今日は珍しい、復刻版のスージークーパーご紹介

 

1934年に、彼女がイギリスの有名デパート「ジョン・ルイス」

のためにデザインした、「ポルカ・ドット」

 

こちらの復刻版です

 

 

スージークーパーは1902年生まれ、お亡くなりになったのは1995年

1980年代まで、現役のデザイナーとして活動されていました

 

お品のほうは、引退される前後、1980年代につくられたのではないか

と想像しております

 

 

 

お品のほうは2枚セット

箱は少し傷んでますが、中身は使用感が感じられません

 

もともと、ファンへのメモリアル的なもので製造したのでしょうね

お買いになったかたも、記念品として長く保管していたのでしょう

 

 

スージークーパー印こと

リーピングディア、跳ねる鹿のマーク

 

その下に、ウエッジウッドグループの文言が記されています

 

 

なお、正確な製造年度は不明ですが、ウエッジウッドのバックスタンプを調べたところ

1972年から1997年までの間に使われていた字体に似ています

marks - Susie Cooper bone china & Wedgwood

 

 

もとは1930年代のマークを複製したはずですが

シカの感じが、だいぶモダンにアレンジされています

 

コアなファン向けのお品

 

 

ちなみに、スージークーパー社とウエッジウッド社がある街

中部イングランドの、ストーク・オン・トレント

 

駅前には、ジョサイア・ウエッジウッドさんが壺を持ってお迎えしてくれます

 

 

運河の発達した、風光明媚な美しい土地

私が訪れたのは6月ですが、あたたかで、過ごしやすい場所でした

 

 

ちなみに、こちらが、かってスージークーパーの会社兼工場であった場所

少し前に取り壊されて、もう存在していません

 

 

1930年代から1980年代まで活躍し

様々なデザインを残したスージークーパーのメモリアル

 

ポルカドットのリプロダクションをいかがでしょうか?

 

 

もう新たな持ち主さまが決まってしまいましたが

商品ページへはこちらからどうぞ

ポルカドット

 

本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

春の青空が広がる北大阪

ふわふわの、木の芽が空に向かってそよぎます

 

いい季節になりましたね

 

 

きっと、今ごろは、池ではカエルが

ゲロゲロゲロゲロ〜グワッグワッグワ〜と
鳴き始めていることでしょう^^

 

ということで、今日のご紹介はホーンジー
ジョン・クラピッソンのデザインカエル柄

 

 

 

パッと見、楽し気なカエルちゃんが描かれてますが

全体像を見ると、けっこう、えげつない図柄です

 

なにを見てカエルが笑っているのかな〜と思えば・・・・^^

 

 

 

ホーンジーの紹介本にはこんな説明文がありましたよ

 

左右に、ニヤリと笑うカエルがいて
真ん中いる、おびえた表情のハチがバランスを崩し飛び回るのを見ている
This mug featured 2 flogs gazing at a sworm of disconserted bees
hoving between them.

 

 

二匹のカエルの間に、おびえ切ったハチが飛んでいる柄のマグ。。。

 

デザインされたジョン・クラピッソンさん

このころ、何か面白くないことでもあったのでしょうか????

 

イギリス的ブラック・ユーモアの真髄のようなデザイン

 

なお、発売当時はあまり売れなかったようで、現存する数が少なく

今は希少なコレクターズアイテムとなっています

世の中わかりませんねえ、かえるさん^^

 

 

 

まっ、どんくさそうなカエルなので

ハチも、逃げ通せたかもしれませんけどね^^

 

どういうふうに読み取るのかは、あなた次第

 

そこがイギリス・ユーモアのいいところ

 

 

カエルと、同じグリーンベースの

ヘアルーム入荷しています
春は、カエルちゃんと、緑のヘアルームでなごんでみませんか?

 

 

今日、明日とまだ寒いようですか

日曜あたりから、ぐんとあたたかくなりそうです

 

本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

だんだんと春の近づいてきた北大阪の森を背景に

スージークーパーのワイルドストロベリーをご紹介

 

素朴で可愛らしいイチゴの魅力に和んでみませんか?

 

 

描かれているのは、ふつうのイチゴとは少し違いますね

野性味あふれる、小型のかわいいイチゴ

 

 

 

スーパーのイチゴも

日ごとに量が増え、価格もこなれてきました

 

いちご好きにはこたえられないシーズンのはじまり

 

 

今回は一般的な形状ではなく、かわいらしい花型のシェイプをご紹介

 

ワイルドストロベリーはほんとにシェイプが多様なのですが

こちら、いちばん愛らしい形状ですね

 

おなじシェイプで、ミルクジャグも入荷しています

六人用ですごく大きいため、ちいさめの花瓶として使うのがおすすめ

 

 

派手ではないけど、素朴で愛らしくて魅力的

 

花形のワイルドストロベリーたちで

いい時間を過ごしませんか?

 

 

 

本格的な春を待つ北大阪の森は

今日も美しく輝いています

 

 

ケイト・ブッシュの嵐が丘の世界のようだなあって思いました

 

日本では、風は「ざわざわ」と吹きますが

イングランドでは、「ワザリング・ワザリング」と吹くのでしょうか

 

 

イギリスの野にもそろそろイチゴの花が咲く季節が来るのでしょう

 

春めいたかわいらしいデザイン

スージークーパー1953年ごろのお品です

 

 

「ワイルドストロベリー」と言えば、ウエッジウッドが有名ですが

スージークーパーの「ワイルドストロベリー」も素朴でいいもの

コアなファンも多いお品です


商品ページへはこちらからどうぞ
ワイルドストロベリー

本日も素敵な一日でありますように

 


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

久しぶりに、HOVIS社のプレミアムグッズ、

カールトンウェア世製のパン型陶器入荷しています

 

1800年代後半から、現在も続くイギリスのパン製造メーカーHOVIS

 

こちらのお品は、1950年代〜80年代にかけて
粉ではなく、焼いたパンをお店に卸しだしたころに、消費者サービスとして
プレゼントした、ノベルティ

 



おもわず、ガブっとかじりたくなるような

リアルさと、可愛らしさで人気です

 

 

 

こちら人気のバターディッシュ(バター入れ)

 

日本にはない種類の食器ですが

当時のイギリスの冷蔵庫には、こんなかわいいバター入れが入っていたのでしょうか?

 

冷蔵庫を開けると、思わずにっこり微笑んでしまいそう

 

 

日本ではバター入れの習慣はないので

便利な小物入れとして活躍してくれそう

 

中に何を入れようかな?

開けてびっくり玉手箱^^

 

 

トースト型のお皿もめずらしいですね

日本で売っているところは、ほとんどないでしょう

 

希少なひときれのパン

 

やたらリアルなのがシュール

 

 

めくるめくHOVISグッズ

 

イギリス独自の、お客さんを喜ばせようというユーモア

それから商品に対するプライドの詰まった

素敵な素敵なプレミアムグッズです

 

小物と組み合わせても、かわいい

 

 

 

それから可愛いミニカーもご紹介

1922年に、イギリスのフォーダン社(Edwin Foden, Sons & Co.)がつくった
スチームローリー(蒸気自動車)の復刻版です

 

車体にはHOVISのロゴが入っています
1900年代初頭は、こんな車でHOVISは、小麦粉を、町のパンやさんに
配達していたんですね

ブラウンの車体がなんともいえずお洒落さん^^

 

 

 

HOVISのノスタルジックなCMはこちら

1930年のパン配達の世界を映像化した、1973年のコマーシャル

 

いい味出してますねえ〜^^

 

 

 

 

キッチンまわりにユーモアを与えてくれる陶器のパンの世界

2020年の、日本の空間で、ぜひ遊んでみませんか?

 

今回、入荷していないお品もありますが

全貌は、だいたいこんな感じです

 

P9220116

 

 

おいしいイギリスの茶色いパンが食べたくなりました^^

食べれない方は、HOVISのパングッズなど、いかがでしょうか?

 

商品ページはこちらからどうぞ

HOVISグッズいろいろ

本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪
                   (にほんブログ村・ランキング参加中)

今日は、なんの日かご存じでしょうか?

 

本日はキリスト教でいうところの「Shrove Tuesday」

「ざんげの火曜日」ことパンケーキデイ

 

これは、イエス・キリストが40日間の断食修行をしたことに記念することから始まり

明日からは、慎んだ生活をしようとする前日の

卵やミルクを使い切るための伝統習慣だそうです

 

 

 

明日の水曜日から、イースターまではキリスト教でいう四旬節(受難節)となります

この期間、なにかを断ったり、食事の量を減らしたり、節制して過ごされる方も多いそう

 

その前日である今日は、腹いっぱいパンキーキを食べましょう〜

という楽しい日なんですね^^

 

私はダイエット中なので、今年は食べませんけど

 

 

 

話は戻り、今日はドレスデンスプレイのグリーンご紹介

 

もうすでにお持ちの方も多いと思いますが

やはりベーシックで、いつ見てもあきのこないひとしな

買いたしにいかがでしょうか

 

 

珍しいところで

ジャムポットさん

 

 

ジャムポット

下の方から見ると、なんだかふんぞり返っているようで

えらそうで、かわいいです^^

 

 

かわいいシュガーボウルもご一緒に

 

どちらも日本では、小物入れとして活躍してくれそう

切手とか、クリップとかも面白いですね

 

 

人気のエッグカップもご登場

 

 

それから、わたくしの長期在庫品、おもしろ商品「珍品バターディッシュ」

日本にはない不思議な形状の食器です

 

バターやチーズといった、乳製品を大量に摂る欧米人のための

プラスチックなど、密閉容器の発達していなかったころのお品

 

ふつうの日本の家庭では、こんな器いっぱいの乳製品

一気に食べ切ることはできないから

個包装になったものを購入するんですよね

 

 

以前、イギリス人家庭を訪れたとき、ボードや皿に載った大量のチーズを

羊羹でも食べるように、パクパク食べている姿に驚きました

 

食べ残し用に、フタつきの皿があれば便利

そういうふうにわたしも思いました

 

 

日本人は、チーズ食べるとしても

三角形の、包装されたやつ1個くらいしか食べないので

正規のお役目は果たせないでしょう

 

でもかわいいので、いろんなものを入れて楽しんでくださいね

キャンディボックスにもよさそうです

 

 

 

お天気はちょっと悪いですが

だんだんと、空気のあたたかくなってきた今日このごろ

 

商品ページはこちらからどうぞ

グリーンのドレスデンスプレイ

 

 

本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

休日の朝は、みなさまどのようにお過ごしでしょう

オパールさんは、こたつでまったり^^

 

飼い主さんのお話によると、オパさんは散歩とゴハン以外

ストーブと、こたつの往復を繰り返しているそう

 

 

限りなく怠惰な反復運動を続けるオパールさん

 

しばらくすれば、春の健康診断と体重測定があるのを

コロっとお忘れでしょう

 

ストーブのそばで、のんべんだらりとハラをあぶっているオパールさん

 

 

急な寒波で気温が下がってしまい

こたつの奥深くに沈み込んでいるオパールさん

 

酸欠がしんぱいです

 

 

かなり至近距離まで来て

ハラをあぶり続けているオパールさん

 

焼き豚にならないか、しんぱいです

 

 

あっ!

とここで、薄目を開けたオパールさん

 

酸欠状態を心配した飼い主にコタツから掘り出された直後ですが

まだ、半分寝ているところがご愛敬

 

 

飼い主さんの心配も、なんのその

体重測定なんてコトバは知りません

 

ゴハン食べて、さんぽ行って

今日もだらだらした怠惰な一日を繰り返すオパールさんなのでした

 

 

 

それでも、もうすぐ3月

オパールさんの、こたつ日記も

今年はもうこれで終わりになりそうです

 

本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

昨日は近くにある千里万博公園へ行ってきました

雨だったので、太陽の塔は仏頂面してましたけどね^^

 

みんな傘さして、写真撮ってます

 

 

なんでまた雨の日に。。。。という感じですが

ちょうど梅の見ごろで、雨の日は空いていて、いいんじゃないかと思い訪れました

 

雨の日の梅の花もいいものですね

風情があって、色っぽい

 

 

梅はピンクが可愛いですねえ

満開の紅梅はなんともいえない美しさ

 

 

白い梅の清楚で愛らしい

 

この種類はちょっと遅咲きみたいですね

見ごろは来週くらいでしょうか

 

 

やさしいピンクの梅

この子も、少し遅咲きのよう

 

 

このへん、竹が多いのですが

竹林をバックにした梅林は、花札の柄みたいで、きれいでした

 

 

大阪の梅と言えば、大阪城の梅が有名ですが

ここ、万博公園の梅林は郊外にあるため、敷地が広く

梅ものびのびとしているのが特徴

 

日本画のように、背景と合わさった姿が美しい

 

 

梅以外にもいろいろ咲いています

この赤いのは、ボケの花

 

ボケなんて、ひどい名前だけど

小さくて、赤くて、ウメボシみたいでかわいい

 

 

万博公園には春の植物がいっぱい

日本庭園の梅林前にはマンサクの花も咲いていました

 

コロナウィルスのおかげで、梅関連のイベントがだいぶ縮小され、寂しい限りですが

そのかわり、季節の花をゆっくり楽しめます

 

 

水辺にはネコヤナギもそよいでいました

 

 

これは、ウィンタースイートこと蝋梅ですね

 

もう散ってしまったと思いましたが

万博公園ではまだ元気に咲いていました

 

 

蝋梅とはよく言ったもの

ほんとうに蝋でできたような、不思議な花

 

 

今年は例年より少し早い「春」を満喫してきました

 

見どころいっぱいの千里万博公園

梅まつりは来月3月15日までやっています

万博記念公園

 

本日も素敵な一日でありますように

 

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

今年のりんごも、そろそろ終盤の時期となりましたが

本日は、スージー・クーパーのリンゴちゃんこと

アップルゲイのご紹介

 


手描き調で描かれた、りんごの連なるたいへんキュートなデザイン
見ているだけで、ほんとに楽しい気持ちになります

 

なお、アップルゲイの「ゲイ」とは

「愉快な」とか「かわいらしい」という意味の古語

 

さしずめ「可愛いリンゴちゃん」というニュアンスでしょうか

 

 

 

かわいいリンゴちゃんの生まれた時期ですが

1964年、スージー・クーパー62歳の時の作品

 

還暦を過ぎてもなお、新しいものに取り掛かる意欲を忘れないスーさん

 

 

 

食器だけではなく、新しくテキスタイルデザインも手掛けているころの作品

カーテンなど繊維製品のデザインの特徴である「リピート柄」になっております

 

わたしも昔よく描いていましたが

リピートのある柄をつくるのは、けっこう難しいんですよ^^

癖がでやすいので、それが出ないよう頭を使います

 

 

 

ふだん、リピートを意識しなくて良い食器のデザインをしていたひとが

テキスタイルデザインの制約を逆に面白く感じてこれを作られたのかもしれません

 

この考え方の面白さに、最初みたとき、ほんとにびっくりしました

 

 

 

 

なお、カップのサイズは通常のお品よりすこし小さめ

とはいってもデミタスサイズではありません

 

同時期のグレンミストもそうですが

この時代特有の、華奢で愛らしいサイズ

 

なお、トリオと一緒に

かわいいシュガー&ミルクもございます

 

 

 

フルセットはこんな感じですね

今回はポットは無いのですが、以前入荷したときの画像

 

りんごの柄というより、ちょっとプチトマトの柄みたいで

かわいらしいシリーズです

 

 

 

スージークーパー1960年代、ボーンチャイナの名作アップルゲイ

 

還暦を超えてなお、あたらしいものへと挑戦を続ける彼女の

前向きな力を感じるお品です

 

 

商品ページへはこちらからどうぞ
アップルゲイ

本日も素敵な一日でありますように

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

 

3月も近づき、少しづつ花が増えてきました

 

うちの近所には咲いていないのですが^^

早春に咲く「春サフラン」が愛らしい季節です

 

 

本日は久しぶりにホーンジー1970年代のスタンダード

かわいいサフランのご紹介

 

黄色いサフランの花言葉は「青春の喜び」

 

 

なんか、カーペンターズに、そんな曲あったな〜って調べたら

「青春の喜び」ではなく「青春の輝き」でした

 

まあ、時代的には同じころの歌

 

 

黄色いサフランは輝いています

花言葉も「青春の輝き」のほうがお似合い

 

 

あ、サフランといっても、本格派インドカレーに入っているやつじゃあないですよ

正確には、「クロッカス」が正しいのだと思います

 

黄色だけでなく、青や白などもあり

早春に咲く「花サフラン」「春サフラン」と呼ばれています

 

 

シンプルでかわいらしいサフラン

ジョン・クラピッソンのスタンダード三部作

「ヘアルーム」「ブロンテ」「サフラン」のメンバー

 

1970年代独特の、ポップでかわいらしいイメージのお品

 

 

これから春に向けて

サフランで、いい時間を過ごしませんか?

 

 

お品のほう、ぜんぶで4セット入荷しています

うち3セットにはカップに貫入は見られません

 

サフランも貫入の多いシリーズで

貫入が無い子は本当に、珍しいです

 

 

ビンテージとしてなかなかにコンディションのよいお品たちです

この春は、サフランをおうちに迎えませんか?

 

商品ページはこちらからどうぞ

ホーンジーのサフラン

 

本日も素敵な一日でありますように

 


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

日本ではロマンチックデザインの作家として知られていますが

欧米では、アール・デコの作家として認識されているスージークーパー

 

今日はスージークーパー1932年のデザイン「クロス・ハッチ」のご紹介

ビビッドな色彩と、大胆な構図が印象的なお品

 

 

ハンドルの形状も面白いですね

遊び心のある、少し近未来的な感じさえするデザイン

 

知らない人は「これ、ほんとにアンティーク?」

って、びっくりするかもしれません

 

 

 

 

去年、大阪の心斎橋大丸がリニューアルオープンしましたが

この建物が最初に建てられたのが1933年

設計は、ウィリアム・メレル・ヴォーリズ

 

さすが、デザインされた年代が近いためか

このお品を見ると、いつも心斎橋大丸が頭をよぎるんですよねえ

 

 

合わせてみると

やっぱり、しっくりきますね

 

 

 

スージークーパー初期のモダンなデザインは日本より欧米での人気が高く
コレクターズアイテムとして珍重されています

 

日本では、なかなか見ることのないお品ですので

コレクターのかたに、ぜひおすすめです

 

 

在庫ですが、こういうものもございます

こちらも1932年のデザイン「バンデッド」

 

ブルー・グリーン・イエロー・オレンジの強烈なコンビネーションが目を引きます

 

スージークーパー30歳のとき、まだ女性が社会進出をすることが難しかった時代

27歳で立ち上げた会社もようやく軌道に乗った時代の作品

 

 

 

独立初期の、非常にアールデコの影響が強いお品
シンプルながらも趣のあるデザインで、今見ても新鮮さを感じます

 

 

こちらは設計図

シンプルでいて、細かい設計が必要とされるんですね

 

彼女の、お品に対する深い想いやこだわりが感じられます

 

 

このあたり、一連のシリーズとして作成されたようです

 

シンプルで、いまなお斬新な珠玉の名作たち

お手元にいかがでしょうか?

 

 

ちょっとあたたかくなってきた今日このごろ

スージークーパーの、明るい色彩の器を楽しんでみませんか?

 

商品ページはこちらからどうぞ

スージークーパーのクロスハッチとバンデッド

 

本日も素敵な一日でありますように


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ ←大変励みになります!よろしかったらぽちっとお願いします♪                    
(にほんブログ村・ランキング参加中)

 


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

Selected Entry

ネットショップへのリンクです

おぱーるの部屋

スージークーパー

2

ビンテージ・グラスウェア

excellentglass.jpg

ホーンジー

hornsea.jpg

オールド・ホール

oldhall.jpg

Archive

Mobile

qrcode

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM