだしそうなモチーフ

 

 

こちらにはバックスタンプにスージークーパーの名はありません

わりと、有名なお品なんですけどね

 

彼女の退社後に生産されたお品ではないかと思われます

 

 

今日の背景は、地元吹田の旧家「西尾家」にしてみました

武田五一によるアール・デコの雰囲気を保つ美しい家屋

 

日本の美は陰翳礼讃

 

 

 

日本では1930年代につくられた、グラデーションの優しい花柄が人気ですが

西洋的な価値観では、こちらのキュビズム的なデザインのほうが

市場価値は高いです

 

 

個人的には1930年代の、可愛らしい雰囲気のスージーさんが好きですが

ときには、こんなアールデコのスージーさんもいいものですね^^

 

ということで、モダニズム系もごくたまに販売しております

 

商品ページはこちらからどうぞ

チューリップモチーフ

フリージア

 

本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

今日は、英国シェリー窯より

かわいい「アネモネ」のご紹介

 

お品のほう、2点あり、奥の大柄な花はウィンド・フラワーこと、日本語でアネモネ

手前のちんまりした柄は、ワイルドアネモということなので、野生種なのでしょう

 

ということで、アネモネの種類違いを2セット入荷しております

 

 

ワイルドアネモネは初めての入荷です

きっと、イギリスのコテージなんかに、ひっそりと咲いているのでしょう

 

 

可憐でやさしい野の花をちりばめた

愛らしいティートリオ

 

 

もうひとつの、ウィンドフラワー"wind flower"とは日本語でいうところの

オーソドックスな、アネモネ
早春から春にかけて咲く、ケシに似た花です

 

 

おおらかで風車のよう

英語名「ウィンド・フラワー」という名前がよく似合っています

 

なかなかクールで情熱的な色彩

 

 

 

お品のほうはピンク色とラベンダーの

ウインンドフラワーが交差する大胆な構図


カップ、ソーサー、プレートのふち、そしてカップのハンドルは、

薄いパープルで縁どられています

 

 

アネモネは二月ごろから咲き始めるということですから

いま購入すると、ちょうどシーズンに合わせて

使い始めることができますね

 


ロマンチックの王道といってふさわしい、

少し前の古きよきイギリスの、 愛らしいお品たち

 

かわいい器たちといっしょに

すこし早い春がやってきました

 

 

イギリスからやってきた

心なごむかわいらしいシェリー窯の花たち

 

お手元に、春のお使いアネモネの花を

お迎えしてみませんか?

 

 

例年にくらべ比較的あたたかい日が続きますが

立春までは、冬の土用が続きます

 

みなさまも風邪などひかないよう、お気をつけてお過ごしくださいませ

 

商品ページはこちらからどうぞ

シェリー窯のかわいい器たち

 

 

本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

冬のやさしい光にさそわれて

ホーンジーのズーディアックシリーズから

 

こちら、めずらしい図柄ですね

初登場、アクエリアスの登場です

 

ズーディアックという、動物とアルファベットを組み合わせた人気シリーズです。
ゾディアックとは占星術における十二星座のことで、Zodiacのスペルに「o」を1つ増やし、
Zoo(動物園)とかけてあわせた、ユニークなネーミングのシリーズで
本国イギリスでも入手の難しい、レアな商品です。

 

 

アクエリアスとはラテン語でみずがめ座のこと

1月21日生まれ〜2月19日までです

 

なんでセイウチが描かれているのか不明ですが

ちゃあんと水瓶は持っています

 

マグには、みずがめ座の性格(?)が新聞紙調に書かれています。
ゆえにこのシリーズはNEWSPAPERとも呼ばれています
 

 

 

Jannuary21~February19(1月21日〜2月19日) 


The Truth Seeker  真実を求める人 
Unbiased 偏見の無い 
Populara 人気のある 
Honest 誠実な 
Broad MInded  心の広い
Amiable Patient 気立てがやさしく辛抱づよい
Tranquil Probing 静かに精査する
Humane 人間的な
 

 

 


ほんとかどうか知りませんが
そうNEWSPRINT(新聞)に書かれています^^

 

セイウチさん、みずがめ座の性格はいいことばっかりですね^^

 

 

セイウチと

それから一緒に、コンディションのよい

ブロンテマグ入荷しております

 

 

なぜみずがめ座はセイウチなのか、わかりませんが

イギリス人にとって、そういう不思議な、謎めいた動物なのかもしれませんね

 

ビートルズに I’m the walrus (わたしはセイウチ)という曲がありますが

やっぱり意味不明な内容です

 

ジョン・レノンは何考えていたんでしょうね?

 

 

 

いつもの日常生活に

ユーモアあふれるかわいいズーディアックマグはいかがでしょうか?
毎日が、少し楽しくなりますよ

商品ページ
ジャングルマグとズーディアック

 

本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

きょうは24節季のひとつ大寒

一年でいちばん寒い日だと言われています

 

童顔でもシニア犬には厳しい季節

今日は愛らしい薄紫のお洋服でご登場

 

 

なお、こちら飼い主さんの手作り

「オパールの体型にピッタリ合う服が見つからないので、作ってみました」とのこと


ネットで古いTシャツをリメイクした犬の服があったので、

夜なべして縫いあげたそうです

 

うれしいね、オパールさん

 

 

ただ・・・・セミオーダーメイドとはいえど

やっぱり、ちょっとパツいかな^^

 

世の中の、こぶとり犬の飼い主さんたちはどうされているのでしょうか?

(まあ、あんまりラブラドールは服着ていないですけれど)

 

 

同じポーズながら

やせていて、だいぶ若いころの写真がありました

 

これがジャストサイズなんでしょうね

 

 

そこから、幼き日のオパールさんの世界へタイムスリップ

 

秋生まれなので、毛足の短いパピーだった冬の日は

お洋服を着て過ごしていたのです

 

迷彩服がかわいいなあ

 

 

こちらのゼブラ柄もいいですね

男の子みたいです

 

 

チェックのノースリーブ

 

もしかして、袖はないほうが

ピチパツさは、緩和されるのかもしれません

 

 

極めつけは紅いレインコート

もうびっくりするほどかわいい

 

 

オパールさんも年取ってきて、寒さがこたえるようになったため

飼い主さんは、またせっせと夜なべをして

お洋服をつくるのだそうです

 

華麗なるオパちゃんのファッションショー

これもまた楽しみです^^

 

そして、本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

Selected Entry

ネットショップへのリンクです

おぱーるの部屋

スージークーパー

2

ビンテージ・グラスウェア

excellentglass.jpg

ホーンジー

hornsea.jpg

オールド・ホール

oldhall.jpg

Archive

Mobile

qrcode

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM