稲刈り前の田んぼも雑草で、青々としてきました

北大阪は、のどかな春まっさかり

 

いたるところに春が顔をのぞかせます

 

 

蓮華の花も咲いています

かわいいなあ

 

ちいさいころ、よく摘んで遊んだ花

 

 

かわいらしい蓮華の花で

田植え前の畑はピンク色に染まっていました

 

 

菜の花畑はあいかわらずの花ざかり

 

 

 

はやくもタンポポは綿毛になり始めていました

今年は例年より早いかも

 

 

そして早くも梅の実です

 

このまえ花が終わったばかりなのに

早くもちいさい実をつけていました

 

 

 

 

途中でネコとアイコンタクト

 

えらく目つきは悪いですが、よく見ると高価な長毛種のもよう

野良っぽい面構えですが、意外にも、いいとこの飼い猫さんなのかもしれません

 

 

 

おさんぽの途中に、パン屋さんに立ち寄ります

 

中での撮影はできないので、外からパチリ

 

感染防止のために、パンはビニールかぶってます

ちょっと、取りにくいのですが仕方ありません

 

 

朝食用にパンを買いました

やはり、イートインする人は少ないですね

 

 

2セットありますが、ふたりいるわけではありません

撮影用に見栄えがするから、出したまでのこと

 

もちろん私が2個とも食べたのです

 

さくらアンパンは中に、さくら餡とお餅、それにカスタードが入っていて

不思議かつこのうえないお味でした

 

 

 

 

美しい、さくらの季節です

 

今年はお花見は無しで

さくらアンパンで我慢しましょう

 

散歩がてら、ちらりと見えるしだれ桜が色っぽい

 

 

 

 

 

散り始めたソメイヨシノの次はシダレザクラのご登場

 

今年はビニールシート敷いて、じっくりお花見する人はいないけれど

花はひたすらに無心に咲き続けます

 

 

咲くも無心 散るも無心

花は嘆かず今を生きる

 

坂村真民さんの詩ですが、今の殺伐とした世相に

こころ響く一節です

 

本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

もうすぐイースター

 

春の北大阪に、イギリスから出っ歯のうさぎたちが

ぴょんぴょん跳ねてきましたよ

 

1970年代初頭生まれ、アラフィフのうさぎさんたちです

 

 

ウサギの種類は、ヨーロッパ原産のアナウサギか

ピーターラビットで有名なベルギーウサギのどちらかだと思います

 

 

ピーターラビットのように愛くるしいということはないですが

出っ歯感がシュールでなんともいえない感じ

 

ふだんの生活の片すみに

ときどき笑顔をもたらしてくれるマグカップちゃん

 

 

お色のほうは2種類ございます

 

春の深いオリーブグリーンと、木の実の紫を合わせたような

カラーバリエーションのうさぎさん

 

 

ちいさいアジサイが、すでに顔をのぞかせていますが

イングランドのウサギたちも、こんな風景の中で、飛び回っているのでしょうね

 

 

もうひとつは茶色のバイカラーのうさぎさん

春というより、少し秋めいたお色です

 

 

この、うさぎさんに似た花が咲いていました

モッコウバラでしょうか?

 

まだ花の数が少ないので、よくわかりません

違うかもしれません

 

 

 

春の野草ヒトリシズカも咲いていました

この花は、きっとイングランドには咲いていないでしょうね

 

 

春の野原を跳ね回る出っ歯のウサギたち

 

今年のイースターはこのウサギさんたちと

いい時間を過ごしませんか?

 


 

 

モダンデザインにも似合う

セブンティーズのかわいいマグカップたち

 

春のインテリアにぴったりなうさぎさん達です

 

 

 

イングランドの北の地、ホーンジーで生まれた陶器たちですが

なんとなく、和陶器のような懐かしさが感じられるのも魅力のひとつです

 

商品ページはこちらからどうぞ

柄物マグカップ

 

本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

さくらの花が美しい季節となりました

 

今年はお花見ができないので、散歩の途中に通りすがるだけですが

それでも、じゅうぶんに美しい見ごろの桜

 

 

 

本日は、さくらにちなみ

シンプルでかわいらしいスージークーパーのご紹介

 

スージークーパー1938年デザインのお品 「オーベルジーン」
オーベルジーンとはイギリス英語でナスのことです 

 

 

 

ソーサーはホワイト。カップは内側に無地の色がつけられたものが多く 
さまざまなカラーバリエーションがございます 

 

こちら、愛らしいピンク

さくらの季節にぴったりなお品です

 

 

お花見がわりに

かわいいオーベルージーンと一緒に

 

さくらの時間を過ごしませんか?

 

 

プレーンな白を基調としたシンプルなデザイン もございます

こちらはティートリオになります

 

カップの内側に、色が入っているものが主流だと思います

全くの白は、ほんとに珍しい

 

潔い感じでいいものですね

 

 

ホワイトとピンク

組み合わせても、かわいい世界が広がります

 

 

 

二色合わせると

紅白で、おめでたい感じでよいもの

 

紅白まんじゅうみたいです

 

 

北大阪には、さくらの花だけでなく

桃の花も、まだきれいに咲いています

 

 

春の時間はよい時間

 

スージークーパーのオーベルジーンで

おだやかなひとときを過ごしませんか

 

 

魅惑的な花柄で人気を博しているスージークーパーですが

シンプルに、形と色を楽しむお品も
たまにはいいものです

 

 

商品ページはこちらからどうぞ

スージークーパーのオーベルジーン

 


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

本格的な春の到来とともに

スージークーパーのプランタン入荷いたしました

 

ご存じの方が多いと思いますが、プランタンとはフランス語で「春」を意味します

 

窓辺にかわいらしい春の食器を置いて

生活を楽しんでみませんか?

 

 

 

描かれているのは、英国の春の野に咲く5種類の花

 

と言われても、抽象的にアレンジされているので

チューリップ、デイジー、スミレくらいしかわかりません

 

それでも愛らしい花

 

 

ティーカップのほう、キズや貫入もないのですが

底のほうが、茶ばんでおります

 

これはどうしたことでしょうね?

 

 

 

中は以外にも、けっこう、きれいめです

 

 

小型のかわいらしいミルクジャグとシュガーボウルのセット

それから大型の、存在感あるミルクジャグがございます

 

 

 

こちら、貫入はありますが、花入れにしても可愛い

 

ちょっと、おすもうさんサイズ

ぽっちゃり愛らしい

 

 

それからイースターということで

やっぱりエッグカップのご登場

 

ちんまりしていて愛らしい子たちです

 

 

なお、プランタンの花柄のほう

わかりずらいですが、内側に描かれています

 

むかしのヤンキーが学生服の裏側に刺繍するやつ思い出しました

 

卵をのせれば見えない場所なんですが
そこがさりげなくおシャレなのかもしれません

 

 

あ、在庫でヘアラインがございますが

スープボウル&ソーサーもございます

 

 

 

お花のいっぱい咲く季節

スージークーパーのプランタンでなごんでみませんか?

 

 

コロナの影響の色濃く出ている今日このごろですが

可愛いものは、心を和ませてくれますね

 

商品ページはこちらからどうぞ

かわいいプランタン

 

本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

 

四月の英国を旅するバッグは、ウィリアム・シェイクスピアの故郷として有名な

ストラトフォード・エイボン、それから近郊のオックスフォードへ

 

中世イングランドの美しさが残る美しい佇まいが魅力的な街

 

今回のバッグはオックスフォード大学の図書館を背景に

古書をイメージしたアンティークスタイルバッグです

 

 

「生きるべきか、死ぬべきか」それが問題だ

 

で、有名なハムレットをお書きになった文豪シェイクスピアが生まれたのが4月

という事で、作家さんは、このバッグを制作いたしました

 

「シェイクスピアが持ったとき似合うかどうか」。。。。は問題ではありません^^

 

 

春は読書の季節

 

ちょっと、コロナウィルスが心配ですが、おさまれば
レトロな雰囲気の図書館やブックカフェで

 

文学少女の気分で読書を楽しんで見るのも素敵です

 

 

 

バッグ本体と背表紙部分にはオーストリア製のジャカード織物を使いました。
様式的なデザインで、上品な印象です。
 

ヨコのマチ部分にもちょっとこだわりが。。。
ストライプの布で本のページを表現しています

 

 

底の部分が背表紙になっているんですね

 

濃厚なモケットジャガードが

中世の、つづれ織りタペストリーを思い起こしてくれます

 

 

そして本体部分に撮るつけられた、着脱可能なチャーム

こちらはイギリスの蚤の市で購入したブローチをアレンジしています。

 

1930年代から50年くらいのものだと思われますが

ゴシックスタイルの古いブローチ

 

デザインはケルトの紋章をアレンジしたものかもしれません


 

 

外側のかっちりしたイメージとは対照的に、内側には春らしい気分になるよう
イギリス製の小花プリントを組み合せています。

 

内側にはファスナーポケット1つと、仕切りポケットが2つあります。

整理整頓に便利ですね

 

 

外側に大きめのポケット

観劇などの際、パンフレットを入れたりするのに便利

 

 

 

持ち手、ショルダー紐には、本革を使用しました。

クラシカルな雰囲気のジャガード生地との組み合わせ

 

なお、背景はストラトフォード・エイボンにあるシェイクスピアの妻

アン・ハザウェイのご実家にしてみました

 

古い街並みに馴染む美しいバッグ

 

 

カジュアルに、ナチュラルに

シンプルなので、どんな洋服にも合わせやすいシックなお品

 

毎日の暮らしをさりげなくグレードアップしてくれるアイテムです

 

 

春のひとときは

ちょっと風変わりで素敵なバッグを持って

いい時間を過ごしませんか

 

 

 

サイズは、
タテ:約24cm × ヨコ:約30cm マチ:約13cm,
持ち手:28cm、ショルダー(調節可能):108〜120cm です。
 

 

 

商品ページはこちらからどうぞ
英国を旅するバッグ

特製ハンドメイドカバンに興味を持たれたかたは下記リンクもどうぞ^^
ハンドメイドのマーケットプレイス「Creema」 PLAIN WEAVE販売ページ

 


本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

 

もう、すべての商材を網羅したかに思えたホーンジー

ジョン・クラピッソン作のマグカップシリーズ

 

まだ、出ていないのがありました

初入荷の「ペア・ツリー」1967年

 

 

製造は、1967年から1970年の、たいへん短い間

 

ペア・ツリーといえば、梨の木のことですが・・・

あ、よく見ると、ナシ、なってますねえ

 

 

どこに梨があるのか?

ウォーリーを探せみたいな柄ですが

面白いといえば、面白いです

 

なお、下にいる鳥は、パートリッジこと、ヤマウズラ

 

 

あ、ちょっと似た感じのホーンジーの鳥といえば

こういうのもございます

 

お好きな方(?)いかがでしょうか?

 

 

 

さて、ラーメンのスープではないですが

今回はトリと、そしてブタさんも入荷しております

 

かわいらしいミッドセンチュリーのブタ

 

 

3匹の豚の一家が描かれたかわいいマグ

 

お母さんと、子豚が花柄

それから、お父さんは水玉柄です

 

きっと、この子豚は女の子でしょうね

 

 

話は飛びますが、週末に近くの実家へごはんを食べに帰ったら

タケノコ入り回鍋肉でした

 

コロナの影響で外出できず、家の中にいる時間が増えたからということで

いつもより手の込んだ、豪華おかずがいろいろ出てきました

 

豚肉、いい味出してます

 

 

タケノコごはんには、鶏肉が入っていました

 

トリさん、ブタさん

いつも食材で頑張ってくれている元気な素材

ありがとう^^

 

 

だから…なんなのだという感じですが

春らしくて、美味しかったので、ついでにアップしてみました^^

 

コロナ騒動で、外食のはばかられる昨今ですが

家の中から出れなくても、生活を楽しむ方法はいろいろあるようです

 

旬のタケノコを食べると血がさあっときれいになる気がしました

 

 

あたたかな春、タケノコの春

トリさんブタさんいつもありがとう

 

春はホーンジーのブタさんトリさんをお手元に置いて、いい時間を過ごしませんか?

愛嬌のある、かわいい動物たちです

 

 

最近、お天気のわるい日が続きますが

明日か明後日は晴れますように

 

 

商品ページはこちらからどうぞ

ホーンジーのマグカップ

 

変形トリさんたちの商品ページはこちらからどうぞ

ジョン・クラピッソンの愉快な仲間

 

本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

 

待ちに待った、さくらの季節の到来

 

花よりダンゴのオパールさんは

大きなお鼻をふんふんクンクンさせながら、春の道を進みます

 

 

紫外線のすくない今の時期

オパールさんのお花はピンクブラウン

 

いまにもブヒブヒ言いそうな大きなお鼻

 

 

 

 

春のにおいをスーハースーハー嗅ぎながら

のんびりとさくらの下を散策します

 

 

 

ソメイヨシノも花ざかり

明後日から四月も始まります

 

 

桜の咲く川沿いに佇むオパールさんは

幻想的な世界の中で、佇みます

 

もの想いにふけっているのかな?

体重測定のことでも考えているのかな^^?

 

 

 

 

本格的な春は始まりましたが

おやつばっかり食べて、小太りのオパールさんの足取りは重い

 

後頭部も、なんだかタルタルしています

 

 

 

はたしてオパールさんは、次の体重測定までに

痩せることはできるのでしょうか^^?

 

まあ99%無理でしょうが。(←おまえこそと言われそうですが)

 

 

さくらの咲く道を夕日に照らされながら、

あまりダイエットにならない遅い足取りで、やる気なく歩く

オパールさんなのでした

 

 

本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

コロナウィルスまっさかりの今日この頃は、近所の森や山道をお散歩

 

今週末の大阪も、不要不急の外出自粛ですが

ほとんど人がいないエリアなので、まあ許容範囲でしょう

 

山道はコバノミツツジが満開で

ピンクのアーケードができていました

 

 

ちいさな花は、ピンク色の雲のようになって

風にそよいでいます

 

 

 

普通のツツジに比べて、かなり小さいですね

 

もう2月ごろからちまちま咲いていたのですが

先週末あたりから、一挙に花開きました

 

世の中の世相に反し、景気のいい感じの花

 

 

 

コバノミツツジと、ひとくくりに言っていますが

桜のソメイヨシノとは違って、色は数種類あるよう

 

薄いピンクから、濃いピンクまでグラデーションになって咲いています

 

 

雨上がりの朝のひかりに照らされて

輝くピンク色の花

 

 

きらきら光るちいさいツツジを見ながら過ごす朝

 

この山は、平安京か、平城京をつくるときの瓦を焼いた窯の遺跡で

古墳時代の豪族の墓でもあるそうなので、開発できないもよう

 

しかし遺跡とはいえB級の遺跡なので、訪れるひとはおらず

千年前の静けさが、いまも残ります

 

 

ピンクの回廊をてくてく歩いていくと

この山にある、お社に到着します

 

 

平安時代に建てられたお宮ですが

20年ほど前、放火で、重要文化財だった本殿が焼けてしまいました

 

警察がだいぶ調べていたのですが

犯人はけっきょく見つかりませんでした

 

いたずらだと思うのですが、罰当たりなことをする人もいるものです

 

 

お宮の古い桜の木は焼失を免れて

今年も美しい花をつけています

 

 

ですが、このあたりは大阪北部の、ちょっと山になった地域なので

大阪市内より、さくらの花が咲くのは少し遅いです

 

日当たりのよい部分のさくらだけ、ちらほら咲いていました

 

 

まだ…5分咲きかなあ?

 

神社のまわりは、桜の木が何本かあるお花見エリアなのですが

ここも時節から、だれも花見をする人はいないようです

 

 

例年になく、しずかなさくらの季節となりました

ちょっと、さびしいですが、これはこれで風流なもの

 

お社で、朝のごあいさつと

「コロナウィルス早くおさまります様に」と

お詣りしておきました

 

本日も素敵な一日でありますように



にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

咲いた〜咲いた〜♪

チューリップの花が〜♪

 

コロナウィルスで、世の中はたいへんなことになっていますが

自然の姿だけは変わりませんね

 

いつの間にか、チューリップの花が咲き始めました

まだ茎の短い、赤ちゃんチューリップ

 

 

ということで、本日のご紹介は

スージークーパー1955年のデザイン

パロット・チューリップのご紹介

 

第二次世界大戦の終わった復興期の華やぐ雰囲気を現した
とても明るく優美な作品です。

 

 

 

モチーフは、普通のシンプルなチューリップではなく

花弁がオウムの羽のようになっている「パロットチューリップ」


イギリス伝統のボタニカルアートを彷彿させてくれます

 

 

 

珍しいブルーグレーベースのお品

 

春の野には、青っぽいお花も以外に多いので

インスピレーションを受けて、このお色を作ったのかなと思います

 

 

後ろにさりげなく描かれているのは

なんでしょうでね?

 

ふわふわの、春の花に間違いありません

 

 

やさしい春の光を浴びて

すくすくと育つ、赤ちゃんチューリップ

 

見ごろはあと1か月くらい先になるのでしょうか?

これからが楽しみです

 

 

 

まだつぼみですが

花びらの数の多そうなチューリップもありました

 

咲いてみないとわかりませんが

日本ではあまり見かけない、パロットチューリップかもしれません

 

 

つぼみのチューリップを背景に

咲き誇る、スージークーパーのパロットチューリップ

 

今からの季節のインテリアとして、とてもふさわしいお品です

 

 

なお、このスージークーパー初期のボーンチャイナで

まだ品質が安定していない時期のもの

 

貫入やごく微細なヘアライン製造時の汚れなどがありますので

その分、お値段に反映しております

 

 

およそ65年前につくられたスージーの初期のボーンチャイナ

後年のものに比べて薄手で、繊細な可愛らしいお品

 

春の花が咲き始める時期に

ぜひ、お家にお迎えしてほしい子たちです

 

 

商品ページはこちらからどうぞ

パロットチューリップ

 

本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

ちいさな恋のものがたり

ではなく、ちいさなドレスデンスプレイのものがたり

 

1930年代から1940年代に生まれた

可愛らしい小さなデミタスカップ

 

 

コーヒーはアフターディナーと呼ばれて

晩ご飯の後、少量楽しむ風習があった時代のお品です

 

 

 

いまはもうアメリカ流に、コーヒーはマグカップで

がぶがぶ飲む時代になりましたから

こんな小さいカップはもう誰も使いません

 

戦前につくられたデミタスカップは

イテリアアクセサリーとして、シェルフに佇みます

 

ちんまりしていて、ただそこにあるだけで可愛い

 

 

背景は、クリスマスローズにしてみました

 

花の少ない冬の時期から、それから春を迎えた今でも

日陰に、ひっそりと咲いています

 

 

ドレスデンスプレイには

物憂げな、はかない感じの花が似合いますね

 

明るくもない、暗くもない

ぼんやりとした、薄い影の色

 

陰影を愛する日本人に好まれるお品です

 

 

こちらは少しちいさめのクリスマスローズ

イングランドの野原にも、まだ咲いているのでしょうか

 

 

 

ドレスデンスプレイは、イングランドの野に咲く

花をちりばめた、愛らしいデザイン
グリーンのデミタスカップ&ソーサーが2セット
それからピンクのデミタスカップ&ソーサーが1セットございます

それから、小さめのビスケットプレート

 

こちら、ティーフォーツーに欠かせない
リム幅の狭いビスケットプレートとなっています

 

 

デミタスと合わせて、トリオにしても可愛いですね

 

お好み次第で

いろいろ組み合わせて、遊んでくださいね

 

 

心地よい春の日は

ドレスデンスプレイをお傍に置いて

いい時間を過ごしませんか?

 

 

いい時間が流れてゆきそうです

 

商品ページはこちらからどうぞ

グリーンのドレスデンスプレイ

ピンクのドレスデンスプレイ

 

 

本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

Selected Entry

ネットショップへのリンクです

おぱーるの部屋

スージークーパー

2

ビンテージ・グラスウェア

excellentglass.jpg

ホーンジー

hornsea.jpg

オールド・ホール

oldhall.jpg

Archive

Mobile

qrcode

Comment

  • イースター前のエッグカップいろいろ
    キャリコ
  • イースター前のエッグカップいろいろ
    うさうさ
  • パトリシアさんの人生いろいろ
    キャリコ
  • パトリシアさんの人生いろいろ
    うさうさ
  • ワイルドストロベリーの嵐が丘
    キャリコ
  • ワイルドストロベリーの嵐が丘
    saki
  • スージークーパーのエンドン
    キャリコ
  • スージークーパーのエンドン
    saki
  • 初午とお店の再開について
    キャリコ
  • 初午とお店の再開について
    saki

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM